シッター

    640: プリンはのみものです。 2016/01/05(火) 18:50:12.30 0.net
    横入りになったらごめんなさい
    実姉(医者夫婦)が双子を出産して、姉妹で相談して双子の面倒を私が見ることになった
    やりがいのある病院だけど体質が古く、女医が産休をフルで取ったらひんしゅく買って戻ったら席がないような職場らしい
    私は当時3歳の娘が生まれた直後からひどい喘息なので退職して専業主婦してた
    双子のシッター代が収入になったWINWINな関係
    しばらくしてから姉一家は子供のために我が家と同じマンションへ引っ越してきた

    現在娘は5歳で幼稚園児、双子は2歳で保育園に通ってる
    姉夫婦の定時のお迎えは無理なんで毎日私が迎えに行ってうちで夕食食べて夜勤の日は泊まってる
    うちの娘とイトコ同士だけどほとんど姉弟みたいに育ってる

    義実家にもその旨説明して、私が義実家へ行く時に甥っ子(双子)同伴を認めてもらってる
    (最近は園の時間内なら私単独で行くけど)

    この件で義兄嫁に脅迫された
    うちが面倒見てる甥が公立の保育園に入れるはずがない、誤魔化したに違いない
    誤魔化しを役所にばらされたくなかったら「・・・わかるよね」って言われたが、わからないから夫と義兄に相談

    義兄嫁は脅迫したつもりじゃなく自分の子も預かってほしかっただけよって涙流したけど義兄が凄い怒ってた
    ちなみにうちが実姉家と同じマンションなのは保育園の園長さん以下みなさん知ってるし、誤魔化してもいません
    なんでそれで脅迫できると考えたのかすごいおかしい


    401:プリンはのみものです。投稿日:2009/11/05(木) 12:48:46ID:bBDySU2X

    泥というよりもう犯罪だけど記念カキコ
    かなりフェイクいれたので辻褄合わなかったらゴメン
    ちょっと長いけどすんまそん

    友人A宅でベビーシッターした(当方既婚小梨)
    Aの長女が三者面談?でその間年の離れたA次女を見てくれる人がいないから
    長くても2時間ぐらいだからって頼まれた
    以前にも自宅で末っ子を預かったこともあるしまあどうにかなるだろうと思って
    簡単に注意事項とか聞いて、午後3時過ぎにAは学校へ
    おやつ食べさせたりしてA次女と過ごしてたら玄関に来客

    私「どちらさまでしょうか」(インターホン)
    相手「こんにちは、回覧板持ってきました」
    って言われたから、お隣さんかと思って応対した
    (モニターにはAと同世代ぐらいの女性が映っていた)

    玄関開けたらいきなりドアをガッて開けられてよろけた
    ジッと顔を見られて、なにごとかと目をぱちくりさせていると
    急に手が伸びてきて後頭部の髪の毛掴んで引きずり倒された
    何が何だかわからなくて、必タヒにドアノブにしがみついた
    そのときは、強盗?押し入り?通り魔?って感じでわけがわからなかった
    とにかく家に入れてはならないと思い、必タヒで抵抗した
    (A次女は玄関ホールから扉一枚隔てたリビングにいた)

    抵抗して、体ごと玄関から押し出して玄関扉を背にしてしゃがみこんで
    両腕で顔や頭を必タヒにブロックした
    その間相手の女は「金返せ!全部耳を揃えて返せ!」みたいなことをキンキン喚いていた
    手のひらや拳がガンガン当って痛かったし、本当に怖かった

