学生

    454 :プリンはのみものです。 2019/09/07(土) 08:43:03 ID:PA5MHJdW0.net
    5歳下の学生彼女とお金の価値観が全く合わない。彼女はデートで払うお金はほぼ全部男が出すべきで、それが男の愛情表現だという。確かに学生と社会人で収入の格差はあれど全部出さなきゃいけないものなのかな、。
    今でも普段のホテル代なんかは僕が払ってるし、ご飯も4千円だとしたら千円札一枚貰うくらいの割合で多く払ってる。
    でも彼女的にはそうじゃない部分、例えばラーメン食べた時の1000円とかタピオカ代(僕は飲まない)なんかの小さい額を自分が払うことがあったりするの嫌だったみたい。
    自分はそこまでお金持ちじゃないから実際キツイのもあるし、なんだか年下とはいえ全部払うことになったらただの財布みたいになりそうでモヤモヤする。
    どんな風に考えればいいんだろう。どう解決していけばいいんだろう。

    47 :プリンはのみものです。 2019/11/03(日) 06:48:02 ID:BI.la.L2
    朝からすみません相談させてください
    父にベロチューされました
    昨日(というか今日?)夜遅くに帰ってきたなとは思ってましたが、うとうとしていたのでそのまま寝てました
    そうしたらわたしの部屋に入ってきて、ベッドに座ってしばらくジーッとわたしを見ていたような気がします
    なんとなく眠ってるフリをしてしまったのですが、そうしたらあちこち触ってきて(詳細は伏せます)、最後にキスされました…
    気持ち悪すぎて、父が何を考えてそんなことをしたのか理解できなくって、悶々としていたら朝になってました
    騒ぎ立てるのは簡単ですが、それをしたら学費を打ち切られたり家から放り出されそうです
    バイトはしていますが一人暮らしするにはこころもとないと思います
    訳あって母に頼るのは抵抗があります
    というか、父親にこんなことをされたとリアルの人間に相談するのは、色眼鏡で見られそうで嫌です
    わたしはどうしたらいいんでしょうか

    372 :プリンはのみものです。 2007/06/28(木) 13:19:51 ID:NPmyvVy7
    十年近く前のことですが。学生時代一人暮らしをしたときの隣人が変だった。
    三十歳くらいの小柄な男で、引越しの挨拶に行ったらいきなり
    「俺が隣でラッキーだね。なんでも教えてやるよ。ところでまさか彼氏とかいないよね?」
    遠恋中の彼がいたけど、詳しく言いたくなくて「はあ、まあ」とか適当に答えた。
    そしたら人差し指でおでこを突かれて「見栄張んなくていいって」と。
    呆然としていると手を出して「合鍵渡しなよ。普通預けとくもんだから」
    そんな話聞いたこともないし鍵を渡す気なんてなかったから、急いで自分の部屋に戻った。
    次の日の夕方、ドアチャイムが鳴った。ドアスコープから見ると、隣人。
    気味悪くてドア開けなかったらドア越しに
    「俺これから仕事だけど、戸締りちゃんとするんだぞ」
    それからもほとんど毎日のようにピンポン。
    「もう荷物片付いただろ?部屋見せろよ」「合鍵早く作れよ」「じらすのってやりすぎはよくないぞ」
    その度に、彼氏がいますからとか関係ありませんからとか言い返したのに効果なし。
    その男は夕方から明け方にかけて働いてたみたいで、外で出くわさないのが唯一の救いだった。
    学校から帰るのも、男が出かけた頃を見計らって帰るようにした。
    するとそのうち、早朝、壁をトントン叩いてくるように。無視していると、
    今度はぶつぶつと愛?の言葉を呟く。
    「素直になれよ」「俺とおまえは運命の相手なんだよ」「全部教えてやるから怖くないよ」
    もう、実家(市内)に帰ろうかと思っていたとき、彼氏が県外から来てくれ、泊まることになった。
    その翌朝早くのこと。
    夜明け前に、私はなぜか目を覚ました。今思えば、ドアが開く音がしたんだと思う。
    部屋は暗かったけど、カーテンの隙間からすこしだけ外の光が入っていて、
    そこに誰かが立っているのがわかった。

    182:プリンはのみものです。2015/06/13(土)14:04:02 ID:tDH
    学生の頃に運転をミスって家(とクルマ)に突っ込んでしまった
    任意保険に入ってなくて、示談ということになったのだけど、総額で5000万円を超えるというもの
    俺は事情があって家族がおらず、支払いを大学院まで待ってもらうことになった

    それでも、少しもの謝罪としてバイト代月に一万円を払った
    さんざんゴネられたけど、これが精一杯だった
    通学のため車を買い換え、それしか余裕がないと言ってなんとか納得してもらった


    それから大学院まで月に何度も謝ったりしてやっと卒業
    そしてこのタイミングで俺は自己破産した

    就職先を知られないように気をつけ、携帯の番号を変えたので追跡されない
    車やクレカを持てなくなったけど、5000万の借金が消えたと思うと生まれ変わった気分だった
    そして、最近ようやく車を持てるようになり、ようやく人並みの生活に戻ることができた
    今考えると、身寄りのない子供に途方もない借金を背負わせるあの家族は鬼のように思えた

    俺の数少ない家族への理想も消え去った

    216 :プリンはのみものです。 2016/07/16(土) 02:05:16 ID:IPt
    Fラン大学の実態に恐怖した話

    大学で社会心理学を学んでいたんだが、心理学を専攻する場合、必ず
    ・実験の被験者になること
    ・自ら実験を行い論文をかくこと
    が単位を取るうえで必須となっている
    学生が行う実験の内容は
    アンケートを実施し、その結果を統計にかけて、結果をまとめること
    簡単に言えばこんな感じ

    統計にかける場合、母数が少ないとデータの品評性.が低くなるため、アンケートに答えてくれる人を探すことが何より大切で、いかに多くのデータを手に入れるかが重要になってくる
    それこそ数百は必要になる
    被験者をどこから見つけてくるかが最初の関門なんだが、教授から「某Fラン大学の心理学の授業を受ける学生を被験者にしてこい」と指示があった
    うえでも書いたが、心理学を学ぶ場合被験者になることが求められるために教授の繋がりで何か打診でもあったのだろう
    不安を抱えつつアンケートを持ってFラン大学へ

    まず出席者がやばかった
    名簿では各心理学の授業を百数十名がとっているはずだが、出席者は30名~40名
    3つの授業をはしごさせてもらったが、集まったのがやっと100超えたくらい
    しかも回答してもらったアンケートを開いたら酷い
    回答漏れは当たり前
    アンケートは該当の数字を丸で囲むだけにも関わらず、全部1だけとかやる気のない回答も多い
    もっとやる気のないやつは名前だけ書いて白紙とか、落書きしか書いてないとか、中には「バカ」「シね」とか小学生かと思うような落書き
    まるで使えない
    使えるアンケートもあったが、ほとんどが正直紙のムダでしかなかった
    これでは卒論が書けない
    仕方なく、ゼミ生に大学教授の親を持つ人がいたから、その人のツテで別の大学でアンケートをとらせてもらった
    多くの人に協力してもらったおかげで無事に卒論は完成でき、卒業できたが
    一方でまともにアンケートに答えることもできなかったFラン大学の学生も当たり前のように卒業していてため息しか出ない

    このページのトップヘ