自分語り

    327:プリンはのみものです。2012/11/02(金) 07:58:42.08ID:WsAiNFWF

    以前の自分の誕生日は家族で誕生日会とか糞儀式だったが、今年は彼氏にディナーへ連れて行ってもらった。
    夜景も綺麗で私が求めているのはこういうことだったんだと改めて思った。
    子連れでBBQ?遊園地?つまんねぇよ。
    こちらとらゆっくりしっとりしてぇんだよ。
    ここに来ると後悔し悶々と過ごしていた日々を思い出す。
    離婚を切り出して本当に良かった。
    今の彼氏と結婚の話は出ているがもうしない。
    小梨OKなら考えるけど。

    294:プリンはのみものです。2008/02/20(水) 12:35:54ID:tCK/xwAB0
    25歳の時に4歳年下の男と恋愛結婚。
    半端なくサイクルの短い転勤の繰り返しでめまぐるしい結婚生活の中で、
    最初の5年は子供を作らない方向だったが、
    私も寂しくてそろそろ欲しいと思った矢先に病気で子宮を摘出。
    子宮を取ったら子供が産めなくなると思うと辛かったけど他に選択肢はなかった。
    夫は「子供よりおまえの命」と言ってくれたので気持ちを整理した。
    それからは夫の希望でアルバイトすらせずに、ひたすら自宅警備員に徹したが、
    夫が35歳になったとき、突然離婚してくれと言い出した。
    「やっぱり子供が欲しいから」と。
    翌日、夫の代理という弁護士が来てなにか小難しいことを言ってたけど
    なにを言ってるのか分からなかった。
    「慰謝料は100万。これが相場」「離婚の原因は子供だから奥さんに勝ち目はない」
    このふたつだけ言ってることが分かった。
    とにかく市の相談室に行って相談したが、
    子供が欲しい夫、それを叶えられない妻、この場合離婚を拒否することはできないと言われ、
    慰謝料100万円も、夫側に非は無いので妥当だろうと。
    なんだかもうわけもわからず、頭も真っ白で
    39歳、無職のまま、情けで100万上乗せして200万の慰謝料と共に放り出された。

    転勤転勤で貯金など殆ど無かったから財産分与もすずめの涙。
    抜け殻みたいに過ごしてたけど、心配した友人が誘ってくれたお見合いパーティーで
    私と同じように子供が出来ない男性と意気投合。
    彼も子供ができないことが原因で妻と別れたそうで、
    同じ痛みを持ってることで再婚を決意した。
    彼のご両親も歓迎してくださって、結婚と同時に夫婦それぞれの趣味の部屋もある
    二人暮しには過ぎたマンションを買ってくださった。
    転勤続きの落ち着かない結婚生活しか知らなかったから、今はすごく幸せ。

    前編はコチラ



    32:プリンはのみものです。2012/11/29(木) 19:51:35.75 0

    一緒に暮らし始めてから半年ぐらいで
    その男に連れられてその男の故郷に引っ越すことになってしまった。

    北海道根室市。
    丁度私が小学校二年から三年に上がる直前の春休みに引っ越した。

    共同の玄関で靴を脱いで各々の部屋へ、トイレは共同のものが外にあり風呂はない、
    という古い造りの木造アパートだった。
    こんな寒い所で冬場に銭湯まで歩くのはイヤだ、となってすぐ引っ越し。
    風呂付き一軒家の借家だったが台所の床が明らかに傾斜していた。

    このへんまでは母のお相手はまあまあ大人しい男だった。
    しかし、地元に戻って飲み歩きを覚えてから雲行きが怪しくなってきた。

    10:プリンはのみものです。2012/11/29(木) 17:46:18.85 0

    思い出せる限りで一番古い記憶は爺さんの葬式だった。

    当時、私は両親と姉の四人で暮らしていて
    列車で30分位離れた所に母方の祖母が住んでいた。

    祖母の家には祖母の他に半分寝たきりみたいな婆さんが住んでいて
    祖母をこき使っていたが祖母は誰にも愚痴一つこぼさずにその婆さんの言うことを聞いていた。

    その婆さんは、祖母の所を訪れた私や姉に
    ことあるごとに『あんたらの婆さんは、爺さんを私から盗った』と話した。
    そんなことを言われても子供に理解できるような話ではないし
    子供の感覚ではそもそも知ったことではないので
    その婆さんは私たち子供にとっても母にとってもうっとうしい存在だった。

