660:プリンはのみものです。2016/11/18(金)03:23:31 ID:Hgg
    はじめまして。
    先ほど5年付き合って4年くらい同棲してた彼氏に、
    泣きながら「もう無理だからお願いだから別れてくれ」と土下座されたので、さよならと言って実家に帰ってきました。
    でも正直わたしは別れたくないのですが、どうにもならないでしょうか...。よろしくお願いします。

    163 :2010/09/14(火) 14:36:09ID:KNDpkaQP
    冷め話。長いです。

    当日私25歳、彼29歳
    結婚しようとプロポーズをしてくれたものの、お互いの仕事が忙しかったため口約束のまま宙ぶらりんになっていたときに妊娠発覚。
    デキ婚は不本意だったけれど、結婚の話をやっと進められるようになるんだと思ってすぐ彼に報告した。
    喜んでくれるものだと思っていたのに、彼は渋い顔で考え込んで一言。
    「俺、無精/子症なんだけど…」
    でも私は浮気なんてしていないし、きちんと病院で検査だってしてもらった。
    日数を逆算すると、お互い半休とれたあの日に…とか、子供は早めに欲しいって言ってたじゃん…とか
    頭の中でぐるぐる考えつつも何も言えない私を見た彼はいきなり笑い出して
    「ジョーダンだよ!ビックリした?おめでとう!一緒にがんばろうな」
    と言って抱き締めてきた。
    彼を思いっきり突き飛ばした後の事はあんまり覚えてない。
    6年も付き合ってこんな冗談を言われたのは初めてでかなりショックだった。
    もちろん結婚はせず、子供は一人で育てようと思ったけど精神的に不安定だったのが身体に影響して流産した。

    75 :2014/10/15(水) 13:00:31ID:qpGK4oxuB
    当時の彼氏Aと二年ほど付き合って、結婚前提で同棲しようかという話になった。Aはとにかく優しくて頼りがいがある男だったんだけど、急に私に対する態度が変わった。
    「同棲するからにはお前の好きにはさせない」から始まり、自分に都合が悪い事が起こると全て私のせいにするようになった。
    例えば「タバコが売り切れてた。何故お前が気を効かせて買っておかなかったのか。謝れ」「雨が降っている。とにかくお前のせい。謝れ」などとにかく酷かった。
    他にも同棲する部屋や家具などの決定権はお前には無いとか言い始めたので同棲する話は流し、別れた。
    メールで「やっぱり同棲って大事だな。お前の根性の無さを見つけられた。」と言われた。こっちのセリフだよ。

    それから2ヶ月たったぐらいに、急に復縁メールが送られてくるようになった。私は復縁する気は無いし、どキツイ下ネタも交えてきてたのでさっくり受信拒否。
    一体元彼に何があったのかは気になったので、共通の友人に探りを入れてみた。

    164 :2011/03/10(木) 09:39:10ID:Pe21g4Zm
    数年前の冷め。

    彼からいきなり
    「お前の兄貴が警察に捕まったの見た。やっぱり、俺の思った通りだった。
    慰謝料はいらないから、お前も二度と俺に近づくな。氾罪者きめぇ。」
    とのメールが来た。?が頭を飛び交って彼に連絡を取ろうと思ったけど
    メールも携帯も着信拒否されていた。
    そもそも兄はその時、兄嫁さんと欧州旅行中。少し前に、兄嫁さんから
    世界三大がっかり名所の一つをバックにした写メと「小さい、本当に小さい、
    思ってたより小さいww」とテンションの高い連絡をもらったばかり。

    結局は彼の勘違い(兄に似た人を警察署前で見かけた?)だったけど、
    共通の知人にも誤情報を流したため、弁護士介入の上で〆た。
    「思った通りだ」の文に冷め、慰謝料請求されて鼻水出しながら泣いて
    「だって、だって…」を繰り返す姿に氷結した。

    831:プリンはのみものです。2011/09/30(金) 17:25:58.37ID:OtxtuQrX
    家族が危篤、急遽実家に帰り、病院で看取り、失意のまま
    「今家族が亡くなったから、しばらく実家で泊まる」とメールしたら
    「え?何、ケンカしてるから言い訳?」(少し言い合いしてたところだった)
    「不謹慎~。俺には関係ないけど」とか言い出した。

    バタバタでもう完全無視していたら、帰った途端
    「ご家族はどうでしたかぁ~?」とニヤニヤして言われたので、
    「おかげさまで葬儀まで恙なく終了いたしました。ご丁寧なお言葉を賜り、
    故人も大変感謝していることと思います。
    これにて終了とさせて頂きます。ご多忙中にもかかわらず、
    お付き合い頂き、誠にありがとうございました。」
    と葬式での挨拶をそのまま言って追い出した。

    字面だとふざけてるように見えるかもしれないけど、本気でそれしか
    言う気が起きなかった。
    半同棲状態だったので、荷物とウダウダ言ってくるのをどう処理したらいいのか
    まだ悩んでいます。

