いい話

    489 :2015/07/15(水) 22:07:17ID:aff
    赤ん坊の頃の記憶ってある?

    息子は実は養子なんだけど俺達夫婦は不妊で子供が居なかったんだ。
    でもどうしても子供を諦められなかったので施設から生後半年の息子を養子として来てもらった。
    親の俺が言うのもなんだが過不足なく育てることが出来たと思う。
    息子には二十歳になったら告知しようと嫁と話してて、
    先週二十歳になった大学生の息子が里帰りしてきた。
    まあ里帰りって言っても県内の別の市で独り暮らししてるだけだけど。

    で、息子に「大事な話がある」と告げて
    俺「今まで黙っていたがお前も二十歳になったから本当の事を話す。実はお前は養子なんだ。だかおれたt」
    息子「?知ってるけど?」
    俺「え?」
    息子「え?」
    俺「え?知ってるってどう言うこと?」
    息子「え?いや、この家に引き取られたときの記憶有るんだけど?」
    俺「え?」
    息子「あ、いや、だから引き取られたときの記憶あるから養子だってずっと知ってたし親父もお袋も何も言わないからそんなもんかと思って。。。」
    俺「。。。」
    息子「。。。」
    俺「ま、まぁ、なんだ、これからもよろしくな。。。」
    息子「うん、まぁよろしくね」

    って言ってその日は終わったんだけど赤ん坊の頃の記憶って有るのが普通なの?
    俺全然記憶ないし嫁も無いって言うんだけど。

    28 :プリンはのみものです。 2014/04/03(木) 04:14:51 0.net
    これはスカというより解決した一言なのだが投下。
    私は夫婦共働きで3人の子ども(息子、娘、娘)が居るのだが当時末っ子の娘は
    高校生で上二人は社会人。
    姑が認知症、舅が脳梗塞で車椅子生活になり二人とも介護が必要になったのだが、
    末っ子の旦那が他の兄姉達らから介護を押し付けられた。
    自分も仕事をしながら私が義両親の介護をしていたのだが、やはり限界がきて
    旦那にも相談したのだが「俺だって仕事で忙しい」「俺の親の面倒を看れないというのか!」
    と言われ娘の前で大喧嘩に。
    すると娘が「お父さんもそんなに言うんだったらお母さんに代わって自分の親の面倒看たら?」
    と言った。
    旦那は怒るかと思いきやなぜか黙る。
    娘は続けて「お父さんの会社ってサービス残業やらノルマばっかりだし、お父さんパソコン苦手だし
    続けても良い事無いよ。それならしっかりした会社で働いているお母さんが仕事してお父さんが
    おじいちゃんとおばあちゃんの面倒看た方が良いんじゃない?」
    すると旦那も「そっか、今の時代別に男が外で働かなくても良いんだよな!」と考え直し、あっさりと
    退社を決意。
    旦那は当時窓際社員とやらに追いやられていた事もあり、新しい年度が来る前に退社。
    以来私が仕事に出て旦那が両親の介護をしている。介護も実の子どもということもあり
    スムーズに事が進んでいる。
    娘には感謝しています。

    285 :プリンはのみものです。 2015/12/09(水) 13:11:54 ID:aATFW6As.net
    この前、久しぶりに実家に兄弟姉妹が集まった。皆独立しているが
    子供がいるのは兄ちゃんところだけ。両親(ジジババ)と3人の叔父叔母が
    兄の一人娘(4歳)を可愛がっていたら、姪が唐突に「じじとばばはいつタヒぬの?」と
    真顔で聞いた。義姉が慌てて「こら!何てこと言うの!」とたしなめたが
    両親はニコニコと「子供の言うことだから大丈夫よ」と義姉を制し、姪に向かって
    「そうね、おじいちゃんもおばあちゃんも歳だから、そろそろタヒんじゃうかもね」と言った。
    義姉が「そんなことないですよ、お義父さん、お義母さん、変なこと言わないで」と言いかけたら
    いきなり姪が泣き出した。母が「ほら○○ちゃん(義姉)が強く叱るから」などと言い、
    父は「どこか痛いのかい?」などとオロオロしてると、「・・・やだー!!じじもばばもタヒんだら
    いやだー!!!○○ちゃん、いいこにするから、ずっと生きててーー!!!」と号泣。
    聞けば幼稚園のお友達のおばあちゃんが先日亡くなったそうで、ずっと「じじもばばはずっと
    元気だよね」と兄や義姉に聞いていたとか。それからしばらく両親も泣いていた。

