浮気

    325 :プリンはのみものです。 2017/03/01(水) 20:48:47 ID:meo
    嫁の父親から聞いた、昔の又聞きの修羅場

    義父には姉がいたそうで、旧帝大を出て間もなく同期の弁護士と結婚した
    旦那さんは学生で旧司法試験に受かるぐらいだから相当頭が良かったけど
    義父が顔を合わせたり結婚式で様子を見た印象では、感情を表に出さなくて何を考えてるかよくわからない人だったらしい
    それでも奥さんである義父姉のことは愛してたようで、感情を出さないなりに家事とか色々手伝って
    記念日や誕生日は必ず祝って休暇が取れたら一緒に旅行にも行ってと、結構尽くしてる感じだったそう
    でも義父姉さんはどっちかというと打算で結婚した部分が大きかったようで、結婚から何年も経たないうちに浮気
    義父家族に間男を加えて話し合いをした時、旦那さんはいつものように淡々としてたそうな
    興信所の調査結果を出しながらこれこれこういう時にこういう浮気をしてたって感情もこめずに説明して
    義父姉が泣いてすがっても間男や義父両親の顔色が変わっても機械みたいに一切ペースを変えないで、そのまま離婚を宣告
    あまりに理性.的すぎて義父も気持ち悪かったそうだけど、義父父はそんな態度が気に入らなかったようで
    「こんな態度じゃ娘が別の男に走るのも当たり前」「むしろこうなることを狙ってたんじゃないか」
    「お前みたいな機械との子供を作らなかったのは正解」「間男の方が人間味がある」
    などと、被害者のはずの旦那さんになんでそこまで言うのかってぐらい罵詈雑言言いまくって
    それでも何も言い返さないのをいいことに「悔しかったら怒ってみろ」と馬鹿にした感じで言い放ったら
    旦那さん絶叫しながら飛びかかって、義父姉と間男と義父父を半杀殳しにしたそうな
    ガラスのテーブルを叩き割って自分が血まみれになっても止まらないあまりの暴れっぷりに義父と義父母は止めることもできず、
    収まってから病院に行ったら四人とも最低二ヶ所骨折、発狂レベルで殴ったり暴れたりしてた旦那さんが一番大怪我だったらしい

    この後、慰謝料と治療費・示談金の相杀殳って形で金銭を動かすことなく決着したそうで
    旦那さんは今も弁護士を続けてて、義父姉はその後50代で病タヒ、間男は騒動後全く知らないとのこと
    大人しい人ほどキレたら怖い、だからタヒにたくなければ絶対に怒らせるなと遠い目で〆てました

    699 :プリンはのみものです。2016/08/23(火) 18:23:13.net
    事後報告且つ簡潔ですまない

    二年前の話
    俺(32)食品系会社員、元嫁(29)専業 
    ・元嫁風呂中に知らない男の名前から着信。元々男の知り合いが居ない人なので、不信に思い代わりに出て「もしもし」というと無言で切られる
    ・興信所→黒。両親の不貞行為をみて育ったので、不貞行為に激しい嫌悪感があるため再構築不可、離婚決意
    ・元嫁両親、嫁だけ呼び出す。元嫁両親謝罪(母泣いてた、父土下座期待するもそこまではせず)、嫁「反省しています、もうしません」。サイトで知り合ったとの事。お前からもいってんじゃねーかw
    ・次やったら離婚と宣告し、離婚届を書かせ、嫁に「許す」と伝え(めっちゃ安心したように泣き出した)、元嫁両親と話したいから、と席を外させる
    ・娘の不始末は親の不始末。父「娘には二度とこんなことはさせない」ということで、次不貞行為があった場合、慰謝料2000万の契約書を出す(民事訴訟上書式として有効かは知らない)。
    ・渋るも、「二度としないのであれば問題ないのでは?無理なら・・・」と説得すると署名
    ・元嫁と家に帰り笑顔で「もうするなよ?☆」くらいで騒動を終わらせる。正直、これ言った後「えへへw」みたいな反応だったので、こいつ反省してねーなと確信

    814 :プリンはのみものです。 2009/11/20(金) 22:21:37 ID:1rUqj2xEO
    婚約者同士の話。ケータイからすまん。

    俺 A介
    元婚約者 B美
    浮気相手 C朗
    浮気相手婚約者 D子
    当時皆25歳。2年前の話。

    俺は20のとき大学を中退して働き出し、それなりに給料も貰ってた。
    数合わせの合コンに呼ばれ、B美と知り合って、21の誕生日に告白されて付き合いだした。
    両家両親とも挨拶を交わし、B美の就職、仕事が安定したら結婚しようと話していた。

