嫁いびり

    58:プリンはのみものです。2009/03/27(金) 03:39:52 O
    義実家で料理しながら毎度の如くトメにチクチク言われてたら、
    大学生のコトメがいきなり台所に乱入してきて
    「お母さん!私一生結婚しないことに決めたから!」
    と高らかに宣言した。

    262:プリンはのみものです。2007/12/21(金) 07:20:43 0
    私の身長が高いのと大阪弁なのが気に食わないトメ。
    何か喋ると「変なの(プッ」と意地悪げに笑い
    歩けば「女に見えないわ~。下品に見えるし」と憐れみの目を向け
    気に食わない事があると「もう大阪に帰れば?」と言う。
    旦那に注意されても、性.根の問題なのでちっとも解決せず。
    むしろ「あの子に言いつけるなんて、性.格悪いわね」と、またネチネチ言われる。

    少しずつストレスが溜まり、アバラが浮く程痩せてしまっても
    「痩せてもデカいのは変わらないのねww」と悪びれも無く笑う。
    体格に反比例して気の小さい私は、トメの口撃に太刀打ち出来ず
    とうとう実家の母に電話で泣きついた。
    せめて愚痴でも聞いてくれれば・・・と思ったが
    「自分の身を守るのは自分だけやで!戦い!
    その後は戻ってきたらいい。守ったあげるから」と言われ
    母の言葉に戸惑いながら、とりあえず暴力はいかんよな~と
    少しおかしくなった頭で考え、とりあえず旦那のバリカンで丸坊主にしてみた。

    剃った髪はトメのタンスに撒き、特にお気に入りのセーターには擦り込んでおいた。
    その後、出先から戻ってきたトメは私を見てドン引きし
    いつもの嫌味が出ないようなので、三つ指ついて頭を下げたまま
    「この家を出る事に決めました。どうぞお元気で」と言い
    一世一代だ!と根性.を決め、トメの口に残りの髪の毛を押し込んで
    そのまま逃走。

    今は実家に戻ってきました。
    まるで夢のような出来事でしたが、頭がちょっと寒いです。

    668 :プリンはのみものです。2011/03/04(金) 17:10:300
    結婚前からの私に対するトメの態度にブチ切れた旦那のおかげで、結婚後約9年義実家とは没交渉だった。
    3人目の子が生まれた後、「嫁子さんに謝りたい、仲良くしたい」と申し出られ、渋々了承した。
    途端に始まる過干渉、毎週末御招待、頻繁なイヤゲモノ攻撃。「寂しいから」という理由での子供だけお泊り。
    良い嫁キャンペーンは早々に終了し、子供のお泊りは月1回、御招待はよほど暇な時以外はお断りしてた。

    子が大きくなり、手狭になったので家を建てることにした。
    義実家に報告すると「同居!」と喚かれた。旦那は一人っ子、同居は当たり前、自分達の面倒見ろ、義実家の
    修理費出せ、孫は面倒見るから嫁子も働け、だと。
    子供ら学校変わりたくないから同居はムリ、そもそも旦那自身が同居拒否ってんのに。
    「嫁子がワガママ!嫁子のせいでムチュコタン変わった!離婚汁!」をきっかけに絶縁することにした。

    私は私と子供らが関わらずにすめばそれでいいんだが、旦那は自分も絶縁する気でいるらしい。
    正月も顔見せなかった。謝りたいと言うから許したが間違いだった、申し訳なかったと私に詫びてくれた。
    新居は現在建築中。転居したら住民票と戸籍附表のロックをするつもりなんだって。
    そうは言っても義実家とは車で15分の距離、いずれバレると思うんだが。
    長文スマソ。

    507 :プリンはのみものです。 2009/03/06(金) 10:58:37 0
    年末に仕掛けた罠が3月になった一昨日、ついに炸裂したのでカキコ。

    義実家にある私達の結婚式の写真がいつの間にか
    タキシードの旦那&留め袖姿のトメになっていた。
    別にそれぐらいは気にもならなかったし、旦那は気がつきもしなかった。
    切り離されたウェディングドレス姿の私は、5年間行方不明の後、
    昨年、私の手によって発見。
    小さく折り畳まれ、長さが違ってガタつくテーブルの脚に噛まされていた

    orz
    さすがに凹んでその場で旦那を呼び、私の写真がどのように使われていたかを
    見せリビングに飾ってある旦那&トメの写真も見せた。(トメは電話中で不在)
    その日は早々に引き上げ、「敵は必ず討つ!」という旦那に協力してもらって
    DQ返しした。

