いい話

    23 :プリンはのみものです。 2018/03/09(金) 22:16:50 ID:g2JxG5B4.net
    娘達(当時中2と小6)が俺を嫌うようになった時。反抗期か~父親が嫌われるのって本当だったのか‥と、軽くしょげてた。ある日晩飯のときに「パパの隣嫌~、あっちで食べてよ~」とリビングの端っこ指さされた。
    さすがに泣きそうになって、押し黙ってたら、
    ガッシャーーン!!!とキッチンから嫁が食器をシンクに叩き落とした。

    そっから嫁の怒号からの説教アンド説教。
    普段ツンデレな嫁が熱く俺の良さを大演説。
    その娘であることに感謝しろ!!と締めくくり、娘たち大号泣。俺への冷たい態度はその日でピッタリ止んだ。
    あんな衝撃的な日は生まれて初めてだった。
    思い出して涙出てきた。文章下手でごめん。
    とにかく嬉しかった思い出。嫁ありがとう。

    154 :プリンはのみものです。 2019/02/28(木) 09:25:19 ID:RbhKnFKU.net
    以前住んでたマンションの隣の部屋にはアラフォーの夫婦が住んでた
    小さくて可愛くて愛想のいい猫を飼ってた
    ある日念願叶って妊娠したとかで、もう少し広い所に引っ越すって出ていったんだ
    んで引っ越し当日の夜に外に出てみると猫、置き去りにされてた
    部屋の前でドアを開けてくれるのをずっと待ってるらしかった
    翌朝出掛ける時にもまだ座ってて、夜帰ってくるとまた座ってた
    嫁に聞くと昼間はどこかへ出掛けてて、夜になるとドアの前でずっと朝まで座ってるらしかった
    そんな事が一ヶ月くらい続いたんだけど、子供が出来たから猫を手離す気持ちは分からんでもない
    でも他に方法は無かったんだろうか

    288:プリンはのみものです。05/03/09 03:58:20ID:O9ms4f17
    男の人は結婚すると、性格が変わるとか聞きましたが
    「結婚しても、俺は変わらねぇ。お前が知ってる、俺が本当の俺だ。」と言ってましたが
    それは嘘でした。本当はもっともっと優しい人でした。
    疲れているのに、掃除や洗濯を手伝ってくれたり、時にはご飯作ってくれたり。
    「疲れてるんだから寝てなよ」って言っても
    「気を使うんじゃね~よ」って感じでした。
    毎日が幸せで、この人に出会た事を、神様に感謝!

    でも、旦那はもういません。先日 癌で亡くなりました。まだ32歳でした。
    亡くなる1週間前に大ゲンカしました。(旦那だけが一方的に怒ってたのですが)
    「本当はお前の事なんて愛してない!結婚したのも後悔してる!慰謝料やるから離婚しろ!」
    それが、本心じゃないのが分かるから、尚更悲しかったです。
    息をひきとる時、私の手を握って「ゴメンナ。愛してる」って、言ってくれました。
    なんかテレビみたいですね
    今、私の前の小さな骨壺に入ってます。
    あなたと話がしたい
    あなたに触れたい
    あなたに触れてほしい
    あなたにあいたい
    私もタヒねばあなたに逢えますか?毎日が辛いです
    スレ違いすいませんでした。みなさんが幸せそうで羨ましいかったもので‥みなさん、旦那さんを大切にして下さいね。

    970:名無しの心子知らず\(^o^)/2014/11/28(金) 13:51:09.76 ID:WrHzVZmj.net
    大きな公園でどんぐりを山ほど拾ってきた小1。

    家の前のちょっとしたスペースに
    どんぐり ほしい人 どうぞ
    って書いて置いていた。

    ごんぎつねかwと思いつつ見守っていたら、
    近所の小さい子とか、図工で使うから欲しいという子がいて結構繁盛?していた。

    どんぐりも残り少なくなってきた昨日のこと、
    ふとみるとありがとうというメモとともにどんぐりが置かれていた。

    ごんぎつねかw

    160 :プリンはのみものです。 2017/11/25(土) 12:43:11 0.net
    自分語りをさせてください、長くなるかもしれません。

    20数年前息子を産んだ時、産まれてきた子を見た義母は「バケモノ」だと言いました。義父も言葉を失い、夫を勘当しました。
    息子はアルビノとして産まれました、義母は私の白人との浮気を疑いましたが、息子は夫に激似の為その疑いは晴れました。
    ですがそんな義母を許せる訳もなく、私たち夫婦は同居を解消し、違う街に引っ越しました。
    息子は真っ白の髪、真っ白の肌、瞳は茶色。好奇の目で見られることばかりでしたが、息子は「僕、白くて綺麗なんだよ!」と自慢していました。
    私も夫も息子に「白はとっても素敵な色で、純粋な気持ちを持っている人の証拠なんだよ。」と、教えてきました。
    息子が小さい頃は、いわゆるキチママに狙われたり、変な中国人にストーキングされたりと多々ありましたが、それでも近所の方や学校の先生のお力添えもあり乗り越えてきました。
    高校に入った時は担任に黒く染めろと言われてしまいましたが、理解のある教頭先生がいらしたお陰で解決しました。
    社会人になり家を出た息子ですが、大人になるにつれて体質が変わったようで、日傘を使わなくても生活できるようになりました。
    相変わらず髪は白いですし、サングラスは必須です。それでもそれをウリにして取引先に出向いているようです。

