410 :プリンはのみものです。 2008/04/04(金) 00:37:50 0
友人の旦那がエネミーだった。
そしてよく解らないけど離婚のきっかけを作ったのが私だったらしい。
結婚してすぐ、友人A子の承諾無く同居。
セクラハウトとテンプレ通りのイビリをトメにされ、それでも友人は頑張っていたんだが
ストレスで不妊、エネ夫は不倫に走ったが、それを訴えても
「子供の産めないお前が悪い」とトメ、ウトから責められボロボロになっていた。
電話で毎日ずっと愚痴と泣き言の電話がうちにきてて友達だからと我慢してたけど
「弁護士を呼んで離婚」とかそういう話をきちんとしても
「でも、だって・・・」で堂々巡り。
聞く方の私も疲れてて、ちょっとうんざりしていた。
ある日、エネ夫がプリンの元から本格的に帰らなくなり、トメから
「息子が帰らないのはお前のせい!子供の産めない女は出て行け」と罵られてA子から泣きながら電話がかかってきた。
いい加減同じ話の繰り返しで呆れていたので「はいはい」みたいな感じで答えていたんだけど。
ふとA子が「昔は楽しかったなぁ。C子(私)と遊んでいた学生の頃は・・・」という言葉を聞いたら
A子が急に可哀想になって何だか急に泣けてきて
「いいから今から家においで!旦那も家にいないんだし、
どうせ出ていけって言われているんでしょう?!おいでよ。昔みたいに遊ぼう」
そう言ったら始め戸惑っていたA子だったけど、「行こうかな」と最後には言って、
トメウト、エネ夫には黙ってうちまで来ることになった。