    前編はコチラ



    487:4032008/09/15(月) 18:19:48
    度々の支援、ほんとに嬉しいです。
    皆様の想像力、すごいですっ!!
    続きます。

    結局、そんな事の繰り返し(汚家での状況は変わらず経過)で2年が過ぎた。
    ある日、元ウトから「見せたいものがあるから、帰って来い」と指令があった。

    有無を言わせない元ウトなので、万障繰り合わせて、元エネ夫と、ねね県へ行くと。
    車に乗せられ、3000メートル級の山々を望む「ど・田舎」の150坪の土地を、嬉しそうに披露された。


    一人語りの元ウト。
    「ここに家を建てる。ムチュコタン、わかってるよな?」と。
    元エネ夫に「どういう事?」と目で聞いてみたけど、おどおどするばかり。

    この件があって、このままだと、元ウトのリタイアを待たずにあの「ねね県」で「あの元ウトメと同居」だと、危機感を感じた。

    403:sage2008/09/15(月) 17:24:52
    流れ豚ギリ、しかも、スレ違いかもしれませんけど、
    元エネ夫(だと思う。膿家脳もかなり濃い)との過去話を投下します。
    長文になりそうな予感がするので、すみません。


    大学時代から付き合ってた元エネ夫、私が大学を卒業するとすぐに、プロポーズ。
    後で知ったんだけど、元エネ夫の両親が、私の大学卒業を待っていたかのように言い出し「パパンとママンが結婚しろ」って言ったからプロポーズしたそうな。
    元エネ夫の意思でプロポーズしてくれたわけじゃないらしいorz

    卒業した年の秋に結納。
    卒業の翌年の初夏には、結婚いたしました。


    元エネ夫、サラリーマンで 3つ年上。義実家が絡まなければ、良いヤツだった。
    元ウト、小さい会社を運営するが婿養子。タヌキじじぃ。

    元トメ、家事能力ゼロ。汚家作成能力、最強。
    元コウト、当時大学生。私の2つ年下。唯一の味方だった、と思う。


    結婚が決まるまで、1回しか会った事のなかった元ウトメ。汚家ではあったが、そこそこ良い人達。
    元エネ夫も、元ウトメにいろいろ口出しされそうになると、軽く諫めて元ウトメの事を、そこそこ上手に扱っていた。

    が、しかし。
    結婚が決まり、お式の準備段階に入ると「何かがおかしい」と感じ始めた。
    元エネ夫の実家は、赤の事を「ねね」と呼ぶ地方(以下、ねね県)。
    私の実家は、某政令指定都市。元エネ夫は、転勤で首都圏。

    元ウト「わしも会社をやっており、式は、こちら(ねね県)でやってもらう事になる。日取りは、わしの誕生日にした、はっはっは、めでたいめでたい」と。
    うちの父も母も「おまえは貰ってもらう身なんだから、あちら様の意向に文句を言わないように」と。

    766 :プリンはのみものです。 2010/12/23(木) 15:41:21 O
    流れ読まずにすんません。 
    まあネタっぽいけどお茶請け変わりに。 

    その① 
    旦那は次男、義実家は近距離別居。トメが転けて骨折し、退院後に義実家で療養に。 
    ウチは二馬力の為平日は同居の義兄嫁さんが介護、休日にウチ夫婦が半日程度のお手伝いを。 
    トメは仕事餅の私が嫌いらしく、行く度に嫌みを言う程度だったけど、遂に実力行使が始まった。 
    自分でお茶をこぼしては「嫁子にかけられた~」、ベッドから起きようとして転んで痣を作っては「嫁子に殴られた~」等々。 
    特にはっちゃけた所が無かった旦那も、「弱ってる母さんに何て事を!」と私を怒鳴るようになってきた。

    299 :プリンはのみものです。 2010/07/03(土) 21:28:55 0
    嫁親ふたりともタヒ亡=なにしても逃げられない奴隷と認定したトメ。 
    イヤミ暴力、食事や物捨てなどの天麩羅を繰り返し、「文句があるなら出てけ!」と言う。 
    「ここは私の家、おまえは住まわせてやってる立場」らしいのだが、生活費光熱費、一円ももらったことない。 
    そもそも同居してくれと泣いて頼んだのはトメだったのに、記憶にすらないらしい。 