    そんな息子が先日、「母さん、俺、パパになるよ」と夫婦で報告に来てくれました。
    夫は柄にもなく号泣しており、私も息子とお嫁さんを抱きしめて泣きました。来年の春には、じぃじとばぁばになります。

    買い物中に偶然アルビノの女の子を見かけて、誰かに聞いて欲しくて書き込みました。
    長々と失礼しました。フェイクありです。

    61 :プリンはのみものです。 2016/04/04(月) 13:41:53 ID:???
    二十歳の時に成人式に行かなかったし写真も撮らなかったけどこの間親のゴリ押しで
    今年25になるけど写真撮ったよ
    写真屋さんは意外と何も言わないようだ

    457:プリンはのみものです。04/12/10 18:24:01
    今まで古い女にネチネチやられていてもスルーしていた旦那が
    最近庇ってくれるようになった。
    嬉しいというより、不審で気味が悪かったので「何なの今さら?」ときいたところ、
    「お前の弟に怒られて泣かれた」そうな。
    「うちの親は忙しくて俺は姉ちゃんに育ててもらったようなものだ。
    ブスだけど優しい姉ちゃんであんたにもらってもらえて、
    幸せになれると思って本当に嬉しかったのに、なんであんたの母親から守ってくれないんだ?
    粗末にするなら返してくれよ、そんで他の幸せ探させてやってくれ」
    ぬぼーっとしてる弟がいつの間にそんな話を…と思いつつ泣けた。

    781 :プリンはのみものです。 2013/10/29(火) 19:31:38 0
    がんですでに肝臓にも転移してること
    抗がん剤治療で延命はできるが完治はしないと知った時が修羅場
    医療費かかるし離婚も考えたけど
    「大丈夫!みんな元気にやってる!」
    と夫は全く変わらず
    骨転移あって無理できなくて車椅子使っても
    「車椅子あると便利!」と意気揚々としてる

    なんでこんないい夫が私といるのか発病して半年たってもわからん

    132 :プリンはのみものです。 2011/11/23(水) 01:02:44
    仕事終わりにケーキ買って帰った

    嫁に差し出したが嫁は「どうした? ネジ一本はずれた?」とか言われた orz

    俺「いや、いつもありがとう、感謝してる 愛してるよ」

    嫁数秒沈黙

    が・・・・急にネクタイつかんで思いっきり首糸交めながら「もう一回言って!」と哀願された

    嬉しいんだか悲しんだか orz

    530:プリンはのみものです。2016/04/02(土)12:51:01ID:9WP
    皆の衝撃話に比べたらささやかなんだけど、
    自分が「ありがとう」「ごめんなさい」が全然言えない人間だって知ったとき。

    結婚2年目の嫁が思いつめた顔で、
    「あのね、話があるの。
     喧嘩したいわけじゃないから冷静に聞いて欲しい」
    と言う。聞けば、
    「あなたは、日常の中での『ありがとう』や『ごめんなさい』が全然足りない。
     小さなことでも絶対に必要なことだよ。
     例えば、あなたに頼まれて私が冷蔵庫からビールを取ってきたら、本来あなたは『ありがとう』って言うの。
     私は『どういたしまして』って言うの。
     あなたが私にぶつかっちゃったりしたら、あなたは『ごめん』って言って、私は『大丈夫だよ』って言うの。
     私たちにはそのやり取りが無いんだよ…」
    そう言われた。

    その時は全然そんなふうには思ってなかったから、
    「いや、言ってるだろ!」と言ったら、
    「喧嘩したいわけじゃないんだってば」と困ったように言われた。
    嫁が言うには、俺はありがとう・ごめんなさいの他にも、
    嫁のありがとうやごめんなさいに対する返答も疎かすぎるらしい。
    「私があなたのしてくれた事にありがとうって言ったら、せめて『うん』ぐらい返して欲しいよ。
     私がありがとうって言ってもあなたは無言だから、いつも少しだけ悲しいんだよ。
     毎回少し悲しい」
    と言われた。
    返してるつもりだった。
    口からでていなかったのか。とその時知った。

    次の日から、本来「ありがとう」「ごめんなさい」を言うタイミングで、
    嫁が「今だよー!ありがとうのタイミング!ほらっ」と笑顔で突っ込んでくるようになった。
    嫁が「あ、ごめん」と言った時につい無言でいると、
    覗き込んで「ねえってば、ごめんね?」と改めて言ってくるので、
    「おっ、おお、大丈夫だよ」みたいな感じで返すようになった。
    こうやって言われて初めて、俺は全然足りなかったんだと知った。
    しばらく経った今も、まだ習慣レベルで口から出るところまで行けていなくて、
    さすがにもう嫁の突っ込みはいらないが、
    頭の中で(あ、今ごめんのタイミングだ!言わなきゃ!)
    「ごめん!」ていう感じなので一拍置く感じになってしまっている。

    でも嫁は毎回すごく嬉しそうで、
    「結婚生活の唯一のモヤモヤがなくなった!もっと早く言えばよかったな~」だそうだ。
    悪いことをしてたな。
    ちなみに、「旦那 謝らない」でググったら、
    以前の俺のような旦那を持つ奥様方の愚痴や悩み相談がワンサカ出てきた。
    離婚に発展しそうな人までいた。
    嫁も悩んでる一人だったんだな。
    まだ下手くそだけどこれからちゃんと伝えていかなきゃ。

    このページのトップヘ