エネ夫

    420 :1/2 2013/06/13(木) 18:14:29 0
    先人たちの知恵を思いっきり拝借してやってきた!
    アイデア沢山いただきました。ありがとうございます。

    天麩羅イビリを一通りやられてきた。
    石女、三年子無きは云々、我が家の味が云々。
    あそこへ連れていけそれが食べたい、挙げ句の果てに息子チャンとハワイいきたいと。
    そしてそれにウンウンと頷く元エネ夫。

    それが義実家でだけならなんとか我慢したかもしれないけど、だんだんと元エネがエネエネしてきて、
    「ママの味と違う(私が味の素使ってないから)」
    「ママはもっと掃除してた(元トメは専業で私は正社員)」
    「ママが嫁子の歳にはもうお兄ちゃん産んでたよ」
    「ママとハワイいきたいなー」
    ママママママ。マザコンか。

    最初はいちいち言い返してたんだけど、なにを言ってもママはーママはーって。本当にママってよんでた(人前では母っていうけど、家の中ではいいとしこいてママ)。
    半年くらい前から言い返すのにも疲れて、元エネと食事も分けるようにした。同じような献立でも、元エネの皿には味の素を一振り。
    その間にエネ発言の録音と嫁いびりの録音を進め、残業も沢山して離婚資金を貯めた。
    ついでに検査したら、私は子供を産むのになんら支障がなかった。つまりエネにタネがないかできにくいらしい。

    そうしてお金も無事溜まり、半年くらいは細細と暮らせるめどが立ち。
    「二人でハワイいってきたらいかがです?このプランとかどうでしょう。私が出しますよ」
    と、1週間ほどのプランを提案したら、それにホイホイ食いつく元トメとエネ。
    ゴールデンウィークだったのでエネも有給をとり、さっそうと飛行機に乗って行った。
    嫁子もどう、なんて一言も言わなかった。言われなくて良かったけど。
    置き土産はトメの「家、掃除しといて頂戴」

    …まじっすか、と声に出しそうになったが、我慢。
    プランを提示したのはゆっくり引っ越しするためだったんだが…
    考えた末、エネミースレとかDQN返しスレとか見て、やれることやろうと決心。

    138 :1/2 2007/06/13(水) 11:06:04
    私が言ったことじゃないんですが、スカッとしたので書かせてください。

    出産入院中、隣のベッドの人がそこの旦那と子供の名づけで話し合っていた。
    奥さんは、女の子は○○にしようと決めていたから○○とつけたいと言っているのに
    そこんちの旦那は「フーン」と聞いてるか聞いてないかわからない適当な返事。
    三日目くらいにそこのうちのトメが来たとき、奥さんが「子供の名前は○○に…」
    と言いかけたらトメは「私ね、さっき赤ちゃんの顔見てひらめいたのよ!名前は
    ×子で決まり。いいわね?」と。
    その×子って名前がまた古臭くて…例えるならトメ子とかシメ子とか、そんな感じ。
    エエーと思ってたら旦那が「んー、嫁子もとくに希望ないんだろ?それでいっか」
    と…。隣で聞いてただけの私ですら奥さんのつけたかった名を知ってるのに、
    はっきり話されてたはずの男がなにを言ってるの?!と驚愕してたら、奥さんが
    涙声で「ちょっと何言ってるの!私つけたい名前があるって妊娠中からずっと
    言ってたじゃない!どうしてそんなこと言うのよ!」と訴えたら
    旦那は「え、そうだっけ?俺知らないよ!つか、母さんが名前決めてくれたのに
    なんでそんな言い方するんだよ、泣くなよ嫌味な奴だな!」と怒鳴りつけた。
    トメも一緒になって「子供の名前は×子!もう決まったのよ!」と怒鳴ってる。
    そうしたらいきなり「いい加減にしなさい!」と鶴の一声が。

    878 :プリンはのみものです。 2008/04/27(日) 16:58:05 0
    旦那がトメ(要介護)を引き取りたいと言ってきたので拒否。ちなみに共働き。
    介護は嫁の仕事だ、お前の親はトメ(父方祖母)を自宅介護してるのに
    なんでおまえはできないんだ、立派な私両親を見習えとトメと夫がふぁびょった。
    ご立派な私両親に私が間違っていると諭させると、トメ夫に実家に連行された。

