いい話

    929 :プリンはのみものです。 2016/03/04(金) 11:48:41 ID:MOA
    割り込みになるが書かせてくれ。
    前にどこかに書いたと思うんだが、見つけられなかった

    離婚した元嫁との間に娘がいるんだが、今嫁がその娘のために貯蓄をしてくれてたんだ
    その娘は俺との血縁がなく、離婚理由になった間男の子だと証明されてる
    そのため当時は養育費を払わないことに決めて離婚した
    今嫁はそれでも「もし万が一娘ちゃんに何かあったら、頼れるのはあなただけだから」と
    少しずつ貯蓄してきてくれてた
    俺も娘に未練というか心配なという気持ちがあったから、今嫁の思いやりが嬉しかった

    それでだ、色々あって、昨日娘と会ってきた
    血縁がなくても、やっぱり愛おしいもんだなぁ
    久しぶりに会ったんだが、礼儀正しく常識的な子に育ってて驚いたよ
    聞いてみたら元嫁が育児放棄して、元嫁母が育てていたらしいから、そのせいかもしれない

    昨日会ってきた理由というのは、春からの進学先での学費の相談
    もともと積立&奨学金で進学する予定でいたのに、今になって積立を元嫁が使い込んでいたのが発覚したそうだ
    入学金の振り込み期限が迫っているので、止むに止まれず相談してきたそうだ
    今嫁に話したら「やっと役に立つね」と通帳を持って飛んできてくれた

    娘のほうから「これはお父さん、お姉さん(今嫁)から借りるものだから、就職したら
    きちんとお返しします」と言って、ネットで拾ったらしき借用書に一筆書いてよこしてきた
    嫁が「要りません」と突っ返して、娘が「お借りするものだから」と応酬してた

    別れ際に「これからはもっと遠慮なく頼って来い、気軽に飯でも行ける関係になろう」って言ったら娘泣いてた
    嫁も泣いてたw
    いい嫁と娘持てて幸せだよちくしょー

    607 :プリンはのみものです。 2015/06/22(月) 15:13:07 ID:WDAhUtfr.net
    とあるKYな後輩の言葉が、一人の老人の心を救った話って、武勇伝扱いで良いんでしょうか?
    スレチだったら申し訳ありません。

    188 :プリンはのみものです。 2014/10/15(水) 19:09:35 0.net
    昨日の夫

    ここ半年くらい帰宅時間が遅く、土日もふらっと3時間くらい居なくなる。更に石鹸の香りを漂わせて帰宅
    これはもう、あれだろ。いやでも子供も成人して今更?とモヤモヤ

    昨日ついに「最近、なんか変わった?」と聞いてみると

    夫「フフフッ、ついに気付いたか。見ろこれを!」とパジャマを脱ぐ


    腹 筋 バ キ バ キ

    実は一年前から近所の健康増進センター(公営のジム+プール)に通っていた模様。
    私が気付くまで続けるつもりだったらしい。
    今年定年したジジイが何やってんだ、、、

    307 :プリンはのみものです。 2012/08/01(水) 01:00:54.31 ID:n+24M1qP.net
    本人から笑い話にしてもいーよと言われてるので書きます。
    先日、友達の女の子の結婚式に招待された時の話。

    本人から聞いたのか、共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心つく前にお母さんが亡くなっていて、
    父親に育てられたみたいな話は耳にした事があった。

    式後に聞いた話だけど、何かの映画か小説かであった、余命を知った母親がまだ小さい子供のためにビデオメッセージを残すみたいな事を
    その子の母親もやってたそうだ。
    と言っても何百本もって訳じゃなく、絵本を読み聞かせるビデオや、小学校卒業ぐらいまでの毎年の誕生日メッセージぐらいだったらしい。

    その中にひとつ、「娘が結婚したら一緒に見て」と父親が渡されていたビデオがあったそうだ。
    思い出して辛いのか、友人の父親はあまりビデオを見たがらず、祝福してくれる皆とならって事で、結婚式でそのビデオが流れる事になった。
    2人もそのビデオを見るのは初めてだったそうだ。

    そんな説明を少し司会者がしてたものの、旧友との話に花が咲き、お酒も入って軽く聞き流してた所でビデオが流れ始めた。
    自分と変わらないぐらいの年の綺麗な女性が映り、「○○ちゃんおめでとー!」ってクラッカーをパーン!と鳴らす。
    「○○ちゃんは何歳で結婚したんだろう?きっとママに似た素敵な女性になってるんだろうねー。」と、アットホームなホームビデオって感じ
    で、ほのぼのVTRが流れる。
    時折冗談を交えて、しんみりする雰囲気じゃなく、新婦も招待された人達も笑顔で見てた。

    5分くらいメッセージが続き、ビデオの中の女性は言葉を探すようになり、そろそろ終わりかなと思った頃、「後・・・」と少し間が空いて、
    「最後に、○○君(新婦の父親)、○○ちゃんを立派にお嫁に出してくれてありがとう。」

