看病

    153: プリンはのみものです。 2014/03/30(日) 11:51:36.31 0
    コトメに私達の結婚式の時に「妹が欲しかったの。実の姉と思って甘えてよ。」と言われた。でも義理の仲なんだから甘えるなんてずうずうしいしと何かあっても夫婦で乗り越えてきた。

    上の子が長期入院になって私が付添にいくことになった時も下の子はまだ乳児だったのだが、私の父も義両親も乳児は無理だと言うので乳児院に預けました。
    私の母は離婚して現在どこにいるか不明です。


    その間私は薬で母乳を止めて発熱しながら付添しました。 
    旦那はその時海外赴任中でしたのでずっと一人で乗り越えました。 

    半年も預けたので、下の子は私を忘れてしまい、上の子が手術成功して通院だけになっても下の子の心のケアも大変でしたが、海外赴任から戻った旦那と乗り切って来ました。
    今は子供二人とも手元で下の子も落ち着き普通の家族してます。 

    コトメですが、今年になって義母から今までの私達の事を聞いて、激怒しているそうで「なんで自分に頼らない!」と電話で怒鳴り散らされました。 

    しかし未婚で海外出張も多く義実家と仲がよくないので、ほとんど私達とも交流も無いコトメにどうやって頼ればよかったんでしょうかね。 

    「父母は薄情で役に立たないのはわかっている。だから結婚式の時に私を頼れって言ったじゃないの!」とも言われましたが、今更どうにもならないですよ。


    54 :プリンはのみものです。 2019/12/06(金) 15:11:21 ID:XU.gr.L1
    久方ぶりの扁桃腺炎発症
    火曜日に熱が出てから4日間、解熱剤を飲めば一時的に下がるもののまた38.5~39.5を彷徨うばかり
    抗生剤も出してもらったのにまぁ効かない、しまいに喉どころか口に中まで腫れあがって、水を飲むにも激痛が走る状態に

    そんな中、うちの夫は仕事が暇な時期ということもあって有給半休を使って世話を焼いてくれた
    パックのお粥を温めて食べさせてくれる、毎日病院に連れて行ってくれる、甲斐甲斐しくアイスノンを交換してくれる…かなりありがたかった
    しかしそんな夫の看病とは裏腹に病気は一向に良くならない。体力回復の為に栄養をとりたくても正直水を一口飲むだけで、痛みを耐えるインターバルがいる
    そんな状況で、いい加減パックのお粥にも飽き始めた頃、夫が「今から帰るから