嫌がらせ

    618: プリンはのみものです。 2009/08/18(火) 15:07:11
    旦那の姉と妹、私に対して似たようなことするので、連絡取り合っているのかと思ったら、
    そうじゃないことが判明した。 

    姉コトメ(遠距離)がすること、うちに来た時に洗面台にある私の化粧品への異物混入 
    最初はクリームに納豆とか、ヨーグルトとか解りやすいことから始まったので、 
    今では、化粧品を買ったら、100均の小さな容器に入れる、
    姉が来たら中を確認する事無く捨てる。 

    妹コトメ(中距離)がすること、うちに来た時洗面台にある私の化粧品の借りパク。 
    まあ、一言だけど声をかけるだけマシ? 

    最初の頃は、買ったばかりなのに盗られたりしていたけど、
    今では小さな容器なので私としてはスルー気味。 
    本当は家に来て欲しくないけど、大姑の見舞いという名目があるので、拒否もしづらい。 
    (大姑のいる病院が我が家から近い) 
    で、このお盆休みにも来たのだけど、姉コトメが帰った日の午後に妹コトメが来た。 

    そして、いつも通り化粧品を持って行っちゃったよ。 


    夜に、妹コトメから顔が腫れたと電話が来たので、素直に謝っておいたよ。 
    いつもだったら、姉コトメが帰ったらすぐに化粧品を捨てるんだけど、今回は 
    手が回らなくてごめんなさい。って。 

    中に何を入れたのかは、お姉さんに聞いて下さいとも伝えておいた。 

    似たような嫌がらせをするなら、連携を取って欲しいワ


    275:プリンはのみものです。2007/11/18(日) 01:26:19
    昔出席した結婚式。新婦・新郎ともに中学の同級生。
    元メイクアップアーティストという新郎姉が新婦のメイクをするというので、
    大丈夫なんかいなと思っていたが(新郎姉は地元では有名なブラコンで、
    新婦のことを大変嫌っていた。しかし新婦は立場的に断れなかったらしい)、
    当日新婦の顔を見るとなかなか綺麗だったので、さすがにこんな場では
    嫌がらせもできなかったんだなとひと安心していた。
    ところが。はじめのほうで恩師がスピーチをしたんだけど、これが感動的で
    みんな目頭を熱くするような内容だった。新婦も当然ウルウル状態だろう…
    と目をやってビックリ。
    アイシャドウが涙で溶けて流れまくり。目頭のほうから頬に向けて流れて、
    老けたゴルゴ13みたいになってた!
    ざわつく会場、新婦を見て絶句する恩師、慌てる司会&新郎&新婦両親。
    新婦本人は「え?何?」みたいな感じ。
    ホテルの人がそっと(といってもバレバレだけど)新婦を連れ出し、
    しばらくして戻ったときはメイクは直っていたけど、表情は…。
    その間ずっと新郎姉は澄ました顔で座っていた。
    結局二人の結婚生活は三年もたなかった。新郎姉が毎日新居に押しかけ、
    しょっちゅう泊まっていて夫婦生活もままならなかったそうだ。

    925:プリンはのみものです。2013/01/14(月) 15:37:05.60 0
    流れ豚切りすまん。誘導されてきました。コトメが凄まじく腹が立つ。
    私は日本育ちだが血筋はドイツ人。旦那の両親はとても良い常識人で、
    こちらの家族と仲良くやっている。
    しかし旦那の姉が気持ち悪い。私の兄にメアドをしつこく聞き兄宛に自分の胸や陰部の写真をを
    送りつけてくる。兄はすぐさまアドレスを変えしばらくは何も起きなかったが、
    今度は待ち伏せされるようになった。本当に気持ち悪い。
    コトメはどうやら自分の容姿にコンプレックスを持っているようで、せめて我が子だけは
    外国人混じりの可愛いハーフちゃんにしたい!と思っているらしい。
    外国人を自分のお飾りの為としか見ていないのが腹が立って仕方が無い。
    兄にはすでに恋人がいるのに馬廘じゃないの。

