プリンはのみものです。|にちゃん生活まとめ

2ちゃんねるの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。記事内には不快にさせてしまう内容も含まれると思います。その際はご了承下さい。

    叔父夫婦

    848: プリンはのみものです。 2015/04/16(木) 23:37:43.71 O
    叔父夫婦に、金がないから援助してほしいと頭を下げられたこと 
    彼らは祖父母が建てた家に住み、毎月祖父母から15万以上の支援があり、 
    叔父は大卒公務員で定年まで、叔母は熱心にパートをしていて酒煙草ギャンブル全てに縁がないのになぜ…と思いきや 
    娘たちに全部使ってしまったとのこと 
    長女は大卒→専門→就職するも辞めて東京で一人暮らしして遊びまわる(親の支援) 
    →就職するも腐女子趣味に金を全てぶちこむ 
    次女は大学中退→フリーター→東京で一人暮らしして遊びまわる(親の支援) 
    →キャバクラ→稼げず金遣いの荒さだけヒートアップ 

    娘達をどげんかせんといくら援助しても足りないということで、 
    娘さん達と話をしようと試みたが、長女は同人誌で床が抜けそうな部屋に籠もって逆ギレ 
    次女はキャバ自慢をするも身内に矛盾を次々指摘され逆ギレ 
    (稼いでいるのに家賃も払えずしまむら級の激安ブランドの服を着ているのはなぜか等) 
    一番きつかったのが、可愛い可愛い孫がキャバ嬢になったと知って 
    涙を流して怒り狂ったばあちゃんを止めること 
    二十代~三十代の孫で止めるも年寄りだから乱暴にはできないし 
    どこから出してんのかって力でちぎっては投げちぎっては投げでとばかりに孫を払う 
    書いていると大したことない気もしてくるけど 
    当時は精神的にも肉体的にもきつかった、なかなか「ほっとけばいいじゃん」とはならなかったし 
    今はひとまず沈静化して、落ち着いたので良かったです

    938:プリンはのみものです。2013/06/10(月) 19:12:31.12 0
    両親が事故で亡くなったこと。
    もう9歳だったのに、ぼんやりとしか覚えていません。泣いていた記憶はあります。

    あずけられた先で黙サツされたこと。
    話しかけてもらえない。笑ってももらえませんでした。
    優しく構ってもらえるのが普通だと思っていたので、どうしたらいいか分かりませんでした。
    こっちはよく覚えています。

    これがわたしの最大の修羅場です。
    次は同時に周囲でおこった修羅場?です。

    親戚「私子どうする」「イラネ」「困る」「迷惑」「なら叔父にまかせたら?」
    叔父は実父の弟で、当時24歳会社員独身。家によくやって来ては私子とも遊んでくれていました。
    「無理に決まってます」と様子見に来た叔父に「おにーちゃん(そう呼んでた)」と私子がすがりつき
    叔父「わたしが育てます」

    親戚「若過ぎね?」「男手だけでは」「いやらしいよね」「無理かも」
    叔父「おまえら人に押し付けて梯子外すのはやめろ」
    親戚「なら任すか」「でも男手だけじゃ」(無限ループで揉める)

    叔父彼女は当時21歳。他県の大学で4年生でした。
    彼女「事情は聞かせてもらった。内定蹴ってそっち行って結婚するわ。これで解決でしょ」
    叔父「それは無謀で短慮だ。22歳でいきなり10歳の子持ちとか正気じゃない。絶対だめ、無理。むしろ別れてくれ」
    彼女「25歳で10歳の子持ちもないわよ。まず私子ちゃんが大事でしょ。誰かがやらなきゃ」
    彼女両親「絶対に許しません。将来を捨てるんじゃない。叔父くんと別れなさい」
    親戚「これはいい人身御供」「とおといぎせいはわすれない(棒)」「応援します(他人事)」

    682:プリンはのみものです。2013/09/01(日) 17:15:36.25 ID:8/T1It9N
    武勇伝なのかかなり微妙だが…
    親父には二人弟がいて、両方結婚してからもよく家に遊びに来ていた。

    下の方の叔父夫婦はいつも大量のお土産とか持ってきてくれて、
    長居しそうなときは夕食の具材なども持ってきてくれて
    一緒に鍋とかやっていた。

    それに対して上の方の叔父夫婦は何も持たずに頻繁に遊びに来ては
    食い散らかして帰るだけで父はそうでもなかったみたいだけど
    俺と母は来るのを嫌がっていた。

    以上が前提条件で、俺が小学生低学年ぐらいのときに
    いつものごとく上の方の叔父夫婦が遊びに来てタダ飯を
    食らってたんだが、その当時5歳で良く言えば物怖じしない、悪く言えば
    空気が読めない子だった妹がその叔父夫婦に
    「○○おっちゃん、いつも遊びに来るけどお土産くれたことないね!」
    とか言い出した。
    叔父はアワアワ、親父爆笑。
    しかし叔父の嫁が後ろめたさもあったのかガチ切れして
    親父に対して
    「こんな事を言うなんてしつけがなってない、親の教育が悪いんじゃないか、
     常識がないんじゃないか」とかヒステリックにわめきたてた。

    それを聞いて今まで叔父夫婦にも寛容だった親父も切れて
    確かに年上に対して口が悪かったのは事実だが、タダ飯食らいだったのも事実だろう、
    ちゃんと下の弟夫婦は土産を持ってきたり気を使ってる、といった感じで
    言い返して親父と叔父嫁で言い争いになり、最終的に上の叔父夫婦は家に出入り禁止になった。

    まあ色々あったんだが妹がああして言ってくれたおかげで俺と母が結果的にではあるが助かったって話。