電話

    485:1/6投稿日:2012/11/19(月) 01:04:29.79 ID:90vJzonv

    DQN入ってて、超長いですが失礼します

    一昨年の話なんだけど
    長年付き合ってる彼女とついに一緒に住めることになって
    二人で某お値段以上に行って家具とかインテリアとか物色してました
    色々買ったけど車を持ってなかったので郵送してもらうことにして
    二人の仕事の関係もあるから配達日指定もお願いした

    当日配達員のお兄さんが部屋まで何往復も
    してくれて助かったけど
    彼女が一番楽しみにしてたカーペットだけ無い
    「俺が電話しようか?」と言うと
    「私が欲しかったものだから自分で電話する」というので任せました

    339 :プリンはのみものです。 2011/09/28(水) 21:58:59 0
    珍しく夫が早く帰ってきた@20時。そのまま風呂に入るね~と言って浴室へ。
    しばらくすると電話がかかってきた。
    私「もしもし」
    ?「(小声で)俺だけど…」
    弟なのかと(いつも俺だけど~という)思ったが、ここ数年電話などかけてこないし声も違う。
    私「どちらさまですか?」
    ?「俺だよ、(夫の名前)だよ」

    パソコンで洒落怖を読んでいた私の脳裏には「生霊?」「ドッペルさん?」
    そしてやっと思い当たったのが「夫のいたずら?」
    だがしかし、浴室からは水音がする。機械大好き人間が水場に携帯を持ち込むはずもない。
    警察24時キターーーー!と盛り上がりつつ、話に乗ってみた。

    どうやら夫君は会社の資金を立て替えねばならず、それを同僚に取りに来させるから
    何とか工面して欲しいそうだ。業種・職種的に個人立替なんてことがアリエネ~w
    「うん、わかった。お風呂場に持ってくねっ!帰ってきていたずらするなんて変なの~」と言って切った。
    電話を切った後に心臓がドキドキしてきたので、とりあえず警察の相談窓口に電話。
    所轄に連絡してもらって、所轄から電話がきた。

    ドキドキしながら話をしたが最後まで(取引の方法まで)聞いていないと逮捕につなげられないそうで
    かかってきた電話番号を控えていたので、それだけ伝えて終わった。
    お年寄りだけ狙うんじゃないんだね、オレオレ詐欺。

    最初に「生霊?」「ドッペル?」と混乱したのが個人的修羅場ということでw

    938:プリンはのみものです。2016/05/01(日) 11:07:35.03 0.net
    義兄嫁が私たち家族が旅行やレジャーに出かけてないかの
    確認電話がかれこれ40件超えた…

    いやー自分らが仕事だからって私たちも仕事ではないし
    子供たちには遊びに行かせたいし出かけないなんてあり得ない
    外食もだめー買い物もだめーってあり得ない
    そんで出かたっていうとメソメソして本当に面白いわ



    206: プリンはのみものです。 2009/12/01(火) 04:00:16 0
    義母の干渉がすごい。毎日、用事もないのに電話がかかってくる。
    以前は旦那の携帯にかかってきてたのだが、
    「用事もないのに電話してくるな!」と旦那にキレられてから
    家の固定電話にかかってくるようになった。
    旦那が居ない時間を見計らって電話をしてきて、
    本当にくだらないことをベラベラ喋るのでかなりウザかったのだが、
    「私が電話してること、あの子には黙っててね☆」と言うので
    旦那には言えなかった。
    しかしある日、電話の後ろで怒声が聞こえた。
    「お母さん!毎日毎日くだらないことで電話するんじゃないよ!
    別居してるのに同居してるみたいでウザイでしょ!
    ○○(旦那)がお母さんのせいで捨てられても知らないよ!!!
    だいたいお母さんは(ry」
    義姉の声だった。姑は「××(義姉)がうるさいから切るわねw」
    と言って電話を切った。そして後日、旦那の実家に遊びに行った時も、
    テレビを観ていたら突然、「てかさー、お母さんってウザイよね」
    と義姉。義姉は独身だが、「私が旦那の親から毎日電話かかってきたら
    キレルわ絶対w毎日電話って異常だよw」と言った。
    旦那は家に電話がかかってきていることを知らなかったので、
    「電話してくるなって言っただろ!そんなに暇なら親父と喋れよ!」とキレ、
    義父には「おまえ、一日中喋ってないと気がすまないのか!」と怒られ、
    義母フルボッコwちょっと可哀相だったけどスッキリした。

