未遂

    385:プリンはのみものです。2010/06/08(火) 14:07:13 ID:H6jNcUEs
    さっき散歩がてらママ友としゃべりながら歩いてケーキ屋寄ってクッキーを買ったら
    丈夫でかわいい紙袋に入れてもらえた。

    ラッキー、犬のフン袋がだいぶヘタレてきたからこれにしよう♪とホクホクしながら
    帰り途中、同じ幼稚園の隣かその隣?のクラスのママにすれ違いざま紙袋をスラれた!
    こっちは同じ幼稚園のママだな~でも別に友達じゃないし~挨拶したほうがいいかな~
    とか思ってたけど、向こうは多分気づいてない感じ?で、スッと持っていかれて、
    一瞬頭真っ白になっちゃって「え?あれ?あ!わ、ワンコのフン袋ーーー!!」とか
    叫んでしまった…
    結果、フン袋だと思ったスリママさんはクッキーを投げ捨てて逃げたので無事?に
    戻ってはきましたが、気持ちの悪い一件でした。
    そして一緒にいたママ友がやたらと顔の広い人だったのが災いして、多分スリママの
    クラスのママにもこの話がまわっているっぽい。

    473:プリンはのみものです。2010/07/19(月) 17:43:03ID:rIlPvXIE
    当方30+α歳な小梨の夫です。
    つい先ほど、よくわからん状況に遭遇してしまい、なんだかモヤモヤしています。
    相談というか、愚痴に近いのですが……。
    書き込んでもよろしいでしょうか?
    邪魔でしたらやめておきます。

    525: プリンはのみものです。 2008/06/05(木) 21:38:36 ID:RRaGnEds0
    では自分の体験だけど。都内の某ホテルにイベントで泊まった時。 

    徹夜で製本してたんだが、隣の部屋がどたん、ばたんとうるさかった。 
    私は寝ないつもりだからいいけどうるさいなあ、と思いながらも製本。 
    静かになったのは2時ぐらいだったと記憶している。 
    ああ、やっと寝たのかと思いきや、今度は廊下をばたばた走ってくる音。隣のドアをがんがん叩く音。 
    何か叫んでいた男性が、今度はこちらのドアをがちゃがちゃ。 
    「すみません!ホテルの者です!非常事態なんです!」 
    なんだなんだと思う間に、鍵かけていたドアがばん、と開いた。 
    入ってきたスーツのおじさんが二人、あわただしく 
    「隣の部屋で非常事態がおきまして、申し訳ありませんが失礼します!」 
    言うなり、壁を ぶ ち 抜 い た( ゚Д゚) 

    隣の部屋のがたがたいう音は、どうも宿泊してたおじちゃんが、首を吊るための紐をかけようと四苦八苦してた音だったらしい。 
    静かになったってことは…とこっちは((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルしていたが、どうもうまくいかなくて諦めたところだったみたい。 
    自分的には「安いホテルは壁が薄いんだな」ぐらいで、おじちゃんも助かったしまあいいか、だったのだが。 

    後日、どうもその部屋は自杀殳者を呼ぶ部屋らしいと聞いた。 
    その部屋と両隣、値段がカプセル並みの破格のお値段だったのは…… 
    いっそ客入れずにあかずの間にすればいいのにと思った。

    936:プリンはのみものです。2010/02/20(土) 11:44:53 ID:3LfW3kLr
    セコケチにしては度が過ぎるが、泥としては未遂なのでここに。
    アクセサリーや和装小物専用の小さなキャビネットが2階の自室にある。

    子供のいる友人を家に招いたら、私がお茶を入れている隙に子供が勝手に2階に上がり
    そのキャビネットを漁ったようだった。
    お茶を入れて戻ってくると、子供が嬉しそうに「ねじりハチマキ〜」とか言って
    額にどうみても私の帯締めとしか思えないものを巻いていたのでそうとしか思えない。

    私が返すように言うと子供は謝って返してくれたが、子供はその際「上の部屋のあれ
    (キャビネット)の中に、これが何本もあって綺麗だったから」と言い訳した。
    すると友人は「何本もあるなら一番ボロい奴でかまわんし、くれません?子供が気に入ったので。」
    「あれは和装道具だから、着物を着ないなら使い道ないよ」と突き放したら「関係ありません!
    子供が気に入っただけだし!」
    結局、私が「縁日とか古着屋に行けばたまに掘り出し物あるよ」と言えば諦めてくれはした。

    780 :プリンはのみものです。 2008/04/24(木) 22:04:04 ID:C/O/z7Fp
    以前ケコンしていた時のこと。
    何故か夜になっても日付が変わっても夫が帰らない。連絡もとれない。
    交通事故かと問い合わせても該当なし。
    明くる朝10時頃警察から連絡。病院に収容されているとのこと。とりあえず生きてる!と駆けつける。(ここでのやり取りは後述)
    病院で私が見たものは果たして
    車イスに座らされオムツを当てられ、白目を剥きヨダレを垂らし、意識の飛んだ夫だった。
    何でも駐車場の車の中で、意識不明のところを発見されたらしく、有機溶剤の強い匂いがしたそうだ。
    私が飲ませた疑いもあるらしく、簡単ではあったが取り調べられた。
    駐車場が遠方、車は夫の一台のみ、乳飲み子がいる、と言うことで疑いは浅かったようだった。
    あと
    最初の警察からの電話で
    「奥さんはすぐに来られますか」と聞かれ、
    「いいえすぐには無理です」と答えた際に
    後から思えば、警官(刑事?)がやたら気色ばんで「何故ですっ?」と聞いてきた。 
    私は「赤ちゃんがいるし車もないので準備してタクシーを呼ぶから一時間はかかります」と答えると
    「ああ、それはすぐのうちですよ」と 口調が和らいだのを思い出す。
    結局自杀殳未遂だった。
    あの夫の姿は衝撃的だった。

    蛇足だが
    救急患者の部屋は大部屋で緊急丸出しの雑然とした部屋で、
    そこには飛び降り自杀殳未遂の人がいて、血の滲んだ包帯姿で、
    見舞いに来た恐らく妻だろう人に「お前ら……裏切りやがって…いつから出来てたんだ……チクショウ…」とうわ言のようにうめいていたのが恐ろしかった。 

    このページのトップヘ