いい話

    889 :プリンはのみものです。 2008/02/03(日) 05:24:58
    俺、嫁27

    少し長くなるけど聞いてくれ。
    嫁との初デートの時(お互い大学生だった)に嫁がある店で見つけたネックレスが綺麗だと言っていたんだが、お互いあんまり金持ってなくてその時は買えなかった。
    俺が金曜に仕事帰りで少し寄り道してたら、偶然嫁が欲しがってたネックレスと同じ物が売ってて俺は思わず買ったんだ。
    正直8年前のことなんて嫁は覚えていないだろうと少し見くびりながらも、嫁に渡してみた。


    嫁号泣。俺挙動不審。

    嫁は覚えていたようだ。思わず、「8年前から愛してるよ」と言った。慣れないことを言ったのでかなり赤面した。
    向こうのスレはageてないけど、手はつないで寝ました。

    文才なくてすまん。

    504: プリンはのみものです。 2016/04/13(水) 10:22:43.20 .net
    親も歳なんで40手前で焦って婚活開始 
    しかし俺はただの太ったオッサンでモテ要素は無い 
    まったくうまくいかず、後半は惰性で参加してた 

    俺は飯食いに来てるんだ!と、やさぐれてた 
    消化試合も慣れてきた頃、バイキング形式の婚活パーティーで俺よりも食ってる女がいた

    それが嫁

    ぽっちゃり体型だし、いかにも食いそうで、
    本来は婚活パーティーでモテるはずの20代女性だが、嫁はモテない部類に見えた 
    俺だって平常心なら声をかけないが、そのころの俺は敗戦続きで価値観が崩壊していたと思う 

    俺はなぜかよく食う嫁にライバル心を持ち、量では負けない!と意地になって食った 
    結果、腹が痛くて動けなくなり、消化試合すら途中降板することになりマウンドを降りた 

    会場の外のソファーでぐったりしているとなぜか嫁がパーティーを抜けてきて 
    「そんなにおいしくなかったですね」と声をかけてきた 
    俺は上の空で 
    「以前リゾートホテルでやったやつは美味かった」 
    と返した 
    嫁は「それどこですか!?」と強烈に食いついてきた 
    場所を教えたらその場で調べ始めたが、その会場ではもう開催されないようだった 
    女性は参加費無料から半額程度なのでただの消化試合にせずに本当に上手い飯やただ酒を飲食するために来る女もいるという話は聞いていたが、本物を見たのは初めてだった 

    恐ろしくがっかりしている嫁を見て 
    「普通に旅行に行って食えばいいんじゃないですか?」 とさらっと口をついた 

    なぜか一緒に行くことになり俺が費用は持ったが、嫁が車を出してくれて交通費は嫁持ち 
    モテないと思っていたが、嫁は実はモテモテだった 
    が、マザコン男ばかりが寄ってきて、しかもみんな食が細いとかで嫁のおめがねにはかなわなかったそう 

    今では10近い年上の俺を長生きさせるため!と、徹底した健康管理と食事制限の元、二人とも10キロ以上は痩せた 
    俺はいまだにデブの部類だが、嫁はグラマーになった 
    嫁は職場ではさらにモテるようになったが「食の細い男はダメだ」と今でも言ってる 

    ちなみに長女は4キロ近くの体重で生まれ、
    成長曲線の上限いっぱいの体重で今も成長をし続けている

    493 :プリンはのみものです。 2004/12/12(日) 18:30:29 ID:SAtrbW1A
    もう10年も前の話
    妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
    妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。
    実際私も、妻の面影を追う毎日であった。寂しさが家中を包み込んでいるようだった。
    そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、実家の母にしばらくきてもらうことになった。
    出張中、何度も自宅へ電話をかけ、子供たちの声を聞いた。
    2人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私のほうだった気がする。

    そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。
    “ママとおどろう”だったか、そんなタイトルのプログラムがあり、
    園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。
    こんなときにそんなプログラムを組むなんて・・・

