農家

    80 :プリンはのみものです。 2016/09/07(水) 08:41:42 0.net
    義兄嫁に疲れた・・・
    うちの妹の結婚式に義兄嫁の兄2人を呼んでやって欲しいと騒いで兄もその気とか何なんだよ・・・
    義兄嫁の兄なんて私だって面識がほぼない、妹なんか見たことも聞いたこともない赤の他人
    目的は嫁さがしなのはわかってる
    うちの妹は高校から付き合ってる彼一筋で、彼氏の実家家業が地元特産の果物農家
    彼氏と一緒の大学(地元国立)へ行き、彼の院卒を待ってゴールインが決まった
    私実家は普通の家なので両親は農家に嫁ぐの心配していたけど、
    相手の親がいい人だったのと、昨今は作物を契約企業に納めるのがメインで
    会社組織になってて社員さんもそれなりに居るし、なにより彼氏がしっかりしてるから妹は大丈夫そう
    旦那実家に遊びに行った時に世間話で妹の結婚決まりました~って言ったら義兄嫁に火が付いた
    そう言えば義兄嫁んちは農家だった、興味ないから忘れてた
    兄2人が独身でって義兄嫁(40代)の兄って50歳とかそんな年だろう
    何で30にすらなってないうちの妹の披露宴で、いくら農学部だからって出会いがあると思ってるのか謎

    旦那から義親と義兄がいるところで義兄嫁に断りいれてもらった
    義兄嫁は泣いて逆ギレしたが、その場で義兄から義兄嫁実家へ断ってもらった、相手怒ってたらしい
    義兄に聞いたら義兄嫁実家は貧乏なコメと野菜農家だっていってたし図々しいにもほどがある

    143: プリンはのみものです。 2007/02/22(木) 22:51:24 ID:yjNJ9nSjO
    ケータイからですみません。
    夫が不慮の事故で亡くなって1ヶ月になります。
    ウトメが
    「嫁子さんはこれからどうする?実家に帰る?」
    と聞いてきたので
    「急なことだったんでまだ考えてます」
    と言ったのですが…。
    すると
    「私達としては(未婚の)次男と再婚して同居してくれると嬉しいんだけど。子供もいることだし」
    と言われました。

    …なんとまあ切り替えの早いこと。
    実現すれば、嫁という名の労働力+売れ残り次男も片付き+孫 の一石三鳥でしょうけど
    さすがに夫に対して冷たすぎて絶句してしまいました。
    義弟は良い人だけどそういう問題ではないので改めてお断りするつもりですが
    夫実家とは今後どう付き合っていけばよいのやら。
    キッパリ縁切ったほうがいいんでしょうか?

    883 :プリンはのみものです。2014/05/07(水) 18:10:290.net
    義実家寄生コトメは旦那と年が10離れてるんたけど、念願の女の子らしくベタベタに甘やかされて育ったらしい。
    だからかなりのお姫様気質。私に対しても言うこと聞いてくれて当然という態度。
    さらに仕事が全く長続きしない。最長3ヶ月。本人曰わく
    「なんか違うんだよね、あたしに合う仕事が他にあるはず。」だとさ。
    まぁ、ワガママはスルーすればよかったし(不機嫌にはなられたけど)、旦那への「お小遣い頂戴(ハァト)」も旦那が断っていたし
    害はなかったんだけど、義両親から「私達がいなくなったらコトメちゃんのことお願いね」
    コトメからも「結婚できなかったらお兄ちゃんよろしく(ハァト)」って言われていて、
    それも旦那が「いい大人の世話なんかするわけない」って義両親とコトメ本人にも言ってくれていたけど
    ちょっと不安ではいた。

    ある時私と旦那で義実家に行った時にたまたま友人から趣味のお誘いが。
    旦那に行っていいか確認したらコトメがその趣味に興味を持ったらしく「あたしも行きたい!」と。
    いやいや、私の大学時代の友人達だし、あなた部外者じゃない。と断っても「すごく行きたい!お願い!」
    と頼まれ倒されてしまって、友人達に確認してコトメ同行を許可してしまった。
    そして当日、友人の一人にコトメが一目惚れした。
    コトメは恋をすると猪突猛進するタイプで当日にメアド交換して、その後もグイグイ押し切って交際にまでこぎつけた。
    当時の私達の年齢は40ぐらい。コトメ彼氏がかなり結婚を意識していたみたいで
    とんとん拍子に結婚話まで出てきた。そしたら義両親大反対。理由はコトメ彼氏が農家跡取り長男だから。
    そんな中私はコトメに「がんばって!私は応援しているから!」って煽ってた。
    性格悪いけど、早く片付いてくれって思ってたんだよね。
    私の応援が効いたのかわからないけど、少しも折れないコトメに義両親が折れた。
    その後コトメは結婚して、コトメ夫実家に同居で家業(農業)の手伝いをする事になった。
    寄生先が出来てホッとしたが、正直いつか出戻ってくるのかなぁ、と不安だった。

    199: 名無しさん@HOME 2007/06/16(土) 21:33:06

    私の実家は農家で、サラリーマンの夫と結婚。

    家を建てた時に、猫の額ほどの家庭菜園を始めた。

    農家出という事でウトメには散々バカにされた。
    私としては恥ずかしい事は何もないが、
    やはり実家を腐されるのは、気分が悪い。

    家庭菜園も「百姓の娘は土いじりがお似合い」とバカにしていた。
    (夫はウトメを叱ってくれてたけれど差別ダイスキーが身にしみてる人は、なかなか変われない)
    でも、結婚前は家の仕事をしていたため、
    野菜作りはお手のもの(自分で言うなw)
    季節の野菜がどんどん出来てくると
    根が卑しいウトメたちが「よこせ」と言ってきた。

