623 :プリンはのみものです。 2015/04/30(木) 19:44:25 ID:us4eyI78.net
    父が事故で亡くなった時のこと
    生命保険の受取人の名前は私になっていたけど
    お葬式やら何やらの費用を払った後の保険金と
    貯金は弟と半分ずつ分けることにして
    更に家は弟の名義にすることに話がまとまった
    当時弟はとある伝統工芸の弟子になったばかりでお金が無く
    将来モノになるかもまだわからないので
    せめて家があればのたれタヒぬことはないだろうと思ったから
    どうせ大して価値のある家や土地でもないし
    名義は変えてもそれまで通り私も好きに過ごしていい約束脱線
    という話を一緒に住んでて結婚も考えてた彼氏に報告したら
    ・生命保険の受取人は私なのだから全額私がとるべき
    ・家は弟と私の共同名義にするか売って代金を折半にするべき
    ・あのニートの弟にそこまでしてやることはない
    ・そもそもそういう話は決定する前に俺に相談しろ
    とまくし立てられて冷めた
    ちょうどその少し前に同じ職場の人が遺産相続でもめて
    精神的にグッタリになってたんだけど
    それは子の間ではうまくまとまりかけてたのを
    子の配偶者達がヤイヤイ言ってこじれたからだそう
    こういう人を配偶者に持つとあの人みたいに苦労するんだなあと実感した
    しかしその時はまだ別れる踏ん切りもつかなかったんだけど
    後日彼の母親からも同じように言われ弁護士紹介するとまで言われて
    こんな人達が身内になったらこれから先また遺産で才柔めそうで無理だと思った

    262: プリンはのみものです。 2014/04/09(水) 00:12:45.35 ID:jnSevc6C.net
    私の父が体験した衝撃的なこと。

    かなり昔、父が高校を出て就職したばかりの頃、
    職場にとても物静かで真面目な、父より5歳上の女忄生.員がいた。
    他の社員は5時でさっさと帰ってしまうのに、その人だけはいつも遅くまで残って残務整理や道具の手入れをし、
    時には他人のやり残した修繕まで引き受けていた。

    父はその女忄生.員のことを偉いなと思うと共に、彼女一人に仕事を押し付けている他の社員に憤りを感じていたが
    さすがに先輩相手では言いづらい。
    さらに自分が手伝うにしてもまだ新人でできる仕事が少ないので、ほとんど手伝えなかった。

    ある日、父が倉庫を片づけた後で大分遅くなってから職場に戻ると
    例の女忄生.員がまだ残っていて、一人で重そうな荷物を運んでいた。
    か細い身体で一生懸命に働いている姿を見て、父は居たたまれない気持ちになった。

    翌日、父は意を決して朝礼の場で
    「彼女にばかり仕事をさせすぎだ、もっと皆で分担するべきだ、
    昨日もたった一人で荷物運びをしていて可哀相だった」ということを発言した。
    まだ18歳の父にとっては、これだけでもかなり勇気を振り絞った行動だった。
    それでも課長をはじめ皆は神妙な顔で聞いてくれていたので、「思い切って言って良かった」と父もホッとした。

    数日後、その女忄生.員は会社の資材を持ち帰って横流ししていたことが発覚して解雇された。
    あの重そうな荷物もその一部だったらしい。

    620:プリンはのみものです。2015/02/12(木) 23:36:00.61 ID:1Hrm9/X2.net
    中学の時にカツアゲされた
    一万円持ってこいと言われた
    親父に相談した

    カツアゲしてきた相手の玄関先に、ダンプカーで
    買い取り価格一万円程度の缶をプレスした四角いのを置いて差し上げた。
    要らないと言うので、ユニックで積んで持って帰ったらしい。
    次はパイレン玉(コンクリートビルをぶっ壊す、でっかい鉄球)で差し上げますよ、
    と言ったら、二度とカツアゲが無くなった。

    35 :プリンはのみものです。2018/01/04(木) 11:23:03ID:HnX
    私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴 言と鉄拳で我が家を支配していた。
    家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
    一昨年、母が病気をした。
    そしたら父が母に離婚を宣言した。
    使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
    それを知って長兄が激怒。
    さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
    父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
    父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
    DV、暴 言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
    父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
    従業員の3/4を引き連れて独立。
    今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
    父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
    病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
    母に看病しに来いと電話したけど、母の携帯は解約されていて、
    兄に電話したら「俺の金と労力はおまえの医療なんかに使わせない」と切られた。

