569:プリンはのみものです。ID:8VSf6dMP
    うちの父が憲法違反でタヒ刑、という話をさせてください。

    まず、話のバックグラウンドですが、
    ・Aさんの息子=それなりにいい高校、J大学に合格
    ・Bさんの息子=下の方の高校、M大学に合格、父とは生まれた時からの付き合い。
    ・ランク的にはJ大学>M大学。
    ・Aさんはそれなりに自慢げ、Bさんは筋肉バカの息子が何とかひっかかってほっと一息、といった感じ。
    ・うちは、Bさん家とは懇意ではあるが、Aさんは顔と名前が一致する程度の仲

    AさんBさんCさんDさんで井戸端会議をしていたらしい。
    そこに、父が通りかかってあいさつをして、
    父「B息子君が、M大学に合格したそうですね、おめでとうございます。こりゃー合格祝いがいりますな、HAHAHA」
    Bさん「いえいえ、いつも良くして頂いているので結構ですよ」
    父「いやー前に、B息子君と前に約束したんですよ、M大学に合格したら車をあげるって!HAHAHA」
    Bさん「そんな高いもの頂くわけには・・・」
    父「中古車だったらそんなに値段は張りませんし、うちにも何台か使わない車がありますし。」
    Bさん「と言いましても・・・」
    父「いやー女忄生には分からないかもしれませんが、古くて安くても、B息子君ぐらいの年代には車って大事なんですよ、HAHAHA」
    Bさん「そんなものなのでしょうか・・・」

    父「じゃあ、今度、B息子君にうちに来るように言っておいてください、では!」

    925:プリンはのみものです。投稿日:2013/03/20(水) 19:09:10.98
    私はとても結婚できそうに無かったんだけど、結婚できた。
    娘は一生独身だと思ってた父は、生命保険の受取人を私と母、
    遺産も私に多く残すように遺言したものを書き換える間もなくタヒんだ。

    で、弟嫁がめっちゃふぁびょってるわけですが。
    父の気持ちは聞いていたので、兄弟平等になるようにしようと
    母とも話していたんだけれども、その話をする間もなく弟嫁、大激怒。
    私をかたわだ詐欺師だと罵って、母兄兄嫁激怒、弟オロオロ。
    結局遺言どおりにすることになりました。
    弟嫁に全く権利の無いものなのに、なんでそこまで言えるの?

    615 :プリンはのみものです。2016/05/29(日) 01:07:01ID:S8J
    10年くらい前の話。
    私が高校に上がってすぐくらいの時、父が職場の部下を家につれてきた。
    見た目は平均的なおじさん。当時35歳くらいだったのかな?
    ちょうど日曜で私も家にいたので、母に命じられてお茶とお菓子を出して、挨拶だけしてそのまますぐ引っ込んだ。
    そしたら次の週の日曜日に、その人がまた家に尋ねにきたけど、両親にものすごい形相で絶対に出てくるなと言われた。
    言われた通り部屋に引っ込んでいたら、玄関先で部下の人が騒ぐ声が聞こえて、しばらくしたら警察の人が来てその人を連れて行った。

    あとで事情を聞いたけど、その人は最初に私と会った翌日「お嬢さんとの結婚の話ですが、入籍はいつにしますか」と言い出したらしい。
    父が「何の事か分からない」と返すと「会わせたのは結婚させたいからだろう、目が合ったからお嬢さんが自分に一目惚れしたのが分かった」と言う部下。
    「そんなつもりではない」と何度言っても、部下は「普通は娘にお茶を出させない、娘の気持ちを踏みにじるのか」と息巻き、
    上に書いたように日曜日に我が家にアポ無しで勝手に突撃してきた…とのことだった。花束まで持っていたらしい。
    突撃してきた時も、部屋にいる私に向かって「一緒に逃げよう!親の言いなりになってはいけない!」と叫んでいたとのこと。
    (警察を呼んだのは母だった)

    それで、その後医師の診断を受けて、部下の人は統合失調症であることが発覚したらしい。
    (父は家に招くまでは部下を特に異常だと感じなかったらしいけど、家で話した時からちょっとおかしいなと思い始めたとのこと)
    その人は会社で「○○さんのお嬢さんと相思相愛だったが、○○さんに邪魔された。お嬢さんには可哀想なことをした」と言いふらしていたらしいけど、
    すぐ病気が原因で退職して、田舎に帰って入院することになったので、誰も信じなかったというのが救い。
    ちなみに私は惚れてもらえるような美人でも何でもない、その辺にいるような女子高生だった。
    病気って怖いなと感じた体験でした。

