勘助

    444 :プリンはのみものです。2007/10/04(木) 23:43:24ID:mSiZ37Te
    どのスレに書こうか迷いましたが、勘違いから始まったのでこちらに投下します。
    長文な上に途中から精神的に壊れた怖い系になってしまいますので、嫌な方はスルーして下さい。

    私子(私。一課所属)
    A男(私子のひとつ年下の後輩。二課所属)
    B美(私子とは同期入社で仲が良い。二課所属)
    Cさん(二課課長。A男、B美の直属の上司)

    以前、私が某中小企業でOLをしていた時の事。

    その会社では大きなフロアに一課から三課までが入っており、結構な大所帯。
    でもひとつのフロアにいるといっても、仕事ではほとんど接点がないため、
    課が違えば就業時間内に話をする事はほとんどない。

    ある日、二課のA男が「話があるんですが…今日は定時ですか?ちょっといいですか?」と。
    別に用もなかったのでOKすると、仕事が終わってから会社の駐車場に呼び出された。
    A男とは今までロクに話をした事もなく(挨拶程度)、仕事も関係ないしで
    突然呼び出された私は「話って一体???」って感じだったんだけど、
    駐車場で向き合った瞬間、「結婚を前提に僕と付き合って下さい!!」
    差し出した手の上には小さな箱…。どう見ても婚約指輪です。本当にありが(ry

    まさに青天の霹靂。( ゚д゚ )←私こんな顔。
    すぐに我に返って「あの~気持ちは嬉しいんだけど、悪いけど…」って言ったら
    「僕が年下だからですか?僕は年の差なんて気にしませんよ!私子さんの気持ちは分かってますから!」

    327 :プリンはのみものです。2013/05/22(水) 15:30:09ID:JMDbedlW
    会社でのことが落ち着いたので厄落とし。

    A…30代後半勘助
    B…30代後半中途採用勘助
    私…30代前半既婚(入社前に結婚していたこと・夫婦の方針で冠婚葬祭以外は指輪はつけないこと・飲み会などに頻繁に参加していたことなどから独身と思われていた模様)

    Aと私はあまり接触がなかったが、Bが入社してAが教育係としてペアを組んでからおかしくなった。
    ほぼ同時期に個人的な連絡先を聞いてきたり、やたらと三人での飲みや休日の外出に誘ってきたり。もちろんほとんどのことは断った。
    すると社用のメールアドレス(名前@社名みたいに割り振られているので誰にでも分かる)に二人それぞれからメール。
    B「Aはいい奴ですが、私さんのことは私が幸せにします。あなたが二人の間で揺れているのは知っていますが私を選んでください(要約)」
    A「Bが私さんの素敵な部分、可愛らしい部分について語り、恥ずかしながら僕は、それまで一緒にいた私さんの魅力に気付けなかった大馬鹿野郎だと分かりました。Bはいい奴ですが(以下略)」
    ちなみに私は巨デブで可愛らしくもなんともない。

    両者を呼び出し口頭で、結婚していること、二人を何とも思っていないこと、仕事に支障を来すようなことはやめてほしいことを伝えた。
    その時Aはションボリしていて、Bはいつもと変わらない様子だった。Bの態度に納得がいったのは2日後で、勘助特有の「素直に僕に飛び込んでおいで(要約)」という斜め上のメールが来たから。
    さらに翌日にはAからも「Bに聞いたよ。照れていただけなんだね。そんなところも可愛いけど、女性.はもっと素直に(以下略)」とメール。私ガッカリ。