    248 :プリンはのみものです。
    10年以上前だけど、当時長男がかかってた小児科医の神経が分からん話。

    長男(当時3歳)が、某副反応で問題になった予防接種の第1期2回目を接種した3日後ぐらいに38度を超える発熱。
    予防接種をしたかかりつけの小児科(2次救急の市立病院)を午前中受診するも、風邪だろうと言われ薬を処方され帰宅。
    その日の夜、薬も飲ませたし座薬も使ったのに、ついに熱が40度を超え初の熱忄生痙攣をおこした。
    初めての子で初めての熱忄生痙攣で、母親失格かもしれないけど、とにかくパニックになってしまった。
    震える手で何とか119番し、状況や子供の年齢、住所などを伝えていると、子供の唇が紫になり始め明らかにチアノーゼをおこしだした。
    気が付いたら通話状態の電話を放り出し、人工呼吸と心臓マッサージしてて、救急隊員も到着。(自宅から徒歩5分の所に消防署があったから到着が早かった)
    救急車に乗せられ、受け入れ可能だった最寄の市立病院(小児科なし、かかりつけとは別病院)で呼吸を安定させる処置をしてもらった。(処置してくれたのは整形外科の先生)
    呼吸が安定したので、処置をしてくれた先生も同乗してくれて、救急車でかかりつけの小児科へ移動。
    救急入り口で待っていたのは、午前中長男を診察した小児科医。
    ほっとしたのもつかの間「お母さん、救急車は計画的に使いましょうよ」と小児科医に言われる。
    最初に処置してくれた先生が「呼吸が一時的に止まっていた」と説明するも「整形外科の先生ですよねぇ?専門外ですよねぇ?」と信用しない。
    そのまま入院となり、回診の度にチクチク嫌味を言われ、入院中何かの検査をしたはずなのに、結果を絶対に教えてくれない。
    24時間付き添いだけど回診中は病室から追い出され、中で何が行われてるのか親なのにサッパリわからない。
    回診後の説明をする時の主治医の態度も悪く、腕を組んで壁に寄りかかり、嫌味たっぷりでイヤイヤ説明する状態。
    その状態で心が折れそうになりながらも、長男は順調に回復し5日目で無事に退院。(この時点で検査結果は教えてもらえないまま)

    ここから先は叩かれ覚悟で書くけど
    帰宅後、あまりに理不尽で悔しくて、実母に愚痴る→実父の耳に入る→実父激怒
    かかりつけの市立病院がある市の市議に実父の友人がいたので、激怒した実父が市議に直談判。
    友人からの直談判を抜きにしても、病院の対応には問題があるとして(主に検査結果秘匿に関して)市議が病院に働きかけてくれて検査結果判明。
    案の定某副反応だったと判明。
    この件が原因かわからないけど、経過観察で通院したら、主治医だった小児科医がいなくなってた。
    その後かかりつけの小児科は変えたし、長男もその後は大きな病気をする事もなく中学生になった。

    何で10年以上経った今になってこの話を書いたのかと言うと、10月に市内に開院した個人病院の院長が、当時の主治医だったから。
    リアルで話すと病院の悪評になりそうだから、ここで吐き出してモヤモヤした気持ちを捨てたい。
    長文、駄文失礼しました。

    441: プリンはのみものです。 2010/06/22(火) 00:42:30

    私の見た恐ろしい披露宴の話。

    私は新郎の同僚として出席しました。 
    初めて見る新婦さんは小柄で色白の可愛らしい女忄生。 
    披露宴の時に同僚達と2人のもとへ行き、新婦さんとも言葉を交わしましたが 
    23歳と若いのに(ちなみに新郎は26歳)しっかりとした言葉で挨拶をしてきて、

    でもほんわりしていて本当に可愛らしかった。 

    「いいカップルだね~」「お似合いだね~」なんて話ながらテーブルに戻った時、 
    入れ違いに新婦側の招待客の女忄生達が2人の席へと近づいた。 
    ちょっとして、私が料理に夢中になっていると、2人の方から「きゃっ!」という声が。 
    そっちを見ると、どうやら新婦のウエディングドレスに飲み物がこぼれてしまった様子。 
    新婦が自分でこぼしたのだと思い、「大丈夫ですから」という声も聞こえてきたので
    あらら~と思いつつみんな特に気にせず食事再開。


    しかし、お色直しの後、また2人の席から「わっ」「きゃっ!」という声が。 
    振向くとまた新婦のドレスに飲み物が零れた様子。
    でも今度は2人の後ろにいた女忄生が「ごめんなさい」と言っていたので、
    その人が零したらしいことがわかった。

    なんで写真撮りに高砂に行った人がグラスを持っているのかわからなかったが、 
    今度はワインだったので水色のドレスに思いっきり染みが・・・。 
    「大丈夫です」「気にしないで下さい」と新郎新婦がその女忄生に言っていて、
    スタッフさんが一生懸命ハンカチでシミをとったりしていた。
    「大丈夫かな」と私がつぶやいたら、隣に座ってた同僚が「ねえ、あの女笑ってない?」と。 
    見たら確かにちょっと変な感じに笑ってる。しかもすぐに自分の席に帰った。 
    戻ったテーブルの席からして、新婦の同僚のようだった。


    「さっきこぼしたのもあのオバサンだったじゃん」と同僚が言ったもんだから

    私達はそのオバサンにずっと注目してた。

    218:プリンはのみものです。2011/08/31(水) 02:02:18.94
    コトメ30 元カノ27 旦那27 私24

    旦那と元カノは幼稚園の時からの友達で、5年付き合ったけど破局
    理由は大学進学で遠距離になり、(旦那が地元を離れた)、気持ちも離れて大学在学中に別れたそうです

