彼氏彼女

    378 :プリンはのみものです。 2007/09/03(月) 12:41:52 ID:NpE28RAu
    彼氏と同棲していたとき
    「料理は任せるよ」と言われたので、自分では頑張って作っていた。
    一日目に使った材料(もしくは出来た材料)を二日目に流用・・・、みたいな事を数日繰り返していたら彼にぶちぎれられた。
    「お前は錬金術師かよ」と言われて別れた。
    未だに何でそれが悪いのか解らない。
    レストランやファミレスじゃないんだから、毎日全く違う料理なんて二人暮らしじゃ実質不可能だろう・・・。

    454 :プリンはのみものです。 2019/09/07(土) 08:43:03 ID:PA5MHJdW0.net
    5歳下の学生彼女とお金の価値観が全く合わない。彼女はデートで払うお金はほぼ全部男が出すべきで、それが男の愛情表現だという。確かに学生と社会人で収入の格差はあれど全部出さなきゃいけないものなのかな、。
    今でも普段のホテル代なんかは僕が払ってるし、ご飯も4千円だとしたら千円札一枚貰うくらいの割合で多く払ってる。
    でも彼女的にはそうじゃない部分、例えばラーメン食べた時の1000円とかタピオカ代(僕は飲まない)なんかの小さい額を自分が払うことがあったりするの嫌だったみたい。
    自分はそこまでお金持ちじゃないから実際キツイのもあるし、なんだか年下とはいえ全部払うことになったらただの財布みたいになりそうでモヤモヤする。
    どんな風に考えればいいんだろう。どう解決していけばいいんだろう。

    120 :プリンはのみものです。2017/07/19(水) 13:45:22ID:tfg
    人生で一度婚約破棄したことがある
    数年付き合った恋人にプロポーズされ、ご両親への挨拶やら新居探しやらを淡々とこなしてた頃、
    会社の飲み会から直で私の家に来た婚約者に、
    「結婚しても俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、
    その時はお金の話なんかしないでほしい、慰謝料とか養育費とかそんなのって俺とお前との愛や結婚や子供への侮辱だと思う、
    どんな時も笑顔でいて俺を励ましてくれ、それに頷いてくれたら、俺はお前に愛を誓うから」
    と高らかに言われた

    スマホの録音機能立ち上げて「ごめんもう一回言って」と言ったら、「しょうがないなー」ともう一回高らかに言ってくれた
    細かい所の質問もした
    「それは私にも認められた権利なの?」と言ったら笑われた

    後日両家の両親の前で録音聞かせながら婚約破棄の説明したけど、
    彼は「ただのマリッジブルーみたいなもんだし、飲み会でちょっと脅かされて何か色々考えちゃって、
    だいたいこの時かなり酔ってたし」とグズグズ言ってた
    立ち会ってた彼兄に張り手くらった後は黙ってたけど

    そんな奴だと見抜けなかったのかと言われるだろうけど、見抜けなかったなあ
    前からそういう言動が無かったなら一時期の気の迷いだと思って、と知人には言われたけど、
    気の迷いで済まして忘れるにはあまりに劇的な宣言でちょっともう無理だった
    愛を誓うとか言う割には、お前の愛は軽すぎて鼻紙一枚ほども頼りにならないなって感じだったし

    86:プリンはのみものです。2016/03/22(火)21:08:14ID:jWW
    相談です
    23歳、未婚の女です

    3つ上の彼氏に、バツイチで出産経験があるのではないかと疑われています
    全くの事実無根なのですが、彼氏は完全にそうだと決めてかかっていて、
    騙されたと周りに愚痴っているようです

    その誤解をされるまではすごく優しい彼氏でこのまま結婚かな?とも思っていたので、
    今の罵られようが辛いです
    どうやって誤解を解けばよいと思いますか?それとももう別れるしかないのでしょうか…
    疑われている理由は二つで、
    20歳のときに苗字が変わったことと、
    正中線がやたらと濃くて帝王切開の跡
    (私は実際に見たことはないんですが)のように見えることです