    まだ離婚は成立していないけど、慰謝料の話がついたら判を押すだけって状態。
    会社は倒産寸前というか最早会社として機能してない。
    取引先も八割強次兄と弟の会社に取られた。
    父はまだなんで自分が今一人なのか理解できていなくて、全部「家族が恩知らずだから」と思ってる。
    自分のどこに非があったのか素で全然わからないらしい。
    あんなに絶対強者として君臨していた父が、今は汚部屋で背中丸めてブツブツ言うだけの老人と化している。
    兄弟の中で一番性格が悪い私は、父の惨めさを確認したいがために
    たまに父の様子を見に行っている。
    別に何もしてやらない。ただ見に行くだけ。
    父はいよいよとなったら私が引き取ると思ってるようだけど、そんなわけない。
    たった2年足らずで全部ひっくり返ったことが、必然なんだけど
    父にしてみたら衝撃だっただろう

    952:プリンはのみものです。2011/04/19(火) 13:51:49.57 O
    私が小さい頃に両親が離婚して、四人兄弟の中で上の二人が母と一緒に出ていった。
    全員連れていかなかったのは、多分経済的な理由だったと思う。出ていった後も母は何かと私と弟を気にかけてくれた。

    父親の方は母と離婚してすぐに愛人(父親の隠し子持ち)と再婚。
    父親と再婚相手がイ谷に言うキチで、DVネグレクト当たり前。
    ご飯も食べさせてもらえなくて、私が小6の時についに弟と一緒に施設に捨てられた。
    でも施設はご飯食べられたし殴られなかったしすごい幸せだったんだけど、私達と連絡が取れなくなったことに不信感を持った母。
    そこで父親を問い詰めたらしく、私達を施設まで迎えに来てくれた。

    次に私と弟を父の家に連れて行き、普段はお茶目ですごく優しい母が鬼の形相で「謝れ!この子達に土下座しろ!!」と叫んでいた。
    父親と再婚相手は「はぁ?なんで謝るの?そいつら育てないなら勝手に育てろよ」みたいな事を言っていた気がする。(大人達の言い合いはよく覚えていない)

    徐々にヒートアップしていく大人三人
    当事者のはずなのに傍観者になっていた私と弟

    そして父親がとうとうぶち切れて、母を殴り出した
    その時弟の中で何かが切れたんだと思う
    いきなり立ち上がって台所から包丁を持って来て、「お母さんを殴るな!!お前をコロしてやる!!!」と泣き叫んで父親に向かって包丁を振り回し始めた
    私は父親がタヒぬとかよりも、弟が犯罪者になってしまうのが恐くて弟にタックルして包丁を取り上げた

    まだ幼かった弟が初めて抵抗して驚いたのかビビったのか知らないけど、父親だけ泣きながら謝ってきた(再婚相手はポカーンとしてただけだった)

    これが私の人生で一番の修羅場でした
    文章力無くて&長文すまそ
    今まで誰にも話せなかったから、スッキリした
    ありがとう

    87 :プリンはのみものです。 2017/06/12(月) 19:49:50 ID:vsf
    近々結婚が決まり、色々話を進めている。
    式だけで披露宴はなし、新居は俺と彼女の職場のほぼ中間地点。
    おおよそは決まっているが細かい点のすり合わせを続けている。
    問題は俺の親父がやたら口出ししてくる事。
    親父はいわゆる「男は仕事だけしてりゃいいんだ」世代の男で、家庭にも育児にもノータッチだった。
    そもそも家にほとんどいなかった。
    趣味は登山で、盆も正月も山に登っていた。
    休日は必ずどっかの山に登るための練習だかシミュレーション。平日は登山仲間と飲み会。
    単身赴任の親父は少なくとも正月に帰ってきたが、うちの親父はそれ以下の頻度でしか家にいなかった。
    でも別にそれを責めるつもりはない。
    親父がいないのに慣れきっていたから、寂しくもなんともなかった。
    「亭主元気で留守がいい」の典型で、親父がいなかろうが稼ぎを登山に注ぎ込もうが「へー」だった。
    その分母と兄が稼いでくれてたし。
    なのに今になって親父が父親ヅラして首を突っこんでくることがスレタイ。

