壮絶

    802: プリンはのみものです。 2012/09/28(金) 00:24:50.80 ID:Q2cWT9Ht
    自分でも何が何だか解らない話をさせてください 
    長期の海外出張から帰ったら、自宅が盗まれていた 
    ちょっと何を言ってるかわからなry 

    のっけからハイテンションでドン引きされた方も居ると思いますが、飲まなきゃやってられないので聞いてください。 
    祖父が遠方に土地を持っていて、そこを相続した。そして自分好みの間取りの家を建てた。その矢先に海外出張の話が持ち上がった。 

    最初は誰か知り合いに住んで貰うか、住むのが無理なら月一の通いとかで管理して貰おうと思ってたけど都合がつかず断念。 
    結局出張期間が延び延びになったので、それはそれで良かったと思う。 
    そんなわけで家はとりあえず元々持ってた家具家電を運び込んだ状態で、放置。 
    近所には建てる前に菓子折持って挨拶回りしたけど、次の挨拶が「しばらく海外に行きます」になるとは思わなんだ。 
    出発前でバタバタしてたってのもあるし、ほとんど会社につめてたので止めてもらうのも忘れて水光熱費の引き落としもそのままに、海外に発った。 
    最初は3ヶ月くらいって話だったし、そのくらいなら止めなくていいかなと思ってた。 
    忍法帖で字数制限orz一旦切ります。  

    104:プリンはのみものです。2013/12/26(木) 03:20:00.83 0
    出所してきてある程度落ち着いたので書いとく。
    俺が仕事から帰ってくると、
    たまたま元母親が不倫相手と
    結婚するからと間男と一緒に
    親父に話をしているところに出くわした。

    親父は怒るわけでもなく淡々と
    話を聞いているようだったが、
    元母親と間男の言い分がトチ狂ってた。

    慰謝料払え・間男は仕事してないから
    生活費を出せ・俺にも金を入れてもらうから
    引き取るとかなんとか。

    父が話を一通り聞き終わった後、
    完全に可哀想なものを見る目で
    頭おかしいんじゃないか?と言った途端、
    元母と間男が激怒して親父に殴りかかった。

    親父に止められて話に加われず
    横で聞いていた俺が止めに入った。

    俺と間男がもみ合いになって間男を
    ベランダの方の窓へ押し倒した。
    ガラスが割れて血も出ていたがなおも
    暴れる間男を揉み合いしている振りして
    マンションの9階から落としてあげた。

    親父の横で話を聞いていて怒りを
    通り越していた俺はこのクソババァに
    どうしたら制裁できるか考えた結果、
    親父を捨ててまで一緒になりたいとい
    う間男杀殳せばいいじゃんという結論に至り、
    暴れた時にこれ幸いと事故の振りしてタヒんでもらった。

    結局俺は情状酌量はあったものの7年間お勤めしてきた。

    前編はコチラ



    32:プリンはのみものです。2012/11/29(木) 19:51:35.75 0

    一緒に暮らし始めてから半年ぐらいで
    その男に連れられてその男の故郷に引っ越すことになってしまった。

    北海道根室市。
    丁度私が小学校二年から三年に上がる直前の春休みに引っ越した。

    共同の玄関で靴を脱いで各々の部屋へ、トイレは共同のものが外にあり風呂はない、
    という古い造りの木造アパートだった。
    こんな寒い所で冬場に銭湯まで歩くのはイヤだ、となってすぐ引っ越し。
    風呂付き一軒家の借家だったが台所の床が明らかに傾斜していた。

