466:プリンはのみものです。2013/04/14(日) 00:18:35.98 ID:bfr1mgQG
    うちの母の亡くなった時の話。
    コトメが亡くなったそばから母のクロゼットやら
    何やら開けだし、
    「あ、これは私が貰ってあげる」
    「こんなの、オクでも売れないよね~」と
    漁りだし一同ポカーン。
    甥と姪も私が母にプレゼントした品を手に取り、
    「これ俺の~」「あたしこれ!」と騒ぐ騒ぐ。
    うちの娘(小4)が「それはママがおばあちゃんに
    この間のお誕生日にあげたんだよ、勝手にやめてよ!」
    と泣き出すと、
    「なんだよ、お前のばあちゃんはタヒんだんだから
    誰が貰ったっていいじゃん」と甥。
    「娘ちゃんだけおばあちゃんと海外旅行行ったりして
    ずるいことしたんだから、いいでしょ!」とコトメ。
    ちなみにこの甥や姪は当然ながら母にとって孫ではない。

    159 :プリンはのみものです。
    書き捨て
    どこに書いたらいいかわからないし、話せる人もいないので。

    昔から母に愛されていない自覚があった。
    自分もいい年になって親父に真相を聞いてみた。
    否定されたが、しつこく追求した。
    愛してるならどうして俺に一度も笑顔向けたことがないのか。
    どうして俺との会話だけ淡白なのか。
    どうして俺を汚物を見るような目で見るのか。
    結果、やはり俺は愛されていなかった。
    俺は母が好きだから、わかっちゃいたがすげー悲しかった。
    母は俺にだけすげー冷たいけど親父やペットには人が変わったように優しいんだよ。
    別に虐待されてたわけじゃない。
    ただ手をつないだり、抱っこしてもらったり、そういう記憶がない。

    母は「子ども」という存在を嫌悪している。らしい。
    これは精神的な病で、通院もしてたそうだ。
    子どもはいらないという条件で結婚したが父はやはり自分の子が欲しくて頼み込んだ。
    母は妊娠したが、自分の中にウジ虫がたくさんいると発狂、鬱に。
    流産することなく無事に産まれたが、 俺に一切の興味がなかった。
    むしろ気持ち悪いと思っていた。
    俺が泣くたび騒ぐたび、母は俺を嫌悪した。
    最低限の世話はされた。ペットの犬のついでに。
    本当は俺なんかに触りたくもなかったから、出来るだけ触らないようにしていた。
    出かける時はちゃんと連れて行ってくれた。
    手は繋がなかった。でも俺はきちんとついて歩いた。
    きっとはぐれても捜してくれないと思ったから。
    1日騒がずに外出出来たら帰りにおやつを買ってくれた。
    それだけで嬉しかった。
    夏休みの自由研究を手伝ってくれた。母は絵が上手い。
    母は俺とは最低限の話しかしないし触れないけど、母が好きだった。
    わからない宿題は教えてくれた。
    俺は母と会話したくて、わかる問題すら質問を繰り返した。
    母は俺のことを名前で呼ばない。お前とか、子供のヤツ、とか。

    母は2才頃から10年ほど両親からひどい虐待を受けていたらしい。
    母が子どもの頃は同年代の子の家庭を羨ましいと思っていた。
    だけど、大人になるにつれ、羨ましいという感情のほかに、ずるい、憎いがくわわった。
    母は見ず知らずの子ども達を見て、こいつらのほとんどはタヒぬまで一度も殴られる痛みを経験することもないんだ。こいつらは幸せなんだ。ずるいずるい憎い不幸にしてやりたい。ひどい。という思考回路になってしまうらしい。
    たとえそれが自分の子どもでも。

    支離滅裂な文章ですみません。
    ただやっぱり俺は母が好きだなー。悲しいけどね。
    現嫁との結婚報告も興味なさげだったし、孫なんか絶対連れて来んなって言われてるから、まだ孫の顔も見せたことないけど。

    35 :プリンはのみものです。2018/01/04(木) 11:23:03ID:HnX
    私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴 言と鉄拳で我が家を支配していた。
    家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
    一昨年、母が病気をした。
    そしたら父が母に離婚を宣言した。
    使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
    それを知って長兄が激怒。
    さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
    父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
    父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
    DV、暴 言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
    父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
    従業員の3/4を引き連れて独立。
    今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
    父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
    病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
    母に看病しに来いと電話したけど、母の携帯は解約されていて、
    兄に電話したら「俺の金と労力はおまえの医療なんかに使わせない」と切られた。