    しかしそこで見たのは父方祖母(重度痴呆)のおしめを変え入浴介護し食事をさせている 父
    夫が父にトメが要介護で引き取りたいが私が反対しているので説得してくれと訴えるも、
    「いや、夫君が仕事をしながら介護をするのは大変だよ。娘は夫君の身体を心配してるんだよ」
    「トメさんだって夫君が可愛かったらヘルパーなり施設なり考えたほうがいいですよ」
    「うちは自分が余力があるから一日付きっ切りでいられるけど、夫君は仕事があるから無理でしょう」
    とさらーっと言ってくれた。実際母がやってるのは父がどうしても付き合いで家を空けないといけないときに
    デイサービスからの連絡窓口になるだけ。祖母用の食事を作るのも洗濯祖母部屋の掃除も父。
    父は本当に天然系の人間だからふつーに自分の体験から夫とトメに善意でアドバイスしただけ。
    二人が私に介護させようとしてると察した母は
    「この人(父)の前で言うのもなんですけど、結婚した当時私が作ったご飯はまずいと捨てられて」
    「男を生めない嫁は役立たずと罵られ、お宅の娘のしつけはどうなってるんだと実家にどなりこまれて」
    「嫁入り道具も勝手に捨てようとしてた義母を介護するいわれなんてないですよ」

    トメ夫思い当たることいっぱいあったらしくて帰りの車の中は無言だった。
    あれから夫はトメをうちで引き取るとは言わない。トメはまだ未練がましいけど。
    でも夫、自分で介護するのはやっぱりいやだったんだな。
    私に全部義実家関係の面倒なことおしつけてこいつエネ?って思ってたけどやっぱりそうだった。
    母からはこっそり「介護押し付けられそうになったら帰ってきちゃいなさいよ」と言われてるし、
    子供いないうちに離婚かな~って思い始めてる。

    139:プリンはのみものです。2014/11/24(月) 04:34:48.55
    昨日、無事に絶縁できた者です。
    吐き出し長文失礼します。

    旦那は次男で、結婚4年目子供2人の典型的な核家族。
    義実家は義両親と義兄の3人暮らしで、我が家とは車で20分ほどの距離です。

    旦那は男兄弟で、二人とも浮いた話もなくある程度の年齢になっていたので、割と歓迎されて結婚しました。
    関係は良好だったので、一人目を出産した時は義実家にお世話になったくらいです。
    が、初孫フィーバーの義両親からの昔の育児の押し付けでギクシャクし出し、早々に自宅へ帰ることに。
    その後は何とか持ち直して、週に1〜2度は義実家訪問していました。

    関係が悪化したのは、私が2人目を妊娠中に旦那と夫婦喧嘩したことに始まります。
    喧嘩の原因はネトゲ。以前に旦那がハマったことがあり、子供の相手や夫婦の会話も疎かになったことから、ネトゲ禁止になっていました。
    ちゃんと話し合って、旦那も納得した上で、もうやらない、家族が大事だとのことでした。
    でも隠れてコソコソやってたんですね。

    長いので一旦切ります。

    770: プリンはのみものです。 2008/05/18(日) 19:42:22 0
    立派なお家柄が御自慢のトメ。
    いつもアポなしで来ては「我が家の家訓は」とか「しきたりは」とか。
    さんざん言った挙句に「あなたは本当なら不釣り合い」と笑う。
    一ヶ月は旦那の顔をたてて我慢したけど。

    まず旦那に「一ヶ月の間に23日も用もないのに来たの。もう断っていいよね」と念押し。

    265:プリンはのみものです。2008/06/25(水) 23:28:36

    エネと判別した夫から絶賛、逃亡中。
    正直、もうどうにでもなれと自分でも神経おかしくなっていて、
    テンションおかしいです
    前スレ読んでて、私に似た状況の人もいてちょっと一安心。

    文章が下手なので箇条書きで説明します。

    私:会社員、研究職、研究がらみの特許を持っているので(チームで)、その使用料で給料は少しいい
    エネ夫:同じ会社の営業、人当たりもいいし、見かけも悪くない(と思う)2つ年下
    トメ:近距離(2キロぐらい?)別居、ちょっとお金に細かいかな?と思ってたけど、
    細かいところに気づくいい人だと思ってた・・・・。
    ウト:空気、無口な人で、いつも本を読んでいる印象しかなかった。
    義兄・義兄嫁:ともに看護師、近所の病院に勤務していた。時々、カオを合わすけど、妙によそよそしい人たちだった。
    一男一女(5歳と8ヶ月)



    690: プリンはのみものです。 2010/01/31(日) 20:27:31 0
    流れを読まずに書き込む。

    夫婦愛の日だの何とか言われたけど、記入させた離婚届を本日提出してきた。
    糞エネの目の前でな!!
    その次に不受理手続きもしてやった!!
    「俺とも結婚できなくなるんだよ?」とか抜かしたけど、お前となんかもう二度とゴメンだ。
    人が丹精こめて打った蕎麦を勝手に義実家に貢いでいやがったくせに。
    姑小姑が盗んでいったのかと思いきや、エネが
    「同居できなくてごめん。仕送りもできなくてごめん。これ、心ばかりだけど」
    とかって差し出してたとは知らなかった。
    警察沙汰にして後悔はしてないけど、あの糞馬鹿を慰めた過去の自分に猛烈腹が立つ。
    「あなたが悪いんじゃないから」なんて言ってた自分を殴ってやりたい。
    これからは自分と子供と自分の大切な人だけに蕎麦を打つよ。
    「君の蕎麦が一番好きなんだ」とか言われても耳が腐るわ。