    333 :プリンはのみものです。2018/02/08(木) 18:59:24ID:V27
    ゼミのグループワークで同じ班になった中にAという男子がいる。
    初対面で「メイド喫茶で働いてそうな顔をしてるねww」と言われた。
    ハァ?意味わからんと思ってスルー。
    その後「×××(知らない横文字っぽいタイトル)のエンバン貸すよ」と言われた。
    エンバンの意味がわからなくて「わからないからいいです」と言うと舌打ちして離れていった(後に円盤=DVDらしいと知った)
    同じ班の女子と雑談していて、お互いの彼氏のことを話していたら
    「見栄張ってるw」とAに絡まれたり、私が知らない人の名前が結婚したどうとかで「昨日泣いた?目が赤いぞ」とからかわれたりした。
    Aの言動のすべてがイミフで、気味悪いので避けた。
    避けたら余計粘着され、班長の男子が見かねて注意してくれるまで続いた。
    グループワークがほぼ終わって、ちょっと早い打ち上げの飲み会をしたんだけど、その時彼氏に迎えに来てもらった。
    Aはなぜか私の彼氏をずっと架空の存在だと決め付けていて「画面から出てくるのかよw」とか言っていた。
    実物の彼氏が登場して、Aは物凄く驚いていた。
    周囲に「本人がずっと彼氏いるって言ってただろう。なんで驚くのかお前の方が驚き」と言われていた。
    その後、班長の男子がAから色々聞いてくれて、
    Aの中では「メイド喫茶で働いてるのを否定しなかった→図星→オタク女」になっていたと知った。
    彼氏は何かのゲームのキャラだと思われてたらしい。このへんはなんでそう誤解されたのか不明。
    結婚したどうこうの人はアニメの声優。なぜこの人のファンだと認定されたのかも不明。
    「オタク女=下に見ていい」みたいな感覚だったみたい。
    ちなみに私は勘助スレとかでよく見る色白黒髪きょぬーなルックスではないです。ネイルもメイクも頑張ってるし。
    ていうか私がたとえオタクだったとしても見下げられる覚えはない!!神経わからん

    201: プリンはのみものです。 2008/10/07(火) 16:30:35 ID:P6oXdpdt
    男である俺が話すのも変なのだが、俺の彼女のバイト先にいる人がまさに勘違い男だった。 
      
    1週間ぐらい前に彼女がスーパーのバイトに行き始めて、仕事もまだおぼつかない彼女のために 
    そこのお店の店長・副店長さんとかも含めた皆が歓迎会を開いてくれたのよ。

    で、彼女自身も「せっかくのはからいだから是非ご好意に甘えさせてもらいます」ってのと、 
    交流を深めておこうって気持ちで歓迎会に参加したんだ。 
    その日の夜10時くらいに「迎えに来て欲しい」との連絡があって車で行ったら、お店の出入り口の所に彼女の先輩らしき方々が数名、彼女と談笑してた。 
    で、彼女の近くに行って車に乗せようとしたら、今まで話してた人々の中から一人のチャラチャラした格好の男が突然彼女の腕を取って、俺に向かって大声で叫び始めた。 
      
    男「おいコラ! お前Y(彼女の名前)とどういう関係だ!」 
    俺「……どう、と言われましても、私はYの彼氏ですが」 
    男「は? お前調子に乗ってんじゃねえぞ! 誰の女に手を出してるんだコラ!」 
    俺「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」 
    Y「( ゚д゚)え?」 
      
    同時に、俺の車に蹴りやらを加え始めて、周りの方々が急いで止めに入った。このままじゃ埒が明かなかったので 
    Yと俺と男と周囲の方々と一緒に別の場所に移って話を聞いてみると、男の主張は 
      
    「新人研修のとき、俺の教えること一つ一つに一生懸命ついてきてくれた」 
                      ↓ 
    「挨拶もしっかりするし、笑顔だって振り撒いてくれた」 
                      ↓ 
    「間違ってもくじけずに、俺のところへちゃんと聞きに来たりした」 
                      ↓ 
    「よってYは俺のことが好き、だからYは俺の彼女。お前は俺の女を奪った悪党」 
      
    これに、自分のYへの思いやら何やらを加えた電波な話をえんえんと聞かされた。 
    少なくとも自分の中では、そういった態度や行動は研修中の行動としては当たり前のことだし、分からないところや間違いを 
    人に聞きなおすor質問することは社会の一般常識であって、それは恋愛的な行動には値しないのでは? と思ったので 
    この場にて書き込ませていただきました。文章が読みにくいとは思いますが、ご了承ください。