    491:プリンはのみものです。2015/10/30(金)10:08:30ID:T7W
    義弟、引きこもりってほどじゃないけどとてもおとなしい人で、
    話しかけても蚊が鳴くような声でボソッと一言返事をするだけって感じ。
    仕事はちゃんとやってるし、家族に迷惑かけるわけでもないけど
    なんか取っつき難くて苦手意識があった。
    義弟はまだ独身で夫実家で同居中。

    私たち夫婦はその夫実家から徒歩圏内で暮らしている。
    一昨年、我が家が犬を迎えた。
    それで犬の散歩がてら夫実家に行くことが増えたんだけど
    休日にそうやって夫実家を訪問すると、

    それまでは殆ど部屋から出てこなかった義弟が出て来るようになった。
    「もしかして犬好きなん?」って聞いたら照れくさそうに頷く。
    義弟が犬好きって、夫も知らなかったらしい。
    これまで飼ってたこともなかったらしいし。
    うちの犬、義弟には義父母より懐いてるし
    私が義母とおしゃべりしてる間とか義弟が庭で楽し気に遊んだりしてた。
    義母も我が子ながらこんな一面があったとは・・・とビックリw
    そうこうしてるうちに、義弟の職場の同僚が飼ってる犬が子供を産んだとかで
    その中から1匹貰ってきて育て始めた。
    引きこもりがちだった義弟はなんだったの?ってぐらい
    犬連れて出掛けることが増えて、あの義弟が来月結婚する。
    お相手は犬をもらった同僚らしい。
    「職場の同僚って女性.だったんかw」って思わず言ってしまったw
    まぁ結局それが縁でよく話すようになって、こうなったみたいだけど
    何がきっかけで人生変わるか分かんないもんだね。

    205:プリンはのみものです。[sage]2010/08/24(火) 20:00:52 0
    コトメ子(義妹の娘と息子)を引き取って育てたんだけど、
    「実子と差別してる」「継子イビリの酷い女」と散々噂ばらまいたトメに、
    娘が親戚と、ご近所さんたちが集まった法事で、皆の前で
    「私お母さん大好き、コトメママは知らない。
    お母さんが大好きだから私いい子になる。
    私産んだママに育てられたら酷い事になってたと思う、
    お母さんの悪口言うお婆ちゃんは嫌い」。
    義妹の元夫も
    「くだらない噂流したら出る所に出る。法的に裁かれてタヒぬような目に会いたいか」と言った。 知らなかったけど、トメは私が義妹元夫に色目使ってるって言ってたそうだ。
    そこから親戚も、もちろんトメとも没交渉になった。
    浮気して逃げた元妻の父の法事に出てくれる様ないい人だったのにね。
    一人になったトメは子供達に金の無心をするようになる、
    というか「お婆ちゃんかわいそうでしょ」って連絡をする。
    娘「私に言われても分かんない、お父さん(私の夫)もパパ(実父)も
    お婆ちゃん嫌いだってさ」
    子供達が泣いてママと話したがっていた時にも、誰も連絡先を知らなかったはずのコトメは
    娘が大学進学する時になって連絡をしてきて
    「実はずっとトメと連絡はしてた」と言ってきた。
    そして進学のお祝いさせてくれ、一緒に住もうと。
    「本当の母親はお母さん(私)だから、別にあんたに会いたいとか思わないし。」
    「この人が俺を産んだ人なんだ。でも俺はお母さんが好きだから、
    今更他人と住めって言われてもね」
    言葉はきついけど、本気で嬉しかった。
    去年の秋、娘が結婚したけどその時私を実母として手紙読んでくれた。
    息子は一昨年大学を出た。
    実子の息子も同じ大学に受かった。
    「兄貴の事知ってる人が居て恥ずかしい」と言いつつ嬉しそうだった。
    もう今タヒんでもいいやって位幸せです。