    30 :プリンはのみものです。2014/10/11(土) 14:33:18ID:VtYStZAMK
    2年くらい前の話。
    私の父が目の前で転んで泣いてた女の子を助けたんだ。
    膝を擦り剥いてて出血がすごかったものだから、持ってたいろはすを膝にかけて絆創膏を貼ってやったらしい。
    数日後に小学校に不審者情報のプリントが回ってきた。私は小学校の校内にある学童の指導員だったものだから、うちにもこのプリントが送られてくる。
    身長185cm程で黒髪、髪を後ろで結っている。50代くらいで黄土色の作業服を着た男が、小学2年女児の身体を触ったというもの。
    転んで怪我したのをいいことに、治療するふりをして太股を触ったと書いてある。
    位置情報も時間も容姿の情報も父が女の子を助けたときとがっちり合う。
    こんなプリントが回ってきたけど・・と父に話したら愕然としてた。あの女の子がどう両親に伝えたのかわからないが、ショック受けてたよ。

    つづきます

    711 :プリンはのみものです。2013/01/31(木) 07:29:46ID:v63+BmIe
    泥未遂?なんですが、始めて被害にあったので書かせてください。スレ違いだったらすみません。

    今年の正月、親に彼氏を紹介するため彼氏と共に私の実家へ帰省した時のこと。
    昔から結婚願望がなく、親にもその旨を告げていたので、アラサーにもなっていまだかつて彼氏の1人も紹介したことがなかったんだけど、
    もう長く付き合ってる彼氏だし親孝行のつもりで連れていった。
    なのでよくある父親が荒れて~みたいなことは一切なく、大歓迎ムードで小難しい話も無く私も彼も両親も凄くいい雰囲気だった。

    それで夕飯はすき焼きにするぞ!となりせっかくだからうんといいお肉でやろう、買い出しついでに近くの観光もしよう!ってなった。
    母は娘の彼氏とドライブするのが夢ってことと、私はショッピングモールで買い物がしたかったので、
    私彼母とお肉を買いにいく父親とで途中から別行動にすることになった。
    前置きが長くてすみません。ここから本題になります。
    続きます。

    26:プリンはのみものです。2007/08/08(水) 09:10:26

    いつも親身になって悲しんでくれた父が急タヒ。
    葬式の席でトメが親類に嬉々として語っていたことには
    これで身寄りがなくなって生意気な嫁を〆られると。
    周囲ドン引き。

    気持ちの整理がついたころ、
    友達のイラストレーターに頼んで葬式の様子を描いてもらった。
    厳粛な葬儀の場でトメの服を着たトメ顔のサルが
    嬉々として骸骨をひねくりまわす、という内容の風刺画。
    (現在手元にないのでお見せできません)
    トメの誕生日にパネルにして送った。

    翌日、発狂したいのを押しコロしたという感じの電話が来たが
    「似てるでしょう?」でガチャ切り&着信拒否。

    ものの例えとはいえ亡き父を骸骨に描いたことはDQNだと思うので
    こちらに投稿させてもらった。

    676 :2008/02/09(土) 09:18:300
    プチスカですが投下していいですか?

    私の父はイギリス人です。
    母は日本人で、私はどちらかといえば母に似たので、
    瞳の色と髪の色以外は、パッと見はほとんど日本人です。

    夫と結婚する時に、結婚に大反対したウトメ。
    「外人の血なんて、○○家に入れる訳にはいかない」
    「義妹ちゃんの結婚に差し障りがあったら困る」
    「得体がしれなくて気持ちが悪い」
    など、散々なことを言われました。

    すったもんだのあげく、結婚はしたものの、私は夫公認で絶縁。
    夫も、冠婚葬祭以外は疎遠になっていました。
    私の妊娠が発覚した時も、手紙を書いてきて(電話はNDで着信拒否)
    「変な血が流れた子どもは、産まれても不幸になるだけだと思います」とか言ってきて、私はストレスで切迫流産で入院したりした。

    続きます。

    634 :プリンはのみものです。 2017/01/11(水) 23:20:02.61 ID:HMbMmfeE0.net
    無人のようなので書き捨て。
    復讐系か、スカッと物件か悩んだけど、こちらに投下。

