衝撃

    169 :2016/09/09(金) 23:55:17.net
    去年の冬の俺の奮闘記

    自分が覚えてる限り病気はしたことが無いと言う嫁
    確かに出会いからそれまで嫁が具合を悪くしたのを見たことがなかった

    ある朝、いつも以上に機嫌の良い嫁が朝飯を作ってくれてた
    俺「なんか良いことあった?」
    嫁「なんかあった訳じゃないけど、なんか楽しい!」
    やたらテンションの高い嫁をよく見ると、顔は赤いし目はどことなく潤んでる
    俺「お前、もしかして熱ある?」
    嫁「えー、私が熱とか出す訳ないじゃん!むしろ今日は体が軽くて調子良いよ!」
    問答無用で額に触ってみたら尋常じゃなく熱い
    大丈夫といって聞かない嫁をなんとかベッドに座らせて体温を計らせたら体温計が壊れてると言いだす
    確認してみたら38.9度だった
    時期的にインフルエンザの可能性.もあったので会社に連絡して午後出勤にしてもらって嫁を病院へ
    病院でも看護師さんに言われて体温を計ったら39.6度
    嫁「ちがうの!いま暑いから!本当はこんなにない!」
    インフルエンザでした
    とりあえず、薬を飲ませて買いこんだポカリとゼリー類を枕元に置いて出勤
    俺「とにかくポカリ飲んで寝てろ!何もするなよ!晩飯に食べたいのは?」
    嫁「・・・ケンタ」
    食える訳がないと思いつつ、ケンタを3ピース(俺の分含)とレトルトの粥を買って帰宅
    まずはケンタと普通の白飯を出した
    ケンタを一口食べた嫁、泣きだす
    嫁「うえええん!お腹空いてるのに食べられないよ~!」
    何とか宥めて粥を舐めさせて薬を飲ませて寝かしつける
    嫁「私、元気だよ?具合悪ってよく分からない!」
    俺「元気じゃないの!お前の今の状態を具合が悪いっていうんだよ!」
    嫁「・・・元気なのに」

    頑なに具合が悪いことを認めない嫁がスレタイ(/-_-\)
    ご飯食べれないって泣くし熱が高くて夜中に何度も起きて寝れないって泣くし本当に大変だった
    インフルエンザが治ってからやっと「あれが具合悪いってことだったんだ!」と自覚してくれた
    もうインフルエンザでご飯が食べられなくなるのが嫌だから今年から予防接種も受けると言ってる

    192 :プリンはのみものです。2008/11/02(日) 20:45:40ID:WHdwVQgM
    今日、作業中に指が飛んだ。
    切った瞬間は不思議と痛みが感じられないんだよな。
    一瞬寒気がしてそのあと体中が熱くなってじわじわと痛みが込み上げてきた。
    ボーッとしてたんだよ。なんか目の前が真っ白で、周りがぼやけて見えた。
    ふと現実に戻った瞬間、血の海で、ラインが止められ、悲鳴と怒号が飛び交ってた。


    今は病院から書き込んでる。傷口から入る細菌のせいで高熱が出るみたい。
    切断された指の縫合を望んだけど無理だったらしい。恐らくミンチ状に・・・。
    利き手じゃなかったのが不幸中の幸いかな。
    左手は包帯でぐるぐる巻き。左手全体を傷付けたみたいだけど、人差し指だけ第二関節から無いのがわかる。
    保険はちゃんと下りるかな。これからの人生が心配。
    指一本無くなっただけでかなり握力が落ちるって聞いた。
    見た目にも違和感あるだろうし。

    6 :プリンはのみものです。2015/02/10(火) 09:11:20ID:0bb
    >>1乙!
    婚約破棄されたよ!
    7年付き合って式場も予約寸前だったのに!
    まさに天国から地獄!
    理由は父に前科があったから!
    彼両親から言われるまでそんな事知らなかったのに「前科者の事を隠して結婚しようなんて、やっぱり犯罪者の子供は犯罪者ね!」ってビンタされたわ!
    ちなみに傷害だってさ!
    誰か慰めて…

    15:プリンはのみものです。05/02/09 11:31:53
    おまいら、甘い…('A`)
    俺は携帯の録音聞かされて、
    母親のことを「かーちゃん」と考えたくなくなった。

    アレだ。
    母親が俺らに見せる顔は、自愛に満ちた顔だったとしても
    それ以外(特に嫁)に見せる顔は、
    「ただただ気に食わない女をいたぶるババァ」そのものだ。
    (中には違う母親もいるっていうが…少なくともウチはそうだった)

    1年前のことだが失望感は未だにある。
    ちょっと女性恐怖症になったw

    アレかな。
    女児をもった母親と、男児だけの母親だと、考え方が違うのかな。
    嫁の母親はあっけらかんとしてるのに、俺の母親はすげぇ陰湿だ。
    同僚の家もそうらしい('A`)

    192: プリンはのみものです。 2015/01/19(月) 21:40:52.09 0
    お茶請け代わりにプチ修羅場。
    娘が生まれて、ようやくハイハイできるようになった頃の話。

    20年以上昔、旦那・私・娘の3人で狭くて古いアパートで暮らしていた。
    旦那は仕事が激務で、家にはほぼ寝るために帰ってきている状態で、土日出勤もしょっちゅうだった。
    あまりにも疲れきっていて、夜泣きのひどかった娘の隣でも、全く目を覚ますことなくぐーぐー寝ていた。
    あまりに気づかなかったため、自分の娘は夜泣きを一回もしたことがないと思っていた。そんなわけない。
    しかし生活を支えるため懸命に働いてくれていたため、何の不満もなかった。