    娘に宛てたメッセージとはまた違う、凄い優しい笑顔になって、メッセージは続く。
    「○○君の事を愛してます。」
    「きっと、お腹が出ちゃってる○○君を、もしかすると頭が寂しくなってるかもしれない○○君を、今でも愛してます。」
    「いつかおじいちゃんになる○○君も、ずっと愛してます。」
    少し俯いた後、照れくさそうな顔をして画面に手を伸ばす女性が映り、ビデオは終わった。

    ほのぼの雰囲気だったのが一変、式場は静まり返って、みんなプルプルし始める。
    そんな中、堪えきれなくなったんだろう、突然新婦の父がテーブルに突っ伏し、口を手で塞いで嗚咽を漏らしだす。
    新婦も涙で顔をくしゃくしゃにして駆け寄り、突っ伏した父親を抱きしめて大号泣。

    つられてほとんど全員と言っていいぐらいの女性客が泣き始め、男性客も涙こらえるのに必タヒ。
    妙な雰囲気に子供が大声で泣き出し、まるで葬式のクライマックスみたいなカオスな状況にw

    そんな状況をまずいと思ったのか、司会者が「本当に素敵なメッセージでしたー。引き続きお食事をお楽しみくださーい。」と〆にかかる。
    暫くお通夜状態だったものの、徐々に平穏を取り戻し、ようやく元の結婚式らしい雰囲気に戻った所で新婦父の挨拶に。

    新婦の父は明るいガテン系って感じで、あまり人前で泣くようなキャラじゃないんだろう、失態を見せてしまったと思ったのか、妙にテンシ
    ョン高いスピーチを始める。
    最後は「私も○○(新婦母)を愛してまーす!」と新日の棚橋パフォーマンス(知らない人ごめんなさい)で若干会場を引かせたものの、
    照れ隠しに無理してテンション高く振る舞ってるのを皆分かってて、何とも言えない良い雰囲気で式は終わった。

    ずっと鳴り止まない拍手と、新婦より幸せそうな新婦父が印象的だった。
    色々あってちょっと疲れたけど、この結婚式は一生忘れないと思う。

    323 :プリンはのみものです。2016/01/07(木) 12:13:50ID:RsW
    我が家のウトさん、義姉の所に産まれた男の子にはデレデレなのにうちの娘には遠目から見るだけでほとんど声をかけない。
    まぁ昔の人だから跡取りにならない女なんて~~みたいな考えなんだろうな、攻撃してこないだけマシだな。と思っていたら実際は違った。
    女の子にベタベタ触るのはセク八ラじゃないか?ジジイがニタニタ顔を見るのもお母さん(私)が嫌がるんじゃないか?と考えて自分なりに適切な距離をとっていたつもりらしい。
    正月の集まりの時に義姉の子との扱いの差に怒った夫が問い詰めたら上記の内容を話してくれたよ。
    夫が怒り出した辺りで張り詰めた空気も、ウトさんの告白で一気に和んだ。
    トメさんと夫からは、ウトさんの度が過ぎる場合は口頭注意→それでもダメなら蹴りの3発くらいくれてやれとの許可を頂いた。機会は無さそうだけど。

    368:プリンはのみものです。2015/06/07(日) 10:14:34.24 .net

    俺の馴れ初めは、嫁と認識時期が違うんだよね・・・
    俺>職場で嫁から告白されてから
    嫁>告白する半年以上前から

    俺にとっては些細な事でも、嫁にとっては
    当時ってか現在も変化ないんだが
    170cm 86-88kg のDBに好意を寄せるに値したらしい

    739:プリンはのみものです。2012/01/13(金) 02:49:43.19
    ごめんちょっとスレ違いだけど報告

    今朝「明日明後日休めない?1日でもいい。
    無理しなくていいんだけど」と急に言われた。
    真顔だったし理由を聞くのも何か怖かったので「わかった。聞いてみる」
    と言って出勤。残業で支障ないようにして2日有給とってきた。

    帰りは23時になったけど晩飯を食うのも待っていてくれて
    (普段は20時過ぎたら子供と先に食ってる)なんとなくただならぬ予感。
    嫌だなーと思いながら「どうしたん?」と聞くと
    「最近あまりに酷い顔してたからタヒぬんじゃないかと思った」
    「心配だった。一緒にいて笑って欲しかった」
    みたいなことを言葉を選んで気遣って話してくれた。

    思わず泣いてしまってたけど、何気にこのスレが頭によぎった。
    「ありがとう。お前も子供もずっと愛してるから大丈夫」
    で、二人とも大泣き。

    年末から随分仕事で煮詰まってて
    衝動的にタヒぬことも感じでたくらいだった。嫁に救われたと思う。

    女性の日の都合で向こうをageるのは明日か明後日
    「今日はゆっくり好きなことして昼まで寝てていいよ」
    と言われたので、久々のネット三昧。
    本当に助かった。

