トメ

    226: プリンはのみものです。 2008/10/24(金) 02:01:27

    ウチのトメ、私の父親が前立腺がんになった時に
    病室まで無理やり押し掛けて「余命先刻は?」「転移もあるんでしょうねえ」
    「(亡くなられても)安心してください、家屋の整理なんかはこちらでやりますので~(笑)」と
    散々やってくれた。言われた時は父と二人でぽかんとしちゃて、反論もできなかった。
    微妙な部位の癌だし、お見舞いも断ってたのに。
    父は幸い治療に成功して数日の入院ですみ、転移もなく現在は元気に暮らしてる。
    夫はあとで事情を聞いて父に土下座してくれたし、〆てくれたけど
    トメはお見舞いに行って何が悪い! の一点張り。
    が、この恨みをいつか晴らしてやるとずっと思ってた。
    しばらく前、トメに癌が見つかった。
    本人は癌って知らないけど、転移もあるっぽい。
    とはいえ老人で病気の進行が遅いので、急にタヒぬようなことはないみたいだけど、
    詳しいことは義父しか知らない。
    で、お見舞いと称して入院中のトメのところに突撃。
    笑顔で「トメさん癌ですってねー、転移もしてるみたいで大変ですねー。
    ウチの父は転移してなかったけど、トメさんは肝臓がダメらしいですよ。
    肝臓癌って治らないっていいますもんねえ。
    あと半年もったらいいですねえ」
    とかましてきた。トメ、真っ白になってた。

    トメ、病院でパニック起してるらしいがあとは知らん。

    847:プリンはのみものです。2009/01/19(月) 18:20:12

    一昨年の私の父が亡くなって初めての正月に、
    今年は義実家に行かずに、父の位牌とともに年越しをしたいと
    私&息子の願いで義実家詣でをしなかったとき、
    トメから絶叫のような声で
    「おとうさん(義父・5年前にタヒ亡)の仏壇に手も合わせないなんて!なんて嫁!
    おまえなんか嫁とも孫とも思わないわ、タヒんじまえ!」という
    たいへんありがたいお言葉をいただいた。
    翌年、嫌々ながら元日の朝に行ったとき、
    近居のコトメちゃん(仲良し)夫婦の家に
    「何をしてるの!本家はこっちなんだからそっちの仏壇より先に
    こっちに参るべきでしょう!!
    それができないんなら、仏壇なんか捨ててしまいなさい!
    いらない人が入ってるだけなんだから!」とダブスタしたトメ。
    (コトメちゃん、ウトさんを亡くした良トメさんと同居。
    もちろん、うちのトメとの血縁関係は無いし、
    トメはウトの転勤にくっついて今の土地に来たんで、
    別に本家も分家もヘッタクレもない。)
    コトメちゃんブチギレ。
    かわいいコトメちゃん泣かされた私もぶっ切れた。

    480: プリンはのみものです。 2007/12/23(日) 09:02:13

    トメの猫アレルギーのせいで、大好きな猫を飼えなかった夫。
    このほどペットOKの物件に引っ越してあこがれの猫、
    しかも2匹を買って来た。

    もうトメが怒るの何の、家に来た瞬間から涙鼻水くしゃみ連発、
    家にいる間は片時も猫とはなれない娘とも長時間一緒にいると涙涙。
    さらに家に遊びに来たウトと一緒にいてもズルズルになるらしい。

    夫に「猫を飼っちゃいけないっていつも言ってたでしょう!捨ててきなさい!」
    と、小さい子の母親に戻ってしまったトメ、
    娘の前で子ども扱いされ、
    「俺が俺の家で俺の家族と一緒に猫を飼って何が悪い!」
    と激怒した夫の反撃に合い、更に
    「娘からあんなにかわいがってる猫を取り上げるつもりか!」
    「お祖母ちゃんなんか嫌い!」、で自爆。