    「まぁ、行くよ♪」 娘だった。
    息子も笑顔で娘の手をとり、二人は楽しそうに走っていった。
    一瞬、私は訳が分からずに呆然としていた。
    隣に座っていた母がこう言った。

    あなたがこの間、九州へ行っていた時に、
    正樹はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたのね。
    そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、
    「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?」
    「本当はパパだってとってもさみしいの、」
    「だけどパパは泣いたりしないでしょ?」
    「それはね、パパが男の子だからなんだよ。まぁも男の子だよね。」
    「だから、だいじょうぶだよね?」
    「お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから。」
    そう言っていたのよ。

    931 :プリンはのみものです。 2013/01/25(金) 20:15:30 ID:3KAN41FU
    事故タヒした嫁さんの幽霊が出て来た事
    それが透けてもなくてごく普通に生きてる人間みたいだった事
    こういう幻覚を数ヶ月も見つつ普通に暮らしてた事
    病院に行ったら見れなくなると思って必タヒで隠してた事

    308: プリンはのみものです。 2017/09/15(金) 14:27:01.77 ID:EvM1qdzF.net
    妹が子供を病気で亡くした。 
    教師をしていた妹はたびたび学校で不意に泣きながら生徒を抱きしめる行為をして教師を退職した。 

    教師を辞めた妹は1日家に籠りタヒんだ子供の遺影を眺め続け 
    同じく教師をしていた旦那さんは一大決心をして、
    親の反対を押し切り妹を連れてド田舎に引っ越す。

    生徒数がわずかに30人足らずの小中同時教育の学校で旦那さんは教師を続ける。 

    妹は心療内科に通いながら全生徒数30人の学校にたまに顔を出し 
    子供と触れ合っていた。 
    旦那さんが校長・保護者に事情を説明し土下座する勢いで頼み許可を貰ったらしい。 
    都会の大きな学校だと人数が多くて説得が大変だと思ったと後に聞いた。 

    これが30年前の話。 今の妹には孫もいる。 

    旦那さんは笑い話にしてるけど妹が旦那を見つめる目は
    数十年経った今でも愛情がタップリ詰まってると感じる。 
    きっと自分が知らない所でも旦那さんは妹に尽くしてきたんだう。 



    私ですか?ええもうすぐ60代になりますが独身です。

    23 :プリンはのみものです。 2018/03/09(金) 22:16:50 ID:g2JxG5B4.net
    娘達(当時中2と小6)が俺を嫌うようになった時。反抗期か~父親が嫌われるのって本当だったのか‥と、軽くしょげてた。ある日晩飯のときに「パパの隣嫌~、あっちで食べてよ~」とリビングの端っこ指さされた。
    さすがに泣きそうになって、押し黙ってたら、
    ガッシャーーン!!!とキッチンから嫁が食器をシンクに叩き落とした。

    そっから嫁の怒号からの説教アンド説教。
    普段ツンデレな嫁が熱く俺の良さを大演説。
    その娘であることに感謝しろ!!と締めくくり、娘たち大号泣。俺への冷たい態度はその日でピッタリ止んだ。
    あんな衝撃的な日は生まれて初めてだった。
    思い出して涙出てきた。文章下手でごめん。
    とにかく嬉しかった思い出。嫁ありがとう。

    154 :プリンはのみものです。 2019/02/28(木) 09:25:19 ID:RbhKnFKU.net
    以前住んでたマンションの隣の部屋にはアラフォーの夫婦が住んでた
    小さくて可愛くて愛想のいい猫を飼ってた
    ある日念願叶って妊娠したとかで、もう少し広い所に引っ越すって出ていったんだ
    んで引っ越し当日の夜に外に出てみると猫、置き去りにされてた
    部屋の前でドアを開けてくれるのをずっと待ってるらしかった
    翌朝出掛ける時にもまだ座ってて、夜帰ってくるとまた座ってた
    嫁に聞くと昼間はどこかへ出掛けてて、夜になるとドアの前でずっと朝まで座ってるらしかった
    そんな事が一ヶ月くらい続いたんだけど、子供が出来たから猫を手離す気持ちは分からんでもない
    でも他に方法は無かったんだろうか

