465 :プリンはのみものです。2017/10/11(水) 22:00:55ID:2Uw
メーカー系の小企業に勤めている者だけど、小企業ゆえに仕事の範囲が広くて
自分の本来の仕事のかたわらで、既存顧客にメルマガを送るという広報の真似事みたいなこともやっていた
このメルマガは結構好評で、お得意様の顧客には「いつも楽しみにしてます」なんて感想をもらったりもしてた

この度、社長の遠縁だという女性がパートで入ってきて
簡単な仕事を任せようということで私のその仕事が彼女に引継ぎになった
正式に広報という部署を立ててその人を専任にして、
今まで月に2通しかメルマガを送っていなかったところ週1に増やし、小冊子も作る、という風に規模拡大したみたい

私は元々担当していた本来の仕事があるので、
メルマガを引き継いだことに関しては別に未練はないんだけど
老婆心で彼女が今書いているメルマガや小冊子を読むと毎回溜息が出る
なんてったって彼女、驚くほど誤字脱字(誤変換?)が多いんだ
たった500文字ほどのメルマガの中で下手したら10個くらい誤字があるw
ほぼ一文ごとに誤字があるって感じ
誤字脱字以外にも、私が過去に書いた文を雑に切ったり貼ったりすることによる消し忘れとか矛盾とか
文法のねじれとか、語句の誤用とか、そういう粗も全体的に目立つ
書いて送るだけのメルマガは百歩譲ってまあいいとしてもさ、
印刷して配布する小冊子はさあ、ちょっとぐらい確認しようよ~~~
会話すると普通なんだけどな・・・・

単純な話、文章書くことに根本的に向いてないし
彼女の経歴を考えても、多分中学校以来作文なんてしたことありませんっていう感じっぽい
一応私は引継ぎ者として、
「誤字があったみたいですね、事前に推敲されると良いかもしれませんね、
良ければ慣れないうちは私がチェックしましょうか」ぐらいのことは言った。
もしかしたら彼女は、どの漢字が正しくて間違いなのか、見返してもわかってないのかも?
変換して出て来たんだよ?だから正しいでしょ?何言ってんの?お世話は無用です~みたいな反応が返ってきた

私以外にもメルマガや小冊子の異常事態に気づいた人は何人かいるが
社長の縁故だからということでまだ誰もズバッと指摘はできていない
普段社長は全く会社に出てこないので私が直接社長に進言するチャンスはないし
とても悲しいことに、上の人達は広報の存在意義を軽視しているので
(確かに、今までもこれからも大して集客効果はないと思うけど)
軽く進言はしてみたけれど反応は芳しくなかった
状況が改善されるには相当時間がかかりそうで気が滅入る
まあもう私の仕事じゃないんだけどね
書いてて思ったけど誰の神経がわからんって、彼女自身よりも社長の神経がわからん話だった