ベランダ

    195: プリンはのみものです。 2011/01/31(月) 14:07:47 ID:SG77OvOK
    今朝、突然外からドガシャンッとすごい音がしたのでベランダに出て見たら、
    隣の奥がベランダ下駐車場の車の上に落ちてた。

    BMWのフロントが粉々に割れてて、奥は足を上にして上半身が座席下に落ち込んでる状態。
    急いで救急に電話しながら降りていって助け出したら、手にしっかりと、うちの洗濯物を握ってた。
    風で飛ぶような干し方はしていない、物干し竿に腕部分を通して干してた私のワンピース。
    朦朧としてるのに手はガッチリとワンピース掴んで離さないの。
    それ見るまで呼んでたのは救急車だけだったけど、警察にも電話しちゃったよ。
    奥が救急車で運ばれてから、うちのベランダや物干し竿から指紋とったり現場検証して、やっと先ほど終わった。
    あ、車は大家さんのです。


    197:プリンはのみものです。2018/04/28(土) 00:38:28.37ID:Js0c70cF
    今アパートの一階に住んでて、うちの部屋の小さなベランダから木が伸びて二階に圧迫してると管理会社から電話が来た。
    引っ越して来る前からのものだったけど、そういえばなぜこの部屋にだけ木があるんだ…?と思ってた時期。
    管理会社は「その木を切りたい。何時頃が都合いい?」という電話だったので、都合がいい日を伝えた。

    そしてその当日。てっきりチャイム鳴らしてくれるのかと思いきや、外からいきなりチェーンソーの音…
    私もビックリしてこそっとベランダ除いたら、業者3人が共用通路からうちのベランダの塀を乗り越えて木を切ってる!しかも約束の時間より1時間早い!
    はああああ!?と思って玄関から外出て「何してるんですか!」と聞くと、業者は「すぐ終わるからさー」って聞きゃしない。
    色々言ったけど、チェーンソーの音で聞こえないふり。
    作業自体は本当にすぐ終わったんだけど、また何も言わずに帰っていった。
    追いかけてやろうと思ったけど、0歳、2歳の子がチェーンソーにビビってギャン泣きしてる中連れていけないし、部屋に置いていけないしで断念。
    その代わり管理会社に電話したら「申し訳ありませんでした」って返事だけ。

    業者が来る時間まで洗濯物干しておこうと思ってたから干しっぱなし。
    そんでチェーンソーで木屑がかなり舞った。洗濯物が木屑だらけ。
    下の子の肌着はもう着れなくなった。チクチクするから。

    …これが去年の話で、この話を久々に他の人に話したら「私さん神経質なんですね」と哀れみの表情を向けられた。
    もう全部に腹立つ。管理会社使えない、と思って引っ越した。二度とそこの部屋は借りない。

    520: プリンはのみものです。 2014/09/08(月)09:34:24 ID:s5LwZTmqf
    最近寒くなってきたねー。それで思い出した修羅場。

    7年前の冬、その日は天気予報で
    今日は大雪になるから気をつけれって流れてて、
    朝から対した量じゃなかったけど雪が降ってた。

    大雪になる前にベランダの物干し竿下ろしとくか~と
    ベランダに出て窓を閉めた。
    (3歳と8ヶ月の子供達がいるから
    部屋が冷えない&外に出ないように。)

    物干し竿をガタガタ下ろしていると後ろでカチャッて音がして、
    ん?と振り返ると3歳が鍵かけてドヤ顔。
    「俺すごくね?w」とでも言っているようだった。
    「ちょ、おまwまじかw」と思いながらも、
    この鍵かけは鍵開けとワンセットの行動なので
    3歳を誘導して鍵をまた開けさせたのだが窓が開かない。

    え。とよくよく見てみると寝返りイタズラ大好きの8ヶ月、
    窓の下に付いてるキッズロック
    (子供が窓を勝手に開けないようにしておく
    非常に軽いボタン)を押しておったわい。

    「やべーよまじかよ...。だが3歳を誘導すれば!」と思ったんだが、
    鍵かける→かーちゃんが「開けて~」言う→
    俺開けてあげる→かーちゃんに「ありがと~」って
    チューしてもらえる!(・∀・)の絶対公式が崩れた3歳は
    パニクって泣きながら鍵をガッチャガッチャやってた。
    「かーちゃーんんん!!お願い帰ってきてえええ!!
    あおーんんん!!」って泣き叫んでたから話聞いてくれない。

    なんとか落ち着かせようと説得したんだが
    なんせ寒くて(物干し竿下ろすだけのつもりだったから
    長袖Tシャツに短パンの超軽装な上携帯も家の中w)
    唇真っ青でガチガチなってる姿を見て3歳更にパニックwww

    「かーちゃんだ、だい、大丈夫だか、ら、おちつ
    「かーちゃーんんん!!いやあああ!!」と阿鼻叫喚。
    そうこうしてたら子供達は泣き疲れたらしく寝だした。
    助けを呼ぼうにも携帯は無い、
    叫んでも周りは田んぼのみで隣の家には到底声は届かない、
    「自宅のベランダで雪だるまになってタヒ亡って
    明日のニュースになんのかなぁ...」とか考えつつ私の意識はログアウト。

    目が覚めると病院のベッドだった。
    何で私生きてんの??何で発見してもらえた??と
    キョトンとしてると涙目のトメがいた。

    トメが怒鳴りながら言うには、
    愛しのムチュコタンを奪った私を敵認定してるトメが
    私の携帯に何度も電話してたらしく、
    「嫁の癖にトメ様の電話に出ないなんて!」とプンスカ家に来て
    ピンポン押しても出てこないから勝手に作ってた合鍵で中に入ると
    孫タン達発見。

    「嫁やっぱりいるんじゃない!キー!どこに隠れてるの!?」
    と探してみるとベランダで半分雪だるまになって
    顔が真っ青通り越して白くなってしゃがみ込んでる嫁発見。

    あばばばばとなりつつ救急車呼んで
    私を風呂場に引きずっていきお湯をかけて温めてくれたらしい。
    「しょうがなくよ!?しょうがなくあんたを助けてやったら
    腰痛が悪化したのよ!どうしてくれるのよふじこふじこ!」
    ってまだなんか言ってたけど泣きながらだからよく聞こえないし、
    私もそれ見て泣いちゃったから聞いてない。

    無事退院してからは、トメを腰痛の病院に連れてってあげた。
    しょうがなくねw