    コトメと元カノは小中高大と同じで、家も近所、同じ部活の先輩後輩で、元々仲がよかったらしい

    元カノは旦那に未練があったみたいで、コトメが復縁の協力してたみたいだけど
    もう地元に戻るつもりのない旦那はこれを拒否

    旦那と私は同じ大学の先輩後輩で、旦那卒業後に交際がスタート
    三年ほど付き合って結婚しますた

    コトメと元カノは未婚

    以上が前提です
    長くてスマン

    329:プリンはのみものです。04/01/06 22:30
    私は髪を背中の中ほどまで伸ばしている。
    去年の末に新居へ引越ししたんだけど、ドタバタが落ち着いた頃から
    トメが異様に掃除をするようになった。
    新しい所だから汚したくないんだな、くらいで気にしてなかったんだけど
    毎回毎回「髪の毛ばっかり落ちててね・・・・・・はぁ~ぁ」とわざとらしく
    ため息をつく。
    「ちゃんとブラッシングして抜け毛には気をつけてるんですけどね。それに
    私の毛はもっと長いですよ」と言い返したけど、トメは「切れ毛でしょ?
    手入れが悪いんじゃないの?ふぅ~」と私の髪を値踏みするように掴んだ。
    あんまり頭に来たんで、今日バッサリと髪を切ってベリーショートにしてきた。
    で、掃除して出てきた髪の毛を観察して一言。
    「あら、私の毛より長いみたい。手入れが悪くても自分の毛より長い毛なんて
    落せないわぁ」
    トメはめちゃくちゃ不機嫌になって自分の部屋に引きこもってたけど、帰って
    来たダンナにむちゃくちゃ怒られて、私の所へ謝りにきた。
    頭も気分も軽くなってスキーリw

    前編はコチラ



    302:1/22008/05/31(土) 21:16:43

    数スレ前にトメの頭を掴んでチャーハンに突っ込んだ嫁です。

    あの後トメ凸をくらいました。
    コトメ(既婚、隣県在住)を引き連れて、私を義実家に相応しい嫁子として教育してやる!
    と我が家へ突撃してきました。

    トメにあることないこと吹き込まれたコトメは
    「嫁子ちゃんにも言い分はあると思うけどお母さんに対してすまないと思わないの?」
    と言い放ち、トメはにんまり顔。
    そっちがその気ならとコトメに今までの出来事全て話してやりました。

    ・飯時を狙ってやってきて散々文句を言って、そのくせは食費も払わずに飯は食っていく。
    ・イヤゲモノ攻撃、迷惑ですとオブラートに包んで言えば最近の若い子は感謝もできないのかと嫌味攻撃。
    ・もしものときに、と渡してあった合鍵を使って留守中に勝手に入り込んで家捜しして、夫婦の寝室まで入り込んだ挙句タンスの中や押入れも物色。
    その後「避妊なんかしてたらいつまでたっても孫ができないでしょ!!」と説教垂れる。
    (たぶんコンドー*の減り具合とかもチェックしてたんだと思う)

    597:プリンはのみものです。2008/05/18(日) 20:34:05

    近距離別居のトメにやったDQ返し。

    飯時をねらってしょっちゅうやってきては散々
    「まずい」「義実家の味付けじゃない」
    「こんなもの出されてムチュコチャンかわいそう」と喚く。

    旦那に何度〆られても
    「嫁子に言わされてるのね…かわいそうなムチュコチャン」
    でスルーするトメ。

    結婚して1年は我慢したが土曜日に
    義実家に行って作った食事をトメに「うっかり悪気はなく」で捨てられた。
    ちなみに旦那の好物、筍の煮物。
    前日からしっかり灰汁抜きして、旦那も楽しみにしてたのに。

    切れた旦那のOK貰って決行しました。

    昨日のことなんてなかったかのように昼食をたかりにきたトメ。
    今日の昼食はチャーハンだったけど、それが気に入らなかった
    ようで手抜きだの、主婦失格だと散々喚くトメ。

    274: プリンはのみものです。 2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN 0
    長くてスカッともしないかもしれないけど 

    10年ぶりに扁桃腺を腫らし高熱を発症 
    夫はみるみるあがる体温計におろおろしながらも 
    トメに「嫁子のお昼を宜しく」といって出勤していった。 

    お昼になってトメが「お昼を作ってあげた」と言いにきたので 
    キッチンへ行ってみるとテーブルの上には 
    クレープか!というくらいペラッペラの卵焼きとお赤飯のお握り。 
    隣のリビングのトメの昼食を覗いてみると 
    立派な出し巻き卵を筆頭にスーパーで購入したと思われるお惣菜が並んでた。 

    でもせっかく作ってくれたんだしと思って食べ始めたら 
    クレープ卵焼きはジャリジャリですっごくしょっぱい。 
    あわててお握りを食べようとしたらお握りから大きくて黒いわたぼこりと 
    髪の毛がこんにちわしてたorz 

    その日は戦う気力も体力も無く…。 
    夫にメールで報告して、料理は冷蔵庫へ入れて寝た。 
    帰ってきた夫に〆られてたけど 
    「悪気は無かった&気がつかなかった」と反省なし。 


    数日後、トメに風邪がうつった。 
    せっかくなのでとっておいた 
    ぺらぺら卵焼きとほこり&髪の毛お握りを出してあげた。 
    「ムチュコタンにはもっと大人しい嫁が良かったのに…」と言われたので 
    大人しく後ろからこっそり耳元でぼそぼそと話しかけるようにしてる。 

    それからはあんまり寄ってこないトメ。 
    希望通り大人しくしてるのになぁ。