    このへんまでは母のお相手はまあまあ大人しい男だった。
    しかし、地元に戻って飲み歩きを覚えてから雲行きが怪しくなってきた。

    10:プリンはのみものです。2012/11/29(木) 17:46:18.85 0

    思い出せる限りで一番古い記憶は爺さんの葬式だった。

    当時、私は両親と姉の四人で暮らしていて
    列車で30分位離れた所に母方の祖母が住んでいた。

    祖母の家には祖母の他に半分寝たきりみたいな婆さんが住んでいて
    祖母をこき使っていたが祖母は誰にも愚痴一つこぼさずにその婆さんの言うことを聞いていた。

    その婆さんは、祖母の所を訪れた私や姉に
    ことあるごとに『あんたらの婆さんは、爺さんを私から盗った』と話した。
    そんなことを言われても子供に理解できるような話ではないし
    子供の感覚ではそもそも知ったことではないので
    その婆さんは私たち子供にとっても母にとってもうっとうしい存在だった。

    第一話はコチラ
    第二話はコチラ
    第三話はコチラ
    第四話はコチラ
    第五話はコチラ



    47:野菜痛め ◆P99eWiLxHk:2008/05/30(金) 17:09:54.42ID:am3vv.E0
    こんにちわ。 皆さん色々と考えていただきありがとうございます。
    正直、分からなくなってきた。海外勤務には行こうと確定しました。
    半年待ってもらって、その間に何かあるようなら、
    それまでなのだと思うことにしようと思っています。
    の間は婚約という形が良いと思ってもいます。
    そして、その後、勤務が長引くようなら、
    きちんとした形を作り、一緒に来てもらえればと思っています。
    妹がそれとなく聞いた限りでは、
    2人が離れ離れになることでもっとも気にしているのは
    俺の心身両面の状態を見れないこと
    (入院中の胃痛や心療的なことや
    もろに1月からの離婚関連でのフラバやトラウマなど)らしい。
    ものすごい心配しているらしい。
    彼女自身も俺と弟を重ね合わせている部分もあるようで、
    離れたら悪いことがあるって気持ちが払拭できない雰囲気もある。
    実を言うと、彼女の上司である婦長さんから昨日電話があり、
    明日にもでお時間いただけないでしょうか?と言われました。
    婦長さんには入院中に色々とお世話にもなり、
    母と同じくらいの年齢もあって、相談もしやすかったので、
    その伝手で連絡してきたようで。 たぶん、彼女のことだと思っています。
    今日、19時頃にお会いすることになっています。
    更に、先ほど、前の嫁から電話が再度入っていました。
    留守電にも。まだ聞く気になれません。
    前ほど動揺はしなくなりましたが、心がざわつくいやな感じがします。

    第一話はコチラ
    第二話はコチラ
    第三話はコチラ
    第四話はコチラ




    60:野菜痛め ◆P99eWiLxHk:2008/05/05(月) 14:03:04.58ID:L4quHXk0
    こんにちわ。誰かいるかな。

    第一話はコチラ
    第二話はコチラ
    第三話はコチラ




    759:野菜痛め ◆P99eWiLxHk:2008/03/24(月) 11:17:44.82ID:KTGChRw0
    皆さん、お久しぶりです。帰ってきました。
    とりあえず、あまり長くネット出来ませんが、
    書き込んだりも出来そうなのでチャレンジしています。

    第一話はコチラ
    第二話はコチラ




    788:野菜炒め ◆P99eWiLxHk:2008/01/25(金) 15:08:03.69ID: 6hPdlxc0
    少しだけ報告することが出来たので書きますね。
    下の兄の先生が、経過が順調だし、
    胃痛を訴えることもなくなってきたので、もう少し様子を見て、
    何もなければ自宅療養もいいかもしれないって言っていました。
    思ったよりも早く動けるかもしれません。
    これもいつも笑わせてくれている看護婦さんのおかげだと思います。

    第一話はコチラ



    484:野菜炒め ◆P99eWiLxHk:2008/01/18(金) 01:51:38.87ID:wXPINJ20
    ここですか?

    297:プリンはのみものです。2008/01/15(火) 17:09:44.90ID:lwiRIFgc0
    さて、嫁が昨日の夜からいないのだが。
    出張の帰りを今日の夜といっておいたからなのか?
    出張が早く終わったから驚かそうと思って
    知らせずに来たらいなかった。