プリンはのみものです。|にちゃん生活まとめ

2ちゃんねるの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。記事内には不快にさせてしまう内容も含まれると思います。その際はご了承下さい。

    長男教

    567:プリンはのみものです。2007/03/20(火) 11:14:23
    かなり長くなります、失礼します。
    もう別れてだ数年以上たつ、元エネ夫の話。
    とにかく、元エネ夫は自分の実家が一番だった。
    正月・GW・春・夏・正月休みは全部義実家に連行された。
    新婚当時はそんなものなのかと、思っていたが周りの話を
    聞くと、そうではないらしい事を知り、旦那に私の実家にも
    行こうと言うと、「お前は俺の家の人間になったんだから」と。
    有無を言わさず、休みの日は義実家に連行された。
    逆らえば叩かれるし、その後グチグチ言わるのがいやになり、
    連行される事に素直にしたがってしまってた。

    そして、例によって元エネ夫はママンスキー。
    ウトよりも、ママンが言うことは、すべて正しいと思っていた。
    すこぶる長男教のトメは、長男の元エネ夫が大好きだった。
    そして、孫にあたる長男の息子も同様、しかし、娘はそうでは
    なかった。というか、あからさまに差別してた。
    嫁の自分と娘の食事の差、誕生日等の差、扱いの差が
    年々に酷くなっていく、元エネ夫と元トメ。
    息子にはマウンテンバイク、娘にはトメのお古の料理の本って
    なんだそのクリスマスプレゼントは!!と言うこともあった。

    119: プリンはのみものです。 2014/05/30(金)19:30:27 ID:???
    長男の兄貴激ラブで、兄貴だけを生きがいにしてきた実母、現在68歳。
    夫である父も、次男の俺にも目もくれず
    兄貴だけを愛し抜いてきた。
    俺の目から見ても母ってより女なんじゃねーの?キモッって思うくらいの執着ぶり。
    まあ確かにそこそこイケメンだし優秀な兄貴なんだが。

    母は兄貴の行動を監視し、女の子からかかってくる電話はすべてガチャ切り(当時は携帯は普及してなかった)
    彼女が出来そうになると相手の家に「うちの子の将来をつぶす気か」と凸
    県外への進学は許さず、もちろん一人暮らしなんて論外
    大学生になっても門限は九時。
    しかも七時を過ぎると30分ごとの電話連絡を強制。サークルも禁止。
    なのになぜか兄貴がモテていないとご立腹
    たとえばバレンタインでもらったチョコが少ないと「こんなもんじゃないでしょうー!」と怒りだしたりする。

    859プリンはのみものです。 2012/07/03(火) 11:15:17.49 0
    マイクロスカ話だけど...。
    義実家がよくある長男偏重主義。
    結婚報告と挨拶のときにも「夫は長男だから云々」「丈夫な後継ぎを生むように」とか言ってたから分かってはいたんだけど。

    妊娠中はハイパー優しかったウトメ。でもいざ子供が生まれてみると女の子だった。
    そしたら態度急変、今まで「妊娠中、大変でしょう」と色々と手伝ってくれてたのが全くなくなり、「女の子だったんだから出産も軽かったでしょ?」なんて訳の分からない理論で何かと働かせようとする。
    さらに私の実家の家族構成やら親類やらを調べて私を女腹と断定。
    度々チクチクと「長男を生むことの大切さ」を諭す。
    出産後のホルモンバランスの崩れで精神的にナイーブになってて、自分と長女がまるで無価値なモノかのように感じた。
    ある日、義実家に行くとまた「このベビー服も無駄になっちゃうのかしら」と勝手に買ったと思われる男の子用ベビー服をヒラヒラ。
    落ち込んでいた気持ちがその瞬間怒りに変わり、ポロッと「赤ちゃんの忄生.別を決めるのは精/子の役割なんですよ~(^^)知ってましたきっちり産み分けしろってトメさんが言ってたって夫に伝えておきますね」と言ってしまった。

    103:プリンはのみものです。2012/11/29(木) 17:41:06.00 0
    >兄弟が複数いても、だいたい過干渉の母親に支配されちゃってる方がおかしくなるよね。
    うちのトメも義兄にべったり。
    財産は全部長男だけの物!次男以下にはびた一文もやらない!と言われたけどかえってよかったかも。
    独身義兄には家も買ってあげて、車も買ってあげて、トメが新妻気分でガーデニングを楽しんでる。
    義兄がいくら婚活しようと、好きに出来る所なんかひとつもない家に、嫁が来るはずもない。
    結婚の機会も、子孫を遺す機会も奪ってるのだから、人の一生を台無しにしているようなものだよね。

