他界

    474:逃げ ◆ox9KD6nGJQ2012/03/25(日) 02:27:48.37 0

    分かりにくかったらごめん。

    私が中学生の時、妊婦だった母と買い物に行った。
    久しぶりの買い物で和気藹々としてたんだけど、
    私がちょっと目を離した間に母の体が吹っ飛んだ。

    私の視点からでは曖昧なんだけど、警察から聞くには、
    車椅子に乗った小さい男の子が、急に車の前に飛び出してきたため母がその子を逃がすために飛び出たらしい。
    母が突き飛ばした子供は無事で、母は子供を庇ったために即タヒした。もちろん腹の中にいた赤ちゃんも。

    父と母はラブラブだったので、まず最初に父が狂った。泣いて、母のそばを離れなかった。
    小学生になる妹は泣きじゃくって、私にすがりついた。

    目の前で母にタヒなれた私は、親戚の目も同情の言葉も責められてるように感じて、精神的に修羅場。
    けど父は狂ってるし、妹は面倒みてなきゃだし、私まで泣いたら終わる気がして最優先で走り回った。葬式とか。
    祖父母は手助けはしてくれたけど裕福ではなかったので、特に援助とかはなかった。

    とりあえず葬式の事務的なことは私が担当して、父には喪主として出てもらった。
    葬式には別々で「事故を起こした運転手」と「母がかばった子供一家」が来た。
    「運転手」は土下座で謝り、保険だけでなく一生をかけて償う、と言ってきた。私はなにも言えなかった。

    934 :プリンはのみものです。 2012/07/18(水) 18:31:30 0
    4月に実弟が28歳で亡くなりました
    弟嫁は26歳、双子の甥姪それぞれ1歳で賃貸マンション暮らし、
    私は夫と二人暮らし&共働きで4LDKの分譲マンション暮らしです

    弟嫁は両親に先立たれ頼れる親戚もいないそうで、
    葬式や諸々の手続きなど色々と相談に乗ってきました
    弟の遺族年金と保険金も入るので、ゆとりがあるまではいかないにせよ、
    親子3人困らない程度の生活はできるはず

    ここにきて以前からの鬱病をカミングアウトされ、
    精神的につらい、一人で二人の子供を育てるのが辛いので同居させてほしい
    (我が家は将来的に2,3人子供が欲しいので見込んで4LDKです)
    と打診してきました
    甥姪は可愛いですが、弟嫁は私から見れば他人ですし、
    弟亡き後、鬱が悪化したみたいで、何かと私の夫に
    頼りたがるところがあって電話をかけてきたりするので
    夫も気持ち悪がっています

    「このまま私の持病が悪化して入院することにでもなったら、
    子どもたちが路頭に迷う」
    などと泣きながら深夜に電話してきたり、
    休日に押しかけてきたり迷惑なのですが、鬱があるので逆恨みも怖く
    うまく遠ざける方法ないかな…


    前編はコチラ
    中編はコチラ



    716:◆zYxs.WKps.2011/06/13(月) 22:33:37 ID:???0

    とりあえず律儀にきました。
    ちゃんと答えろって言われるから、出来るだけ全部に答えた。



    >>640
    気が強いとは言われる

    >>642
    はっちゃけてるというか、かなり昔から話し合って決めたことだから。
    義両親の希望と私の希望が重なっただけとしか。
    介護はするつもりだったし、今でもするつもり。

    >>643
    スレではコトメに対するDQN返しなんだから、対コトメが前面に出るのは仕方ないという意味です。

    >>644
    今の旦那の両親はイギリスに居るので特に何も言いません。
    ちゃんと義両親との関係も全て説明したうえで「いいご両親ね」と言ってくれたし、私に対しても悪い感情はないようです。
    とりあえず私と現旦那は納得してもらってると感じています。

    >>649、他
    義実家他人というけれど、それは私達の家庭を知らないから一般論で言ってるんだろうけど。
    別にお互いが納得してりゃいいんじゃないの?