    738 :プリンはのみものです。 2017/04/18(火) 11:41:30 ID:se5
    財布を買い換えたら、たまたま同時期に買い換えた同僚Aさん(30代男性.、2年先輩)とかぶってしまった。
    よくあるブランドのよくある革の長財布。
    色は茶色。男女兼用のデザインのやつ。
    そうしたら私(20代喪女)がAさんを好きで、わざとお揃いを買ったのだと誤解されてしまった。
    私はAさんにあからさまに避けられるようになった。
    挨拶も無視された。すれ違いざま小さい舌打ちをされる時もあった。
    この時点で財布の件は知らなかったので、
    「仕事でミスって怒らせてしまっただろうか」と私は思っていた。
    Aさんと同期の先輩に「自覚なくミスをAさんにかぶせてしまったかも」と相談した。
    先輩はAさんに↑を聞いてくれたらしい。
    でも翌日からさらにAさんの当たりがきつくなった。
    Aさんの中では
    「冴えない女に粘着されてる。怖い。同期を使って探りまで入れてきた。外堀埋めてきた怖い」
    だったらしい。
    でも私は何も知らず「そんなに重大なミスをしたのか」と明後日の方向に怯えた。
    なんとかして謝らないと…でもどんな失態をしたんだろうと仕事を遡って調べたが
    わからずじまいだった。
    仕方ないので叱られる覚悟で直接Aさんに聞こうと
    話しかけたが避けられた。
    Aさんと私の様子があまりにおかしいため、最終的に上司が気づき
    上司がAさんを誘って飲みに→色々発覚→後日上司に呼ばれ、Aさん私上司で話し合いになった。
    誤解はわりとすぐ解けた。
    そもそもの原因となった財布を開いて見せたら、
    私があるガールズアイドルグループのオタで財布を魔改造しており、
    好きな人とのお揃いを大事に持っている女とはとても思えない惨状になっていたから。

    Aさんはとてもいい条件のお見合い話が進んでいた最中で
    神経過敏になってたらしい。
    この縁談が壊れませんようにと祈っていた所に財布の一件があり
    粘着喪女(私)が縁談を壊す悪魔に見えたそうだ。
    上司に「一種の神経衰弱状態」とまで言われていた。
    結局Aさんの縁談はうまくいって、元の精神状態に戻ったAさんに謝罪された。
    AさんはAさんで怖かったんだろうけど、
    理由がわからず先輩に無視されたり舌打ちされた私も怖かった。

    86 :プリンはのみものです。 2014/05/17(土) 13:02:29 ID:fHtWpGIE4
    私は野菜の移動販売の仕事をしている。
    車に野菜を積んで担当のエリアを周り、一軒一軒まわって新規のお客様を獲得していくような感じ。
    一年以上この仕事をしているので、常連や友人のように仲の良い客が多く、
    固定給+インセンティブ形式のこの仕事でかなり稼がせてもらっている。

    お客様の一人にB子がいる。彼女はたまたま私のエリアに住んでいる親友で、
    「私ちゃんの売り上げに貢献しちゃいます!」と結構な量の野菜を買っていく。
    B子には感謝の気持ちでいっぱいで、お返しによくランチを奢ったりしている。

    そんなB子と野菜売買のやりとりをしている最中にこんな事を言われた。
    「私の向かいの家のC太郎さん、私がこうやって野菜を買っているときに、2回の窓からこちらをじっと見てる。
    私ちゃんを見ているのか私(B子)を見ているのかわからないけど気をつけて」

    このC太郎、一度訪問した際にかなりキツい言葉で野菜を買うのを拒否した人だった。
    もしかしたら野菜に興味を持ってくれた可能性もあるし、
    「また来週もこの地域に来るので興味がおありでしたら、お顔をお出しください」と声をかけておいた。

    358 :プリンはのみものです。2007/10/01(月) 21:34:47 ID:aN0NRlvG
    勘違い男、今までに二人遭遇した。

    一人目
    学生時代、冬休み中のド短期バイトで知り合った奴

    初めは、普通の男性.に見えたから、一回だけ一緒にお茶した。

    短期バイトが終わり、会う事もなくなったが、一回電話がかかってきて、軽く世間話をした。
    (今程携帯が普及してなかったので家電で)
    それから一ヶ月程は音信不通だったが、前のバイトの事で聞きたい事があったのでこっちから電話をかけたら、(これがいけなかった)

    相手は「あ~もう電話こないかと思ってたよ~」ってな感じで安心したみたいなニュアンスだった。

    その後、連絡がご無沙汰になった頃、又うちに電話してきて家族に偽名を使って私に取り次ごうとしてきて不信感を持ったのでFO

    又、奴から電話がかかってきた時に自分がでてしまったので、姉妹の振りして居留守を使おうとしたら、奴は「アイツ、何やってるでんすかね?どうなってるんですかね?」と、まるで彼氏気取りで、暗くねちねちこぼしてきて気味悪くなってきたのでCO。

    それから卒業して就職して半年程たったある休日、母が青い顔して「ちょっと見て!外に怪しい車が停まってる!」
    と飛んできて、外を見ると家の数m先で奴が車で待機してた!

