別れ話

    61 :プリンはのみものです。2017/08/23(水) 23:38:05ID:tnY
    訳の分からん理由でフラれた
    俺がフラれたのにそんな理由で別れるとかおかしいって叩かれた
    今、謝れば許してあげるとか言われたが、謝らないし許していらんと言ったら切れられた
    だが、相手の言い分は飲めないし譲歩不可能だった
    なんか凄い集中攻撃で俺が悪いみたいに攻められた
    フラれたの俺なんだが?

    フラれた原因は厚揚げを生で食ったから
    昼飯にコンビニで冷やしそば買って来て冷蔵庫にあった厚揚げ(サイコロ状の6個入り)を洗って糸交ってソバに乗っけて箸でプスプス孔開けてポン酢垂らして食おうとしたのよ
    そしたらいきなり切れだして「何が悪い?」って聞いたら厚揚げは生で食べるものじゃないって
    厚揚げは煮たり焼いたりして食うもんで、生はダメなんだと
    二度と厚揚げを生で食べないと約束しないと許してくれないんだとさ

    許していらんわ許していらんわ

    174 :プリンはのみものです。 2015/12/18(金) 17:00:52 ID:rhE
    私は両手の親指がまむし指。
    三年付き合ってた彼に、それが理由で突然ふられた。
    「健常者と普通のおつき合いをしたい」だって。
    芸能人に同じ指の人がいて、それが話題になった記事だか掲示板を読み、感化された模様。
    まむし指のせいで不便に感じたこと一つもなかった私はポカン。
    だって、指先の形が違うだけだもの。
    友人たちの間でも、付き合ってまもなくなら、同調は出来なくても、理解できる。でも三年付き合ってそりゃないなだろと、「ろくでもない難癖付けて振った男」扱い。
    そしたら彼は「お前たちは障/害者と付き合ったこと無いからそんな風に言える」と発言、「誰に対しても無礼な言動」と、みんな離れていった。
    そんな彼からの復縁要請メール


    俺は、私子のことを人魚姫だと思ってた。
    どんなに愛の言葉を交わしたくても、それが叶わぬ。
    それが苦しくて、俺はお前を籠から逃がした。
    でも、お前、本当は鉢かつぎだったんだな。
    恵まれぬ見た目の奥に、美しさを持った…。
    愚かな俺に、穏やかなぬくもりを与えておくれ。
    お前の眩い指先の祝福は、お前を失い凍えている俺を照らし、その暖かさは、やがてお前も包むだろう。


    訳分かんなくて、彼の同僚でもある友人に聞いたら「障/害者(私)と付き合ってて辛かった」話を会社でしたら、批判される中でとある人に、まむし指の女って良いジンクス多いのにバカな事したなpgrされて
    え?あいつと復縁したらみんなに自慢できる?となったのではと。

    周りに流されすぎの元彼に、つくづく別れて良かった思った。

    307:プリンはのみものです。2009/05/15(金) 20:36:31 ID:MiFYwGufO
    投下してもいいかな?修羅場じゃないかもしれないが

    1 :プリンはのみものです。 2014/09/23(火) 22:33:59 ID:IVW0cXdh0.net
    生きるのが辛いとかライン来た・・・、

    880:12009/08/28(金) 21:06:01ID:2pHT1vKz0
    大家の身内に悪さされた時の事を思い出した。
    ちょっと吐き出させてくれ。フェイク混ぜてるから所々辻褄が合わないかもしれない。
    …よく考えたら修羅場があんまりなかったのでこっちに投下。


    当時、俺には25で大学生の頃から付き合ってた彼女がいた。
    その頃の俺は仕事の都合で出張が多くて、彼女には相当さびしい思いをさせていたと思う。

    ある日、出張から帰ってきたら、部屋のテーブルに書置きと段ボール箱があって
    書置きに「○○(俺)が浮気してるのがわかったから、もう一緒に居られません。今までありがとう」みたいなことが書いてあった。
    段ボール箱の中身は俺が彼女に贈ったプレゼントとか二人の思い出の品々でした。
    浮気と言われても心当たりがあるのは仕事の付き合いでキャパクラにいったことくらいで
    でもそれは仕事の付き合いだったから、彼女に報告したし、彼女も心情的にはともかく理性.では納得してくれてると思ってた。

    そんなわけで彼女と別れることが納得できない俺は彼女と連絡を取ろうと手を尽くしたけど、
    共通の友人達は彼女が根回ししてて全滅。彼女の実家は論外。
    直接訪ねようにも彼女は既に引越し済みと取り付く島がなかった。
    彼女の職場をいくことも考えたが、さすがにそれはできなかった。
    更に彼女が姿を隠してから数日後、俺の部屋の合鍵が郵便で届けられた。

    共通の友人達とコンタクトを取った際も一方的に浮気男と罵られて
    話を聞いてくれるのは野次馬根性.丸出しで事情を深く知らない奴らのみという状況。
    彼女と友情を同時に失った俺は正に失意のどん底だった。