    この、義実家同居が叩かれてるのがわからない。

    無理やり同居してるわけでも、義両親にパラサイトしてるわけでもない。
    ただ、自分の両親、娘のようにしてるだけ。
    別にコトメの立場を貶めようとしてるわけでもない。
    自然にしてたらそうなってただけ。
    法的にとか社会的にまずいことないでしょ?
    依存だってしてない。

    自分の実家のようにして甘えて図々しいとかは義両親が思ってなければ問題ないと思う。

    前編はコチラ



    613:296 ◆zYxs.WKps.2011/06/13(月) 15:52:52.02 O

    馬鹿認定されてる。

    叩きはいいんだけど、8年無職じゃないってこたあ言いたかった。
    ちゃんと丸々働いてたし、娘も保育園に預けてたし。
    親族については叔母夫婦はいるけど、両親亡くす前から疎遠だったからわかんない。
    スレチだろーが、ネチネチ叩かれるからネチネチ答えるよ。

    296:プリンはのみものです。2011/06/13(月) 00:56:51.60 O

    先日偶然にもDQN返しになったので携帯からだけど投下。

    結婚して3年で旦那を事故で亡くした。
    良ウトメだったため、亡くした後も同居してた。
    娘も産まれたばかりだったので、とても助かってた。
    だけどたまに来るコトメがク/ソ。
    弟(旦那)が氏んだのはあんたのせい。
    遺産よこせ、遺品よこせ、出ていけ、娘も女だから出てけ等々。
    ウトメの前では言わないので我慢してた。

    ウトメが好きだったし、実両親亡くしてたから出ていくことは考えてなかったから。
    だけど旦那を亡くして8年、まだ若い(といっても30代)私を心配したウトメ。
    お見合い話を持ってきた。

    ちゃんとしたお見合いじゃなくて、友人の紹介レベルなんだけどね。

    最初は断ったけど、ウトメの顔立てる為に会うだけ会った。

    んで色々はしょるが、数年後再婚することに。
    ウトメにお礼を言い、両家顔合わせの席をもうけた。
    そこで初めてコトメと再婚相手が会ったんだけど、かなりショックだったらしい。
    再婚相手がイギリス人だったことに。
    コトメは国際結婚を夢見て、独身40代。
    嫁はしょぼいから日本人しか捕まえられなかった、とか、黒い髪だからキモイとか言ってたコトメ。
    再婚相手に黒い髪がキレイと褒められた私を睨む睨む。

    あースッキリした!というお話でした。
    でも偶然とはいえ、再婚相手を使ってしまって悪かったなあ

    669 :プリンはのみものです。
    誘導されましたのでこちらに。

    事故タヒした義姉の子、当時6ヶ月の赤ん坊は私達夫婦が引き取ったんだけど、夫が無関心。
    私は実子が欲しく、子作りしようかというタイミングで義姉が亡くなった。経済的にも体力的にも子は1人まででと決めていたので実子は正直望めない。
    夫も実子にこだわっているお前に実子が出来たら、義姉の子を差別するのは目に見えてると言われた。
    夫側は母親がいるが、高齢でホームにいる。他に兄弟姉妹はいない。
    私も3歳の時に母親を亡くして、地獄のような寂しさと孤独感を味わっていたから、見捨てられずに引き取ることに同意。
    義姉の子が成長していくに連れて実子への拘りが消え失せ、可愛くて仕方がなくなった。
    つかまり立ちすれば手を打って喜び、二語文が出てくれば舞い上がった。
    しかし夫は違った。育児は丸投げが当たり前で話も聞いてやらない。
    ああこの人は善人ぶりたかっただけだ。実子を諦めてまで義姉の子を引き取ろうと土下座してきたのはパフォーマンスか。
    義姉の子に遊びに連れて行って欲しい(近所へ虫やオタマジャクシをとりに行く程度)というお願いもスルー。
    この子が私の実子なら、離婚して親権取って育てるのに。
    離婚したらこの子を引き取る事は可能なのでしょうか。これからあの手この手で調べますが・・・
    特別浮気やらDVはありません。義姉の子に無関心なだけ。
    さっさと離婚したいのは事実です。しかし離婚したら義姉の子はあの無関心な夫と共に過ごし、
    寂しさと孤独感を味わって生きていく事になるかもしれない。
    施設には行かせたくない。もうあれこれ考えすぎて頭痛が酷いです。

    554:プリンはのみものです。2016/08/20(土)21:10:19 ID:rqQ
    家を出た。
    たぶん二度と帰ることはない。
    原因は親。

    医者なものでかなり傲慢で
    自分の都合よくいかないと許せないタイプ。
    私の兄を後継にしようとして育てたが
    浪人×3でなんとか希望大学の医学部に合格。

    散々家で罵られていた兄だったけど
    努力して努力して医学部に入れた。
    が、親は3浪して医学部なんて屑だ。
    遅れている分を取り戻せと無茶を言い始めた。

    金にものを言わせて
    現役の医師や新人医師を使って
    大学に入ったばかりの兄に英才教育という名の拷問を始めた。
    大学の講義、家で家庭教師による指導、
    家では常に宿題を解く日々。
    受験勉強以上に兄は追い込まれていった。