    85 :プリンはのみものです。 2015/08/31(月) 12:54:03 ID:A2T
    私の親を騙して有利に離婚しようとした浮気元旦那からのロミオメール。
    元旦那の弟が専門学校やめてFランの法学部に入学。
    「有責配偶者からは離婚できない、有責なら女でも慰謝料払う!」と旦那に話したらしい。
    旦那、私を有責にしてプリンちゃんとの結婚を目論んだ。
    (私はプリンちゃんに職場凸されて弁護士探してる時で、元旦那はプリンちゃんに結婚を迫られていたらしい
    元旦那、新しい携帯を購入、私が不倫相手との専用機としてそれを使ってるように偽装しようとした。
    ただ所詮はバカ、不倫相手として使ったアドレスは義弟のiPhoneの普段使わないソフトバンクの方のアドレス。
    仕上げにうちの両親を巻き込もうとその偽装携帯から母へ「不倫がバレて追い出された、今は不倫の時用のこの携帯と千円だけしか持ってない」と送信。
    母は確かに不倫大嫌いだけど、ニュース大好き勉強大好きな人。
    オレオレ詐欺対策マニュアルに従い私の本来の携帯に連絡してきて事態が発覚。
    ロミオメール本文は次のレスに載せます

    466:プリンはのみものです。2006/09/16(土) 14:10:57
    それじゃ俺が投下します。
    もう修羅場から、3ヶ月が過ぎたので、気持ちも落ち着きましたし。

    登場人物
    俺(27)
    恵美(俺の彼女♀:25)
    公平(♂19)

    俺と彼女は付き合って5年目。
    お互いの両親公認で、そろそろ結婚かという時期でした。
    年齢的にも悪くないし、お互いに結婚の意志があったので
    クリスマスには彼女にプロポーズするつもりだった。
    (彼女が以前から、クリスマスにプロポーズされたいと言ってたので)
    ほんと、今年は最高の一年になるだろうなとか考えてました。

    そんな時に起きた修羅場でした。

    19:プリンはのみものです。2014/07/05(土) 23:02:33.58
    不買スレの住人ですけど誘導されてきました。
    少し相談よろしいでしょうか?

    夫と結婚して7年です、子供は男の子で4歳です。
    夫はごく普通の会社員で、私は今は専業主婦です。

    結婚当初から夫はかなり内向的な性.格で、堅実ではありましたが
    面白みに欠けると言いますか、もう私は限界でした。
    ほんの些細なすれ違いが重なって、私はついつい気の迷いから
    大学時代の友人とそういう関係になってしまいました。
    ずっと夫に申し訳ないとは思っていました。
    ただずるずると関係を続けてしまい、ついに2週間前に夫に発覚して
    しまいました。
    夫はほとんど精神の安定を欠いてしまっていて、半狂乱です。
    どうしたらもとの平穏な生活に戻れますか?
    浮気相手とはすぐにでも別れます。
    なんとかもとの平穏な生活にもどりたいです。

    880:12009/08/28(金) 21:06:01ID:2pHT1vKz0
    大家の身内に悪さされた時の事を思い出した。
    ちょっと吐き出させてくれ。フェイク混ぜてるから所々辻褄が合わないかもしれない。
    …よく考えたら修羅場があんまりなかったのでこっちに投下。


    当時、俺には25で大学生の頃から付き合ってた彼女がいた。
    その頃の俺は仕事の都合で出張が多くて、彼女には相当さびしい思いをさせていたと思う。

    ある日、出張から帰ってきたら、部屋のテーブルに書置きと段ボール箱があって
    書置きに「○○(俺)が浮気してるのがわかったから、もう一緒に居られません。今までありがとう」みたいなことが書いてあった。
    段ボール箱の中身は俺が彼女に贈ったプレゼントとか二人の思い出の品々でした。
    浮気と言われても心当たりがあるのは仕事の付き合いでキャパクラにいったことくらいで
    でもそれは仕事の付き合いだったから、彼女に報告したし、彼女も心情的にはともかく理性.では納得してくれてると思ってた。

    そんなわけで彼女と別れることが納得できない俺は彼女と連絡を取ろうと手を尽くしたけど、
    共通の友人達は彼女が根回ししてて全滅。彼女の実家は論外。
    直接訪ねようにも彼女は既に引越し済みと取り付く島がなかった。
    彼女の職場をいくことも考えたが、さすがにそれはできなかった。
    更に彼女が姿を隠してから数日後、俺の部屋の合鍵が郵便で届けられた。

    共通の友人達とコンタクトを取った際も一方的に浮気男と罵られて
    話を聞いてくれるのは野次馬根性.丸出しで事情を深く知らない奴らのみという状況。
    彼女と友情を同時に失った俺は正に失意のどん底だった。