    旦那がターゲットにならなくてほんと良かったよ。
    ただ、洗脳されまくりの義兄は、私達の子供をトメに会わせることが親孝行だと思っている節があって
    何をするにも混ざって来て「○○家のイベント、○○家のお出かけ」にしようとするから、それがうざい。
    別居だし、当たり前のように彼等には特に話しもせずに外出しても、たまたま義兄から旦那に電話が
    きたとき、目的地を言おう物なら義母を連れて現地まで追跡してくるし…。

    すごい遠方の時なんか、目的地まで我が家から3時間、彼等の家からは5時間近くもかかるのに
    まさか追跡してくるとは思わなかったよ。あの共依存状態はほんと病的だと思う。
    母子共に、他人との関わりが一切ないのも気持ち悪い。

    414 :プリンはのみものです。2012/05/25(金) 18:01:12ID:vVO5QM3CO
    たいしたことないけど投下してみる
    前おきが長いです

    実親が、有りがちな長男崇拝で
    女の私には二言目には誰に食わせてもらってんだとか
    精神的いじめとあからさまな長男びいきされてた
    私はかなり大人しいほうというか
    生まれた時からそんな感じなんで
    反抗する気力もなくただ耐えてた
    父は家にあまりいないからそこまでではないが
    母のいじめは毎日
    25才まで家に軽く軟禁状態だった
    母も父と成長した長男(私の兄)
    に暴_力をたまにされてたんで気の毒だしと
    ずっと反抗しなかった
    私は家を出たくて結婚
    そしたら母は、暴_力もふるわず
    家に給料入れるまとも?な旦那と私が
    結婚したのがきにいらないらしく
    掃除しろとか姑いびり的なものをしてきた
    (母は家の掃除月一したらいいほう)
    でも別に暮らしてるからほっといた
    先日子供を連れて実家に帰ったら
    子供が病気になってしばらく実家に泊まることになった
    そしたらここぞとばかりに嫌味嫌味
    言い返したら叫びだすので子供の前だし黙ってた
    しかし私が30年近くためてたのが噴火した
    子供が寝てる間に母の所へ行き
    「何様じゃごらあ」的なことを言いながら
    掴み掛かった

    97 :プリンはのみものです。 2008/03/25(火) 13:09:27 0
    今日急な休みが入って暇なので、5年前の話を投下。

    当時私は一歳になったばかりの双子姉弟の育児に追われていた。
    近距離トメがほぼ毎日突撃して来るのと、来るだけならまだしも双子のうち
    息子ばかりを「長男、跡取り」と可愛がるのに少々疲れていた。
    おもちゃや服は息子の分だけ買ってきて、抱っこも息子だけ。
    娘はすぐそばで泣いてても無視。
    なのに旦那は「昔の人だからしょうがない」ですませるので、旦那にも
    不信感を感じはじめていた。
    そんなある日、旦那がエステの無料体験チケットを持って帰ってきた。
    「たまには母親にも休みが必要、奥さんにあげて」と職場の女性.上司が
    旦那に渡したということだった。
    旦那は、普段あまり子供にかまってやれない分、私がいない間頑張って
    父親業をするんだと張り切っている様子だったし、トメも手伝うと言うので
    二人とも普段私が文句言ってることに対して汚名返上(?)しようと
    しているんだと思い、お言葉に甘えてその週末、三時間ほど行ってくることにした。

    305 :プリンはのみものです。 2009/04/07(火) 21:52:52 0
    姉が私のウトメにぶちかました。

    ●●家御家老の家柄がなによりも自慢のウトメ。
    去年長男を出産後「もう跡取り産んだから用なし、出てけ」と嫌味干渉爆発状態で、とうとう体調を崩してしまった。
    病室にまで押し掛けてくるウトメの愚痴をぼろっと姉にこぼしたところ、父と二人でとんできた。
    延々と「体の弱い嫁なのに詫びのひとつもないのか」「もう引き取ってくれ、孫は置いてけ」
    「格下の家からもらってやったのに」と繰り返すウトメに笑顔できれた姉。
    「家柄ですか。孫君は跡取りと仰る」
    なにか言いかけたウトメを遮って一言。
    「その跡取りの御生母様に、あんたたちなにやってるの?
     もしなんかあったら、その皺腹かききって切腹してもらいますからね」
    ぎゃあぎゃあわめくウトメに「武家なんでしょ、いさぎよくないわねえ」
    「家督譲ったんでしょ? いつまでしがみついてるのよみっともない」
    姉には勝てないと悟ったのか、今度は父に噛み付いたが、
    「こう見えても刀を扱えますので、介錯はお任せ下さいはっはっは」
    「立派なお家柄なら、それを体言するだけの努力も必要でしょう。
    御家老の名前が泣きますよ、いやまったく」