    661 :プリンはのみものです。 2009/04/04(土) 00:18:44 0
    近距離に住んでるクソトメは、何かしらあると直ぐに私を呼び出す。
    夫も、エネ野郎で、
    「母ちゃんは年寄りなんだから、用事ぐらい聞いてやれよ。」
    と、そんな感じ。
    あのクッサイ汚部屋を片付けろだの、手付かずの庭を草むしりしろだの。
    自分でやれ!やったらやったで、文句を言う。

    で、一昨日から私、風邪気味で用事を言われた時に、そのことを伝えたんだけど
    「黙って働け!嫁は病気でも夫の家に使えるものだ!」
    だそうで、吐き気もするのに、クソエネ夫に伝えても
    「いいだろう?ちょっとだけだし。帰ってから寝ればいいじゃね?」
    ときたものだ。

    うん、頑張って今日昼間、お仕事しに行ったよ、偽実家に。
    ああ、そうだ、私、インフルエンザのA型ってやつなんだって。
    でも、頑張ってお仕事したよ。
    クソッタレトメに、
    「マスクなんて、やぁねぇ。表情見えないし、暗いし。感じ悪い!」
    って言われたから、マスク脱いで働いたよ。

    ああ、ウッカリ、インフルだって言うの忘れたけどね。

    ふう、あとはこの隣で寝ているクズに伝染してスッキリ治してから、色々と動こうかな。

    63 :プリンはのみものです。 2012/11/04(日) 12:04:16 ID:q0QLq1r1
    高校生の頃、近所に住んでた奥さんの夜逃げ同然の引っ越しを手伝った事。

    文化祭の振り替え休日で休みだった日に、近所の奥さんが荷物を物凄い勢いで
    車に詰めてる所に遭遇した。
    あんまりにも急いでいたし、私はその辺に買い物に行こうとしてただけなので
    何の気なしに「手伝いましょうか?」と声をかけた。
    その人は本当に?お願いしてもいい?と言うので、運動部で重い物持ち慣れてるし
    いいですよーと気楽に引き受け、そんなに荷物は無かったけれども手伝いをした。
    車に乗り込む時に「一つだけお願いがあるの。絶対に誰にも言わないでくれる?」と言われ
    別に深く考えもせず「いいですよ。秘密ですね。」と安請け合いをした。

    その日、夕飯を食べている時に、その家の旦那とその母親が血相を変えて我が家にやって来た。
    母親が対応したのだけど、声がでかいので内容丸聞こえ。
    「ウチの嫁がいなくなった!!」「体調を崩しているのに荷物を全部持って出て行った!」
    「ケータイも何も通じないし、どこに行ったかも何もわからない!!」
    「お宅にウチの嫁が逃げ込んでないか?」等々。
    まだ嫁姑問題なんて全く分からなかった私ですが、あの正気の沙汰とも思えない旦那さんと
    その母親の血相に恐れをなし、自分が引っ越しを手伝ったとは口が裂けても
    言ってはいけないと思い、そのまま今に至ります。

    610: 1/2 2008/02/26(火) 21:30:16
    じゃあ豚切って。 

    トメ、今年に入るまであたりは近距離だったけどまあまあうまくやってた。 
    今年になって、遠方だったコトメ夫婦が義実家から歩いて
    10分ぐらいのところに越してくるまでは。 

    コトメのところは共働き。 
    コトメは仕事帰りにトメと待ち合わせ、
    我が家に押し掛けてきて「一緒に晩ご飯食べましょ」でも作るのは私。 
    トメとコトメは食べるだけ食べ、コトメは自分の夫の分まで詰めろと私に指示する。

    旦那に言うと

    「ああ、俺が仕事で一緒に食べられないことが多いから、一緒に食ってくれって頼んだ」

    食費が三人分(コトメ夫婦+トメ)増えるんだけどというと、
    そこをやりくりするのが主婦じゃないのかと逆切れる。
    「おまえは家にずっといるんだろ。飯の準備ぐらいしてやれよ。
    姉貴は働いてるし母さんはもう年だし、 楽させてやったっていいじゃないか」
    納得はしなかったが一ヶ月は我慢した。

    なんとかやりくりもした。

    でも、作ったおかずを残らずコトメに奪われ、
    また旦那の分は新たに作りなおして一人でぽつぽつ食ってたら、なんか無忄生に腹が立ってきた。
    なんで私が我慢して、よその家庭×2の面倒見なきゃいけないんだ。

    一週間前、もう二度と食わせないことを宣言。
    ぎゃあぎゃあわめくトメコトメの前に、焼き立て餃子を山と積んでやった。

    「どうぞ、最後の晩餐です」