804 :プリンはのみものです。 2017/01/23(月) 06:06:11 ID:YgO
    式場勤務のときに経験した強烈な話

    色々フェイク入れるけど、新婦:55歳、新郎:25歳、って感じの年の差夫婦
    新郎さんは仕事が忙しくてほとんど打ち合わせに来なかったけど真面目な印象の人
    新婦は小奇麗な人で、40代って言っても通るような見た目
    「恥ずかしながらこの年で年下の夫と入籍し、年齢的にも式は挙げないつもりだったのだけど
    夫が初婚で親戚からの要請があったもので」と控えめに言ってくるような女性.だった

    新婦単独でドレス選びをやった数日後、新郎の採寸もやったんだけど、電車が遅延して新婦が遅刻した
    新郎と新婦が諸事情で別々のところに暮らしていて、式場までの交通手段が別っていうのは
    珍しいことじゃなかったから気にも留めなかった
    本来なら新婦の到着を待つところなんだけど、その日は予約がたくさん入ってたから
    新郎の許可をもらって採寸を始めた
    新郎がどんなタキシードがいいかなと言うので
    「先日奥様がお選びになったドレスをご覧になって参考になさいますか?」
    と声をかけたところ、「なんのこと?」と怪訝顔に

    新郎「妻が来たんですか?」
    私「今週の水曜日にお見えになりましたよ」
    新郎「妻はずっと入院していて来週退院なのですが・・・」

    お互い無言になった後、えええええとパニックにw
    詐欺か何か犯罪じゃないかということでお互いに情報を出し合ってみたところ
    「新婦」が「新郎実母」だということが判明
    もう本当にびっくりしたよー・・・

    158: プリンはのみものです。 2014/10/10(金)21:10:06 ID:heWmWAOP0
    よしwwwなら俺の愛する嫁がした仕返しを書こうと思うwww

    1/2
    結婚したのは俺が31 嫁が25の頃うちには姉が二人いるだが 当時35と34 内弁慶でおひとり様で私たちは結婚なんてしないのよブヒーと言っていた80kg代の巨女 
    んで俺の母も詰る所クソババァだったわけだ。専門用語だとクソトメ・コトメだったわけだ。俺のいないところで女三人で嫁を淫売だの
    身体で垂らすなんぞほざいてたわけだ。

    気づいた時には俺激怒よ。クソババァどもが!!!!って感じだ。きょぬー好きな俺が胸は無くとも可愛く快活で極上に飯の上手い愛する人を傷つけたんだ。
    知る限り男が居た事もない陰険なクソバババァ姉共に怒りMAXだったんで喧嘩買って絶縁したらぁー!!って思ってたんだ。んで気づいたときに
    嫁は悲しい顔してるわけよ。こんな顔を嫁にさせやがって!!」っと思って実家に行こうとしたら嫁に尻を蹴られた。
    待ってくれ!!嫁!!気づかなかったのは俺が悪かったが何故に止めるのよ!?と思いええ~っ?って顔で振り返ると暴走するなと怒られた。
    んで姉二人のことを色々聞かれた、それはもう根掘り葉掘り。なんだ?やり返すのか?DQN返しか?と思っていると嫁は意外なことを口走った
    『もったいない』
    ????????ホワイ????
    まったく意味が分からなかった。何がもったいないんだい嫁?と聞言いてみた

    488 :プリンはのみものです。 2019/03/11(月) 22:27:17 ID:UrQr9I4q.net
    もうすぐ出産予定の者です 産後に実母が住み込みで手伝いにきてくれるのですが母へのお礼について相談させてください
    ・初産+夫が激務のため母が泊まり込みで手伝いにきてくれる(部屋は余ってるので客間に寝てもらう予定)
    ・母は独り身で都営住宅に一人暮らし(あまり余裕のある暮らしではないと思います)
    ・仕事はベビーシッターのパートをしておりフルタイムではなく好きな時に好きなだけシフトに入るような形(会社勤務ではなくフリーのような形なので休むのは自由)
    ・2ヶ月ほどは居てもらうつもりで基本的にその間仕事は休んでもらう

    以上が前提です。やってもらうことは掃除、洗濯、食事、赤ちゃんのお世話の手伝いという感じです。私もできる限りはするつもりですが床上げまでは基本的に横になっていたいと思っています。
    母にお礼としてお金を渡したいのですが1ヶ月五万円だと安すぎるでしょうか。
    母の食費などはもちろん全てうち持ちで、母へ家事のお礼と仕事を休ませてしまうことに対してのお金です。母はもしかしたらいらないと言うかもしれませんが夫とも相談してやはり渡そうとなりました。最低でも母の家の家賃を聞いてその分は渡すべきでしょうか?