    それで昨日。「出てけ!」といつも通りに言われたので出てきちゃった。 
    警報が出てたような大雨の中、着の身着のままバッグも持たず、ビニール傘でバス停に佇む嫁は目立ったんだろう。 
    話しかけてきたスピーカーおばさん「こんな雨のなかどこに行くの?」 
    私震え声で「実家はもうないので…親のお墓に…バスきたんで失礼します」 
    今現在、トメはご近所有志から「雨の中行く場所もない嫁をたたき出した鬼姑」と怒鳴り込まれている。 
    嫁の家出を「ただのワガママ」と、トメメシ食べて飲んで酔っぱらってた旦那も同様に。 
    隣の家の奥様がくれる「阿鼻叫喚ww」「絶叫絶叫」などのスネークメールを肴に姉と飲んでます。 
    実家はないけど、頼る相手はいるんだよばーか。 

    停留所みっつ程度だったし、謝ったけど。すごい状態で乗り込んでごめんなさいバスの人。

    370 :プリンはのみものです。2014/08/20(水) 11:57:420.net
    豚切りごめん。
    同居トメに「そこまで私のことがお嫌いなのにどうして一緒に暮らそうなんて思ったんですか?
    一緒に暮らしていてもお互いストレスが溜まるだけですよね。出ていきますから。」って
    言った。トメ、びっくりしてポカン顔になってた。

    今部屋に戻って別居の準備中。トメはグジグジ泣きながら親戚に嫁にイビられて可哀想な私演出の
    電話中。
    もう知らん。午後から仕事だし、荷物も少ないし、さっさと片付けて出ていきます。
    とにかく言ってやってスカッとした。

    経緯。同居三ヶ月、実家落とし、嫌味、実家に嫌がらせ電話、家族じゃないから出てけ発言、
    近所、親戚に嫁子の悪口言いまくり、一通りやられた。
    今日も朝食、旦那のお弁当作り、後片付け、洗濯掃除など朝の家事を終わらせ、ダイニングテーブル
    でパートに出る前の朝ごはんを一人で食べていたら「そこ家族の席だからどいて。」
    ムカついたので「それではどこで食べろと?」と聞いたら「さあねえ。家族じゃないんだから
    あんたのことなんか知らないわよ。勝手に庭ででも食べれば?」そう言いながら私の茶碗を
    ひったくって床に叩きつけた。
    割れた茶碗を見ながら「あんたが来てから茶碗が欠けるのよねえ。」
    その後お決まりの実親の悪口。もう親の悪口も聞きたくなかったし、家族じゃないから発言にも
    ウンザリ。それで冒頭の発言に。
    私は出て行く。夫がどうするのかは夫が決めればいい。
    「同居するからには何があっても君を守るから。君の味方になるから。」とお願いされて同居
    したけど、今まで一度もかばってくれたことなんかなかった。
    「おふくろは照れてるんだ」とかボケ発言をかましたっきり。
    もう夫も知らん。

    369 :プリンはのみものです。2007/11/10(土) 16:02:570
    ありがちだけどうちのトメコトメ、私に対していつも
    ・お前は嫁に貰われたんだからこの家のもの。
    ・盆正月の里帰り?お前は嫁なんだから帰る家などない。
    ・実家はもうないものと思え、親=ウトメなんだからしっかり尽くせ。
    と嫁の心得を厳しくしつこく説いていた。
    先月、コトメの結婚話が持ち上がって両家顔合わせをうちでやったときに
    トメが相手方に
    「ウチの大事な娘」「たまには里帰りさせるように」
    「○○君(コトメの未来の夫)と結婚はさせるが、おたくの嫁にさせるわけじゃない」
    などこれまで私に言ってきた事と正反対の発言を連発。
    相手の親が嫌そうな顔をしていたので、これは助け舟を出さなきゃ!
    コトメちゃんの結婚が流れたら大変!と思い、
    「まあオカアサマそんなこと言って、いつも私には『結婚したら実家はないものと思え』
    『嫁は婚家のもの』『里帰りなどもってのほか』と嫁としての心得を教えてくださって
    いるのに。コトメちゃんにも同様の扱いをしてあげてくださいな」
    「コトメちゃん、いつもオカアサマと一緒に嫁の心得を唱和してるんだから大丈夫よね。
    ちゃんと婚家で嫁として尽くして、実家を捨てて婚家で幸せになってね」
    とフォローしてあげた。
    でもどうしてか、フォローしてあげたのにトメコトメも相手方も凍り付いちゃって。
    なんだか最近未来の旦那様から連絡がないとかで、コトメちゃんが苛々して可哀想。
    トメがテンパって変なこと言ったせいだわ、ほんと可哀想。