    略奪魔のイモートがヒモ付きで泡風呂に沈んだ話。

    わりと複雑な家庭環境で育ったので前書きが長くなるけどお暇つぶしになれば幸い。
    書き慣れていないので読みにくい点や祖語はスルー推奨。

    まずはその家庭環境から。
    私は父の前妻の娘。私が二歳になる前に略奪婚で後妻に納まった人物の娘が妹。一度は母の元に引き取られたそうだが、四つになる前に母とタヒ別したため後妻家庭で育った。
    何でわざわざ私を引き取ったのかと言えば、遺産。
    母はそこそこ資産家の一人娘で、父と結婚前に祖父母が鬼籍に入っていたため、母が相続した財産は亡きあと私に流れた。当時四歳にもなっていなかった私には管理できないため、私を引き取る名目で遺産がっぽりウマーをやったようだ。
    私が成人したころには何も残っていなかった。
    私と妹は妹が早生まれのため、学年で一つ違いになる。
    後妻家庭の異物だった私は奴隷として育った。父は一応私に愛情か、後ろめたさがあったのか継母と妹がいないところでは優しい面も見せたが、いるところではほぼ空気。私が殴られようと栄養失調になるまでメシ抜きにされても何一つ言えない人だった。
    前妻の娘を後妻の継母がよく思わないのは当然で、その母親を見て育った妹も私が憎かったのだろう。それとも略奪がDNAに組み込まれているのか、中学二年ではじめてできたボーイフレンドを寝取られてからというもの、私が好意を抱いた相手は全員寝取られた。
    この初彼氏の子を妹は妊娠。中学一年の妹に産めるはずもなく中絶したのだが、避妊もせず寝取った妹ではなく、なぜかその彼と清い交際だった私が継母から全治二週間の怪我を負うほど折檻された。
    これがきっかけでそれまで父と絶縁中だった叔父(父の弟)が、私が高校を卒業するまでの後見をしてくれることになり、底なし沼のようだった家から出ることができた。
    家を出ることはできたけれど進学した高校が重なったため、妹とのつながりは私が卒業するまで切れることはなく、寝取られ記録は更新され続けた。

    356:プリンはのみものです。03/04/14 15:57ID:KSMi3P4K
    武勇伝とはちと違うかもしれないけど。

    私が中1の頃、父親の不倫が発覚した。相手は20代前半の素人娘。
    もちろん母は激怒、父は畏縮しつつ母か愛人どちらを選ぶか選択を迫られ
    もともと火遊びのつもりだった父は愛人と別れ家庭に戻ってきた。
    その後、女はストーカー化(当時はまだストーカーという言葉がなかった)して
    家の前に張り込んだり、無言電話、イタ電、家族の中傷ビラなどが始まった。
    当初は両親の不倫騒動を「なさけない…」と冷めた目でみていた私ら兄妹だったが
    イタ電が頻繁に起こるようになると怖くなってきた。もしかしてサイアク本当に一家離散も
    あり得るかも、と不安な日々を過ごしていた。でもある日を境にそうした騒動がパタリとやんだ。

    その後私達子供が成人してから知ったのだか、母が女のところにカタをつけにいったのだそう。
    その時母が女にきった口上は
    「そこまで付きまとうほどウチの旦那が良いなら、一緒になっていいです。
    ただし我が家の嫁の本分を守ることが条件です。旦那は長男です。
    年老いた姑の面倒をタヒぬまでキチンと見る事。小3、中1、高1の3人の子供がいます。
    成人するまで道に外れないよう躾けて面倒を見て大学までいかせる事。
    家のローンもあと15年残っていますのでよろしくお願いします。
    私は旦那の下で働いているので会社に入社してもらい、私の引き継ぎもしてもらいます。
    部下の面倒もしっかり見て、会社運営を傾かせないようしっかり勤めて下さい。
    もちろん私が旦那と別れる時は高額の慰謝料請求を起こしますので
    毎月の支払いは滞らないようにして下さい。
    貴女にこれだけの事を出来る心構えがありますか?あるんですか??」
    女はグウの音も出ないまま、あっさり引き下がったそうです。

    その時の様子をほがらかに語る母親の横顔がなんとなく偉大に見えた。

    162:おさかなくわえた名無しさん2013/09/03(火) 12:18:19.35ID:iKD8xnmv
    (1/4)
    初カキコです。現在進行形の修羅場。
    父の再婚相手がヤバイ人。

    私の両親は祖父母(父の親)と同居していたんだが、母をすごくいじめていた。母は正社員だったが給料もボーナスも全額とられていたり、いろいろされていた。
    母は父に祖父母と離れて暮らしたいと懇願したが「嫁は変えられるが親は変えられない」と父に言われて母は絶望した。
    なんやかんやあり、母は離婚はせず別居。私や私の姉妹に会うときに私たちにこっそりお金を渡す感じになった。不思議な関係だったけど、当時は幼くて何も知らなかったし、お母さんに会えたからそれだけで嬉しかった。

    そしたら、私が大学生一年生の頃に
    「再婚したいから離婚したい!」
    と父が言い出した。