    192:プリンはのみものです。2007/10/05(金) 07:40:01 O
    厨の頃母親が不倫してる現場というか最中を目撃して、許せなくて汚物に見えたので父親に報告。
    父親激怒、母逆ギレ
    母間男んとこに走ってった。
    その後、父親は母の妹と再婚。
    俺も今では、おばさんだった人を母さんと呼んでる。

    母が他人と真っ最中なところを見たというトラウマはあったけど幸せになれた、父さんも俺も。
    そんな頃家に間男から連絡があったらしい
    新しい母親に汚物が入院しているので、俺に会ってやって欲しいと。

    絶対に嫌だったけど、新しい母にも会ってやって欲しいと言われ
    父にも言われた。俺の為にと送金があったらしい、だから何?
    と思ったけど被害者である父親に言われたから会う事にした。
    汚物は精神を患ってて、頑丈なドアで隔離された所にいた。

    病室では無くて、休憩室?みたいな所で横には医師、あと間男もいた。
    今でも続いてんだと思って、ビックリしたんだけど。
    何か汚物の様子が変だった、離婚する前みたいな感じ。
    父親を今でも夫と思っているみたいで、どうしてお父さんは来てくれないの?と
    母さん入院してる間も〇〇ちゃんとご飯食べてる?
    ってまるで不倫もしてないし、離婚もしてないみたいな感じだった。

    間男は、俺の事覚えてないみたい、毎日一緒にいたんだけどね。って苦笑いしたんで
    忘れたい過去なんじゃないですかって言ってやった。
    俺にしたら汚物も忘れたい過去なので、話もソコソコに帰った。

    壊れてた実母と、忘れられた間男を良い気味だと思う俺は最低なんでしょうか

    345:プリンはのみものです。2007/01/24(水) 20:37:12
    嫁がおふくろに激怒している。
    もう手がつけられない状況で、ひきつけ起こすんじゃないかというくらい。
    長い付き合いで結婚したけれど、喜哀楽はころころ変わるのに怒っているのを見たことない嫁だったのに。

    253:プリンはのみものです。2015/03/06(金) 18:49:21.04ID:9CpxAAla
    去年の年末に起きた修羅場ですが、
    職場で知り合った4歳下の24歳の彼女と婚約することになり
    相手の両親は和やかに認めてくれていい人です。
    問題はお姉さんみんな結婚して四姉妹の末っ子のため
    婿養子になってほしいとのことで、
    彼女と一緒に暮らせるなら別居を条件に受け入れました。

    うちの母に報告に行った時、
    「この子はフラフラしてるのに貰ってくれてありがとう。よろしくお願いします」
    みたいな事を母は彼女に笑顔で言ってました。
    それから「お母様、◯◯さんを婿養子にいただくことになります。うちの両親が詳しくお話ししますので」
    って言った瞬間から、母が般若のような物凄い怖い顔になって睨んできて
    それからうちの母が
    なぜか冷静に「彼女ちゃんの親御さんと話さなきゃね」って言った時
    こっちまで血の気が引いた。

    彼女紹介してから彼女に対して
    すごく優しい母だったのに、婿養子になるぐらいで鬼姑に変化するのに恐ろしさを感じた。
    ちなみに父は小学6年の時に事故で亡くなりました。

    221 :プリンはのみものです。 2016/01/09(土) 11:38:24 ID:tRds3/vr.net
    あなたのおかげでお父さんとお母さんは結ばれたのよ
    ~子どもは天使よ~と母から言われて育った。
    ピンクのフリフリ着せられて、可愛いね~って満足そうだったので、好きじゃないっていうのは我慢してた。
    しっかり者で偉いわ~って言われてた。
    色んな場所に連れて行ってもらってた。
    私は幸せな子どもなんだと思ってた。

    反面、小学校入学頃から父の浮気を愚痴られるようになり
    うちの母親は変だよなあと思いながら慰めてた。

    小学校高学年になって
    両親は職場での不倫→私生児回避したい母の策略で父離婚→母と再婚して私出産
    という正しい経緯を知った時が修羅場。

    既婚者を離婚させてすぐに挙式なんてすりゃ、父の兄弟から疎まれて当然。
    社宅だからご近所さんみんな経緯知ってて村八分なのも当然。
    私があちこち連れて行ってもらったのは、母の不倫旅行だった。
    遊んでもらってた色んなおじさんは、母の不倫相手だった。
    (幸い、みんな普通に子ども好きな人だったけど)
    父は浮気ではなく、仕事の接待でキャバ行ってただけだった。

