家族

    41:プリンはのみものです。2013/04/20(土) 06:57:18.87 0
    少し年の離れた弟が実は腹違いでアンタは私の子じゃないと宣言された挙句、
    短大出たら「家族」だけで暮らすから家も出ていけと母親だと思ってた継母に言われた
    成人式の夜と、その数年後に居眠りで事故やったあと数日前に任意保険が
    切れたと知り、幸い物損のみで済んだとはいえ20代前半独身超薄給で
    600万少々の借金持ちになった瞬間が修羅場かな。

    145: 名無しさん@HOME2013/05/03(金) 20:09:03

    去年の年末ごろ兄貴が体を買う方では無く売る方で警察に捕まった
    その前に色々とゴタゴタしていて金が入り用だったのは知ってるし
    夜の仕事してたのも知ってたけどまさか売りもしていたとは思ってなかった。
    幸いすぐ出てきたけど俺達の為に兄貴がそんな苦労していたと思うと胸が痛くなる

    180: プリンはのみものです。2015/02/16(月) 20:37:22.44ID:ES4E+our.net

    夫とは共働きの約束で結婚した。
    仕事が好きで、出産後も働くつもりでいた。
    でも妊娠した途端、母子家庭で育った夫から、
    家に帰って誰もいないのが寂しかったと訴えられて、
    納得して専業主婦になったつもりだったけれど。

    子供が高学年になって手がかからなくなったので
    請負でチマチマ仕事始めたものの、いつも仕事があるわけでもないし低額収入。
    ならばと派遣に登録しようと思ったら、
    10年ブランクあったら職歴無しだと言われ、請負も職歴にならないと。

    落ち込んでたら夫が、自分が仕事を奪った責任もあるからと、
    契約社員の仕事を紹介してくれて採用になった。
    喜んでいる私に、夫がふざけて「良かったねニート脱出だね」と言ったら、
    続けて息子が「良かったね、寄生虫脱出だね」と。
    なんかめっちゃ体温下がった。
    まだ唇が冷たい。
    理性と感情ってすぐには折り合わないんだね。

    360 :2016/12/15(木) 20:34:24.net
    2人目の子を旦那に黙ったまま中絶したこと
    もともと母性がないほうで子供も好きじゃなかった
    産んだら変わるかと1人目を出産したけど変わらなかった
    幸運なことに1人目はすごく育てやすい子で、大したトラブルもなく成長し
    だんだん「子供」ではなくなってきたことで、私もうまく関われるようになった
    自分の仕事も面白くなり、もう子供は作らないと夫婦で話し合って、行為のときはゴムで避妊していたのだけど何故か妊娠
    旦那に話したら産んで欲しいと言われそうだったし、状況的に不貞を疑われてギクシャクしそうでもあったので
    わりとすぐに一人で中絶することを決めた
    今は親子3人幸せに暮らしていて、あのときの決断は正しかったと思っている
    正直、2番目の子は自分の子供だったという感じもしなくて、罪悪感もあまりない
    ただ、旦那と子供には、こんなに大きな秘密を持ってしまい申し訳ないと思ってる