    私と会話することもなくなり
    ご飯も部屋で食べるか食べないかの状態になっていった。
    そして大学に入ってからの最初の試験はトップになった。
    ところが親はそれでも許せなかったようで
    遅れているのだから常にトップを取るのは当たり前だとピシャリ。
    兄は分かりましたと返事をして部屋に戻っていった。

    翌朝、兄が自害しているのを母が発見。
    悲鳴を挙げることなく父に報告し父が救急車を呼んだ。
    しんでいるというのはすぐに分かっていたのだろうけど
    一切救命措置はしなかった。
    その後に警察が来たりしたけど
    親は淡々と応対してあれよあれよと処理されていく。

    私だけが泣くだけで親や祖父母さえも涙を見せず
    密葬で済ませて兄は骨になった。
    それを父は海に散骨して墓に入れることさえしなかった。
    私には兄はいなかったと思えと言うだけで
    あとは日常生活に戻っていく親たち。
    どうやってもその神経が私には分からなかった。

    私は母の指導で
    看護師をしながら花嫁修業をしていた。
    いずれは父が強引な見合いをさせて
    どこかに嫁がせるつもりだと思っていたから
    逃げることを決意。

    友人に協力してもらい遥か遠くの病院の
    看護師募集に応募し採用されたのが少し前。
    ようやく今は一人暮らしをしながら
    生活できるようになった。
    あんな気持ち悪い連中と関わるのは
    生きているうちは絶対に嫌だ。
    何が何でも逃げ切るつもりだし
    最悪兄と同じ道を辿ってでもあいつ等のもとに帰るつもりはない。

    決意表明ということで書いた。
    お目汚し失礼。

    917 :ドレス ◆bcQIhStImI 2011/05/28(土) 21:02:34 O
    トメが亡くなって壊れた元旦那からやっと慰謝料きたので記念に。 
    超良トメ存命の間は何も問題なかった。 
    子供が二人とも娘だった時も喜んでくれたし、いい旦那いいウトメ。 
    でもトメの葬儀の日から元旦那は壊れた。 
    葬儀の日、私が香典の準備やらをしている間元旦那に娘たちを任せた。 
    しばらくして娘の号泣する声。 
    娘たちのいる寝室に行くと元旦那が娘を殴ったらしく娘の頬は真っ赤。 
    旦那は拳にぎって「お前たちみたいなのはもう俺の子じゃない」と怒鳴る。 
    訳を聞いても「俺の本当の娘をどこにやった」とかもうそんな状態。 
    とりあえず元旦那には先に行ってもらい娘に話を聞いた。 
    上の娘はおばあちゃんがこの服を着た娘が一番可愛いと言ってくれた、ドレスを着ておばあちゃんにお別れしたいと元旦那に言ったらしい。 
    それで元旦那がキレたと。 
    一旦切ります

    840:プリンはのみものです。2016/08/26(金)23:51:32 ID:GMm
    俺が高校2年生の秋、父親が出張先で突然タヒした。
    その知らせを聞いた入院中の母も後を追うようにタヒ去。
    母の長きにわたる闘病生活と下二人の弟の学費などで財産と呼べるものはほとんどなく。
    結果として自分は働くことを決めた。

    引き取り手になった祖父母は気にせず大学へ行くことを勧めてくれたが
    定年が近い祖父の稼ぎと年金だけでは当時小学2年生だった下の弟の大学費用まで
    捻出するのは厳しいだろうと説得した。
    その代わり高校だけはちゃんと卒業することを約束した。
    恩師の伝手で地元を離れるが割の良い仕事に就き、給料の大半を祖父母に送金する生活が10年続いた。
    3歳年下の弟は「やりたいことがある」と他県の私立大学に行き、院にも進んでいた。
    下の弟は地元の国立大に進んだ。

    745:プリンはのみものです。2014/03/09(日) 19:40:45.68
    うちはウトの時は旦那と二人きりで、
    適当に先祖代々の墓開けて骨壷入れてきちゃった。

    親戚は皆そのこと知ってるけど、誰も参列せず。
    トメすら、寒い面倒くさい、一番可哀想なのはアタシと言って来なかった。

    夫も私も喪服着ずジャージ姿w 当然読経もお布施もなし、ゼロ円。

    納骨後、ふと「世間体が大事だったウトさんは、立派な納骨式したかったんでしょうね。
    でも、これは私たちのせいではないですから」と墓に呟いてしまった。
    ちょっとスカっとした。でも、かなり哀しかった。