    25 :プリンはのみものです。2017/07/02(日) 12:07:59ID:nr/SVEG4.net
    三年付き合って来年結婚しようと話してた彼氏にものの10分でフラレた事。
    この前、その元彼と映画に行こうと私が車を出す約束をした。
    朝に何気に車庫に降りて後部座席を見ると
    何と猫が乗り込み、子猫を四匹産んでいた。
    父親がここで人が手を出して触ったりすると母猫は育てなくなると
    言い、とりあえず母猫もお疲れなようで買ってきた猫缶と
    水を用意してドアを開け
    席は少し汚れていたので、ヒソっと古い毛布を
    差し入れた。
    猫を見つけた時、私は事情をざっくり元彼に知らせて遅れるごめん。とメールしておいた。
    一時間後に祖父の軽トラで元彼宅に到着したが
    マンションの部屋から降りて来た元彼は
    「なにこのトラック?」とかなり怒っていたが、私の車に猫が……
    ときちんと説明しようとした途端、元彼は軽トラのドアをガン蹴りし
    「なんで猫ごときで俺の迎えがこんなボロになるの?
    さっさと追い出して掃除してカ○ーラ乗ってこれない?恥ずかしいと思わない私の神経が理解できない。
    結婚してもらう彼氏を軽トラに乗せる女とかないわ。
    将来の主人より野良猫の方が大事なら猫に結婚してもらえよ、もう終わりだから連絡してくんな」
    と私をふって帰っていった。
    私も仕方なく帰宅して、両親と祖父と妹にフラれました、、と報告した。
    母と妹は強気に「そんな男こっちからお断りや!もっといい人山ほどいるわ!」と言ってくれたけど
    初彼だったし喪だったので、もう独身でいいと思ってる。
    男の人と付き合うって難しいね……

    638::2014/08/20(水) 20:49:19.64 ID:

    嫁は友人の幼馴染みの後輩の妹。
    初めて会ったのは嫁が12で俺が21の頃。
    後輩を含む友人らと遊んでいたら「お兄ちゃん携帯忘れてるよ」と友人の家まで届けに
    来たとき。
    見た目すげーヤンキーだったけど、友人は本当の妹のように可愛がってたみたいで一緒に遊ぶかって誘ったら子犬みたいにはしゃぐそのギャップにやられて、すぐに俺も妹のように思うようになった。

    それから俺らの彼女を含めたグループで遊ぶことが多くなった。
    年の離れた兄がいるせいか話も合うし、人懐っこい生粋の妹気質のおかげで女連中からも可愛がられみんなの妹みたいな存在になってた。
    女連中は個別で嫁と遊ぶやつもいたみたいだ。

    そうやって何年か過ごして嫁が高校生の頃、社会人になり仕事にも慣れた俺は長年付き合った彼女と婚約した。
    その矢先に彼女から妊娠の報告。
    きちんと避妊してはずなのにおかしいなーとは思ったが、婚約していたし順序は逆になってしまったがすごく嬉しかった。
    すぐに「結婚しよう」とプロポーズするも、なんと彼女は浮気していたらしく子供はそいつの子で、俺よりそいつが好きだからと暴露され振られてしまった。