    離婚時に不倫相手が「○○さんを自由にしてやってくれ」と乗り込んできて
    追い詰められた父が不倫相手を刺してしまい、刑務所でお世話になったのも修羅場。

    今は母は一人で寂しく過ごしており
    父は犯罪を犯したため会社をクビになったが、人望はあったので小さな会社を立ち上げ
    私はその後も色々あって人間不信・結婚不信に陥ったけど、なんとか結婚できた。
    まだカウンセリングなんてなかった頃の話なので、
    今みたいな時代だったら就職前に母の洗脳が解けて、進学できていたのかもしれない。
    配偶者にも子どもにも、自分が嫌だったことは絶対にしないと誓った結果、今は穏やかに家族と過ごす日々。

    769 :プリンはのみものです。 2016/02/23(火) 15:44:44 ID:???
    弟がちっちゃい頃に父から逃げ出して、
    父のことなんか顔も覚えてない弟が父そっくりに育ってしまった。
    やっぱり遺伝って大きいのかな…
    父にそっくりと思い始めてから弟のこと可愛いと思えなくなった。
    弟は今大学生なんだけど、なんでも人のせいにする性.格。
    成績が悪い→姉ちゃんがジャマした!(してない)姉ちゃんがうるさくしした(してない)から勉強できなかった!
    お小遣い使いすぎて金がない→姉ちゃんが取った!(取ってない)姉ちゃんのために使った(何一つ買ってもらってない)
    彼女とケンカ→姉ちゃんがブスだから幻滅された!ママの稼ぎが悪くて貧乏だからおごれなかった!
    太った→ママがお菓子買ってくるからだ!姉ちゃんが食わないからだ!
    浮気と借金を「家が安らげないから悪い!嫁が金を渡さないのが悪い!」と喚いてた父そっくり。
    もっとゲンナリなのが、弟が隠れて父と連絡取ってたこと。
    父のやってるマルチまがいの会社に就職させてやる、お前ならすぐ幹部だとか甘いこと言われて
    信用しきってマルチの商品買わされてた。
    止めても「嫉妬乙w自分が可愛がられなかったからって俺の足を引っ張るなw」とニヤニヤするだけ。
    父は私のことも金づるにしたいみたいで、弟を通して連絡しようとしてきてる。
    弟は「俺が仲介してやるからさw大人になれよw」と得意顔。
    弟を切って母と逃げたいが、母は弟を思い切れない。最悪母も切るしかない…
    母には親孝行したいのに、それすら阻む父と弟が憎くてたまらない

    855 :プリンはのみものです。 2019/01/13(日) 09:10:08 ID:9vBPvMafa.net
    すみません、質問というかアイデアが欲しいです。
    俺の母が嫁に「おとうさんの趣味をどうにかしたい」と相談したとのことで、嫁から何かいいアイデアないか聞かれました。
    俺の父はフィギュア収集が趣味なんですが、掃除を一切しません。場所もどんどん他の部屋や居間を侵食していくのですが、父は母に言われても整理しないし掃除しません。
    そのくせ母が触れることは嫌がり、母が捨てろと言えば鉄道模型のコピペを見せてきて人の趣味に口を出すのは最低であると説教されたそうです。
    母は専業主婦だから強く言えなく、けれど埃が積もっていく部屋やフィギュアに耐えられないと。
    人の物を捨てるのは違法だし人間として最低であると言う父の方こそ最低だと俺は思う。
    それはともあれ、こんな父にフィギュアの整理整頓をさせるアイデア、もしくは母がフィギュアを捨てても違法にならない方法ってありませんか?

    339 :プリンはのみものです。 2016/06/19(日) 04:38:57 ID:44/5jW0E.net
    もう十年くらい前の話。長いので分けます。


    父がパチ〇コで多額の多重債務を作った。
    それなりに稼ぎがあるにも関わらず、長年パチ〇コと借金返済に給料のほとんどを使っていた。
    でも母が正社員役職持ちだったおかげで私達兄弟(兄姉私)が子供の頃生活に困る事は無かった。

    ある時、とうとう父の給料だけでは首が回らなくなり、借金の全貌を父が母に打ち明けた。
    それまで生活費だけでなく借金返済の一部を負担してしまってたらしい母はあまりの額に激怒。
    (私はここで初めて母が生活費の殆どを負担してた事を知った)
    離婚話になって家族会議をした。
    でも当時すでに社会人で家を出ていた兄と姉は家族会議には中々参加できず、大学生だった私と両親のみで話し合う事が殆どだった。
    兄と姉には「すまんがよろしく」と言われた。

    そこで末っ子だった私ははっちゃけてしまった。
    父は感情的な人間で、カッとなりやすい。頭に血が昇ると暴言を吐く。
    その暴言の矛先を母ではなくて自分に向けて母を守らねば!
    可哀想な母の盾にならねば!
    と思い込んだ。

    このページのトップヘ