    今まで罵詈雑言浴びせたくせに恥ずかしくないのか・・・

    「人に物をもらうときは、それなりの仁義ってものがあるでしょう?
    天をむいて上から物を言う人にやる、野菜はありません。」
    と言ったら

    「嫁子さん(「さん」なんて始めて聞いたよ)、
    庭の野菜を少し分けてくれないでしょうか」
    と忌々しげに下手に出たので

    「嫌です!嫌です!嫌で〜す!」
    とにこやかに断ってやりました。
    でも内心は「ウトメと同じ所に落ちたな」と、かなり落ち込んだorz
    その後、ウトに殴られ大騒ぎになり、

    今は私実家の姓を名乗り、夫と一緒に実家の家業を継いでいます。

    335: プリンはのみものです。 2014/06/24(火)20:45:07 ID:PimGMZubS [1/1回]
    農家の次男に女友達を紹介したのがきっかけで、次男と女が結婚することになった
    農家というのはすごく暇だし、農業も意外と簡単だっていうのを言ったのがきっかけらしい
    女とその両親は退職金を使い農地のある田舎に移り住んでセカンドライフを始めた
    ここまではいいんだけど、実際に始めてみると農業は重労働だし、農薬の影響で体調を崩したりと大変らしい
    終いには、女の両親は入院して、女自身も体調が悪いからと休みがち
    それが原因で、サボり癖のある嫁という認識になってかなり気まずいらしい
    それに、嫁いだのは次男だからあんまり土地はもらえないらしい

    それをなんで言わなかったあ!?
    と言われたんだけど、いやいやちゃんと聞いてなかったでしょ
    都合の良い所ばかり聞くからこういうことになるんだよなぁ

    855 :プリンはのみものです。 2019/04/16(火) 22:14:56 ID:vNy+ZC+F.net
    義実家の親戚の家で作ってる米くれるの本当は勘弁してほしい
    黒く変色してる米が一定数入ってるし精米機の性.能がイマイチなのか香りは今ひとつだし
    うちは夫が出張がちで私と小食な5歳2歳が朝夕食べるだけだから5キロとかもらうと全然減らなくて2ヶ月くらい微妙な米を食べ続けなきゃいけない
    多少高くてもおいしいブランド米食べたい
    ゆめぴりかが好きだ

    363:プリンはのみものです。2009/10/09(金) 19:25:57 0
    いいともを見てるといつも思い出すのだが、同じ学校に農家地帯から
    通って来てる、めちゃくちゃ美人でスタイルも抜群な先輩が居た。
    あんまりキレイ過ぎて、学内の男子は声を掛ける事すらためらう程。

    しかし農家ってのは何処までも恐れを知らぬ様子で、当時17才だった
    先輩に、干支が2回りで同じの41才長男との縁談を持って来た。
    当時母から聞いた私は何かのギャグかとすら思ったが、当時夏休み中に
    学校で流行っていた昼ドラがいいとこの娘さんが石原義純?と無理矢理
    結婚させられるというもので、それを思い出した皆が大騒ぎ。
    先輩を守る会みたいのまで結成される始末。
    けれど先輩はそれをあっさり解散させて、自力で縁談を流れさせた。

    その方法は、当時160くらいで40キロだった体重を半年かけて倍にした事。
    その上でこれ以上無いと言っていい程だらしのない女(先輩談)を、
    相手方宅で演じてきたらしい。
    どんどん太って行く先輩の姿は、状況を知っていても凄かった。

    破談が決まって数ヵ月後、先輩は卒業。以前から内密にお付き合いしていた方と上京。
    私が会いに行った頃には既に元の先輩へと戻っていた。凄過ぎる。

    今でも例の見合い相手は未婚で、家族で先輩の悪口を言い続けている。
    先輩が結婚して男の子を産んだと伝え聞いてもあんな下品でデブな女wと
    笑いの種にするばかり。
    大抵の後輩・同級生は今の先輩を知っているので内心大爆笑w

    太っていた頃の先輩は今にもネ果足でビヨンセ踊り出しそうな姿だったので、
    いいとものビヨンセも痩せたら先輩みたいになるんじゃないかと思う時がある。
    長文すんません。

    541:プリンはのみものです。2011/10/26(水) 15:28:13.88 0
    10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。
    休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が
    あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に
    近づいて行った。
    しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方ネ果足で足に血が滲んでいた。
    エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。
    彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら
    隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。
    後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが
    奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。
    今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが
    夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず
    どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。
    彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。

    拾った人の実家に着いて彼女が抱きかかえて家に連れて行ったら
    家人全員が出てきて抱き合って泣いたそうだ。彼女は大反対を押し切って
    嫁いだので帰れないと思っていたそうだが、連絡がとれないで家族は心配していたそうだ。
    お礼を言われてお金を渡されそうになり固辞をして、連絡先だけ交換して
    帰ってきた。

    彼女(現妻)は、お姉さんが農家に嫁に行きいびられまくって心身壊して
    戻って来たので、ああいう人は放っておけなかったそうだ。
    その後拾った人は弁護士を入れ無事離婚できたそうだ。夜伽の話は仕事先で
    この地区の最上のもてなしであると聞いた。普通は未婚の娘を差し出すのだが
    そこは嫁を差し出すのだそうだ。子供が出来たらどうするんだろうと思ったよ。
    転勤でそこからは離れたが、そんな土地柄がいまだにあるらしい。