    748: プリンはのみものです。 投稿日:2013/11/02(土) 15:39:40.58 ID:kIu8YOjj
    メシマズの元彼女の冷め話。

    ちょこちょことメシマズなのを注意してたんだが、
    人の話を聞いてないのか一向に直らずちょっと食うの辟易していた。

    そんな折、彼女がいつも俺君が文句を言うからお母さんと作ったんだからね!
    と俺を彼女の自宅へと招待(母親とは面識あり)
    リビングへ通されると、何か匂いがヤバイ。
    直感的にこれは食ったらダメだと頭の中で警報がなった。

    母親と一緒にニコニコしながら、俺君食べてね!と…。
    流石に無理だこれはと思ったので、君も食べてよと言うと
    私達はもうお腹いっぱいだからとか言って食べようとしない。


    その時俺の中で何かがキレので
    二人で食べてください。食べないと言うならこの場でお前と別れるけど
    どっち取る?とキレた顔で凄んだら、すごすごと食べ始めた。

    一口二口で「もういらない…」とか言うので「何で?全部食べなよ」と
    嗚咽する二人に最後まで食べさせた。
    数時間後、二人は救急車に運び込まれた。

    ちなみに食材は何かというと牡蠣。
    消費期限がとっくに切れてるものを調理して食わそうとしてたそうで
    大丈夫だと思ったんだって。牡蠣が真っ黒とかそれだけで食いたくねぇんだけど。
    牡蠣から飛び出てる白いもの一体正体なんだよ。

    186 :プリンはのみものです。 2010/02/27(土) 03:06:08 O
    弟さん変なのに捕まっちゃったね…。

    では投下。

    旦那じゃなく元彼だが。
    ちなみに携帯で失礼。

    病気の百貨店状態な上、「体が弱い俺」に酔っていた元彼。
    当時の私は若さ故「私が支えなきゃ!」なんて思ってた。
    決してカッコいい訳でもなく、若禿でバカ殿みたいな男のどこが
    良かったんだか…orz

    彼35、私27の時そろそろ結婚でも、という話しになり、私実家に
    挨拶に来た彼。
    収入、今後の生活設計、仕事内容、健康面、等々細かく聞く両親。
    彼が帰った後両親打ち揃って結婚に反対してきた。
    「彼は人を見下すような目をしている。その上妙に卑屈な態度。
    ああいう人間は信用できない」と。
    反対された事で頭にきた私は俄然結婚に突き進んだ。

    874 :プリンはのみものです。 2017/05/26(金) 00:18:14 ID:xlA/2YXt0.net
    仮交際を経てきちんと告白して本交際になり2ヶ月が過ぎたある日、彼女からLINEが来た。

    「申し訳ないけどお別れします。本当にすみません。お元気で」

    その後こっちからすぐにLINEしても既読つかずブロック状態。スマホの電話はLINEがあるからと聞いてなかったので他には連絡取る手段なく絶縁に。

    こっちは本交際ということで真剣に付き合ってたし、不満などあればまずは話し合うものと思っていたのに、彼女はあっさりとLINEで断って直後にブロック。これじゃ仮交際と変わらん。仮交際と本交際分ける必要なかった。また一から婚活やり直しする羽目に。もう疲れた。

    824 :プリンはのみものです。 2015/01/15(木) 16:41:37 ID:EfF
    少し前に他のスレでも書いたんだけど、彼女の父親が昔人を杀殳してて
    被害者の関係者から俺の実家に彼女の父親の事件が載った記事のコピーと手紙が届いて、
    心配した親が興信所で調べたら事実だった。俺には兄弟がいるし、そこまで人に恨まれてる人と
    義理とはいえ家族になると思うと彼女のことは好きだったけど結婚することはできないと思い別れた。
    別れたときはまだ彼女にものすごく未練があって、本当につらかったんだけど、
    しばらくして彼女を本気で守る気がなかったから別れたんだろうと言って、彼女の父親に
    凹られた。こっちだって傷ついてないわけじゃないのに、彼女の父親の言いぐさがあまりにもひどかったので、
    被害届を出した。自分では謝罪してもらって今後かかわりを持たないように約束してもらえれば、
    被害届の取り下げは考えてたんだけど、彼女から連絡があり職場の近くの喫茶店で彼女の母親と彼女に会ったら
    自分たちの父親は娘である彼女を守ろうとしただけで、家族を大事にしている立派な人だ、
    彼女一人も守れない俺みたいな男に父親を訴える権利なんかない。みたいなことをまくしたてられ、
    今まで彼女は生まれた家が悪かったんだと思ってたんだけど、一気に好きって気持ちが霧散して、
    被害届は取り下げるのをやめた。
    びっくりするぐらいスッと気持ちが冷めたのには驚いた。

