衝撃

    755 :2011/11/30(水) 15:01:17
    こんなの読むと自分が遭遇した不倫ネタなんて可愛く思えるW
    去年会社の同僚が同じ会社の男性と結婚した。
    同じ課だったので招待されて同じ課の子と着替えも済んで控室にいるから
    写真でも撮ってやってと新婦母に言われて控室に行ったら扉が開かない。
    中からは男性の声で「お願いだ!やり直してくれ!愛しているんだ!」とか
    言っている声がする。新婦が「無理!やめてよ!」と言っている。
    男性の声に聞き覚えがあって、同僚と「あれ主任じゃない?」
    有名大卒のエリートの主任は覚えめでたく常務のお嬢さんと結婚したのが
    新婦の式の半年前。私達も招待されました。主任のお嫁さんになった
    常務のお嬢さんは障がいがあって車イスで、家事など不自由だけど
    お金持ちの常務が家政婦を付けるから大丈夫だとでちょっと変わった
    逆玉の輿だった。
    その主任が新婦と出来ていたらしい。同じ課なのに全く知らなかった私達。
    ぽかーんと外で聞いている事になったけど、ずっと中で争っている音がしたたら
    その内がさごそ音がして、S○Xしている音声になって来た!
    まっさかと思ったけど立ち去るにも立ち去れなくてデバカメ状態の私達。
    大分声がおさまって来た時に係りの人がやって来た。
    どうしました?と聞かれたけど返事が出来なくて黙っていたけど
    ノックして「お時間です。」と呼びかけていた。し~ばら~くして
    ドアが開いてドレスの花とかが曲がってしまった酷い格好の新婦と
    手にティッシュを握りしめた主任がいて主任はダッシュで逃げて行った。
    逃げて行く時にこちらをちらりと見たようだった。
    係りの人もビックリした見たいだったけど、すぐ美容師を呼んで直していた。
    それから自分たちも席に戻ったので、よく知らないけど披露宴は滞りなく
    終わったよ。
    その後両方共に離婚してないと今も同じ会社にいる同僚がそう言っていた。
    ただ新婦はハンムーンベビーを産んだからどっちの子だろうとつい邪推して
    しまったよ。

    526:プリンはのみものです。2015/01/17(土)18:28:39ID:D5D
    犯罪といえば、ある日同僚のA子が
    「結婚を決めて準備してるけど新婚旅行の行き先でもめてる」とこぼした
    婚約者は学生の頃に海外留学してた経験があるらしいけどA子本人は海外未経験

    結婚しても仕事は続ける予定だし、がっつり休みをとれるチャンスは結婚の時しかないから
    絶対に新婚旅行はハワイに行きたいのに、婚約者は
    「ハワイなんてつまらないよ。国内が一番だよ」と拒否するらしい
    A子の希望するハワイプランと婚約者の提案する国内プランじゃ国内の方が高いくらいなのに…という話を聞いてたら
    その場に居合わせた、いかにも腐女子なB子がニタニタ笑いながら
    「ミステリー小説だとA子婚約者には犯罪歴があって海外旅行できないってオチだよね」と言い出した
    失礼なこと言うな!とみんな呆れてB子を注意したけ

    B子の言葉に不安になったA子が親に相談し、身辺調査をしたら婚約者には本当に犯罪歴があった
    罪状は簡単にいえば密輸
    日本から留学先のアメリカに行く時、法律に触れるものを隠して持ち込んでるのを見つかり
    一生アメリカに入れない身分になってるとかなんとか
    それを追求したら彼氏と彼氏親が「過ぎたことだからA子に言う必要はないと思ってた」と開き直るからA子は見切りをつけて破談にしたけど
    事実は小説より~を体感したのが衝撃だった

    3:プリンはのみものです。2015/08/16(日)21:53:18ID:rLM
    旅行の途中で食事どころに寄ったら近くの席で部下が自分の悪口を言っていた話。

    俺の会社は結構飲み会が多い。酒の席では無礼講のような感じになって俺の彼女いない歴=年齢が酒の肴になる。
    彼女いたことない奴なんて俺しかいないのでだいたいはバカにされるのだが部下のAという女性だけは親身にアドバイスをしてくれた。

    何年か前たまたま長めの休みが取れたこともあり母親を旅行に連れてった。
    孫とか気にしなくていいからねと言われるものの婚活がうまくいかない申し訳なさもあって
    母親が前々から行きたがっていた先に車で連れて行くことにした。

    途中食事をとるためにレストランに入る。料理を待っているとなにやら聞き覚えのある声が聞こえる。
    「〇〇って彼女いたことないんだって」「適当なアドバイスを真剣に聞いてるのがマジ滑稽」など。
    ちょっと気になって声のするテーブルを見たとき、楽しそうに話すAと目が合う。


    Aは驚いた表情の後、次の瞬間にはあわてて「いや〇〇さんの事じゃなくて」とかしどろもどろの言い訳。
    まさか偶然入ったレストランの近くの席に部下が同じ時間にいるとは。しかも俺の悪口で盛り上がってるし。