    「披露宴やれ。社会人の常識だ」
    「子供は3人以上。貯金できてから?あまっちょろい!」
    「嫁さんは料理うまいのか。家事ができるのか。家に寄越してみろ、俺が見てやる」
    「長女か、ババ引いたな」
    「家電のメーカーはTで揃えろ」
    「披露宴は俺が仕切ってやる。俺の仲間も呼ぶぞ、文句は言わせない」
    「次はスカートを穿いて来させろ」
    「新居の合鍵寄越せ」「週1で顔を出せ」
    これ全部、実際の語録。
    今まで他人同然だった親父がこんなうざい人だと思わんかった。

    868 :プリンはのみものです。2015/10/10(土) 09:57:16ID:VNH
    20数年前の話だけど…。
    私が小学2年生の頃に父に癌が見つかってね。
    年齢的に進行が早くて気付いた時にはもういろんなとこに転移しちゃっててどうしようもなくなってたみたい。
    だから両親が話し合って私達姉妹に本当の事を全て伝えて、その上で「その日が来るまでにたくさん思い出を作ろうね。」って決めたんだ。
    旅行やキャンプなんかして思い出作りをしてたんだけどまぁ順調に癌は進行していってさ。とうとう倒れちゃって病院に緊急入院。
    ありがたい事に両親は子供の私達に包み隠さず父の病状や今後なにが起こるかを伝えてくれてたから子供ながらに父のタヒに対して覚悟はしてた。
    そんな私達の姿を不憫に思ったのかな?
    看護師見習い?看護実習生?みたいな若そうな人が「大丈夫!お父さんはきっと良くなるからね!元気になるからね!」って言葉をかけてくれたんだ。
    いくら覚悟してたって言ってもやっぱり父にはまだまだ生きててほしいし元気になってほしかった私達はその言葉をそのまま信じちゃってさ。
    さすがに今なら「励ます為にそう言ってくれたんだな。」ってわかるけどねw
    パパはタヒなない!パパは病気を治して退院する!って私達は言い張って父の病室にあまり行かなくなってしまった。
    だってどうせ治って家に帰ってくるんだから!って言って姉と家の掃除ばっかりしてたなw
    そんな私達は父が危篤状態になった時も母や先生や看護師さん達が「お父さんの最後だから見守ってあげて!」って言葉に抵抗してトイレに立て籠もって、父は結局母だけに看取られて亡くなった。
    私達はアホな行動のせいで父の最後を看取ってあげる事が出来なかったんだ。
    自分達が悪いのに、私達のぶつけようのない悲しさとかを例の看護師見習いの人に向けてしまってさ。
    「パパの病気治るって言ったじゃん!嘘つき!シネ!シネ!」って大暴 れ。
    その場は母が私達を宥めて帰ったけど後日先生とおばちゃん看護師さんが家に謝りに来てた。
    「無責任な事言ってごめんね。でもお父さんは最後まで頑張ったんだよ。それだけは覚えてて。」って言われてなんか落ち着いた気がする。
    葬儀やなんやかんやが落ち着いてから姉と「あの看護師見習いさんに謝りに行こう。」と決めて病院に行ったんだけどいなくなってた。
    実習が終わったからいないだけなのかもしれないけど今だに気になってる。
    あの人に「あなたに怒りをぶつけてすまなかった。」と謝りたかったなぁ。

