446: プリンはのみものです。 2012/04/18(水) 21:11:34.55
新婦従兄弟として出席した結婚式 
新婦は地元出身だったため知人の出席者は20人以上いた。 
一方の新郎は他県出身のため知人の出席者は6人だった。 
新婦側出席者は新郎は友人が少ないネクラなどと馬鹿に入していた様子だったが6人の肩書を知って一同呆然とした。

新郎恩師1 
新郎出身大学の名誉教授 

新郎恩師2 
新郎出身大学の教授 

新郎先輩1 
高校教師 

新郎先輩2 
省庁官僚 

新郎同期 
有名IT企業社員 

新郎後輩 
国連関連機関職員 

というエリートぞろいだった。 
新郎自身も有名ではないが世界シェア1位の企業の工場長(新婦はその工場の従業員) 
一方の新婦側は中高時代の知人がほとんどでDQNばっかり。 
新婦側の独身(既婚もいだが)は先輩、同期、後輩に言い寄ってくるし(後輩はなかなかのイケメンだったため特にひどかった) 
教授には子供の進学に有利なように推薦書を頼む親がいた。(当然断られたが) 
あまりのひどさに新郎親戚は呆れ果て新婦は恥をかいたと泣き出す騒ぎとなり 
新郎知人が不幸になり新婦側が恥をかく式になってしまった。 
後日聞いた話では新郎は騒ぎを起こす恐れのある人は初めから招待する気はなかったらしい。 
人数よりも質を重視しようと来年挙げる式の招待客を考えつつカキコ