    698 :プリンはのみものです。 2016/02/17(水) 13:24:52 ID:vjE
    これから頑張るという決意表明。長いから嫌な人はスルーしてね。
    夫が不倫した。私が双子妊娠して、経過が悪くて初期から入院が多く、さらに難産め、そして産後もヘロヘロだったことで、寂しかったからが理由。
    うちの子が産まれる少し前に相手の女性も妊娠していて、ただし一人で経過は順調、ギリギリまで普通に残業も出張もしながら働いて産休に入って、するっと産まれたらしい。産後も床上げ後からすぐに家事も完璧にこなしたらしい。
    それを見ていた元夫は、いつも疲れきってご飯も魚や肉焼いただけと味噌汁サラダで暗い顔している私より、いつも元気で明るくご飯も毎日違うメニューでおいしい不倫相手と生きていくことを決めたらしい。
    で、離婚。もうもめる力も無くて、とにかく子供たちに不利にならないように金銭面だけは頑張った。
    そしたら、うちの両親が略奪婚だったことを知った。
    父親は、元妻が妊娠中に母と不倫。元妻は堕胎したんだか流産したんだかで子供は産まれず、母との間にできた子が私。
    普通に優しく真面目な両親で、全く知らなかった。
    元夫の不倫で夫にブチ切れた父親には、同じことやったくせにと軽蔑の気持ちしか湧かないし、あなたも可哀想だし、相手の女性も可哀想とお花畑な母親にも軽蔑の気持ちしか湧かない。
    離婚後しばらく双子育児を手伝ってもらうつもりでいたけど、そんなクソみたいな人間にうちの可愛い子供たちを見てもらいたくないので、絶縁した。
    当時0歳だった子供たちを保育園に預け、私は元夫からの慰謝料と財産分与で看護学校に入った。
    看護師になるなんて全く考えたこともなかったけど、2人を育てるために一番現実的な高収入の仕事はこれしかないと思った。
    出産までは普通の会社員だったから、資格もないし。
    何度も泣いたし、子供たちにも寂しい思いをさせてしまった。
    でもこの3月で卒業。試験は終わって、結果待ち。でも取得見込みで4月から就職も決まった。
    寝返りもはいはいもたっちもおしゃべりも新しい何かができるようになった瞬間は、全部保育園。先生たちには感謝しかない。
    保育園は、来週退園。あと2ヶ月、たくさんたくさん子供たちと遊んで、4月からは就職先の保育所に転園する。
    貯金も財産分与も慰謝料も生活費と学費でなくなったし、勉強も辛かった。
    どうしてもお金がなくて日雇いの仕事もしたし、私だけ食事抜きの日もあった。
    保育園でパパという存在を知った子供たちに、どうしてうちにはパパがいないの?タヒんじゃったの?離婚したの?と聞かれたこと。
    だれだれちゃんのパパも離婚したんだって!おそろいだね!と笑う子供たちに胸が締め付けられた。
    おじいちゃん、おばあちゃんという存在、しかも2人ずついるらしいと知った子供たちに、どうしてうちには1人もいないの?と聞かれたこと。
    うちには大人はママだけいるんだねと言われて、ごめんねと泣いてしまったこと。
    でもママも妹ちゃんもいるから楽しいね!と上の子が言ってくれて、下の子も私たちが大人になったら大人がたくさんになるから安心だね!と言ってくれた。
    クリスマスにも、お手伝いがしたいからと子供も使える包丁が欲しいと言っていた。
    変身ベルトもプリキュアも、全部ダンボールや紙の手作りなのに喜んでくれる子供たちに、就職したら本物のやつを買ってあげたい。
    今も子供たちといられて私は幸せだけど、子供たちはどうだろう。絶対幸せにしなければと思う。








    770:プリンはのみものです。2013/07/05(金) 18:17:40.00 0
    はああぁぁめんどくさい
    どうしてそう考えるんだ?ってことばっかりだ
    精一杯いろいろ考えてやってるつもりなのに
    あと俺が出来ること何があるんだろ?

    父親として夫としてめんどくさいなんて
    もちろん言っていられないんだけれどさ
    まだ頑張れるよな、俺。
    もうちょっと頑張ろう頑張ろう。。。

    664 :プリンはのみものです。 2008/09/07(日) 18:52:58 ID:Tqd+qzbh
    数年前TV局が家に来て「行き別れのお母さんが捜してます」とか言ってきた。
    生き別れ違うww捨てられたのwww
    男作って3回家出して、3回目で帰ってこなかったのwwww
    その後親父に施設に入れられてたんだよwww
    暴力は振るうわ、家事は全くやらないわ、近所中の笑い物だわ、
    暗黙の了解で家が綺麗になってる=男が来る、だから夜中まで家に入れないわで
    (親父は長距離運転手)
    結局妹と二人で親父の姉の家で大事に大事に育ててもらってきたって話。
    飯は食える、家は綺麗、風呂には入れる、清潔な服も着れる、
    子供のいなかった姉夫婦のとこで生活させてもらって事なきを得た感じ。
    「誰も知らない」なんて人事じゃ無かったし、マジで。
    でもTVの人「お母さんはあなたたちの事忘れた事はありませんでしたよ」とか
    何かお前ホント必タヒだなwww
    「せめて妹さんだけでも」とか言ってきたけど、当たり前だけど妹も拒否。
    ネチネチ説得されて、しかもそれ大嘘だし、何とか帰ってもらったわけさ。
    で、どんな美しい話が待ってるのかと思ったら
    「夫との不仲と暴力、姑(俺らが生まれる前にタヒ亡)のいびりに耐え、
    身を粉にして働き、借金を返す日々、
    でも子供寝顔を見ると、何でも頑張れました。
    ある日、祖母が子供を置いて出て行けと言い、子供と一緒に逃げようとしたが阻止され
    泣く泣く一人で家を出た。再婚したが離婚、子供に会いたい」
    「お子さんたちは今親類に預けられ、育ての親の気持ちも考え、今回は会えないと言われました」
    ババァ号泣w素人、しかも探す気なんてろくに無かった俺ですら
    近所の人の話だけでお前の居場所分かったよ。探す気無かっただろ。
    で、最近生活保護申請したらしく、その前にお前が援助しろって役所から手紙来た。
    しwwるwwかwwwww
    相変わらず直接言ってくるだけの度胸は無いんだなw