    窓から腕をダラーンと出して、ジトッとした表情。
    ゾーッとした。

    家はヘンピナ住宅街で、ドンツキは堤防で、よそからの停車中の車ってのは滅多になかったから、母もすぐに気付いたんだろう。

    奴の事を笑いの種にしてからかってた母だが、これにはさすがに気味悪がってた。

    159 :プリンはのみものです。 2017/08/14(月) 12:45:26 ID:+oLnxxCx.net
    とれたてホヤホヤの修羅場

    先日、お盆でみんな集まるからと簡単な同窓会をした
    その中で私は結婚が決まったので報告したんだけど、1人の元同級生が発狂
    そいつは私が小学校から中学までの5年間好きだった人、でも中2の時のバレンタインで、みんなの前でチョコを校内の池に投げ捨てられて、ああこいつダメだと思ってから嫌い
    その後高校でバラバラになって、私はバイト先で出会った年上の人と交際してそのまま結婚になりました

    同窓会で「結婚が決まりました!」と、報告
    みんな盛り上がってくれる中、1人が「もしかして同級生の中にいるんじゃね?」と茶化した途端そいつが発狂

    「誰がお前なんかと結婚するか!」
    「デブスだったくせに調子乗りやがって!」(当時はかなり太ってたかもしれない)
    「そこまで言うなら付き合ってやるよ」←!!?
    「あの時だって焦らしてやったんだ!今になって泣きついてきたんだから、結婚してやる」←!!!!?

    男衆がそいつを羽交い締めにして落ち着かせ、私はみんなに婚約者がどんな人か説明、でも知ってる人の方が多かったし根回しの意味なし
    確かに昔は好きだったけど、今は嫌いで嫌いで仕方ない……
    なんでそいつが発狂したのかはわからないけど、聞いたところによると、高校の時に付き合ってた彼女にこっぴどくふられてから、そういや昔私が自分のこと好きだったよな?と考えたらしい…
    なんで丹精込めた手作りチョコをどぶ池に放り込んだやつのこと、まだ好きでいると思えるのか…
    もう地元離れて婚約者と同棲してるから、そいつのことは忘れて暮らす

    154 :プリンはのみものです。2013/10/07(月) 13:42:47ID:8ZDQHldy
    結婚と同時に転勤、周りは子持ちばかり。当時まだ子供もいず、新米ぼっち主婦な私の趣味は料理だった。
    とはいえ、プロ級目指すわけではなく、実家では既製品を使ってたものを手作りしたり、「素」を使わずに作ってみよう、なスタンスで、
    時短より手間を優先した料理だった。大体、そのほうが安上がりだったし、子供が出来れば時間は無くなる、お金はかかると思ってたので
    こんなに料理出来るのも、今だけだよなー、と、ぼっちを紛らわせていた。

    半年くらい経って、生活に慣れてきた頃、旦那の同期であるAさんも、こちらに転勤となった。
    旦那は、結婚する前は独身寮住まいで、そのせいか、同期との付き合いが密。
    Aさんとも、私は結婚前から何度か会った事もあり、結婚式にも来てくれた人で、こちらの寮の入寮資格にAさんは当てはまらず、一人暮らし。

    662: プリンはのみものです。 2008/02/08(金) 20:50:19 ID:RPLonCmD

    ある日突然夫から
    「好きな人が出来てしまった。
    相手はまだ若いし責任を取りたい。
    財産も全てやるから別れてくれ」と言われた。

    最初は反対したものの、両親から
    「もう40になった男がそれだけ言うなら本気だ。
    すっぱりと貰う物貰って再出発しろ」
    と言われ、文字通り全ての貯金不動産家を貰って、
    中学生の子供二人にも全て事情を話して離婚。
    家はバブルと言う事もありすぐに売れ、
    看護師の仕事に復帰できた。

    離婚成立から数ヶ月後、夫から連絡。
    「俺は騙されてた。やっぱりお前が一番だ」。

    程なくして相手の女の親から実家へ連絡、
    「あなたの元夫を何とかして下さい。
    私はそんなつもりじゃなかった」。
    呆れて
    「自分のまいた種だ」
    と言うも、話を聞くと全く違う。

    元夫はたんなる勘違い男で、
    再三にわたる忠告を無視しては
    被害者につきまとい、
    「僕が結婚してるから君はためらうんだね!奥ゆかしい!」
    と脳内変換、
    実家住まいの彼女の家の周りをうろついて
    警察を呼ばれるも
    ストーカーという言葉が浸透していない時、
    元夫の「痴話げんか」の言葉を信じた警官は
    ただの注意で終わった。

    被害者親は会社はもちろん、
    元夫親にも色々言うが
    会社は「そちらに非がある」、
    元夫親は「うちの子は悪くない」。
    結局ノイローゼになってしまった。