    364:プリンはのみものです。2014/09/26(金) 00:53:30.07 0
    昔付き合ってた彼は高学歴でお金持ちで、20代なのにひとりで一戸建てに住んでたんだけど、
    いつも鍵がかかってて、絶対中に入れてくれない部屋があった
    中に何があるのか聞くと書斎としか答えなくて、書斎くらいでこれはおかしいといつも思ってた
    彼が鍵を置いて出かけたのを見計らって、怖いもの見たさで中を覗くと、未開封の漫画やゲームやおもちゃが整然と並べられてた
    途端に彼が怖く思えた私は、こういうのはやめた方がいいと帰ってきた彼に告げると、
    本気で殴られ、彼は混乱した私を抱えて外に投げ捨て、荷物を投げつけて締め出したという修羅場

    後日そのことを彼の母親に相談すると、そんなもの買い与えたことはないと言い、
    そんなことでなぜ彼女を殴ったとそのまま親子喧嘩を始め、
    関わりたくないからと治療費と迷惑料だけ受け取って逃げたんだけど、
    なんだかエリートの闇を垣間見た気がして当時は本当に怖くて怖くてたまらなかった

    811:プリンはのみものです。2013/06/04(火) 22:06:58.80ID:IaMDMKX3
    高校生の頃、私のほうからアタックして落とした彼
    キレると手におえなくて(彼曰く親父似)、
    一人で当てもなく歩き始める
    土地勘がないところでもやるので
    とりあえず追いかけて声をかけるんだけど
    「俺なんて居ないほうがいいんだから放っておけ」
    「どうせ俺なんて…俺なんて…」と自虐がはじまる

    それでも何とか関係が続いていたけど
    ある時、遊びに行くor帰るでケンカになった
    お金ないし(交遊費は私が全部払っていた)
    バイトの時間もあるし
    帰りたくて無理やり電車の乗ろうとしたら平手で殴られた

    意味がわからずとっさに私も殴り返してしまったら
    倍返しされて私吹っ飛んで壁に当たった
    殴った後、彼が何度も何度も地団駄踏んで謝ってたけど
    放っておいてさっさと帰った
    彼に対する気持ちも吹っ飛んだ瞬間だった

    170:プリンはのみものです。2013/11/18(月) 16:32:37.82 0
    修羅場だったんかな?さっきあった出来事。
    私28 正社員 年収600
    彼32 正社員 年収350


    2年付き合った彼と
    来年夏ぐらいに結婚が決まったんだけど、
    彼が年明けにでも仕事辞めてくれという。

    年明けから一緒に住み出すので、
    俺が働いてお前を養うから
    お前は家のことだけをしろと言う。

    子供が生まれたら仕事を辞めて
    育児に専念するつもりだけど、
    それまでは今の職場働くつもりだ。

    キッチリ定時終りの仕事だし、
    今まで一人暮らしをしていたので
    掃除・洗濯・料理も一通りできる。
    仕事のせいで家事に影響が・・・の心配は
    まったくないつもり。

    何より、子供が授かるまではせっせと働いて
    子供の為、家建てる時の為やらに貯金したい。

    上記の事を彼に告げると、いきなり彼はブチ切れた。

    134 :プリンはのみものです。 2017/03/17(金) 17:06:00 ID:NNW
    交際前は食事といっても友人グループで居酒屋が定番だったから
    彼が自分の腹具合を調節できない人間だと気付いたのはデートしてからだった
    単に食が細いとかその日たまたま食べ切れなかったっていうのならわかるけど
    彼の場合、自分で大盛やセットメニューを注文してかなりの量を残す
    ラーメン屋でセットの白飯が大中小と量を選べるのに、白飯(大)を注文して9割方残すとか
    ハンバーガー屋でバーガーとドリンクとポテトのセットを買って
    ポテトは手もつけずに全捨てするとか、私からすれば信じがたいし不愉快
    映画館のポップコーンやお祭りの屋台のたこ焼きなんかも
    買うなと止めても買って、少し食べたらもういらないと残りを私に押し付けてくるようになって
    ストレス溜まってた頃、久しぶりに会った友人にそれを愚痴ったら
    「自分の胃袋の管理が出来ないならその彼氏はお金の管理も出来ないだろうね」と言われた
    なぜかその言葉に「私なんでそんな低能な男と付き合ってるんだ」と一気に冷めた
    その矢先に彼からホテルのバイキングに行こうと誘いが来て
    「あー、こいつ絶対馬鹿みたいに大量に料理をとって残して
    私に残りを食べろって言うんだろうな」と思ったら
    顔を見るのも嫌になって別れを告げた
    遊んだりお喋りする分には楽しい人だったけど
    食という生活の基本で概念が違いすぎるのは無理

    180:プリンはのみものです。2006/07/03(月) 00:56:52
    5年ぐらい前の修羅場投下します。

    私 (奈美)  当時20歳 ♀
    彼氏 (康介) 当時23歳 ♂

    当時私は販売員として働いていましたが、お給料があまり良くなかった為
    早朝または夜中、休日の頼まれた時はコンビニでアルバイトをしていました。
    販売の仕事は年末年始はお休みだったのですが、コンビニは年中無休で
    学生バイトの人が休みをとったので入って欲しいと頼まれました。
    彼氏に年末どうする?と聞きましたが「夜から用事がある」みたいな返事だったので
    ちょっと寂しいなと思いつつも私は年末年始はコンビニで働くことにしました。