    まあそれまではトメのアレルギーの事で猫を飼うのはちょっと反対だったし、
    トメにも申し訳ないと思ってた。
    だけど最近娘の様子がすごくおかしい。

    よく話を聞いたら、トメが影で
    「猫を捨てないとお祖母ちゃんを捨てる事になるんだよ」
    「お祖母ちゃんが一人で死んだら、娘ちゃんが猫を捨てなかったからだよ」
    「猫がいる限りもう二度とお祖母ちゃんに会えないね、バイバイだね」
    と脅迫してた事が発覚。
    すぐにトメに電話して怒ったんだけど、トメ開き直り。

    302:プリンはのみものです。2006/08/10(木) 09:07:07
    アレルギーに対して「昔はそんなものはなかった」と言うのがお決まりのトメ。

    トマトを生のまま食べると痒くなって仕方がないので火を通していたら
    「何でもかんでもアレルギーアレルギーって。親の教育が悪いからそうなるんだ」
    と私の親のことまで言い出したので言ってしまった。

    「そういえば、昔は糖尿病は贅沢病と言われていましたよね。 トメさん、贅沢病なんかになって恥ずかしくないんですか?」と。

    「人が病気で苦しんでいるのに、その言い草はなんだ」と怒り出したので
    「医者の言うことを聞かずに、朝から晩まで食べ続けているのが苦しいんですか?」と言ってやったら
    「お父さんに言いつけるから」と。
    「どうぞ、私も親の教育が悪いからアレルギーになったとトメさんに言われたことを近所にも親戚にも、もちろん私の親にも言いますから」
    あれから3ヶ月。 アレルギーのことは言われていません。

    202:プリンはのみものです。投稿日:2010/03/09(火) 02:13:39

    トメ「うちの嫁ったらこの三日一度も赤ちゃんを外に出してないのよ」
    トメ友人「この大雪の中赤ちゃん出すひとがいるはずないでしょう」
    トメ「洗濯だって午後の日が落ちてからするのよ」
    トメ友人「雪だからどうせ中で干すのに、いつ洗濯したって同じでしょう」
    トメ「最近手を抜いた料理ばっかりで」
    トメ友人「あなた赤ちゃんの世話で忙しいひとにごはん作らせているの?」
    トメ「だって嫁なんだから」
    トメ友人「あなたも嫁でしょう」
    トメ「なによ、あなたも嫁とおんなじようなことばっかり」
    トメ友人「あらあら、あなたタヒんだほうが赤ちゃんのためでしょうねえ。ほらタヒねっ!」
    私「ブフォッ」
    トメ「ちょっと!あんたそこで聞き耳たててたわね!」
    トメ友人「嫁ちゃん、夫さんが出張から帰ってきてくれるまで実家にお行きなさいよ」
    私「あ、はい。今日から帰る予定でした」
    トメ「聞いてないわよ!」
    トメ友人「いいからあなたは墓の準備をしなさい」

    なぜこのふたりが友人でいるのかまだよくわからない。

    871:プリンはのみものです。2009/03/14(土) 11:30:50 0


    10年以上前に別れた元エネ夫から手紙がきた。
    元姑が要介護の状態になったらしくて
    もう許してやるから私に介護要員で帰って来いってさ。

    その姑にパニック障害になるほどいびられたのをお忘れですか。
    涙の止まらなくなった私が病気と分かった途端、姑に
    「基地外は出て行け」
    と身ぐるみはがされ半ネ果で外に蹴りだされた時、
    「悲しいけどママのことは忘れような」
    と子供達に言ってたのは貴方ですよね。

    その後私は公の援助を受けながら病気を直し
    その後働いてお金を作り学校に入りなおして
    なんとか1人で生きていけるようになった。
    元姑に次のいびられ役となっていた娘も
    裁判起こして引き取った。

    元エネ夫は
    「帰ってきたら息子に会わせてやる」
    と切り札のごとく最後に書いてきましたが
    その息子は今は毎週末我が家に夕飯食べに来てるよ。

    本当に馬鹿。元姑が亡くなったら親子3人で
    仲良く葬式に行ってやろうかと計画中。

    816: プリンはのみものです。2012/12/01(土) 12:07:49.63 O

    携帯から改行が変だったらごめん
    トメは小さな嫌がらせをチクチクするタイプ。ウトや夫がたしなめてもスルー

    トメに何かの拍子に私が千切りキャベツ、特に紫キャベツが苦手であることを言った
    (千切りは歯触りと紫キャベツは断面図がダメ、キャベツ自体は煮たり焼いたり、生でもざく切りなら平気)
    ある日、義実家に行ったらトンカツと山ほどの千切りキャベツが用意されていた
    しかも半分近くは紫キャベツの千切り。この時点で心の中では半泣き

