大学

    657:プリンはのみものです。 2015/04/10(金) 16:31:57.15 0.net

    育児板と迷ったのですが昨日まで半狂乱だった話。
    少し長いですがお茶うけに笑ってください。


    この春、大学生になった子が学校に提出する書類として
    「母子手帳のコピー」が必要と言ってきた。
    何でも麻疹の予防接種履歴を提出するためとか。
    予防接種スケジュールは多分きっちりこなしていたはずだけれど
    ずぼらな私は母子手帳の存在など10年以上前から行方不明。
    (家族全員片付けできない病)
    最悪、5月末までに2回接種しなおして
    (しかも2回目は1回目から1か月を開けなくてはならない)
    証明書を提出しなくてはならないのに
    子は授業と通学時間の関係で基本月曜から土曜まで朝6時半に家を出て
    夜7時過ぎに帰宅する生活で地元で摂取するのはほぼ無理。

    仕方ないので学校近くの病院で授業の空き時間に・・・と思ったら
    1年生ゆえの真面目さでぎっちり組んだ授業の隙間は数えるほどしかなく、
    昼休み+αの時間でなんとかするしかない。
    慣れない土地での病院探しは難しく私が
    「大学に校医を紹介してもらってそこで!」とか
    「大学の寮の子に病院を教えてもらって!」と急かしても
    本人は事の重大忄生にピンときていない様子。
    大学は高校とは違う、書類なんか提出期限を守れなければ
    それだけで留年騒ぎなのに!と私一人で半狂乱。

    664 :プリンはのみものです。 2013/06/28(金) 05:45:08 ID:xyhcjeTDO
    大学時代に同じゼミでやたら俺を見下す奴がいた。
    周りは良い奴が多かったが、
    そいつと取り巻き2名は俺や俺の出身県のことを
    本当にバカにしていた。

    取り巻きじゃないゼミ生から聞いたが俺のいないところで
    よく俺の陰口で盛り上がっていたらしい。
    イライラしたけど研究が楽しかったので
    何言われても相手にせずそっちに専念することにしていた。
    他のゼミ生や後輩たちはそいつらが権威的に振る舞うので
    迎合せざるを得ないって感じで
    自然と俺と疎遠になっていき、俺は悲しかったが
    研究と就活を頑張ることで気を紛らわしていた。

    ある日、研究室で資料を印刷していたらそいつらが来た。
    さっさと印刷して帰ろうと思っていたら
    そいつらは俺の研究対象をバカにしてきた。

    自分でも不思議だったが、最初は嫌だった研究とその対象は、
    積み重ねていくうちに好きになっていて、
    就職の方向性.を決めるまでに大事なものになっていた。
    その日は怒りで夜眠れなかった。
    この時に俺は復讐を誓った。

    477 :プリンはのみものです。 2014/02/14(金) 01:09:17 ID:MgwiZHJS
    大学の食堂で飯食ってたら知らない女性.にビンタされた「この最低のバカ男!」ってw
    ハァ?って思って「なにw痛いじゃんw君誰よ?w」って動揺を隠して笑いながら聞いたら
    自分の彼氏を俺に寝取られた!と・・・・・えええええええええええ!その場にいた友人共々ビックリしましたw
    勿論俺はゲイではありませんしバイでもありませんw必タヒに俺は知らない!人違いだ!と言いましたが女性.は全く
    聞く耳持たずぜギャアギャア叫ぶだけ叫んで泣きながら帰っていきました。
    午後の講義を受けてる最中も周りから「あの人さっき・・」と噂されてその場に居るのが辛かったですw帰りの途中も
    例の女性.が後ろから付いてきて「このままじゃ家まで来るな・・」と思ったのでパチ〇コ店に入り時間を潰す事にしま
    した。
    ある程度経ってから外をみると女性.が見当たらなかったので安心して独り暮らしの家に帰り数分後に玄関を激しく叩く
    音がして玄関の覗き穴から見ると例の女性.が扉を激しく蹴っていて「○×だせ~」と知らない男性.の名前を叫んでいました。

    898 :プリンはのみものです。2018/02/23(金) 08:11:42ID:g27
    大学時代、うちの研究室には防音室があってそこで作業が終わって帰ろうとしたら
    突然男女が入ってきて、なんか分かんないけど無意識に咄嗟にしゃがんで隠れてしまった。
    私がいることに全く気付かないふたりのうちの一人は私の知ってるA子だと言うことはすぐに声と訛りでわかったが
    男の方は聞いた事のない声で分からなかった。
    ふたりはキスしてるのが丸わかりなチュッチュッって音をさせて楽しそうになんかしゃべってて、
    余計に出て行きにくくなってジッと隠れてたら、そのまま合体が始まって
    マジかーと思いながら息を杀殳して終わるまでジッとしてた。
    終わって出て行ったあとも念のため30分ぐらい出て行かなかった。
    それから数ヶ月経って、同じ研究室のB男が大学院に行くのをやめて就職することにしたと言った。
    子供が出来たのでA子と結婚する、その為に就職するんだって。
    A子とB男が付き合ってたなんて誰も知らなかったからみんなビックリしてたけど、
    B男が言うには、飲み会のあとホテルに行ってやっちゃったら出来ちゃったって。
    酔ってて実は全然覚えてないんだけど男として責任取らなきゃって言ってて。
    それ聞いてなんか色々怪しいと思ってしまった。
    元々小狡いA子のことが嫌いだったのもあって、フリーメールを使ってB男宛に
    A子には別に男がいる、自分の子かどうかよく調べるようにと忠告した。
    その結果かどうか、しばらくもめてるみたいだったけどB男は予定通り大学院に進み、A子は大学をやめた。
    A子が大学をやめる前、密告者が誰かすごい調べて回ってた。
    私も聞かれたけど知らないで通した。

