プリンはのみものです。|にちゃん生活まとめ

2ちゃんねるの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。記事内には不快にさせてしまう内容も含まれると思います。その際はご了承下さい。

    親戚

    36:プリンはのみものです。2010/03/26(金) 13:24:51ID:uGmgznqp
    ウチの息子は元放置子。
    つっても私が放置した訳じゃなくて、遠縁の子が産み、離婚で実家コース、
    子守がきつくなったジジババが放置というある意味典型的なパターンだった。

    んでもって母親も祖父母もいらんと言ったので貰って来ちゃったw

    1歳半の頃からヤツが一人で道路ウロウロ、警察に保護、それを繰り返す。
    2歳になった時、とうとう車にひっかけられて軽傷、
    母祖父母、相手に賠償をさせたが放置は変わらず…
    という噂を聞き、住んでる所が2つ離れた町だと教えられた。
    「かわいそうな子ね…」と他人事だったが、
    たまたま訪れたその町に住む友人宅でまたヤツの噂を聞く。
    「その子さ、どうも父の弟の奥さんのお兄さんの奥さんのAさんの従姉妹の子供らしいの」
    と言うと、もう一回説明しろwwを3回位言われた後、現状を聞かされた。

    ヤツは当時もうすぐ4歳、クソ悪がきでテンプレの様な行動
    (深夜徘徊も「僕の方がかわいかろう」と他のお子様へを排除するための暴力含む)
    をかましてるという。
    母も祖父母も何を言われても放置なので諦めてる。

    その友人宅を辞する時、偶然ヤツを見た。
    後姿だったけど、
    大きなおっさんサンダル引きずりながらトボトボ歩く姿があまりにも幼く、
    娘当時13歳が見せた事の無い切なさだったので衝撃を受け、
    そのまま連れて帰った。
    ビバ田舎の昭和。

    んで、周りの反対を押し切って、
    父の弟の奥さんのお兄さんの奥さんであるAさんに連絡をし、
    (田舎の付き合いは濃いのである)
    子供の保護者に連絡を取ってもらうものの
    電報も、直接持って行った手紙も、
    張り紙も無視してなんと2日間、まるで音沙汰なし。

    334:1/22011/02/22(火) 17:43:45.43
    去年の事。従姉妹(新婦)の結婚式での不幸と最悪なおまけ。

    新郎はオタク。新婦はそれを承知。
    俺と弟は新婦と仲がよく、婚約する以前から新郎はもちろん、その趣味の友達とも交流があった。
    優しい人たちで、たまーに会う時は兄弟共々よくしてもらってた。俺達はオタクがどうとか気にした事もなかったんだけど…。

    新郎友人の席は結構な割合で趣味の仲間がいたようで、俺の見知った顔もちらほら。
    新婦側や職場関係に気を遣ったらしく、新郎紹介ではオタク趣味に関して一切触れてなかった。
    (良く思わない人も多いだろうから…と友人たちが助言したと後で聞いた)
    途中までは何事もなかったんだけど、新郎友人による余興が申し訳ない事に…。
    モノは六人での楽器演奏。メンツは全員知ってる人。曲目はクラシックだった。
    「新郎の御友人による…」
    てな紹介に、同じテーブルにいた別の従姉妹(中学生)が
    「…あの六人すんごい年齢バラバラじゃない?何の友達かな?知ってる?」
    と訊いてきて、弟が何の気なしに
    「漫画のサークル。いい人たちだよ」
    と答えた次の瞬間。
    従姉妹の感情が大爆発。裏返った声で絶叫した。

    71:プリンはのみものです。2014/07/09(水)11:27:42ID:ufroqHqEj
    親戚に、二人いる子供の下の子だけを可愛がって
    上の子は虐待に近いかたちで放置していた一家がいる。
    我が子差別の理由は、下の子がいわゆる天才児だから。
    「下の子の能力が十分伸びるよう、お金も愛情も出来る限りかけてやりたい。
    でもうちは経済的に豊かじゃないから、上の子には我慢させるしかない」
    という理屈。

    豊かじゃないって、旅行や外食に行く金はあるのに?
    (その間、上の子は留守番)
    愛情って容量が決まってるもんじゃないだろ、子供二人とも愛せばいいだろ!
    と、周りがいくら言っても
    「うちの子が優秀だからって嫉妬するな」と意味不明の逆切れするだけで、埒があかない。

    上の子は、思春期ころに荒れたのをきっかけに、完全に親から捨てられ
    結局見かねた別の親戚が預かり、その後正式に養子になった。
    上の子は知的障害を疑われてたんだけど
    親戚の家に行ってからは別人のように言葉が出るようになって、
    奇跡的な勢いで勉強の遅れを取り戻し、浪人はしたけど大学に行って
    今は結婚して幸せに暮らしてる。

