熱中症

    853 :プリンはのみものです。
    嫁は「冷房=害悪」という思考の持ち主で、とにかくエアコンをつけたがらない。
    マンションの部屋が南西向きで、今の季節は部屋が地獄のように
    暑くなるんだけど、それでも「電気代がかかるから」と言って、
    冷房をつけようもんなら烈火のごとくキレる。
    別段生活がカツカツってわけでもないんだけど、
    とにかく冷房にかかる電気代を嫌がる。

    嫁が暑さに我慢できなくなった場合のみエアコンをつけて、
    10分ほど経ったら消す。その繰り返し。
    「頻繁に電源を入り切りするほうが電気代がかかる」と言ってもきかない。
    一台しかない扇風機は嫁が占有。
    もう一台買おうと言っても一台で十分だと却下。

    仕方がないので残業を増やしたり、夜ジョギングにかこつけて近所のコンビニや
    ブックオフで立ち読みしたりして、不快指数が高い家にいる時間を少しでも減らすようにした。

    で、ある日の週末。湿度も気温もやたら高い日だったけど、
    嫁が「仕事が休みなら掃除でもして」と言うので、部屋に掃除機をかけることに。
    冷房をつけられないのでテーブルどかして掃除機を持ってきた時点で汗だく。

    終わったら風呂入って、涼しいブックオフでも行くかーとか考えながら掃除機かけてたら
    急に貧血みたいな感じでめまいがして、目の前が真っ暗になった。

    立ってるのが辛くなってきたので部屋の隅に座り込んだら、
    今度はだんだんと意識がもうろうとしてきた。

    夢うつつに嫁が「ちょっとどうしたの!!」とヒステリックに叫んでるのが聞こえた。

    続きます

    7 :プリンはのみものです。 2019/12/04(水) 00:51:11 ID:Cr.iy.L2
    妻には幼い頃に亡くなった兄がおり、事故で亡くなったと聞いていたのですが
    最近になって、実は義両親がパチ〇コに出かけた際にまだ小さい妻兄を車内に置き去りにした結果
    妻兄は熱中症になり…そのせいで亡くなってしまったという事を知りました
    義母妹からその事を教えられ、義両親に問い正した所、半笑いで「そんな事もあった」と言われました
    「男の子だから丈夫だから多少は大丈夫だと思った」そうです

    当時はまだそういった事件に甘く、熱中症になってすぐに亡くなった訳でも無いので
    警察でも厳重注意処分?か罰金か何かで終わった、と義両親は言っています
    (この辺りはかなり怪しいのですが、大した罪にはならなかったのは事実な様です)

    義両親は若干態度が大きかったり非常識な所はあるものの、孫にあたる息子・娘を良く遊びに連れて行ってくれたり
    誕生日には盛大に祝ってくれる、一見孫煩悩な方々だと思っていたので、ショックが大きく
    今後は子供らを義両親と会わせるのはなるべく控えたいと妻にいった所
    妻は「兄の事件は私が産まれてすぐの話だし、正直兄の事は覚えていない。
    兄の一件を反省したみたいで、私は両親にとても大事に育てられた。そんな両親を毛嫌いしないで!」
    と猛烈に反対され、先週も義両親の所に一緒に遊びに行ってしまいました

    正直な所、義両親も妻の感覚もまるで俺には理解出来ません
    パチ〇コに夢中になって子供を置き去りにする様な人達と、親しい関係になった事を非常に後悔しています
    正直、離婚を視野に入れて考えているのですが、義両親に問題がある場合での離婚で
    親権が取れるのか…そもそも離婚が可能なのか、非常に悩んでいます
    弁護士には相談に行く予定ですが、まずは俺の判断や感覚がおかしいのか、間違っていないのか
    その辺りも混乱しているので、皆様の意見もお聞きしたく思います
    何卒よろしくお願い致します

    530: 名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 09:33:43.00 0
    いきなり書き込んですみません 

    数年前に義姉(夫の兄嫁)が無くなりました。まだ若かったのに、熱中症でした。 
    その頃私は結婚して間がなくて、義姉含め夫実家側の事はよく知りませんでした。 
    夫から義姉が倒れたと連絡が来て、すぐに病院に行きました。 
    病院には義姉・ウトメ・コトメさんが既に来ていて、義姉さんは大丈夫そうでした。 
    話も普通に出来て、笑っててみんな一安心。 

    そこで突然トメさんが「だから言ったじゃない!熱中症に気をつけろって!」
    ってキレだして、義姉さんに説教しだしました。
    かなりキツい感じで、普段思っていた事を爆発させていました。
    「あんた、いつまでたってもそんなじゃ、こっちも迷惑だからね、
    突然タヒなんかで子供残されても面倒見切れないからね、全くあんたは」
    と、再び義姉の悪い所を並べ立てたいたら、義姉の容態が急変。
    そこに義兄とその子供達(小学生)が入ってきて、すぐにナースコールしたけど
    義姉はそのまま亡くなってしまいました。

    義兄とその子供達からしたら、トメさんが罵りまくっていたらタヒんじゃった、
    という風に見えたろうし、そうでなくても自分の妻が最期に聞いた言葉は
    姑の自分への不満だった、という事になる訳で、大修羅場になりました。
    トメさんが黙っていれば、せめて夫と子が着くまでは持ったんじゃないか、
    或いはタヒななかったんじゃないか。

    現場に居た私からしたら、義姉さんは大丈夫そうに見えので、
    トメさんも安心して「だから言ったじゃないの!」になったんだろうと思うけど
    それ以前に嫁姑間で色々あったみたいで、駄目だった。

    817 :プリンはのみものです。 2016/07/25(月) 10:48:50 ID:l0h
    地元紙の投稿欄に「人間として堕落してしまう」からエアコンを使わない、という90歳前後の人の投稿が載ってて
    人間は己の快適さの為に地球を汚し苦しめている、莫大な電気代と引き換えに環境を汚染して知らん顔をしている…とか
    往年の佐藤愛子もかくやと言わんばかりの大演説だった(あの人も90過ぎてたね)
    建前論なのか芯からそう思ってるのかはともかく、一昔前はまだこんな年寄り結構いたなあ、と懐かしくなってしまった
    身内にしてみりゃ堪ったもんじゃないけどね
    今時はエアコン1日付けてたって大した額行かないんだけど、年寄りは数十年前のエアコンが現役でかつ数十年前の電気代が頭にこびりついてるから難しいねー

    私の知人はエアコンを頑として使わない高齢親を「熱中症で蒸しタヒにされたらこっちが迷惑だ」と諭して納得させたそうだけど最終手段はこれかな

    223 :プリンはのみものです。 2012/08/20(月) 08:39:49 ID:HK/WidMm
    屋外スポーツをしていた際に、私が熱中症になってしまい気持ち悪くて座り込んだら、うつむいていた頭からペットボトルの冷水をぶっかけられた。
    え…?と思って水を滴らせ意識朦朧としながら顔を上げたら、彼が一言「こういうの正直めんどくさいわ。」


    朦朧としながら、ごめんなさいと謝っていた自分を殴りたい。
    しかもフラれた。