    333 :プリンはのみものです。2018/02/08(木) 18:59:24ID:V27
    ゼミのグループワークで同じ班になった中にAという男子がいる。
    初対面で「メイド喫茶で働いてそうな顔をしてるねww」と言われた。
    ハァ?意味わからんと思ってスルー。
    その後「×××(知らない横文字っぽいタイトル)のエンバン貸すよ」と言われた。
    エンバンの意味がわからなくて「わからないからいいです」と言うと舌打ちして離れていった(後に円盤=DVDらしいと知った)
    同じ班の女子と雑談していて、お互いの彼氏のことを話していたら
    「見栄張ってるw」とAに絡まれたり、私が知らない人の名前が結婚したどうとかで「昨日泣いた?目が赤いぞ」とからかわれたりした。
    Aの言動のすべてがイミフで、気味悪いので避けた。
    避けたら余計粘着され、班長の男子が見かねて注意してくれるまで続いた。
    グループワークがほぼ終わって、ちょっと早い打ち上げの飲み会をしたんだけど、その時彼氏に迎えに来てもらった。
    Aはなぜか私の彼氏をずっと架空の存在だと決め付けていて「画面から出てくるのかよw」とか言っていた。
    実物の彼氏が登場して、Aは物凄く驚いていた。
    周囲に「本人がずっと彼氏いるって言ってただろう。なんで驚くのかお前の方が驚き」と言われていた。
    その後、班長の男子がAから色々聞いてくれて、
    Aの中では「メイド喫茶で働いてるのを否定しなかった→図星→オタク女」になっていたと知った。
    彼氏は何かのゲームのキャラだと思われてたらしい。このへんはなんでそう誤解されたのか不明。
    結婚したどうこうの人はアニメの声優。なぜこの人のファンだと認定されたのかも不明。
    「オタク女=下に見ていい」みたいな感覚だったみたい。
    ちなみに私は勘助スレとかでよく見る色白黒髪きょぬーなルックスではないです。ネイルもメイクも頑張ってるし。
    ていうか私がたとえオタクだったとしても見下げられる覚えはない!!神経わからん

    177: プリンはのみものです。 2011/11/21(月) 17:30:26.04 0
    1/6 
    ありがとう。纏めてみた。文章おかしかったらごめん。 
    年齢は全部当時のものです。 

    私子…21才・学生(Aとは違う大学) 
    A子…21才・学生 
    A彼…22才・学生 Aと同じ大学 

    A子は高校の時からの友達で、お互い別々の大学に入った後も、ちょくちょく連絡を取り合ってた。 
    そのA子に、彼氏が出来たのが、大学2年の時。それがA彼だった。  

    A子が一時期、大学内のモメ事で悩んでいた時(私も頻繁に、電話で愚痴を聞いていた)、  親身に相談にのってくれ、また、同じ研究室だったそうだが、その中でも、頼れる先輩とあって、  A子は好意を抱いた様子だった。  その後ぐらいから、A子から電話で、A彼と出掛けた話とか、こんな所が素敵とか聞かされるようになり、  私子は「はいはい、ノロケ乙www」な感じで、のんびり話を聞くようになっていた。

    894:プリンはのみものです。2013/11/12(火) 01:13:16ID:41xFjBQN0

    ささやかな復讐ですが、投下します。

    私は小学生の頃、太っていて運動神経も悪く、どんくさかった。
    案の定、いじめの対象になり、「デブ」「ブス」とさんざん言われた。
    靴や私物を隠されたり、無視されたり、テンプレ的なことはだいたいやられた。
    一回親に相談したら、やたら興奮していじめっこの親に文句を言いに行き、それが原因でますますいじめられた。
    なので、親や先生には相談しないことにした。

    中学校に入っても、公立だったのでほぼメンバー変わらず、相変わらずの日々。
    そこで決心した。すごい勉強して一番頭いい高校に行って、こんなやつらとはおさらばしようと。
    そこから猛勉強して、中3の時には成績は学年トップクラス。その地区では一番偏差値の高い高校に余裕で合格した。

    そしたら世界が変わった。学生生活が楽しくなった。
    楽しく3年過ごし、進学校だったので勉強も頑張って、大学受験では誰もが知ってる有名大に合格できた。
    で、地元を離れて大学生活を送るうちに、ストレスがなくなったからか、だんだん痩せてきた。
    おしゃれも覚えて、初めての彼氏もできた