    結論から言うとAは会社を辞めてしまった。悪口は俺の聞き間違いかなと思ったけどAと近かった部下が
    「まさか近くに本人がいたなんてツイてない」というAの言葉を教えてくれたので間違いない。

    正直悪口を聞いたときよりもその後の車内での母親の慰めのほうがこたえた。
    「モテなくてもいいから他人を傷つけるような人にはならないでね」と改めて言われたよ。
    彼女いない歴=享年にはなりそうだけど悪口だけは絶対に言わないように心がけている。

    654 :プリンはのみものです。 2015/01/27(火) 14:31:03 ID:f9E
    結婚以来ずっと嫌味や意地悪され続けた義兄の奥さん(以下義兄奥)が事故で急タヒ。
    四十九日が過ぎたある日、義兄に頼まれて義兄奥の荷物の整理に付き合った時のこと。
    正直なんで私が、と思ったけど義兄奥は物を溜め込む片付けられないタイプの人で
    義兄は仕事が多忙で家に寝に帰るだけみたいな人だったから
    どこからどう手をつけていいのか分からないふうだったし、
    まぁしょうがないかと思って義母と一緒に片付けに行った。(夫は仕事で逃げられたw)
    義兄奥は割と料理が好きで、調理器具とか良い物を持っていて
    義兄から欲しい物があったら持って帰って下さいって言われたもんだから
    義母は台所を担当することになった。(私は義兄奥が使ったものなどいらん)
    で私は義兄奥の部屋を片付け始めた。
    漫画雑誌はバラバラに部屋中に散らばり、脱ぎっぱなしの服が散らばり
    ダイレクトメールや、銀行の残高通知や、友達らしい人からの手紙もあったし、
    化粧品サンプルが流れ出してぬるぬるしてたり、異臭を放ったランチパックが出てきたり、
    まさしくザッツ汚部屋って感じ。
    残すものと捨てるものを分けるなんて出来ないから、とにかく分別してまとめておくから
    捨てるのだけはお願いしますと義兄に言って、
    どんどん分別して袋に詰めて行った。
    タヒんだあとまで嫌がらせかっ!とまあ半分は冗談で毒つきながら作業していたら
    書棚の奥からスポーツタオルに包まれたものが出て来た。
    義兄を呼ぼうとしたんだけど、こんなふうに隠してるってことは義兄には見られたくない物なんだろうし
    もし浮気か何かに関するものだったら義兄は知らない方がいいんだろうなと思って
    とりあえず中身を出してみた。
    それは、実物を見るのは生まれて初めてだったけど、映像や等で見たことがあった。
    いわゆる大人のおもちゃ、KOKESHI(?)・・・だった。
    ビックリして高速の速さで包みなおしたものの、これはどう分別していいのか分からず
    不燃ゴミの中に大き目のお菓子の缶があったのでその中に詰め込んだ。
    しばらくドキドキが治まらなかった。
    私自身、汚部屋ではないけれど決して片付けが得意な方じゃない。
    だけどある日突然この世からいなくなった時に、こんな恥ずかしい思いをするぐらいなら
    今日から片付け頑張ろうと思った。
    そして義兄奥がなくなる瞬間、もしかしたらコレの存在を悔やんだかもと思うと
    今までされた意地悪も酷い嫌味も何もかも、許そうという気持ちになった。
    合掌。
    (不謹慎ですみません)

    192 :プリンはのみものです。 2014/08/04(月) 12:47:31 ID:DxsnOQixs
    3月に住んでいたマンションの契約更新せず引越しを行う予定だったが、
    その時同棲する彼氏の引越しがうまくいかなかったり、
    自分の親には報告したり話を重ねたもののうまく行かず親、彼氏、自分の引越しのことでいっぱいいっぱいだった。
    しかしながら自分で決めたこと、と早く早くにできることを行い、彼氏もなんとか頑張っていた。
    親、といっても母は脳系の病気で、障/害は無いが短期記憶が忘れてしまうような状態。
    父に話をするも気まずい雰囲気だった。厳しいひとだったし。
    賛成も反対も自分がすることではない、お前の問題だ、と言っていた。でもよく思ってなかった。

    また、中旬には大学友人の結婚式に招待され、受付と二次会幹事もまかされており、
    自分のキャパシティと相談しながらOKしたものの大変なことに。
    こちらも早め早めに支度をしていた。
    仕事と引越しと結婚式の準備で、ほぼ毎日いつもの半分の睡眠時間だった。
    全てをしゃにむに頑張って、大変だけど自分で決めたことだし、
    きっと全てに力を注ぎきれば
    引越しも家族の理解も、結婚式も全てうまく行くだろうと信じていた。
    花嫁の喜ぶ顔や祝福する大学の先輩後輩、そして自分の笑顔を妄想してがんばった。

    そんな結婚式にでられなかったときの気持ちが一つ目の修羅場。

    378:プリンはのみものです。2012/05/09(水) 22:16:13.18 0
    カップル板から誘導されてきました。
    フェイクあり。


    私 :25歳。社会人1年目。実家近くで一人暮らし
    兄 :27歳。フツメン。公務員。結婚5年目。最近長男が生まれた。
    兄嫁:29歳。兄の会社の元先輩。