    まだ離婚は成立していないけど、慰謝料の話がついたら判を押すだけって状態。
    会社は倒産寸前というか最早会社として機能してない。
    取引先も八割強次兄と弟の会社に取られた。
    父はまだなんで自分が今一人なのか理解できていなくて、全部「家族が恩知らずだから」と思ってる。
    自分のどこに非があったのか素で全然わからないらしい。
    あんなに絶対強者として君臨していた父が、今は汚部屋で背中丸めてブツブツ言うだけの老人と化している。
    兄弟の中で一番性格が悪い私は、父の惨めさを確認したいがために
    たまに父の様子を見に行っている。
    別に何もしてやらない。ただ見に行くだけ。
    父はいよいよとなったら私が引き取ると思ってるようだけど、そんなわけない。
    たった2年足らずで全部ひっくり返ったことが、必然なんだけど
    父にしてみたら衝撃だっただろう

    260 :プリンはのみものです。2015/06/16(火) 13:19:08ID:GhO
    母があの秋葉原通り魔事件に巻き込まれたかもしれないという可能性.浮上して大騒ぎになったことがあった。
    母は事件当日に秋葉原へ一人で買い物に行ったきり連絡がつかなくて父も私も大慌て。
    その日私は婚約者と婚約者の誕プレを買いに行く予定だった。申し訳ないけど延期してもらえないかと頼んだら滅茶苦茶怒られた。
    約束を破るのかと今まで見たこと無いくらいに怒鳴りちらしてて、母の生タヒがわからないからと説明しても、通り魔に襲われたのは運命だった(すでにころされたと決めつけていた)。他人の生きタヒにごときで俺との約束を無しにするなんてとんだ糞女だわと電話で言われた。
    頭の片隅にちらっと婚約破棄が過ぎったがすぐに思考回路は母の事で埋め尽くされた。
    私は父と秋葉原へ向かった。その途中で交番から父へ電話が入り、母の無事が確認されました。
    母は通り魔事件とは関係無しに、カバン(携帯と財布)をひったくられ、追いかけるが転倒。
    誰かが一緒に追いかけてくれたが捕まらず交番に駆け込んだ。
    母は父や私の番号が思い出せず(うちには家電が無い)、母の実家にかけるが誰も出ず・・・
    交番に電車賃を借りようとしたところでようやく父の番号を思い出した。

    第一話はコチラ
    第二話はコチラ
    第三話はコチラ



    14:プリンはのみものです。2005/09/07(水) 16:51:36 ID:???
    以後、怠惰は無視でいいのかな?

    第一話はコチラ
    第二話はコチラ


    565:嫁が怠惰 ◆Jix0Pil6s62005/09/07(水) 14:15:55 ID:???
    嫁は毎月給料から3万、ボーナスから7万を貯金しているが
    これを減らせばもう少し贅沢できると思う。

    第一話はコチラ


    50:プリンはのみものです。2005/09/06(火) 18:37:02 ID:???
    他スレのお前のなりきり見てどう思ったよ?

    6:嫁が怠惰 ◆Jix0Pil6s62005/09/05(月) 17:19:23
    すみません。相談いいですか?

    29 :プリンはのみものです。 2015/12/24(木) 07:37:32.99 ID:Np3kGNO10.net
    20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

    長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

    気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
    文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

    母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
    母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


    私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
    母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


    母が蒸発して生活が一変した。

    もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
    母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不倫していたからだとわかった。

    蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
    不倫していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不倫相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


    貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

    家にはいつもお金がなかった。

    756 :プリンはのみものです。 2007/08/24(金) 01:46:38 0
    着物といえば、結婚前にトメが母の仕事を聞いて来たので「内職で...」と答えようと
    したら、まぁ、内職!?苦労なさったのね。ぷ!と、分かり易く見下された。
    こういう人なんだと、こっちもずっと気を許さずに接してきた。
    んで、最近引っ越し中にトメが押し掛けてきて、勝手に和ダンスに入った着物を観て
    びっくり。何でこんなに良い着物があるの?と狼狽えるトメに
    「言いませんでしたっけ?母が内職で着物縫ってるって」
    内職って言っても、母は呉服屋さんに信頼され、私の給料かるく超えるくらいの
    仕事をこなしていた。
    勿論、反物が社員価格?で易く手に入るとのことで、普通の家庭の割に良い着物を
    嫁入り道具として作って貰った。(ほとんど着てないけど)
    あの時のトメの悔しそうな顔をつまみに何杯でも酒飲めそうです。