出世

    582 :プリンはのみものです。 2020/09/14(月) 22:20:02 ID:2b.yh.L4
    だらだら書く。
    結婚2年目あたりに夫が異例と言われる程の大出世を果たした。
    それ自体は私も嬉しかったけど、そこら辺から夫が浮氣を繰り返すようになった。
    浮氣というか一夜のお遊び的なやつ。
    夫の事が好きだったから「そういった遊びはやめて!」と泣いて頼んだり、必タヒに夫好みな格好をして気を引こうとしたけど、
    「俺のしてるのはただの遊び。
    上司との関係もあるからさ。もっと出世してほしいでしょ?
    心はお前にしかないから胸張ってなよ。」なんて笑ってた。
    そんな状態が1年強程度続いたのかな?
    ある日もいつもと同じように「ちょっと遊びに行ってくる。」と夜中にいそいそと出かけようとする夫の背に、
    「いってらっしゃい。」って言葉を投げかけた。
    いつもなら「また女の子?誰?お願いだから行かないで!」と縋り付いてたんだけど、何故だかその時だけ自然と「いってらっしゃい。」って言葉が出たんだよね。
    そんな言葉を言った私自身もびっくりしたんだけど、それ以上に驚いたというか違和感を感じた様子なのが夫だった。
    「え、いいの?」と聞いてきた夫に「うん。」と答えたら、なんか酷くショックを受けたような顔でしばらく黙り込んで「…今日はやめるよ。」とポソっと言ったのよ。
    その瞬間、あれほど好きで好きで振り向かせたくてたまらなかったはずの夫の事がどうでもよくなった。
    一瞬で一面を覆ってた霧がブワッ!と晴れたようなあの感覚は今でも不思議でならない。
    あれ以降、家事なんかはこれまで通りだけど、夫に縋ったり無理に夫の好みの格好をするような事は一切しなくなったし、元の職場の上司に頼んで復職もした。
    夫に必タヒになり過ぎて疎遠になってた友達ともお茶をしたり旅行に行ったりしてる。
    夫はあれから一夜のお遊びをしなくなった。
    「行っていいよ、私はもう止めないよ」というと「もう二度としないから!」と泣くようになった。

    そんな夫に今日離婚届けを渡して実家に帰ってきた。
    夫は泣いて縋ってきたけど、その姿を見ても全く心が揺れなくて自身に悲しくなった。でも心が軽くなった。
    早く離婚したいな。
    意味のわからない文章申し訳ない。


    479 :プリンはのみものです。 2019/08/24(土) 13:42:20 ID:q7cVfWrm.net
    会社の出世レースから降りたんだが、その事で妻と喧嘩してる。
    一応うちの会社は平でも40過ぎになにかしら役職がついて(主任とか主管、課長代理みたいな)、年収1000万超える。
    さすがにそれ以上は貰うには出世しかないが。

    妻は結婚した当初年収500万あればいいと言っていた。今30半ばだが、その1.5倍は持って帰ってる。

    でも今は何で出世のために身を削って頑張らないのかと責めてくる。
    何故結婚前と違うことを言うのか理由を聞けば、社宅での世間話などで他の同僚や社員の話を聞いて、出世しないのは恥ずかしくて居たたまれなくなったと。
    よくわからないが、マウンティング?され、まだあんたの旦那は出世できないのかって上から笑われるのが我慢ならないらしい。
    なによりも社会人である以上、人として向上心を持って上を目指さないのがおかしいというのが嫁の言い分と言うか建前みたい。

    自分は入社した当初から出世にはあまり興味はなかった。老舗メーカーに院卒入社したから年功序列である程度までは行けるし、入社自体が高倍率で高偏差値大学を中心に何百人単位といるから、出世競争は相当大変なんだろうなと思ってたから。

    案の定入社してみたら通常業務が激務なことに加え、社内政治と蹴落とし合いが熾烈だった。
    一般の会社よりも大部給料貰っているにも関わらず、病んで休職したり辞めたりした同期も何人もいる。

    ついこの間まで課長でバリバリ2徹3徹して昇進した人が、出世コースと言われる部署へ移動して数ヵ月前から突然出社しなくなった。
    今の部署の部長は仕事優先しすぎて別居婚の末、バツイチとなった。

    自分はそんな先輩達を見て、普通に仕事は頑張るが、ストレスを無理にためることはしないと決めた。

    なにより、彼の妻が出世をあたかも自分のことのように話し、それを聞いた妻が我慢できなくなると言うのが理解できない。
    別に発言してる本人は何も関係ないのだからほっとけと思う。

    妻の言い分は全然筋が通ってないし、同じ様なことを何回も説明していて、いい加減疲れてきている。そろそろこの不毛なやり取りにも嫌気が差してきた。