    「嫁子さん遠慮なく食べてね!」なんて言われるし、小1の息子に好き嫌いは良くないと
    しつけてる手前、手を付けないわけにもいかないから塩とマヨネーズをかけて強引に押し込む
    我慢して個別皿の分を食べ終えたら「おかわりよ~」って中央のザルにまだ残ってるキャベツを
    トングでもっさり追加された

    その後、トメと2人になった時に食べれない物を聞かれたので、その時は素直に答えた

    後日、息子が子供会行事で留守の時に夫婦でまた義実家に立ち寄ることになった
    テーブルには寿司桶が置いてあり、私の分には大トロといくらとカニミソで埋め尽くされていた
    なんで嫁子だけ?と驚くウトと夫を横目にトメはニヤニヤ
    私「いや~、参ったな~、困っちゃうな~」と言いながらペ□リと完食
    帰り際にトメが「食べれない物をなくさなきゃね♪他にもある?」と聞いてきたので
    フグ、特にフグ刺しが食べれなくて…と答えておいた

    帰り車中で夫は「まんじゅう怖いかよww」って大ウケだった
    実は大トロもいくらもカニミソも大好物、フグ刺しも好き
    食べれない物は?って聞くから(好きだけど高いから)食べれない物を答えただけ
    と夫に言ったら更に大ウケ
    「俺が聞かれたら和牛しゃぶしゃぶって答えたいわー」だって

    正月はウトメがうちに来ることになったので、トメが本気で大嫌いだっていう牡蠣をたっぷり
    準備しておもてなしをしたいと思う

    796:1/22008/01/27(日) 20:38:49

    夕食作ってる最中に
    アポなしで来ては勝手に夕食を食べて
    「アンタいつになったら○家の味覚えるの?
    こんなもの食べさせられて
    息子がかわいそう!」
    とうるさいトメ
    (その他にもテンプレ通りのイヤミ・イヤガラセ)。

    おとといまた来て
    テーブルの上にある料理を食べて
    「またこんな味付けして!
    いい加減○家の味を覚えなさい!
    ホントにダメ嫁ね!」と言う。

    すると
    「私の料理そんなにマズかったかね?
    それに○家の味なんて
    聞いた事も無いけどね~」
    と大トメ参上。

    私は大トメと仲がよく
    (パソコン使い始めた大トメに
    教えてと頼まれたのがキッカケ)
    この日は大トメが遊びに来て、
    夕食の準備を手伝ってくれていた。
    「トメ子さん、
    私の料理が○家の味じゃないなら、
    一体何が○家の料理か教えてくれない?」
    とトメに詰め寄る大トメ。
    元々大トメが苦手なトメ、
    驚きと困惑で何も答えられず。
    その時ちょうど旦那帰宅。

    続きます。

    766:プリンはのみものです。2009/02/08(日) 09:15:12
    私は観光牧場の事務兼受付なんだけど、トメが
    「豚のえさばっかりやってるから、作る物も豚のえさみたいね」とpgrしてくる。
    そしてその都度夫が怒るんだけど、
    先日、トメが性懲りもなくキャベツの千切りを
    「また豚のえさ?wちゃんと手洗ったんでしょうね?」と言ったのを夫が聞いて切れまくり、
    「文句あるなら食うんじゃねぇ!!」
    「何よっ、こんなの食べる位なら豚のえさの方がましよっ」となって食事どころじゃなかった。
    次の日の朝、
    「あんたがあんなもの作らなきゃケンカになんかならなかったのに」
    と舌打ちされ、ピキッと来た。