    376 :プリンはのみものです。2018/04/14(土) 19:53:26ID:cYM
    親が毒で私が搾取子だと気付いたことが修羅場
    ・妹と比較してブスと言われる
    ・妹の習い事にお金かかるから部活やめろ。
    ・部活辞める前のコンクールで金賞とった時のCD破壊
    ・育ててやってるんだからバイトして家に金を入れろと言われる(高校時代)
    ・バイト代から5000円やるから昼ごはんは自分でなんとかしろ
    ・友達と遊びに行くな
    ・就職しても仕送りしろ
    ・彼氏にいちゃもん
    ・妹は可哀想だから援助してやれ(デキ婚→シンママ)
    まだまだあるけど、それでも私は親ってこんなもんだと思っていた。

    だけど、結婚する時主人の家に挨拶に行った時緊張して内心パニックで行ったら本当にいい人たちで、普通の家庭ってこんな感じなんだって一気に目が覚めた。
    今は結婚したので、もう実家とは連絡とってない。主人の家族を本当の家族だと思っているよ。
    しかし、今から思えば実家にいるときよく耐えられたな~って昔の自分に感心する。一種の洗脳状態だったのかな。

    135:プリンはのみものです。2015/06/13(土)12:04:37 ID:EUB
    今になってでき婚後悔してる。
    嫁へ愛が無くなったとかじゃなくて、
    社会的にこんなに貶められるものだと思わなかった。

    最近取引先の担当ができ婚した時、
    「結婚してる女性なら子供いつ作るのかは基本的に自由だし、
    会社側としてはそういうリスクは当然考慮するけど、
    できちゃった婚の人はね…復帰してももう担当して欲しくないな」
    と言っていた上司。

    「学生やバイトならいっそ好きにしろって思いますけど、
    責任ある立場ならなおさら迷惑かけるってわからないんですかね。」
    と立腹していたうちの会社側の担当。

    一番堪えたのが「俺は、(自分の)彼女が仕事頑張ってるの知ってるから
    とてもじゃないけどでき婚なんてさせられないな。
    職場に頭下げるのは彼女なんだし。避妊くらいは大人として最低限マナーでしょ。」
    って言ってた同僚。それに大きくうなづいてた女性陣。

    会社の人には俺は結婚してすぐ子供出来たことにしてるから、
    俺ができ婚てしらないから言ったんだろう。
    どれも正論だとも理解はしてるんだけどさ。

    嫁とは付き合って1年経ってたし、結婚するつもりだったし今も好きだけど、
    社会人としたら嫁は「正社員になった途端でき婚した非常識な女」でしかないんだなって。
    入社自体も正社員登用から半年前ってとこだったし。
    俺も「相手の人生考えられない無責任男」ってみなされるんだなって。
    友人たちは皆、「今時珍しくないよ!」「おめでとう」って祝ってくれたけど、
    そう言いながらも、皆きちんと順序守って結婚、子育てしてるし。

    お互い嗜好品に金使いまくってて、金も全然ないまま結婚したから、
    今になって子供にこんだけ金かかるんだというのも気が重い。
    同僚がまずは共働きでマイホーム費貯めて~とか教育費をいくら積み立てて~学資保険が~
    とか言ってるの見るとこれから将来不安しかない。
    外出しして避妊してるつもりだった自分をぶん殴りたい

    1:プリンはのみものです。2014/05/13(火) 15:06:53.87ID:G8O8lAXD0.net
    普通に妊娠したんだけど…
    これ元旦那の種に問題あったんじゃ…

    946: プリンはのみものです。 2013/03/13(水) 19:43:29.49

    ようやく49日が終わった。
    人間の命なんてわからんもんだな。
    朝は元気仕事に送り出してくれたのに、数時間後にはもう口も利けない状態で
    再会する事になるなんて夢にも思わなかったよ。

    結婚してもうすぐ10年になる。幸せだったな。

    頭ではもう無理なんだ、全て終わった事なんだって
    分かっているんだけど、あきらめきれない事がある。
    4,5年前くらいからずっと不妊治療をしていたんだけど、
    なかなか授からなくて、年も年だからこれで駄目なら
    最後にしようと年末に顕微授精をやったんだ。
    結果4つが受精した。
    二人で大喜びしたさ。
    どういう理屈かはよく分からないけど、すぐに卵子を戻すより
    一度冷凍した方が着床率が上がるとかで、その方法を
    お願いしたんだけど、結局全て無駄になった。

    妻がタヒんだ事をその病院に伝えれば破棄される。
    確か最初にそういう書類にサインさせられた。
    理屈では分かる。それは仕方が無い事だ。

    でも、病院で待っている4人は間違いなく待ちに待った俺たちの子供なんだ。
    病院に伝えるという事は、俺の手で俺たちの子供をコロすと同じなんだ。
    毎日どうするべきなのか仏壇の前で考えてる。

