間一髪

    610 :プリンはのみものです。2010/08/09(月) 02:44:36ID:mAeNrakq
    先週末、役所の福祉課に行った。
    そうしたら車椅子のDQNが
    『福祉課のくせに車椅子のスペースも無いのか!』
    とそばに置いてあった椅子を投げてその一個が他の来客のベビーカーに当たりそうになった。

    たまたま真横にいた私は持っていた傘をサッとそいつの目前に出し
    「こういう事されたら危ないって思うよな?あんたのやった事はそれ以上だよ」
    と言ってやった。
    傍らにいた保護者(?)らしき人が私を含め方々に平謝りしていたが当のDQNは知らん顔。

    頭がイカれて障/害者になったのか、障/害者になったから頭がイカれたのか、どちらにしろ障/害者だからといって何やっても許されるわけじゃない。

    駄文失礼。

    182: プリンはのみものです。 2014/03/05(水) 10:30:24.26 ID:KVEIsTkW
    嫁が汚い手段で暴行されそうになって修羅場だったのだが 
    俺(ら)の夜の趣味のおかげで最悪の事態は免れたという話。 
    下ネタ話が大半なので注意。 

    俺と嫁はお見合いではなく恋愛から結婚したクチだが、普通の恋愛というわけでもなかった。 
    もちろん最初の頃は普通のカップルだったが、体の関係を持つようになってから 
    俺が特殊な趣味(とても人様に言えないレベル)を発揮するようになり、 
    そして嫁もその趣味が見事にハマったようで二人で結構キツい事をしていた。 
    避妊だけはきっちりしてたのでデキ婚という事もなく、表面上はごく普通の新婚だったので、 こんなド変態カップルであるという事は周りには全く知られていなかった。 

    結婚後は俺は普通にリーマン、嫁は家事の傍ら空いた時間でパート、 
    という生活をしていたが、ある時嫁がパート先で些細なミスをした。 
    釣り銭を間違えて100円マイナスをしたとかそのくらいのミスだったのだが、 
    上司(男)になんかとんでもない難癖を付けられ色々でっちあげられて 
    物凄い額の横領をしたかのような話に祭り上げられてしまった。 
    事実無根だと訴えようにも証拠がなく、かと言って上司のでっち上げを受け入れてしまえば 
    パートのクビだけに留まらず手が後ろに回ってしまう事態まであり得た。 

    上司男は今回の件を内々で握りつぶす代わりとして嫁に条件を提示し、 
    嫁が答えに困ったところで休憩室に連れ込んだそうだ。

    162:プリンはのみものです。2016/06/07(火)22:15:47 ID:X2d
    文才がないので上手くまとめられなかった。長文失礼。

    以前のバイト先の後輩(男)から飲みの誘いがきた。
    最後に会ったのは2年ほど前。私がバイトを辞めてからは一度も会ってない。
    当時もほとんど話したことがなく、正直言って連絡が来るまで存在を忘れていたほど。
    かといって私も付き合っている彼氏がいるわけでもないので、まあそれくらいならとOKした。

    男の子とデートする機会なんてほとんどない喪女には、いい経験になるかと思っていた。

    しかしこの後輩、自分から誘ってきた割に全く計画を立てない。
    「まあ年下だし、こんなものなのかな」と仕方なく私が計画を立てたが、この時点で正直ちょっと冷めてた。
    と言うより、嫌な予感がしていた。今思えば、その予感に従っていればよかった。


    当日、酔っぱらった後輩は不審者と化した。

    このページのトップヘ