    で、因果応報だなと思ったのが、親戚夫婦のその後。

    980 :プリンはのみものです。
    アザが残るほどのいじめ受けて不登校になってフリースクール通ってる男の子に
    「お前にも悪いとこあったんじゃね?」
    「ちゃんと通え。それで自さつするほど弱い人間ならお前には最初から生きてる価値はない」
    浴衣着せられてはしゃいでる幼女に
    「イチゴ柄とかダセえw」
    「センスないくせに浴衣なんかに手出すなよ」
    親の束縛に悩んで親に内緒で学校のカウンセリング利用してる女の子に
    「昔の女の子はもっと不自由だった。そのぐらい我慢しろ」
    旦那が近頃忙しくて0時回らないと帰ってこないけど温かいご飯食べさせてあげたいから起きて待ってる〜って喋ってた女性に
    「女でも作ってるんじゃね?」
    なんて具合に相手の感情を逆撫でする発言や余計な一言が多い奴がいた
    どうも悪気は全くなく自分の発言が相手にどう受け取られるか理解できなかったようで、相手が泣いたり怒るとえっ?えっ?って感じで本気で困惑してた
    その場では謝るけど同じことの繰り返し
    万事こんな調子だから親戚の集まりでも話しかけるのは俺だけ。大学卒業した頃にはすっかり顔見せなくなった

    そいつと昨日5年ぶりに再会。
    全く知らん間に結婚して、全く知らん間に離婚していた(式は挙げなかったらしい)
    どうも嫁さんに懇願されて一年たたずに離婚したらしい
    まぁ残当だな…と思ったら話に続きがあった
    離婚したあと郵送で元嫁さんから発達障害関連の本を何冊か送られたらしい
    一般向けに書かれた簡単な本で、読み進めていくうちにどうも思い当たる節があったらしく、最後の方のページに書いてあった「発達障害の治療」みたいな項目を参考に障害者支援センターに行ったらしい
    最寄りの障害者支援センターに足を運んで大学病院を紹介されて、そこでアスペルガー症候群と診断されたらしい

    発達障害がもっと広く知られていて、もっと早く診断されて適切な治療が行われてればこいつも別の人生が歩めたのかなぁと思うと切なくなった

    57:プリンはのみものです。2012/10/12(金) 10:59:45.32ID:pVeSbGy4O

    「鬱病なんてただの甘え。心が弱すぎるのよ」と周りに言いまくっていた親戚のおばさん。
    まさかその5年後、おばさんの長女がパワハラで、長男が就活失敗して鬱病になり、
    次男も摂食障害で引きこもり、おばさんもその事で悩んで体調崩すなんて、思ってもみなかった。

    477:プリンはのみものです。2013/02/25(月) 13:44:46.49 0
    下に妹が生まれたのが、自分が小学二年生の頃。
    小っちゃくてかわいい妹はみんなのアイドルだったけど、
    それににしてもだんだん母親の対応が私に冷たくなってきた。
    それまでは学校の授業参観・運動会・学習発表会等
    欠かさず来てくれたのに妹が小さいからと
    一切来てくれなくなった。

    あるとき父親が妹が一歳になっていたので、
    有給とって運動会に皆で行くよと言ってくれたのだが、
    当日になると父親が出勤してしまっていて
    母親から「これお弁当。」とそっけなく渡された。
    父親はデパート勤務だったので
    土日も勤務の日が多く居ない日も多かった。

    それからも学校行事等は誰も来てくれない状態が続いた。
    家庭訪問だけは先生の訪問を受けて母親が対応していた。
    学校でいるものなどはちゃんと買ってくれるし、
    私物でも欲しいと言えばお金も渡してくれる。
    でも母親は自分が妹にかかわるのを、
    嫌がり母親が盾になっていて
    まったく接触もさせてくれなかった。

    小学校五年生になった時に
    母親から学習塾に行くように言われた。
    自分の事を考えて貰えて心底うれしく、
    頑張って勉強したが母親が受けるように指示したのは
    遠方の中高一貫の寄宿舎付きの学校だった。
    それでも指示に従わないといけないとそこに進学した。

    寄宿舎に残れないお正月とお盆の時期は
    祖父母の家に行くように指示された。
    父方祖父母は優しくて楽しかったがやはり家族に会いたかった。

    そこの学校では修学旅行で外国に行くために
    連絡して戸籍謄本を送って貰った。
    中をみるんじゃないとしつこく電話で言われたけど
    そのころにはもしかしてと思っていたので、
    中をみたらやはり養子だった。