    358 :プリンはのみものです。 2017/05/16(火) 19:27:52 ID:M3z
    今の彼氏はバイト先のお客さんで、
    そこで仲良くなって連絡先交換して付き合った感じだから付き合うまでデートしたことはなかった。
    だから付き合って初めて2人でご飯に行ったときのこと。
    その店はご飯おかわり自由で、おかわりの量を少なめ、普通、多めって選べるシステム。
    大食いの彼氏は大盛り、私もそこそこ食べれる方なので普通盛りを注文。
    それも食べ終えて、彼氏はまた大盛りを、私はまだ少し食べ足りないかなって感じだったので少なめを頼んだ。
    ご飯がきて、彼氏に「食べきれるの?少し食べようか?」と聞かれ、私は「全然大丈夫!」と答えた。
    ・・・ものの、情けないことに少しだけ残してしまった。
    そこで彼氏に「残りのご飯食べてくれる?」と聞くと、それまで優しかった顔が急にこわばって
    「俺が食べれる?って聞いたとき、大丈夫って答えたよね。言ったからにはちゃんと食べなさい」と。

    それを言われて私は「あ、私この人好きだなあ」と思った。
    私は4人兄弟の末っ子で、しかも割と歳が離れていたので親にも上の兄、姉にもめちゃくちゃに甘やかされて育った。
    だから先述のような状況のときも大体家族の誰かが「仕方ないなあ」と言いつつ食べてくれていたんだ。
    末っ子感が周囲にも伝わるのか、はたまた私がそういう人たちを嗅ぎつけているのかは定かじゃないけど
    友達もそういう「仕方ないなあ」みたいな気質の人が多くて
    恥ずかしいことなんだけど、多分無意識に「してくれるのが当たり前、周りの人がなんとかしてくれる」と思ってたんだよね。
    だからちゃんと叱ってくれる人というか、そういう風に言ってくれる人が初めてで改めて好きになった。
    スレの趣旨とは少し違うかもしれないけど、とにかく彼氏のその言葉、そして今までいかに自分がチヤホヤされてきたか気づいたことが衝撃的だった。
    だけど「彼氏のどんなところが好き?」と聞かれてそのエピソードを話してもあまり理解されないのが少し悲しい。

    556 :プリンはのみものです。 2015/01/20(火) 14:45:31 ID:33q
    何事もチャキチャキサバサバとこなしていく
    スーパー良トメだった義母が癌で余命宣告を受けたときに
    普段と全く同じチャキチャキした勢いで
    あっと言う間に家を整理してしまったのが衝撃だった。

    かなり衣装持ちな人だったのに最低限の洋服を残してサッパリ処分。
    小さなタンスに入院介護に適した下着類とパジャマ類を多めに入れて
    普段着は本当に最小限。
    あとお気に入りのスーツが1着。
    正月に義実家で集まったときに全員に向かって今後の指示を出すと共に
    「タンスのスーツは棺桶に入る時用だから忘れないで着せてね!」と宣言。
    遺影用の写真はコレ・葬儀屋はあそこ・でも最小限の葬式でいい・
    連絡して欲しい人リストはこちら・遺産というほどの物は義実家くらいだが
    ここは査定価格でこれくらいだから誰も住まないなら売って分けろなどなど。
    諸々の指示をサクサクと飛ばして義実家で3ヶ月一人で過ごした後に
    自分で選んだホスピスに入って2ヶ月で先に亡くなってた義父のところに旅立った。

    ホスピスに入ってから義実家に行ったら本当に何もない。
    でも誰かが泊まるくらいは出来るように最小限の布団や食器は残してある。
    ちょっと古びた旅館みたいな感じになってた。

    なんというか潔く綺麗な旅立ちで悲しむよりも先にあっけにとられた。
    最後の荷物に年代別の家族写真を見つけて初めてみんなで泣いた。
    自分も見習いたいと思う。

    371 :プリンはのみものです。 2015/12/04(金) 13:49:37.26 ID:yxDQ9fL7.net
    私の武勇伝じゃないけど、定食屋さんで朝食をとっていた時の事。
    朝からビールをガブガブ飲んでいるおじさんがいて、酔っ払っているのか周りの人に何やら怒鳴り散らしていた。
    チラリと目が合うだけでサラリーマン風のお兄さんに「何見とんじゃコルルァ!」と言ったり、注文したであろうししゃもが届いた時には店員さんに「遅いんじゃコルルァ!」という具合。
    ここで朝食をとるのはやめようと踵を返した時、入店してくる小柄な男の子。ぱっと見高校生くらい。
    人見知りの私だったけど勇気を出して「今入らないほうがいいですよ」って言ったんだけど、その子は「何かあったんですか?」とそのまま入店。
    あーあ…と思ってると案の定酔っ払いに絡まれた。
    「なぁに見てんだガキぁ!学校はどうしたぁ!てめえ見たいなガキが来るとこじゃねえぞぉ!」
    男の子を見やると、怯えるでもなく、困るでもなく、ただ普通にカウンター席へ座ってにこやかに「おうどんの定食ください、あと梅のおにぎり2つお願いします」と注文してる。
    定食屋一同ポカン顔。私も入り口付近に突っ立ったままポカン。でも和やか過ぎる男の子の空気に触発されて私もカウンター席へ。
    無視されたのが気に入らなかったのか、酔っぱらいが立ち上がって男の子に近付き、思いっ切り背後から肩を掴んだ。(一旦切ります)