    741 :プリンはのみものです。
    すごい今更な愚痴なんだけど長年つっかえてたことを吐き出させてほしい

    今から数年前、自分が大学生だった時の話
    元々目標もなく何となく入った大学だったから自分が悪いことが前提だけど人生で一番悲惨な状態だった
    当時家庭内に問題(親が借金してた)を抱え、私生活でも幼馴染と絶交するトラブルがあった
    それに加え大学生活も最悪なもので最初はわからなかったが同級生にいじめられていることに気付き
    教授にまで何故か目をつけられるようになった

    同級生は基本的に「○○日空いてる?遊ぼー」と言われ当日ドタキャン、これを何回も数人から繰り返される
    自分の意見(と言っても○○好きなんだ程度)を否定され、変だと言われる、見た目を馬鹿にされる
    それでも自分は全く気にせずみんなノリ悪いなーくらいにしか思ってなかった
    いじめだと気付いたのは1年の秋になってから
    うちの大学のゼミは3年からなんだけど希望があれば1年からでも入れる
    それを友達(と思ってた人達)は夏休み明けに自分抜きで入っていて以降ゼミがあるからと誘いを全部断られるようになった
    そこで初めて「あ、自分嫌われてたんだ」と気付いた
    その時点でそいつらからは離れたんだけど離れた途端すり寄ってきたから結局何がしたかったのか不明

    教授に目をつけられたのは自分が貧乏学生でGWにバイトをしていたから
    ぶっちゃけ芸術大学だったんだが教授は少しでも時間があれば芸術に触れていろが口癖だった
    GW明けの授業で休みの間どんな芸術に触れたか言えとたまたま自分が当てられた
    休みの間はバイトしかしてなかったので馬鹿正直にそう答えると仰々しく溜息をつかれて「君は何のためにここに来たんだ?」と言われた
    まあこれに関しては本当その通りで自分が悪いんだけど多分これがきっかけでその教授からは目をつけられたんだと思う
    以降、その授業で名指しで当てられるも「あ、君は答えられないよねww」みたいなことをされた

    1年で既にボロボロでネットでずっと自さつの方法について調べまくっていた、2年に上がる頃にはほとんど笑うことはなくなったと思う
    授業中意味もなく涙が流れたり通学中大学が近づくにつれて気持ち悪くなったりしていた
    そんな中英語のテストがあった
    テスト内容は教授と英会話するというシンプルなもので、教室の前の方をパーテーションで区切りそこでテスト、教室の後方で順番待ちという形だった
    テストが終わった学生は前の扉から出て行くので終わるたびに教授が次の学生を呼んでいた
    順番はバラバラだったけど暗黙の了解で教室に来た順だった
    自分は最後の方に入ってきたから前の学生達が終わるまで待っていたんだが、気付くと何の音もしない
    そっとパーテーションの中を見ると誰もおらずテストは終わっていた
    教授は自分のことに気付かず全員回ったと思ったらしい
    学生課に行くなり教授に掛け合うなりすればテストは受けれたとは思うが、ギリギリ繋がっていた最後の糸がぷつんと切れた気分だった
    このことがきっかけで大学を辞めれた
    もしテストを受けれていたら大学は辞めなかったし本気で自さつしてたと思う

    大学を辞めてその後やっと自分のやりたいことを見つけて専門学校に通うようになってからやっと大学生活がおかしいものだと気付いた
    今ではそんなことで自さつとかアホらしいと笑えるが、当時は逃げ場がなく何より何で気持ちが落ち込むのか原因がわからず地獄だった
    予断だが数年後手相を見てもらった時に「あなた20歳の時すごいことになってなかった?よく自さつしなかったわね……」と言われたw

    50 :2015/12/06(日) 22:51:01ID:yIN
    ある日突然食事が一切喉を通らなくなった時が修羅場だった
    10代後半の頃、突然ご飯が食べられなくなった。理由は不明
    理由はあったかもしれないけど何も思い当たらず、腹も減らなければ匂いもダメで食べるたびに吐いてた
    食事は200ミリの紙パックのジュース×2本
    150センチ44キロだったのがみるみるうちに落ちて、二ヶ月後には36キロ
    座ってるのもだるいしケツの肉がなく骨に当たって痛い、歩くと膝とかめっちゃ痛い
    このままいったらタヒぬなと思い、精神科を受診
    あと1キロ落ちたら(35キロになったら)入院ね。と一回目の受診で宣言された
    まじかーと思い気楽に聞いてたが、34?32?キロを切ると内臓が減ると言われて恐怖を覚えた

    当時体調悪くて立ち仕事が出来なくて、内職で暇してたのもあ離婚、毎日点滴&帰りにコンビニで食べれそうなものを買う、という生活を続けた
    吐いてもいいから必ず食べてた
    あと飴をしょっちゅうなめてた。カ□リーを少しでも取る作戦だった
    それから少しずつ体重が戻り始めて、3ヶ月で通常の食事が取れるようになり、体重も40キロ超えた
    何度かカウンセリング受けたけど、未だに原因は分からず