    その後祖父母宅に帰省した時に養子について聞いてみたところ、
    自分は父の妹が産んだ子供だった。
    実両親は私を妊娠中に事故に会い
    父親はソクシで母親は重症で産み月だったので
    帝王切開で産んだそうだ。
    その後母親は回復せずにシボウ。

    父親の両親はすでに無く引き取る親戚も無かったので、
    祖父母が引き取るつもりだったそうだ。
    でも兄にあたる養父夫婦に子供が居ないのと、
    養母がぜひ引き取らせて欲しいと懇願して
    養子になったそうだ。

    351 :プリンはのみものです。 2017/09/23(土) 10:33:35 ID:nz2
    価値観の違いと言われればそうなんだけど
    生前婆ちゃんは着物を何枚か持っていた
    特別な日にしか着なかったけど、とてもきれいな色と模様で、着けてみたいと思ったものの
    私170cm、婆ちゃん145cmと、どうしたって着けられる丈ではない
    婆ちゃんが亡くなり、不用品等を片づけていたら、その着物もあったので
    親戚にどうするのか聞いてみたら「捨てる」との事だった
    「あんな綺麗な着物捨てるの!?誰か貰う人いないの?」と驚いたが
    着こなせる人がいない、丈が誰にもあわない、柄もやや古いとの事で処分すると言うので
    「私がもらいたい!着られないけど、リメイクしてカバンとか小物に活かせるよ!」と提案したが
    「リメイク?なんでそんな事するの?着物がもったいない」と取り合ってくれなかった
    処分する方がよっぽどもったいないと思ったんだけど
    親戚一同着物にハサミを入れる事自体がもったいないって事で、私の案は却下され、結局着物は処分された
    いまだにもったいないと思ってしまう未練たらたら

    767:1/32015/12/13(日)15:12:32ID:2YK
    三十を過ぎた息子が最近やっと結婚したのですが、
    私が口を滑らせ嫁を怒らせてしまい、もう会いたくないと言われています。

    結納の時に嫁の妹さんが、
    犯罪を犯した親戚の言動に似ていたため後日息子に電話で
    「あの妹は親戚と同じようになるから気をつけて」
    と助言しました。

    息子に電話しているときに、当時彼女だった嫁と出かけていたらしく、
    携帯の音漏れですべて聞こえていたようで、嫁は
    「自分の家族を少し会っただけでなぜそんなに侮辱されないといけないの? 
    あんな人ともう会いたくない!」
    とわがままを言っています。

    123:プリンはのみものです。2010/09/21(火) 17:03:30ID:ObrRz+R4

    うち猫を飼っているんで、家を建てる時に猫が庭を自由に歩き回れる様に
    2m超えのフェンスを張り巡らした。
    庭にはハンモックや簡易滑り台や、夫が作った展望台wを設置。
    で、近所の子供が公園と勘違いしたらしく、何度か侵入を試みたらしい。
    門は常に施錠してるし、フェンスを乗り越えて侵入した子はいなかったが、
    名前も知らない母親Aが突然訪ねて来て「庭を子供の為に解放すべきだ!」
    と言い出した。
    丁寧にお断りしたが、粘る粘る。
    最後は「後悔するわよ!」と捨て台詞で帰って行った。
    何を後悔させられるかと思ったら、なんとAはこの辺の有力者の娘である
    ボスママBに訴え、私に圧力をかけようとしたらしい。
    「威張って遊具を置いて、子供に見せびらかしてる」とか「子供より猫を
    優先する馬鹿主婦を何とかしてくれ」とか。
    でもBって、夫の姉なんだよね。
    しかも一匹は、義姉がタヒにかけていたのを保護して長年可愛がっていた猫。
    姪っ子にアレルギー症状が出たので、家で飼えなくなり、私に土下座して
    飼ってくれとお願いしてきた猫なんだ。
    時々、姪っ子を旦那に預けて、猫と思う存分触れ合うために家に来る。

    で、Aはどうなったかというと、義姉が「それうちの弟嫁」っていうと、
    ひぃゃぁああって叫びながら逃げたらしい。
    それ以来、姿を観てないとの事です。

    235:プリンはのみものです。2015/11/05(木) 01:10:39.43
    俺が2歳か3歳の頃に、
    離婚して出ていった母が5千万近い金を遺産として残してったこと。
    そんで、種違いの弟と弟の叔母がそれを奪いにきたことが衝撃だったな。

    まぁ、弁護士から渡されたその日から一週間の内に
    自分を育てくれた施設や他のとこに寄付したり、欲しかった車買ったり、
    競馬に使って無くなったけど。

    一週間で使ったと伝えたときの二人の顔は笑えた。
    ちなみに賭け事はあとにも先も、その一回だけ。
    こち亀の両さんみたいな賭け方をしてみたくてやってみたら、
    豪快に負けた。