    435: プリンはのみものです。 2009/11/18(水) 13:15:02 0
    トメから「昨日はお父さんのお誕生日で73歳になったのよ」とプレゼント催促
    電話が掛かってきた
    新婚当初はウト・トメの誕生日には毎年プレゼントを贈っていたが、5年経っても
    6年経っても私の誕生日は無視(ウトの前々日が私の誕生日) 
    今年は「お父さん74歳になったんですか!私は3日前に35歳になりました!」と
    言ってやった!
    来年も電話が掛かってくるか楽しみ

    444:プリンはのみものです。2010/04/12(月) 09:21:28 0
    弁当作っている最中に、トメから電話がきた。(6時半)

    「毎朝お弁当作りは大変でしょう。
    手抜きでいいのよ、手抜きで。私は息子を二人育てたけど嫁子さんは姉妹育ちだから
    男の子のお弁当なんてわからないでしょうし、嫁子さんのお母さんもわからないでしょ。 私は二人育てたから…」と話し始めたので

    「大丈夫です。私はトメさんみたいに長男だけ3年間お弁当を作って
    次男には半年でお弁当を作るのをやめたりしませんから。
    上の子はもう4年目だし、下の子も大丈夫です。ちゃんと6年間作りますから」
    と言って電話を切ってしまった。

    自分は長男の高校時代3年と、次男には半年しか弁当を作らなかったくせに
    妙に偉そうなんだよな、バカトメめ。

    528: プリンはのみものです。 2009/10/03(土) 01:14:14 O
    遠回しに嫌味を言ってくるトメ。
    ムカッとは来るけど相手にするのもって思ってハイハイワロスワロスで済ませていた。
    最近私だけじゃなく実家にも色々嫌味を言ってた事を知った。

    去年のお歳暮時期に実家にお歳暮のお礼電話があったらしい。
    ちょうど母が用事をしていて父が出たんだが、トメは父に何を思ったか「お父さんも早く孫を見たいでしょう」と宣ったんだそうな。
    嫁の私に言うならまだしも嫁の父親に言うその無神経さに唖然としたんだが、父は一言「別に…」と返答。
    電話の向こうは何やらブツブツ呟きながらそそくさと切ったらしく、その後母に父は「そんな事したら嫁子が向こうにいらんことされるやろ!」と怒られたらしいが、父GJ!と思ったよ。

    366 :プリンはのみものです。 2014/03/14(金) 20:27:36 ID:3nm4zwne.net
    墓場まで持っていくっていうか・・・・
    自分昔9歳年上の女性.と付き合ってたのね。趣味の集まりで出会って、仲良くなって
    そのまま流れで。
    けっこう優しい女性.で、自分が仕事で失敗した時とかもアドバイスくれて励ましてくれて
    居心地良かったのね。
    でもそのころ2ちゃんとかでは35過ぎたら羊水腐るとかババアの劣化とか
    そういう話が多かったんだよね。
    無意識に感化されたんだと思うんだけど、だんだん彼女が疎ましくなってきたんだよ。

    341 :プリンはのみものです。 2018/06/23(土) 12:07:59 ID:fL+baS7K0.net
    なんか変なイタズラ電話かかってきてそれから嫁が怖い。
    枕の下に包丁隠して寝てる。
    やばない?

    469:1/22008/02/29(金) 00:13:58
    皆さんに比べれば軽い被害でしたが、投下させて下さい。

    結婚して数年、義実家(別居)とはあちらが過干渉気味ではあったものの、
    それなりに良好な関係を保ってきた。
    しかし夫が単身赴任になってから関係がおかしくなってきた。

    「一人だと寂しいでしょう?」「危険だから」としょっちゅう呼び寄せたり
    押しかけようとしたり。
    携帯の留守電には「元気か連絡頂戴」の嵐と本物の「過干渉」にクラスチェンジ。
    それでも「ちょっと度が過ぎているけど、心配してくれているんだ」と思い、
    感謝しつつ「仕事も忙しいですし、大丈夫ですからお気遣いなく」と断ってきた。

    だが「折角気にかけてあげているのに頼って来ない嫁」が気に食わなかったのか、段々
    「どうして電話を寄こさないのか」(ほぼ毎日のように電話がかかってくるのですが)、
    「どうして招いても顔も出さないのか」等々、責めるように。

    そこで「仕事が忙しくてそちらとゆっくりお付き合いをする余裕が物理的(&精神的)に
    無い」と詳しく説明するも、「私達に電話もできないほど忙しいなんておかしい。」
    「本当に仕事なのかしら。息子の目を盗んで誰かと・・・・・・」とかもうね、アボカドバナナと。
    こちらとしては、あくまでも穏やかにこの頑迷な老夫婦をなだめたかったんだけど、
    浮気まで疑われるようになってプッツンきた。

    「分かりました。これから毎日、手空きな時にーと言っても仕事を終えて帰宅した時に、
    お電話差し上げますね」と。

    このページのトップヘ