    631:プリンはのみものです。2013/10/12(土) 14:13:54.55 ID:m+u+bPwQ
    自分の身勝手で彼女に冷めた話。

    仲の良い同期と休日飲みに行くことになったら、
    なぜかそいつの彼女と彼女の友達が合流し、
    2:2のダブルデートみたいになった。
    女の子はデパートの化粧品とかのおされ部門の子たちで、
    自分は地味な職場の人間だからとにかく可愛さに圧倒された。
    同期の彼女は派手で社交的美人というタイプだったが、
    その友達だという子は黒髪清楚、 小柄ですごく華奢、
    色白で顔なんか小さくてちっさくて芸能人かと思った。

    お嬢様短大を出たというその子は、性格もやや内気で、
    服のサイズの話になった時、すごく恥ずかしそうに3号だと言っていた。
    帰りにアドレス交換して別れたら、10分くらいして
    すぐ向こうから楽しかったですとメールが来て、
    その細やかさに感激した。
    部屋に帰り、待っていた彼女にさりげなく
    服のサイズを聞いたら、9号だと言う。
    しかも腕やスカート丈は直して長くしてもらうのだと知り、
    理不尽だと思いつつどんどん冷めた。

    9って3の三倍だよ、どんだけでかいんだと。
    しかも足のサイズは片や20、片や25、
    デパートの子の小さくて可愛い靴を見た後だから、
    彼女の地味な通勤靴が戦艦に見えた。

    知的な美人だと思っていた彼女の顔は、
    ただの大顔にしか見えなくなっていた。

    今ならわかる。
    彼女は170あり手足も長いひょろ体型だった、
    20センチ以上身長差ある子と比べるのがおかしい。

    堅い職場だから短いスカートは絶対駄目だったし、
    靴だってシンプルなものしか履けなかった。
    だけど、そのときはもう、理屈抜きで気持ちが冷めてしまって、
    夕飯作って起きて待っていた彼女の顔を見るのが嫌になった。

    彼女のマンションだから、出ていけとも言えず、
    疲れたからと別々に寝て、翌日強引に別れを告げた。

    127 :プリンはのみものです。 2010/06/24(木) 16:53:48 ID:yKEp55uI
    彼が自分の家に来いというので、行ったらそこには貝のカキがあった。
    彼は「んじゃ頼むわ」と言ってテレビを見始めた。
    たぶん殻をむいて蒸し焼きにしろということなのだろうが(彼は生カキ嫌いだそうだ)
    カキの殻を開く道具なんてないし、勝手に持ってきて
    一方的に人にやらせるという態度にも腹が立ったが、それはいい。

    仕方がないからフォークを殻と殻の間にはさんで…を繰り返していたら、
    フォークが手に刺さって流血した。
    私「ガーゼとかないの」
    彼「ないよ…つかお前なんでケガしてんの!(カキに)血ぃついてるじゃん!」
    私「買ってきてー」
    彼「えー…でも俺コレ(Tシャツにパソツ)だし」

    服きればいいじゃねえええええかああああああ
    仕方ないからそのまま帰ってコンビニ行って、店員にヒイイと言われつつ色々買ってなんとかなった。
    それから「どうだった?早く焼いて!(ニコニコ絵文字)」ってメールが来た。
    私<カキなのかよ、市ねって思った。