    322:プリンはのみものです。2016/05/27(金)09:09:43ID:znA
    愚痴というか相談というか…。

    わたしは周りの人に、本名を言っていません。
    在○とかでもないし、苗字が少し難読ではあるけど、普通の名前です。
    では何故本名を言わないか。

    うちは両親が離婚していて、わたしは父に引き取られました。
    小学生の頃に父に彼女ができ 4年生のとき、父とわたしと彼女の3人で旅行に行きました。
    キャンピングカーに泊まって3人で川の字になって寝てたんだけど、父と彼女が行為しはじめて。
    車の揺れで目が覚めました。
    何となく「何してるの?」なんて言える感じじゃないって察して、寝たふりし続けました。
    そしたら、彼女が喘ぎながら、わたしの名前を言ったんです。
    「○○ちゃんが気付いちゃう」「○○ちゃんが起きちゃう」って、喘ぎながら。
    その夜だけではなく、そういうことが何度もありました。
    それ以来、30歳になった今も、自分の名前が嫌で仕方ないです。
    名前を呼ばれると、その夜のことを思い出すんです。
    でも、実生活で本名じゃない名前を使い続けるのって難しくて…。
    付き合いそうになったときに、本名じゃない件とその事情とを話しますが、怪訝な顔をされます。
    なんであの彼女さんは、わたしの名前を喘いだのか…。
    改名も考えたけれど、精神的トラウマでも可能なのか…。
    いらない枷をつけられた感じで、なんとも生きにくいです。

    404:プリンはのみものです。2014/12/05(金) 10:54:28.26ID:Lu516W7x
    小6娘にどう対応してよいのか分からず悩んでいます
    とにかく反抗的です
    何か聞いても「ママには関係ない」と言われてしまいます

    私は昨年までフルタイムで働いていましたが、夫が単身赴任になったために家事が回らず私が退職しました

    今は専業主婦で、下は3歳になる妹がいます。
    下の子は私の退職時に保育園を辞め、来年から幼稚園に通う予定です。

    長女が幼かった時はちょうど仕事が忙しい時期でした。比較的手がかからない子だったので
    私もそれに甘えていたと思います。
    私が家にいるようになってから、長女の態度は少しずつ変わり始めました。
    先日妹が37度ちょっとの微熱があったため病院に連れて行こうとしたら、
    「私はそれくらいの熱なら保育園に行かされた」
    「熱が出てもママがそばにいてくれた記憶ない」と言います。

    ぐずる妹に本を読んであげようとすると
    「私は読んでって言っても自分で読んでと言われた」と言われました。

    次女は手がかかる子なので、長女はやきもちを焼いているのかと思い
    次女をほったらかしにして長女に向き合おうとしても
    「関係ない」という言葉で一蹴します
    仕方なくぐずる次女に構おうとすると上記のような嫌味を言うので、もうどうしていいのか分かりません

    それから長女の言葉は真実なので自分にとっては痛い言葉なんです
    責められると辛くなって私も泣いてしまいそうです
    「そうだね、ママが悪かったね。」
    とか
    「前は本読んであげられなかったから今読んであげようか。」
    とか言ってみるんですが、ますます怒ってしまいます。

    ご助言いただければと思います

    192 :プリンはのみものです。 2014/08/04(月) 12:47:31 ID:DxsnOQixs
    3月に住んでいたマンションの契約更新せず引越しを行う予定だったが、
    その時同棲する彼氏の引越しがうまくいかなかったり、
    自分の親には報告したり話を重ねたもののうまく行かず親、彼氏、自分の引越しのことでいっぱいいっぱいだった。
    しかしながら自分で決めたこと、と早く早くにできることを行い、彼氏もなんとか頑張っていた。
    親、といっても母は脳系の病気で、障/害は無いが短期記憶が忘れてしまうような状態。
    父に話をするも気まずい雰囲気だった。厳しいひとだったし。
    賛成も反対も自分がすることではない、お前の問題だ、と言っていた。でもよく思ってなかった。

    また、中旬には大学友人の結婚式に招待され、受付と二次会幹事もまかされており、
    自分のキャパシティと相談しながらOKしたものの大変なことに。
    こちらも早め早めに支度をしていた。
    仕事と引越しと結婚式の準備で、ほぼ毎日いつもの半分の睡眠時間だった。
    全てをしゃにむに頑張って、大変だけど自分で決めたことだし、
    きっと全てに力を注ぎきれば
    引越しも家族の理解も、結婚式も全てうまく行くだろうと信じていた。
    花嫁の喜ぶ顔や祝福する大学の先輩後輩、そして自分の笑顔を妄想してがんばった。

    そんな結婚式にでられなかったときの気持ちが一つ目の修羅場。