    なので昨日の晩の食事に、頼んでちょっともらってきた本当の豚の餌を出してあげた。
    「何これ」と言うので
    「お義母さんは私の作る物より、豚の餌の方がいいとおっしゃるので貰って来ました」
    と淡々と言った。
    トメは「なっ…あんたっ…こっこの…!」とプルプルし始めたんだけど、
    夫がテーブルをドガン!と叩いて
    「お袋が昨日はっきりそう言っただろう!!
    嫁の飯が食えないって言うんだから、大人しくそれを食え!!」と怒鳴った。
    トメはその迫力に押されて泣きながら退散。
    夫には何度も謝られた…夫が一番かわいそうだよ…
    まあ一応トメの分の夕飯も用意してあったので、
    夫には「やらんでいい!」と言われたが、用意して部屋の前に置いておいた。
    そして今朝、顔を合わせたトメはニヤニヤしつつ
    「何だかんだ言って息子は優しいわ…ちゃんと夕飯を用意して部屋の前に置いておいてくれたの。
    豚の餌を出す誰かさんとは大違いよ…フフン」だってwww
    大笑いして「やだ、お義母さんwそれ用意したのも、置いたのも私ww
    夫は「あんなババァに出す必要はない!!」って怒ってたんですよ〜?w
    息子が作ったらおいしいごはん、嫁が作ったら同じものでも豚の餌ww
    おいしかったですか?豚の餌はww」
    トメ部屋にこもったw私の勝ちw

    564:プリンはのみものです。02/06/24 17:22
    初孫でもある義兄んちの娘べったりな姑。
    年初、久々に義兄宅を訪問したときの事。ついさっきまでませた口調で九九を唱えてたのが、
    突然手当たりしだいものをぶつけ、ひとの服にマーカーで落書きし、
    飛びついて殴りかかり、奇声をあげながら唾をかけてくる姪に仰天です。
    前からやんちゃすぎるきらいはありましたが、すさまじすぎる。

    一方、私たちに合わせ義兄宅に来ていた姑は、娘を捕まえ尻を叩こうとする
    義兄嫁を突き飛ばして孫を奪い、叱るどころかほめまくり。
    「〇〇ちゃん(孫)はいい子ねえ。お客さんがうれしいって、バーバにしかわからないのよねえ。
    あなたたちびっくりしたかもしれないけど、モー元気が良くって良くって。
    どうもね、他の同じ年の子たちより知能の成長が早いみたいなの。
    私がその能力を伸ばしてあげてると思うと誇らしくって」
    あとで義兄嫁はキッチンで涙ぐみながら、私に言いました。
    「子供できても、絶対お義母さんに預けちゃダメよ!うちの子みたいにされるから。
    待機児になって仕方なくお義母さんに見てもらったのが間違いだった。
    あなた、もし待機になったら仕事やめてでも自分で見たほうがいいわよ」
    義兄嫁の話によると、姑は孫に嫌われないようにするため、何してもほめちぎり、
    そのせいで姪が情緒不安定になってしまい、やばい、と引き離した時にはもう遅かったとのこと。

    その後、姪は小学校に入学しましたが、入学早々ADHDと言われ、問題児扱いに。
    それは気の毒ですが、知ったとたん姪に対して急に冷淡になり、私にすり寄ってきた姑。
    適当にかわしてましたが、昨日の電話にはアゼンでした。

    「あの子はもうダメだわ。私が必
    タヒでがんばったけど、
    あれは※※さん(義兄嫁)の家系ね。早く次の孫をわたしにちょうだい。
    今度はもっといい子に育ててあげるから」

    ↑の発言は、姪がババにグラスを投げつけた話から出てきたんですが、
    もう、ぞーっとしました。つい言っちゃいましたよ。
    「お義母さん恐ろしい人ですね。何が家系ですか。お義母さんが何でもバカみたいにほめるから
    あの子はあんな風になっちゃったんじゃないですか。
    私こわい。お義母さんが生きてるうちは子供作りませんからそのつもりでいて下さい!」
    通りがかりのトラックにでもひかれて逝ってくれないかしら、ババァ・・・。
    くだらない話、長々スマソ。