    54 :2017/07/17(月) 13:36:07ID:UQq
    俺も嘘松とか言われるんかな。別にいいけどw

    (元)彼女と付き合い初めて3ヶ月経った頃に皮製ブックカバーをプレゼントされた。
    誕生日でもなかったしなんだろうと思ったら「付き合い初めて3ヶ月記念」なんだそうだ。
    俺の方はそんなこと全く頭になくて何も用意してなかったから彼女に酷いって言われて
    謝りながら一緒にデパート行って、彼女が選んだデコタだかダコタだかなんかそんなブランドの財布を買ってプレゼントした。
    その時に「半年記念日は覚えといてよ」って言われたんだが「覚えてる自信ないなー」って言ったら
    「私のこと好きならこれぐらい覚えといてよ」って言われたけど案の定忘れてたw
    ただ言い訳させてもらうと、ちょうどそのころ昇進がかかった大事な仕事を抱えてて出張も残業も無茶苦茶多かったんだ。
    デートもままならない状況だったから彼女だって俺の状況わかってるだろうに、
    そんなに半年記念日にこだわるなら前以て「〇日は記念日だよ」とかラインでもなんでも
    教えてくれればよかったのに、それを言ったら「ちゃんと覚えてるかどうか試した」って言われたんだよな。
    これでカチンとなったのも手伝って「悪いけど俺は記念日とかそういうの興味ないから」って言ったんだ。
    結婚記念日とかならまだしも、一ヶ月記念日だの半年記念日だの勘弁してくれって。
    そしたら「俺君と付き合ってもつまんないってことが分かった。別の彼氏探す」って言われたんだ。
    なんかもう面倒くさいとしか思わなくて未練も感じなくて「わかった」って受け入れた。
    あれからもう2年ぐらい経つんだが、代休が取れたので平日にひとりで書店をブラブラしてたら彼女にバッタリ会った。
    彼女の方は友達と一緒だったし、「おう」「久しぶり」ぐらいの言葉を交わしただけで離れたけど
    それから一時間ぐらい経ってから「まだひとりみたいだけど大丈夫?また付き合ってもいいケド」ってラインきた。
    「いや結構。近々入籍するから」って返信した。
    なんで2年も経つのに、書店でひとりでいるからってだけで復活できると思ってんだ。

    145 :プリンはのみものです。 2015/06/09(火) 21:09:52 ID:8KnYEWre0.net
    久しぶりに地元に帰ってきた妹とニコニコ楽しく飯食ってたら
    急に彼女が現れ、目の前まできたかと思えば浮気野郎とコップの水を俺にぶっかけた時。

    たしかに家で見せた写真とかの時よりかなり痩せて顔変わってるけど、妹ですし。

    1: 2016/09/25(日) 16:04:09.14 ID:IyuCG21p
    やっぱ男は金かよ。

    922:1/22015/08/09(日) 22:31:26.91ID:hgT7ZuNq0.net
    先週末、チラ裏で書き捨てたんですが、
    決着したので吐き出させてください。
    少し長くなります。

    先週、2年付き合った彼と結婚を意識し始めたので、
    彼の家に挨拶に行きました。
    まだ正式な挨拶ではなく、顔見せ程度のつもりでした。

    挨拶の場には彼両親と彼姉がいましたが、
    家族に両親が離婚していることについて
    散々馬鹿にされました。
    母子家庭の子は躾がなっておらず、教養もなく、
    自分たちの税金に寄生する貧乏人だと。

    私の両親が離婚したのは高校生の時で
    躾がどうこうという時期ではないし、
    教養がないってそもそも私と彼は
    大学の時同じゼミだったことが縁で付き合いだしたし、
    父はきちんと養育費を支払っていましたし、
    母も仕事をしていたので
    生活保護なんてもらったこともありません。

    何一つ的を射ていない罵倒でしたので悲しみはなく、
    ただ初対面の相手に
    こんな言葉を投げつける輩がいるのかと
    唖然とするばかりでした。

    一番信じられなかったのは、
    その会話を聞いて彼が一緒に笑っていたことです。
    付き合っていく上で
    私の家庭環境は簡単に説明してあったのに。
    もしかしてずっと心の中で馬鹿にされていたの?と
    虚しさと怒りで頭がクラクラしました。

    当然、帰宅してすぐに別れたい旨をラインで伝えました。
    鬼のように着信がありましたが、
    冷静に話せる自信がなかったので、その日は着信を無視。

    翌日改めてきちんと話をするため連絡を取り、
    数日後に仕事終わりに
    ファミレスで話をすることになりました。


    733 :プリンはのみものです。
    まだ若いころ、友人の紹介で付き合った人がいた。
    付き合って一年くらいの時、デートしてたら、川沿いの道を手を繋いで歩く老人夫婦がいた。

    「ああいうの憧れます」と私が言ったら(10歳ほど年上だったので何となく敬語だった)、
    「え、なにそれ俺たちが、ってこと?俺、君が25になったら別れるよ。ババアの女は嫌だから」
    と言われた。

    今まで優しくて私のことを大事にしてくれてた人だったし、本当に驚いた。
    その日は喧嘩になり帰って一晩怒ったが、考えれば早いうちにそういう考えであることを
    教えてきたのはある意味親切だな、と思い、電話で穏やかに別れを切り出した。

    「ババアになってから、って言ったじゃん」と言われたが、
    「すぐにババアになるので安心してください。明日にでもめっきりババアになる予定です。
    今まで楽しい思い出ありがとう」と伝えた。

    別れ際ではそんなにしつこくなかったが、私の誕生日になると、
    「26歳のお誕生日おめでとう。最近は30歳くらいまで女性.はアリだと考えてます。
    いいお店があるけど行きませんか」とかメールが来た。
    「ありがとう。行きません」とか返事した。

    本当に30歳までありだと思い直したのか、29歳までそんな誕生日メールが来た。
    29歳の時のメールは「実は本当に君が好きでした!!今ならまだ間に合う!まだ愛し合えるよ!」みたいな内容のデコメだった。

    「ありがとうございます!私も私のこと好きです!あと去年結婚した夫のことも大好きです!あと5か月で産まれる予定の
    赤ちゃんも大大大好きです!愛ある人生っていいですね!あなたもお幸せに〜」
    と返事した。
    携帯変えてしまったので、その後は知らない。