    636 :プリンはのみものです。 2016/10/09(日) 19:34:34 ID:m8e
    カレンダー見たら明日体育の日だったことに気付いた。
    去年の体育の日の出来事がきっかけで離婚したんだよね。
    子供が一人いるんだけど、ちょうど今日というか体育の日の前日の日曜日に
    子供の運動会があってちょうどその時私の父親がもう危ないって言われてた。
    だから運動会が終わったら子供連れて実家に帰るって話をしてたんだけど、
    子供の運動会身に来た旦那の両親が、うちで晩御飯を食べると言い出して、
    旦那に今日だけは勘弁してくれと言ったら、ケンカになってしまって、
    前からいろいろされてたこととかいろいろあって不満をぶちまけてしまった。
    その時に不満をため込んでぶつぶつ言うくらいならやってくれなくていい。
    頼んだしてもらったことはないと言い切った。
    私の父親のタヒ期が近づいてる時だよ。
    今まで勝手に同僚を連れてこようが、お前の親や兄弟が勝ったに家に押しかけてきて
    泊まりに来た時だった、実家に帰る日にわざわざお前の妹が泊まりに来て帰れなくなったって文句
    言ったことあったか?そう思ったらなんかいろいろ自分を支えてくれてたものが
    旦那絵の愛情とかいろんなものがさーっとものすごい勢いで消えてくのがわかった。
    たぶんその時旦那は私が折れると思ってそういったんだろうけど、
    その瞬間私はそうか、いやなことや我慢する必要ないんだと思って、
    そのまま実家に帰る荷物持って旦那両親も、旦那も無視して実家に帰った。
    最初は二度と帰ってくるなってラインが来た。
    旦那両親からは、嫁に来たのにまだタヒにもしない実家の父親に会うために帰るなんて
    非常識だというメールが来た。
    そのままラインもメールも無視し続けた。
    だんだん旦那からのラインのトーンが落ちてきた。
    帰ってくるな。から早く帰って来い。次には、いつ帰ってくるつもりなんだ。
    そして、お前ひとりで生きていけると思ってんのか。子供の養育費は一銭も出さんからな。
    そして、俺がお前に帰ってこいとかいうと思ってんのか。
    そして、まさか離婚するつもりじゃないよね。
    と変化していき最後は実家に迎えに来ましたが、結局帰ることなく離婚しました。
    今までいろいろ問題があっても我慢してたのに、たった一言で心折れるっていうか、
    いろんなものがなくなることがあるんだなとよくわかったので、
    人と話すときには相手のことを考えてから話すように気をつけています。

    396 :2014/09/30(火) 03:15:57ID:Hrfm0tFQj
    中1の夏、父の浮気相手から電話が来た。

    電話嫌いの私が無愛想な低い声で対応したせいか、
    浮気相手は母と間違えたらしく、
    旦那を大事にしない、主婦のくせに家事をしない、子供に父親の悪口を吹き込むなんて最低!
    と散々わめきちらし、ガチャ切り。

    何のことだかわからずに受話器持ったまま、しばらく呆けてた。

    母は大好きな仕事を辞めて、祖父母(父方の両親)の介護に専念してるが、
    母から父の陰口なんて聞いたことがないし、
    介護の愚痴も聞いたことがなかった。
    家事が疎かになることもなく父が晩酌するときは必ずおつまみを作っていた。

    誰かと間違えてるのかと思いたかったけど、
    浮気相手はしっかり私の名字と父の名前を言っていた。

    ずっと仲のいい両親だと思っていた。

    どんなに疲れていてもニコニコしてる母に告げる気になれなかった。

    385 :プリンはのみものです。 2017/10/07(土) 08:59:26 ID:vEX
    私は母と私の二人家族だったんだけど、離婚した父が神経わからん。
    母と父が離婚したのは、私が一歳数か月。
    そんなだから、父に関して全く記憶もないし、写真で見ただけ。
    離婚理由も父の不倫だったし思い出もないから、父にたいしていい感情はない。が、恨むほどでもない。
    養育費は途中までもらっていたみたいだけど、父の再婚で止まったのかな?とにかく私が小さい頃に止まったらしい。
    今私30代でもう結婚して子供もいるんだけど、父がタヒんだらしく、相続云々で初めて父の再婚家庭から連絡が来た。
    で、異母妹がいたんだけど、その子の名前が私と全く同じ。
    私の名前、薫とか葵とか桜とかそういう一文字の名前なんだけど、異母妹も全く同じ漢字で全く同じ読み。
    しかも、わりと特殊なあだ名も同じ。
    仮に薫だとすると、小さい頃からかおる、かおちゃんとかじゃなくて、「るー」と呼ばれてたんだけど、異母妹も同じく「るー」と呼ばれていた。
    かおるでるーと呼ばれている人ってそんなに多くないと思うから意図的だと思うし、そもそも前妻との子供と同じ名前つけるのもおかしい。
    異母妹は常識的な人だったけど、お互いちょっと父には引いた。
    その一度きりでもう連絡とることもないだろうけど、一番その事にうわぁ…というか怒っていたのは母だった。
    自分も子供がいるからなんとなくだけどわかる気はする。
    異母妹は私の代わり的な扱いだったのか?私にも異母妹にも失礼すぎるし、そんな思い入れある子供がいるのに不倫するな。