    509:2009/10/29(木) 17:20:46ID:iIAjRosoO
    ちょっと前に起こった修羅場 長いかも…

    俺男 大学2年生
    相子 彼女 24才
    友子 俺男の友達 同級生

    俺男と相子は超遠距離で一年で5回会えるかどうか
    でもメールは毎日してるし、二年ぐらい順調に続いていた

    俺男は大学ではサッカーサークルに入っていたのだが、そのマネージャーをしていたのが友子

    ある日友子は俺男にコクった
    相子の存在は大学の友達では三人ぐらいしか知っていなくて、友子は知らなかった
    友子は仲の良い友達だったけど、「実は彼女がいるから…ゴメン」
    と断った
    友 「え?誰?」
    俺 「遠距離なんだ」
    友 「…わかった ごめんね これからも友達でいよう」

    告白を断ってしまったがギクシャクせずに、友達の関係が続いた
    いいやつだな~と思っていた

    663 :プリンはのみものです。 2010/11/14(日) 13:13:21 ID:SaSmxz3E
    チャイルドシートもないし、怖いから他人は乗せたくないと何度も何度も断ったのに 
    人でなし呼ばわりされて三歳の子連れの先輩を車で5分くらいの自宅に送り届けた後に言われたよ 

    私がいないと思ってすっごい大声で、 

    「まー、おっかなびっくり走るもんだからこっちこそドキドキよー!右折の時にもね、 
    何度も何度も何度も何度も右見て左見て右見て左見てって。 
    何度後ろからどついてやろうかと思ったわよ、ほんと。 
    しかもさ、うちの○クンがちょっと後ろから「おねーちゃん」って話しかけただけなのに 
    目え吊り上げちゃって。「ちゃんとシートベルトしてて下さい!」ってまー、ヒステリー起こす起こすwww」 

    話しかけただけじゃないんだよ、シートベルト嫌がるから~って勝手に外したらしくて子供は、 
    「俺そこ(助手席)がいいもんー!!」 
    って移動して来ようとしたんだよ。後ろからハンドルに捕まって。 

    最後に「ほんとね、あーんなびくびくしながら運転されちゃ、こっちの方が安心して乗って 
    られないっての。あの子免許取って何年よ?アタシ何度もあの道パパの運転で通ってるけど 
    あんなビクついた運転してる人いないってあはははははは」って大笑いした時に後ろの席に 
    バン!て音立てて荷物置いて座ったら、「あっ・・・・、」って言って物凄い慌ててた 

    やっぱりNOと言える日本人にならんといかんね。あれ以来誰も乗せてないけど。

    234: プリンはのみものです。 2014/09/19(金)11:38:27 ID:WmVd4OEay

    同じ研究室に、
    異性関係のことでタチの悪い冗談を
    言うのが好きなやつがいる
    研究室の中でカップルができると
    「あいつすぐ浮気するよw」とか
    「三十人目の彼氏だっけ?」
    両親に紹介したという話をしてると
    「デキちゃってあせってんのか!」
    喧嘩したと聞くと
    「浮気だろ?やっぱビっチだった?
    病気持ってた?うつされた?」
    と嬉々として聞きに来る
    そんなやつ

    やつの最近のお気に入りフレーズは


    「托卵」
    カッコウの雛が自分の雛を
    別の種族に育てさせることを托卵と言うのだが、
    それを人間関係に模して、
    自分の子ではない子を
    だまされて育てさせられることを指すらしい

    最近うちの先生(教授)のお嬢さんに子供が生まれた。
    つまり先生の初孫
    産後の肥立ちが悪いとかってやつで、
    里帰りが長引いてるらしい

    それを聞いてやつがいつもの調子で
    「托卵だな!托卵しようとしたからバチがあたったんだよ」
    と言った
    そしたらそれが先生の耳に入った
    先生はそいつを呼び出して
    「托卵とはどういう意味なのか」
    とフェイストゥフェイスで尋問した

    そいつは最初のうち
    「冗談です」とかわしていたらしいが
    先生が許さなかったので
    「カッコウの雛が自分の雛を別の種族に育てられることを人間に転じて~」
    と説明したそうだ

    おれらは知らなかったが
    お嬢さんは衰弱して
    けっこうヤバイ状態だったらしい
    先生はそいつを怒るつもりだったのだが
    娘さんの容態をそいつに説明しているうち泣いてしまった

    涙をこらえながら
    鼻を真っ赤にして出てきた先生を見て
    おれらはシーーンとなり
    中へ入るとやつは真っ青になってた
    怒られるのは覚悟してたが
    泣かれると思わなかったんだろうね

    先生はその後冷静に戻って、そいつを
    「悪い冗談は自分の品性を下げるのでやめなさい」
    と普通に諭した
    でもそいつの方が気まずくなってしまったみたいで
    大学に来なくなった
    まだ在籍してるんだけど、
    やめるとかやめないとかいう話になってるらしい