主張

    855::2017/05/18(木)11:47:16 ID:
    こんな所にお菓子のゴミ捨てっぱなしにしないで!→じゃあもうお菓子食べないからいいよ
    こんな所に靴下片方置いとかないで→じゃあ靴下はかないからいいよ
    帰って来て早々ゲームしないでご飯食べてからにして片付かない→じゃあもうゲームしないからいいよ
    等、旦那は問題の大元を絶つ、そして確実に実行する

    なんでそんな自分を追い詰める答えを出すのか聞いたら、そっちの方が確実で良いでしょ?って
    実際、片付ける習慣をつける苦痛に比べたら絶った方が楽だと言ってる

    上記だけなら、まあお好きなようにーで諦めてたけど、以前食器片付けてと言ったらじゃあ食べないからいいよでマジで3日食べなかった。
    食卓に用意していてもスルー、食べてないから片付けなくてもいいよね?と平然とテレビ見てた
    あと、今体調悪いから抱きつかないで→じゃあもう一生触らないからいいよ

    その時はこっちが折れて片付けはするからちゃんと食べてと、触らないに関しては私が完全に謝って終わった
    大元を絶つのが1番の近道なのは分かる、でも問題を解決しようという努力をしないのはどうなの?と話し合った事もあるけど、旦那の主張は一貫して大元を絶つのが1番早い、そして楽
    大元を絶てない問題?そのときはちゃんと考えるよ、でも今は俺が我慢すればいいだけだしw
    ってかんじ

    結婚前は注意する事無かったから気がつかなかった
    なんか凄くイライラする、どうやったら治せるんだろう
    この本音を正直に伝えたら、じゃあもう話さないからいいよ、じゃあもう家帰らないからいいよって返事返ってきそうで尚更鬱

    69: プリンはのみものです。 投稿日:2011/08/30(火) 22:09:24.70
    義兄の子とうちの子は同じ年。今年大学1年生。
    共に希望の大学(何の因果か同じ学校w)に入学した。

    義兄嫁
    結婚してからずっと専業主婦、子供は3人
    自分の習い事や趣味は主婦の敵、節約や子供の教育がすべて
    そのためには私はもちろん夫も色々我慢すべき


    結婚してからずっと兼業主婦、子供は2人
    子供のころからの習い事を細々と続ける、ハンドクラフト系の趣味を持つ
    無駄遣いもするし子供の事は大事だけど最優先じゃない
    出すところは出して、締めるところは締める感じ

    と、まったく価値観が合わない。
    つい最近義兄嫁に言われた台詞
    「あなたみたいに子育て放棄した人間の子が、
    大事に育てられた子(=義兄粉)と同じステージに立つのは
    世間的に許されない事だって知っておいたほうがいいわよ!」
    いつも「保育園児はバカばかり」って言ってたしなー
    同じ大学の同じ学部はまずかったよなー
    いとこ同士は仲がいいから事を荒立てるつもりはないけど、
    むかついたので吐き出しでみた。

    476: プリンはのみものです。 2014/01/04(土) 00:22:07.21 ID:M87Z4ryh
    苦しくなってきたので、相談させて下さい。 
    年末に初めての子供が産まれました。 
    嫁母の名付けの主張が強く、どうすればいいかわかりません。 

    嫁側は一人娘で家族で決めてきた家系、
    私側は後悔のないように自分で決めろという家系です。

    結婚式の時も嫁父と大げんかしました(今は仲良しです) 
    今回は嫁母で所謂キラキラネームです。 

    一度、嫁側と大げんかした為、自分は気を遣って
    一線を引いて相手の意見を尊重するようにしていますが、
    ぐいぐい来る感じで正直辛いです。 

    私自身は画数なども気にするタイプの人間ではありませんが、
    相手の意見も聞き入れ、画数の良い
    私と嫁で考えた名前の候補を出したのですが、
    明日、嫁母の希望の名前を姓名判断の先生に
    占ってもらう事になりました。 

    娘の事を思うならば、我々の希望を押し通すべき
    なのはわかっています。 
    が、今後の事も考えるとどうれすばいいのか、
    相談させて下さい。長文すみません。

    715: プリンはのみものです。 02/09/03 22:47
    義母ではなく義妹に対するプチスカでもよろしいでしょうか。 

    先日、小姑スレにも書かせて頂いたんですが、 
    小姑のクソガキ様が、夫名義で義母と二世帯同居のわが家の白壁に 
    思いっきり落書きをしてくれまして、まあ子供のすることだしと思ったら 
    小姑の一言

    「まあまあいいじゃないの、どうせ将来はこの子のものになるんだし」 

    最初言われたときは目が点になり、反論どころではありませんでしたが 
    後日また同じことを言われましたので、きっぱりと 
    「いえ、なりませんよ?ここは○○さん(夫)の名義ですから。」 
    と突っ込みました。そしたら、 
    「半分はお母ちゃんのものなんだから、私にも半分は権利がある」 
    とか抜かすので、 
    「本当に半分お義母さんのものでしたら、××さん(小姑)にも 
    4分の1は所有権ありますが(夫と小姑は二人兄弟)実際に購入してローン 
    払ってるのは○○さんと私(共働きです)ですので、名義は100%○○さんのです。」 
    と切り返しました。小姑はそこで、 
    「じゃあ、お兄ちゃんに云って半分貰うわよ!なによお金お金って偉そうに!」 
    ときゃんきゃん叫びだしたので、隣の部屋でゲームやってた夫が顔出して一言。 
    「お前アホか。一銭も払ってないのにお前のものになるわけないだろ。 
    だったらお前がこの家買い取って同居するか?」 

    小姑はその後なにか口の中でむぐむぐ呟いてましたが、結局黙ってしまいました。 
    自分的には結構すっきりした一幕でした。 
    でも小話なのでsageで。