    660 :プリンはのみものです。 2015/05/05(火) 22:24:22 ID:???
    あの忌まわしい出来事が、この季節が来ると思い出します。

    私は専門学校へ通っていた時、夏美という女性.知り合いました。会った瞬間、運命的なものを感じ、
    猛アプローチを掛け、彼女も笑顔で付き合うことを承諾しました。
    お互い就職して3年の社会人を経験し、結婚をしました。
    夏美と話し合い、暫くはお互いに仕事を続け、マイホーム資金を貯め、家族を作り、幸せな家庭を築く。。
    そんな人生プランを立て、目標に向かってお互い励まし助け合い、仕事に勤しむ毎日を送っていました。

    そんなある日、私は業務で、隣町の営業所に社有車で出かけた時のことです。
    思ったより早く業務を終えたので、気分転換も兼ね、遠回りの山沿いの道を選び、帰途につきました。

    その道は雑誌でも紹介されており、新緑の回廊をちょっとしたドライブ気分で気持ち良く車を走らせていました。
    路肩に工事予告の標識が置かれており、交通警備員が赤い旗を振っているのに気付き、車を減速させ、停車しました。
    路肩の雑草を伐採しているようで、片側規制されており、対向車が数台走って来ました。

    すると、私の車と同じ車種、同じ色の車が通り過ぎ、思わずドアミラーに目をやり、過ぎ去っていく様子を確認しました。
    車の後部に、私が付けたオプションのパーツと同じものがついていて、
    ナンバーは鏡なので逆に映り、確認までは出来ませんでしたが、同じナンバーだったように思えました。

    前編はコチラ



    452:3192007/02/09(金) 12:06:29

    昨日やっぱり気になってあれからメールしてみました

    1年半ぶりなので変更されてたら届かないかなと思ったけど
    ちゃんと届きました
    3時ごろまでメールのやり取りをしていました。
    聞きたいことは聞けたと思います
    やはり脅迫まがいのことをされたのは関係を持った後のことで
    関係継続を強要されてはいても最初は自分の意思だったそうです。
    はっきり「あの時確かに私は貴方を裏切りました。もう後悔しても遅いと思いますが
    貴方と子供には本当に申し訳ないことをしたと思っています。」と

    子供に関しては危険日は無理に理由をつけてでも彼とはしないように
    していたので俺との子供だと確信していたそうです。それでも彼の子供可能性.は在ったと思うのですが
    元嫁はそれが最後の望みだと思っていたと言っていました。

    結果離婚してしまいましたが、こんなにも俺を追い詰めるとは思っていなかったと

    それで週末の話の内容を聞いてみると
    夫婦としてやり直せないとは思うし許してもらえないとは思うけど
    これからを見て欲しいし子供にももっと会って欲しい
    自分の事が許せないならせめて子供は可愛がって欲しいと
    お願するつもりだったらしいです。
    再婚するつもりはないのかは聞けていません。

    何だか複雑です

    319:プリンはのみものです。2007/02/08(木) 19:07:20

    ちょっと聞いてくれ
    俺2年前に離婚したんだが
    当時俺も嫁も29歳で子供3歳娘がいた

    俺は当時マンションに住んでたんだがそもそもの発端は
    隣に奴が引っ越してきたことが問題だ
    奴は見た目サラリーマンで挨拶の時も物腰丁寧で
    俺も嫁も悪い印象は無かったんだ
    このマンション1階はお店になっててな
    俺もよくお好み焼き屋で酒なんか飲んでて
    それで奴ともよく顔をあわせるから段々仲良くなっていった

    聞いてみると奴は離婚してここに住むことになったらしい
    離婚原因は仕事人間だからとか言ってたが今では怪しいな
    そういうことだから偶に家に来て一緒にご飯食べたりするようになった
    奴は話が上手かったから嫁も気に入ってて
    良い隣人に恵まれたなと、何で離婚したのかな?と思ったぐらいだ

    おかしくなったのはそれから数ヵ月後から
    嫁が偶に俺との行為を断るようになった

    皆無ではないが明らかに減っている
    ただ生活上おかしいところはなく
    むしろ良くなったぐらい、ま罪悪感からだろうけどな
    俺もなんとなくおかしいとは思っていても
    携帯見ても特におかしいところもなく
    不審な外出も無いだけに具体的な行動を起こすことはなかった

    あの日祖母が倒れなかったら気がつくのがもっと遅かったかもしれない
    たまたま営業で家の近くの会社を訪問している時
    母から電話で祖母が脳溢血で倒れたと電話があった
    だから帰ったんだ3時ごろに
    見たよ、隣に入る嫁をさ

    普通ならここで声かけるよなでもしなかった