    601:プリンはのみものです。投稿日:2011/11/23(水) 16:12:11.53
    以前、夫が入院した時に、ちょうど夏休み中だった学生の妹に頼んで、有料で
    シッターをお願いした。
    平日の幼稚園のお迎えから、面接時間が終わって私が帰ってくる9時迄。
    妹は家政科なので、娘におやつと夕食迄作ってくれて、凄く助かっている、
    という話しをトメにしたんだけど、それを聞きつけた義兄嫁から電話。
    お見舞いの電話かと思ったら
    「助かった~。うちも息子を預かってくれるところを探してたの。」
    と、託児要請だった。
    パートを始めたが、職場が楽しい!時間延長をしたかったのでお願いね!と。
    こんな時に何を言ってるんだろうと、怒りがこみ上げて来たがぐっと飲み込んで
    こんな状態ですので、他所の子を預かる余裕はありません、と断った。
    かなり冷たい口調だったので、こっちの気持ちに気付いてくれると思ったが、
    「え?何で?ついでじゃないの。何か問題あるっけ?」
    って食い下がられ、疲れと怒りがどっと出て、
    「夫の入院で、ただでさえ疲れているのに無神経な事を言わないで!」
    とガチャ切りした。
    義兄嫁は電話の後で義兄に愚痴ったが、逆にキツく〆られたみたいで、
    「本来なら旦那さんの心配や、お手伝いしましょうかっていう電話をしなきゃ
    ならない時に、無神経なお願いをして申し訳ありませんでした。」
    と、何か例文を読んでるみたいな謝罪をして来た。
    本当に悪かったと思っているとしても、もうこの人とは距離を置く予定。

    882 :プリンはのみものです。 2017/04/11(火) 04:05:46 ID:rlr
    高卒で23歳のとき一回り以上年の離れたお金持ちの男性と結婚した義姉
    結婚後は専業になったものの、家事は旦那さんが独身時代から雇ってたハウスキーパーが全てやってくれてたので昼間は好きなだけ寛げたそう
    家事を自分でやるという考えは微塵もなかったそうだ
    暇で暇で仕方ないので、毎日のようにエステに行ったり買い物に行ったりして、それを自慢気に電話してきた
    当時はネットも携帯電話も無かったから、新社会人として働く友達の家に電話をかけて何時間でも話し続けるからどんどん友達が離れていった
    ブログとかあったらまだ被害者も少なかったのかもしれないが・・・

    夜は夫が帰ってくると、ハウスキーパーの作っていった料理をさも自分で作ったかのようにテーブルに並べて、食べ終わった食器をシンクに運ぶだけ
    あとは朝になったらハウスキーパーがやってくれる
    義姉の仕事はそれと夜の生活だけだったそうで、一応子供は授かったけど、出産したら次は住み込みのベビーシッターを雇い入れて子育てを丸投げしたらしい
    子育てしてないものだから子供に興味も関心も無く、子供の参観日や運動会は「何このくだらないおままごと」と言ってのけ、それもベビーシッターだった人に丸投げして行ってもらったらしい
    結局彼女自らの手で撮った写真や子供と写った学校行事の写真は一つも残らなかったそうな

    出産してからは「女は出産したら母親になる」とかで夜の営みの方は全拒否するようになり
    子育てもベビーシッターに丸投げし
    あっという間に子供が成人を迎える年になり
    定年を迎えた旦那さんと息子さんから「あんたの存在価値って何なの?」と問われて、今更感自分の居場所がどこにもないことに気づいたらしい
    「一番長く家にいるのは私なのに、私がある日突然いなくなっても、二人共気づかないだろうって言うのよ」
    なんてまた長々と話してきた

    ごめん、義姉さん
    私もあなたの存在価値見いだせない
    むしろそんな生活をしていて自分に価値があると思っていたことに驚く

    今私は夫と建てた家で義両親と同居してるんだけど、上記の理由で傷ついたらしい義姉さんが家に押しかけてきてる
    「申し訳ないけどここにも姉さんの居場所は無いから、嫁に迷惑かける前に出ていって」と旦那が言ってくれてることがありがたい
    義姉さんは絶望的な目をして私を見て「父さんがいて母さんがいて弟がいて、後の一人は本当は私なのに」と言っている
    義姉さんが押しかけてきてから一週間
    義姉夫さんや息子さんからの連絡は一切ない