    618: プリンはのみものです。 2009/08/18(火) 15:07:11
    旦那の姉と妹、私に対して似たようなことするので、連絡取り合っているのかと思ったら、
    そうじゃないことが判明した。 

    姉コトメ(遠距離)がすること、うちに来た時に洗面台にある私の化粧品への異物混入 
    最初はクリームに納豆とか、ヨーグルトとか解りやすいことから始まったので、 
    今では、化粧品を買ったら、100均の小さな容器に入れる、
    姉が来たら中を確認する事無く捨てる。 

    妹コトメ(中距離)がすること、うちに来た時洗面台にある私の化粧品の借りパク。 
    まあ、一言だけど声をかけるだけマシ? 

    最初の頃は、買ったばかりなのに盗られたりしていたけど、
    今では小さな容器なので私としてはスルー気味。 
    本当は家に来て欲しくないけど、大姑の見舞いという名目があるので、拒否もしづらい。 
    (大姑のいる病院が我が家から近い) 
    で、このお盆休みにも来たのだけど、姉コトメが帰った日の午後に妹コトメが来た。 

    そして、いつも通り化粧品を持って行っちゃったよ。 


    夜に、妹コトメから顔が腫れたと電話が来たので、素直に謝っておいたよ。 
    いつもだったら、姉コトメが帰ったらすぐに化粧品を捨てるんだけど、今回は 
    手が回らなくてごめんなさい。って。 

    中に何を入れたのかは、お姉さんに聞いて下さいとも伝えておいた。 

    似たような嫌がらせをするなら、連携を取って欲しいワ


    504 :プリンはのみものです。 2014/04/21(月) 10:37:24 ID:ODV0UB1B0
    息子を産んだら瞳が青に近い灰色だった
    旦那も私も日本人で瞳はよくある黒褐色で青の要素はない
    初めて気付いた時、どうして青色なの日本人って青い目の遺伝子あったっけとパニクった
    しかし付き添ってくれてた義母が息子の目を見てとびっきりの笑顔
    「あらぁ、私のお祖父ちゃんと同じ色ねえ」
    義母のお祖父さんがヨーロッパの方の人だったとそこで初めて聞いた
    知らなかったから驚いたけど隔世遺伝って本当にあるんだね
    青って劣忄生.遺伝らしいのでものすごく珍しいけど

    10 :プリンはのみものです。 2010/06/27(日) 01:05:02 i
    いびられ続けてた、元義実家にした胸糞悪いDQ返し

    子供を産んだら追い出す予定だったみたいなので、子供を産んでから置いて離婚した

    父親はマッチング系の知らない人間です
    あなたの可愛い息子ちゃんのムスコに種ないですから
    大事な◯◯家、赤の他人の托卵よろしくです

    子供も私じゃなく姑をかーさんと呼ぶし、愛情もないよ
    結婚前には泥棒猫と罵られたから、他人の精/子を泥棒して置いてきてあげましたよ

    そのうち自杀殳する時に遺書で教えてあげる予定

    妊娠前から壊されてた
    石女じゃない証拠、妊娠するまで信じなかった
    妊娠したら、流産企んでた

    あの頃の記憶が飛びまくってる癖に、フラッシュバックと鬱は治らない
    ずっとドロドロで生きているのが苦痛なんだ
    マッチング系した時の気持ちはまだ正しかったと思ってる
    こんな糞達の遺伝子を後世に残さないってだけ
    ざまあwww

    501:プリンはのみものです。2011/10/19(水) 13:55:03.63
    友人の結婚式の話。
    その結婚式の参加者は偶然にも甲殻アレルギー持ちが多く
    新郎上司、新郎恩師、新婦父親、新婦友人の4人のアレルギー持ちが参加してた。
    新郎は恩師から何度も「俺は昔カニを食べてタヒんだ」話を聞かされており
    新婦は父親と親友という近い人間がアレルギー持ちであったため
    新郎新婦共にアレルギーの怖さは十分理解してた。

    だからプランナーには衣装や費用などの話より

    「エビカニ料理は出すな」

    ということを再三申告していた。
    そして式当日。
    予想外というか予想通りというか料理にエビが混入していた。
    それも見た目でわかるものでなく、すり身にして肉団子にされたエビが。

    対策は万全だと聞いていたため何の疑いもなく料理を食べていた新婦友人が苦しみのたうちまわった。

    ざわつく会場とその会場に響き渡る

    「えびぃぃぃぃぃ!!」

    という新婦の叫び声。

    550 :プリンはのみものです。 2017/05/01(月) 18:21:00 0.net
    結婚するときに「ハンディのある姉がいるが、許してほしい」と泣いて土下座されたけど、実際は違った。
    結婚式にも招待しなかった。(パニックを起こすといけないからって義両親に言われた)
    同居して分かったけど、悪いのは義姉じゃなくて、義姉をとりまく環境だった事が分かったことが修羅場。
    義姉が旅立って1年がたったので記念に。
    どこかに生きてた証を残してあげたかった。とても素晴らしい人だったから。
    向こうで沢山の人に愛されて笑っていてほしい。