    ある日突然、見知らぬ男性(弁護士)から連絡が来る。
    「●●さんとの件で」と言われ、
    ●●さんって誰だっけ?と思いつつ話を聞くと、
    「●●さんの奥さんが不倫の慰謝料を求めている」
    という内容だった。
    全く身に覚えがなかった私は「……詐欺?」と思いつつ
    ・●●という男性に心当たりがないこと
    ・そもそも不倫に心当たりがないこと
    を伝えたところ
    かなり高圧的に
    「嘘を言っても無駄です。裁判になった際、不利になりますよ?」
    と言われた。
    相手の態度にムカついて
    「ほんとに知りません。言いがかりはやめてください」
    と言って電話を切った。

    170:プリンはのみものです。2013/11/18(月) 16:32:37.82 0
    修羅場だったんかな?さっきあった出来事。
    私28 正社員 年収600
    彼32 正社員 年収350


    2年付き合った彼と
    来年夏ぐらいに結婚が決まったんだけど、
    彼が年明けにでも仕事辞めてくれという。

    年明けから一緒に住み出すので、
    俺が働いてお前を養うから
    お前は家のことだけをしろと言う。

    子供が生まれたら仕事を辞めて
    育児に専念するつもりだけど、
    それまでは今の職場働くつもりだ。

    キッチリ定時終りの仕事だし、
    今まで一人暮らしをしていたので
    掃除・洗濯・料理も一通りできる。
    仕事のせいで家事に影響が・・・の心配は
    まったくないつもり。

    何より、子供が授かるまではせっせと働いて
    子供の為、家建てる時の為やらに貯金したい。

    上記の事を彼に告げると、いきなり彼はブチ切れた。

    223:タカシ2015/09/01(火) 00:43:33.78 0.net
    相談です!!
    帰宅途中なのでスマホからの書き込みにつき、
    文章・内容に不備があったらすいません。
    帰宅後パソ有り。

    自分 35歳、上場企業サラリーマン営業職、一人暮らし
    彼女 31歳(27歳と偽られてた)、
    主婦(出会った頃は独身、
    交際中に結婚した(らしい))、無職(現在専業)

    出会ってから9ヶ月、交際期間は半年。

    出会いはたまたまいったバーで自分がナンパしました。
    彼女は友達と来てて自分は会社の先輩と。
    彼女はそのバーには元からよく行っている。

    相談内容は、彼氏いないと言ってたし、
    昨日までずっと独身だと偽られていた事。
    結婚したのを隠されていた事。

    というか、いつ結婚したのか、
    出会った時に実はすでに結婚していたのかも、
    何もかも本人が言ってるだけで定かではない。

    彼女の友人に問いただそうと連絡してみるも電話もラインも無視、
    さっきバーに行ってその店の店主に聞いてみたものの、
    「ごめん、知らん」と言われた。
    彼女本人は平謝りしかせず、泣くわで話にならない。

    俺はまだ好きだから別れたくないけど、
    旦那が本当にいるなら別れるべきだとも思う。
    彼女にどうするのか聞くも、わからないと泣いて謝るばかり。
    泣きたいのはこっちなのに。
    俺はどうすればいいでしょうか?

    690 :プリンはのみものです。 2018/09/05(水) 12:17:09 ID:EKnlAtH7.net
    中学~高校時代、学年一のデブだった
    お年頃の乙女(笑)だったので、肉も揚げ物もお菓子もジュースも摂らず
    朝は食べず昼は小さいお弁当箱、夜も少しだけしか食べなかった
    しかしみるみる体重は増えていった
    高三になる頃、大学受験を真剣に考えだし、デブならせめてまともな大学に行かねばと思い
    めいっぱい勉強する代わりに食でストレス発散だと(何故か)思い立ち、
    揚げ物肉お菓子ジュース解禁、朝も昼も夜も満足するまで食べた
    するとみるみる痩せていき、先生方には受験ノイローゼと勘違いされる始末
    幸運にも課外活動が評価されて推薦合格が決まった後も
    合格したご褒美だと謎のマイルールを出して食べまくり、それでもどんどん痩せた
    その後、大学~社会人と好きに食べ続け、気がつけば体型はスリムに
    食べる量が増えた後の方が痩せる理由は未だに分からないけど、
    食べれば食べるほど減る体重はなかなか衝撃的だった

    907: プリンはのみものです。 2008/04/09(水) 15:36:02 ID:jzrjXoXn
    お互い相思相愛になり、初めて彼女を家に連れてきた。 

    俺は犬を飼ってるんだけど、その犬に対し、 
    「私と付き合いたかったら
    タローくん(犬の名前)をどこかに捨ててきてくれない?」 
    と言われた。

    一気に冷めた。冷めたというか嫌悪感を抱いた。 
    その日の夜中、行為する気にもなれなくて、というか
    一緒の部屋にいるのが嫌になって 
    「ちょっと眠れないから散歩してくる」 
    と言って犬と2時間ほど公園で時間を潰してたら
    あんな女を好きになった自分が惨めになった。 

    屈託無くこっちを見てる犬を見てたら切なくなった。