    すんなり別れはしたが、人と関わるのが嫌になった俺は仕事の鬼と化した。とにかく寝る間も食う間も惜しんで仕事した。
    心配した友人や親からの連絡も「大丈夫」とだけ言って無視し続けた。
    しばらくすると連絡は来なくなった。
    それでも嫁だけはちまちま連絡してきた。
    昼間にコウモリ見つけたとか、空が綺麗だよ、とかバカみたいなメールを無視してもずっとしてきた。
    かなりうざかったので返信はしなかったが、気が向いたら目を通してた。
    半年くらいして嫁から「たぁ兄(俺のあだ名)のご飯食べたい!」ってメールが来た。

    646:プリンはのみものです。2007/11/15(木) 13:40:57
    バイトの帰りに皆で食事して、社員さんの車で全員駅とか家まで送ってもらい、
    最後に私と、運転してるカコイイ社員さん二人だけになった。
    うちは団地の一番奥でマンガに出てくるような爆笑貧乏平屋なので恥ずかしくて、
    家まで送ると言ってくれたけど、駅まででいいとひたすら固辞した。
    でも駅についたら私の帰る方角が真っ暗なので、
    やっぱり家まで送るわと言い出して、
    いいです、いや送るから、いや絶対いいです、と押し問答してたら

    「わかった、じゃあキスするか家まで送らせるか選べ」とか言い出して、
    その人めっちゃ女慣れしててどんな女の子でも一日3回は褒めるし、
    するワケないのわかってるし、
    何があっても送られたくなくてテンパってたので
    「ああいいですよキスしましょう」と言ったら、
    ドラマだったらキスされるんだろうが読み通り
    「なんでやー!w」とか言いながらもう少し先のコンビニで停めてくれた。

    ハハハ虚しいけど勝った('ω`)…
    と思いながら降りたら社員さんも降りてきて、
    対面で「ちょっと顔上げて」と言われて反射的に上げたら「キスするんやろ?」
    ああいう時ってキョドることすらできないんですね。
    思わず「何言ってんですか…」と下向いて思くそマジ対応してしまい、
    社員さんは「冗談やって」と言って親が小さい子にするみたいに
    私の上着のファスナーを首まで上げて
    「ほんとに気をつけて帰れよ」 と見送ってくれますた。

    生涯で唯一 本当に一回こっきりの喪女にそんなことするんじゃねえ体験でした。

    263: プリンはのみものです。2014/05/13(火) 13:38:18.78ID:4Mqq+i29.net
    野良猫の出産に立ち会ったのが修羅場だった。
    夏場に玄関を開けると
    突然野良猫がダッシュしてきて、
    リビングのソファーに陣取った。

    247: プリンはのみものです。 2008/01/27(日) 09:47:58

    昨日嫁が泣いた。


    同棲時代からメシマズだったんだが笑える程度(しかし決して食は進まない)だったからいつも、
    「コロす気かww」とか「…この舌が憎い!」とか冗談混じりにからかって、それに嫁も応戦してたんだ。

    負けん気の強い嫁は俺にばれないように練習してたらしい。
    確実に普通の味に近づいていった。

    そして昨日。肉じゃがだった。
    これが久しぶりの肉じゃがで、その時は
    「醤油入れすぎちゃったから☆」と言ってお湯を注がれ、
    「物足りないと思って☆」と言ってキウイを入れたという前科あり。

    「今度はミカンでも入っての?w」って言いながら食ったんだ。
    そしたらこれが旨い。

    「おまえお母さんに作ってもらったのか?w」っていつもの調子で言ったら、


    嫁が泣いた。


    これからもっと頑張るからねって。嫁自慢出来るくらいにするからねって。


    馬鹿。おまえは昔から自慢の嫁だ。

    料理の腕なんておまえの魅力を作るたくさんの内のひとつの要素に過ぎない。
    下手だった昔も、もちろん普通になった今でも、おまえの料理は大好きだよ。

    愛してる。絶対ずっと大好きだ。

    面と向かって言えないからここに書かせてくれ。