    今日はウトメこなかった。姉と父は今、旦那をしめあげている。

    842 :プリンはのみものです。2015/07/23(木) 12:46:49ID:???
    親の財産をひとり占めしようとする長男や長男嫁の話ってよくあるけど
    それが成功したとて……という話。

    親戚にSという一家がいて、Sさんは中小企業だけど経営者で、業界では知られた人だった。
    S夫婦には息子が2人いて、長男は親はそうじゃないのになぜか長男教に感染していて
    「俺は長男だ跡取りだ敬え!ひいきしろ!」と威張っていた。
    子供のたわごとならまだしも、大人になってまで言って回ってるから、あきれられていた。
    頭の出来は今一つで、大学を出ても就職先がなく
    もしかしてSさんの会社に入れてもらうつもりだったかもしれないけど
    Sさんはコネで遠くの会社に放り込んだ。
    その土地で結婚したけど、嫁さんがまた
    「跡取りの長男だからお金があると思って結婚した」と公言する猛者。

    次男は明るくて人当たりがよく(長男と比べるからかもだけど)
    勉強がすごくできて、東京の地名のついた大学に進み、公費留学でアメリカの大学院へ行き、
    帰国して東京の有名企業に招かれた。
    嫁さんはお金持ちのお嬢様で頭が良くて優しい。

    SさんはS奥さんが他界して気落ちして、会社はたたんだ。
    数年後Sさんも逝って、相続となった。
    長男夫婦は「財産はすべて跡取りの長男のもの!」と主張して
    ギャンギャンわめきちらして暴 れるので
    次男夫婦は生命の危険さえ感じて、相続放棄する代わりに
    今後は互いに一切かかわらないと取り決めた。

    65:プリンはのみものです。2009/08/09(日) 22:43:07 O
    流れを読まずに投下。
    携帯からなんで変なところがあったらごめんなさい。
    結婚二年め、義実家の扱いに耐えられずに、やってきた話。プチかも。

    夫は三人兄弟の三男。
    ウトメはトメ姪でもある長男嫁だけは可愛いが、それ以外の嫁は奴隷と思っている。

    義実家に帰省するとこき使われて、食事は残飯。
    パンとか持参してしのいでいたけどもう限界。
    夫と次男、次男嫁とも相談の上、絶縁予定で仕返しをすることに。

    今回、帰省中の次男家車と私家車を無料タクシーにするつもりで、
    義父と長男が自分の車を車検に出した。
    やっすいところで代車はない。

    朝三時に自宅を出発して昼前に義実家に到着した次男家と私たち。
    早速、昼食の準備をさせられた。
    いつも通り私と次男嫁は皆が食べた後で台所で残り物を食べるので席はない。
    これまでになくかいがいしく給仕をする私たち。上機嫌のウト、トメ、長男、長男嫁。
    昼食後、皆を夫と次男が隣市の温泉施設(入場料が高い)に誘った。
    ノリノリの義実家。
    当たり前のように私と次男嫁に留守番をさせて、六人で温泉に行くことになった。
    続きます。

    766: 2014/03/05(水) 19:30:24.01 0
    夫は結婚前はもろに田舎の長男という感じでの人で、 
    「自分は跡取り。嫁はうちのしきたりに従うもの」とか平気で言っていた。 
    父親には逆らえず、母親のことは良妻賢母の鑑として尊敬していた。 
    かなり不安だったが、家に関すること以外に関しては非常に尊敬できる人だったので、思い切って結婚した。 

    結婚後、転勤で義実家とは新幹線使って半日かかる距離、
    私実家からは車で30分の地に引っ越すことになった。 
    それを知った義実家が、仲人さん(夫上司)に
    「息子が嫁の家に取られないよう、嫁家とは距離を置くように、言い聞かせてやってください!」と依頼し 
    呆れた仲人さんが夫に
    「君も大変だろうが、嫁さんをしっかり守るんだよ」と諭したあたりから、 
    夫も「もしかしたらうちの親は変?」と思うようになったらしい。 

    転勤して都会に来てみたら、故郷の狭い地域では常識だった
    「同居は当たり前」「別居の場合は、長期の休みは実家に帰る」
    「嫁家は夫家を立てて、全て遠慮しなければならない」なんて周りのだれもしていない事に気付いて、
    文字通り唖然としていた。