    288:プリンはのみものです。05/03/09 03:58:20ID:O9ms4f17
    男の人は結婚すると、性格が変わるとか聞きましたが
    「結婚しても、俺は変わらねぇ。お前が知ってる、俺が本当の俺だ。」と言ってましたが
    それは嘘でした。本当はもっともっと優しい人でした。
    疲れているのに、掃除や洗濯を手伝ってくれたり、時にはご飯作ってくれたり。
    「疲れてるんだから寝てなよ」って言っても
    「気を使うんじゃね~よ」って感じでした。
    毎日が幸せで、この人に出会た事を、神様に感謝!

    でも、旦那はもういません。先日 癌で亡くなりました。まだ32歳でした。
    亡くなる1週間前に大ゲンカしました。(旦那だけが一方的に怒ってたのですが)
    「本当はお前の事なんて愛してない!結婚したのも後悔してる!慰謝料やるから離婚しろ!」
    それが、本心じゃないのが分かるから、尚更悲しかったです。
    息をひきとる時、私の手を握って「ゴメンナ。愛してる」って、言ってくれました。
    なんかテレビみたいですね
    今、私の前の小さな骨壺に入ってます。
    あなたと話がしたい
    あなたに触れたい
    あなたに触れてほしい
    あなたにあいたい
    私もタヒねばあなたに逢えますか?毎日が辛いです
    スレ違いすいませんでした。みなさんが幸せそうで羨ましいかったもので‥みなさん、旦那さんを大切にして下さいね。

    970:名無しの心子知らず\(^o^)/2014/11/28(金) 13:51:09.76 ID:WrHzVZmj.net
    大きな公園でどんぐりを山ほど拾ってきた小1。

    家の前のちょっとしたスペースに
    どんぐり ほしい人 どうぞ
    って書いて置いていた。

    ごんぎつねかwと思いつつ見守っていたら、
    近所の小さい子とか、図工で使うから欲しいという子がいて結構繁盛?していた。

    どんぐりも残り少なくなってきた昨日のこと、
    ふとみるとありがとうというメモとともにどんぐりが置かれていた。

    ごんぎつねかw

    160 :プリンはのみものです。 2017/11/25(土) 12:43:11 0.net
    自分語りをさせてください、長くなるかもしれません。

    20数年前息子を産んだ時、産まれてきた子を見た義母は「バケモノ」だと言いました。義父も言葉を失い、夫を勘当しました。
    息子はアルビノとして産まれました、義母は私の白人との浮気を疑いましたが、息子は夫に激似の為その疑いは晴れました。
    ですがそんな義母を許せる訳もなく、私たち夫婦は同居を解消し、違う街に引っ越しました。
    息子は真っ白の髪、真っ白の肌、瞳は茶色。好奇の目で見られることばかりでしたが、息子は「僕、白くて綺麗なんだよ!」と自慢していました。
    私も夫も息子に「白はとっても素敵な色で、純粋な気持ちを持っている人の証拠なんだよ。」と、教えてきました。
    息子が小さい頃は、いわゆるキチママに狙われたり、変な中国人にストーキングされたりと多々ありましたが、それでも近所の方や学校の先生のお力添えもあり乗り越えてきました。
    高校に入った時は担任に黒く染めろと言われてしまいましたが、理解のある教頭先生がいらしたお陰で解決しました。
    社会人になり家を出た息子ですが、大人になるにつれて体質が変わったようで、日傘を使わなくても生活できるようになりました。
    相変わらず髪は白いですし、サングラスは必須です。それでもそれをウリにして取引先に出向いているようです。

    そんな息子が先日、「母さん、俺、パパになるよ」と夫婦で報告に来てくれました。
    夫は柄にもなく号泣しており、私も息子とお嫁さんを抱きしめて泣きました。来年の春には、じぃじとばぁばになります。

    買い物中に偶然アルビノの女の子を見かけて、誰かに聞いて欲しくて書き込みました。
    長々と失礼しました。フェイクありです。

    このページのトップヘ