476:プリンはのみものです。2014/11/06 18:33:36.76ID:???
ある日仕事から帰ってきたら赤子抱いた嫁に
「お前はこの子がどうなってもいいと思ってる」とか
「自分の腹から産んだ訳じゃないのに親ヅラするな」とか
「子供が起きるから金輪際話しかけるな」とか
そういう事を言われた旦那だがあれから一年くらい経った

言われたその夜は「ひょっとしたら一年後は離婚してるかもなあ」とかぼんやり思ってたが
一年以上たったが別に離婚はしていない
赤子は一歳半を目前にして一応比較的手はかからなくなった
嫁はまた笑うようになった気がするし三人で遊びにも行けるようになった
来年の年賀状は三人での旅行写真になるのかもしれない

で最近驚いたのだが嫁が上記の暴言とその後の謝罪を全く覚えていなかった
暴言の内容とかじゃなく事実自体をすっかり忘れて記憶から消していた
最近「あの時は色々あったけど今はいい思い出だよね」という意味のような事を言うが個別の詳細は全くないようだ
言われたこっちは未だに引きずっているのに
向こうにしてはたかが一年程度も残らないようなちょっとした気の迷いの発言にすぎず
また「謝ればチャラになるだろう」的なかるーい気持ちで謝罪していたのかと思うとまあ納得はできない
477:プリンはのみものです。2014/11/06 18:34:00.96ID:???
とはいえ俺が納得しようがしまいが俺の行動に何の影響もないから別にかまわない
この一年でいろいろと将来に向けての段取りを開始した
まずは二人作るつもりだった子供を今の一人きりで打ち止めにする事を決定これは当然
そして必要のない出張に参加して一人で密かに観光地巡りをしたり趣味を再開してみたり
そういう「一人だけの思い出」を意識して作りつつ現金を実家に徐々にため込んでいる
給与の中から目立たない一部を個別に貰うことにしてそれを現金で貯めておく事にした
いざとなればその思い出と現金を糧に老後を生きるつもりだ

家庭の通帳は出張の機会で実家に確保した
一年あれば機会はいくらでもあったしその中から一回を選ぶ事もできた
元々いい加減な管理だった通帳を前日に借り出しその日はわざと遅くに帰りそのまま出張で日を開けた
その後数日間かばんの中に入れておいたが催促の気配がないので存在を忘れたと確信し実家に確保
嫁は以前からカードを使っているし記帳もしないから通帳の所在なんか気にしてないとは分かっていた

今後半年くらい様子を見たあと不自然でない範囲で密かに継続的に現金として抜いていく事もできるだろう
何よりその気になればその日に全額を引き落とせる状況になった
当然そんな事をするつもりはないが向こうにだけこの権限があるのは以前から不公平だと思っていたし
いざという時それをされれば手も足も出ないなと危惧してはいた
状況的には一応は安心となった

新婚当初や出産以前とはだいぶ精神が変わってしまった気がするが
嫁はそうではないと断定する根拠もない。表面は笑って楽しそうにしているが一方では冷静かもしれない…
…というか俺がそうなんだから向こうもそうである可能性.が高い
向こうは向こうで過去の傷を抱きつつ何らかの準備を始めているのかもしれない
何だかんだで世の夫婦は大抵こんなもんなのかもしれないとも思う
478:プリンはのみものです。2014/11/06 20:31:26.09ID:???
女は自分に都合の悪い事はすぐ忘れる。
自分が気分を害したことなどはよく覚えている。

ちょっとは学習したようで何より
480:プリンはのみものです。2014/11/06 23:10:19.53ID:???
>>476
すごい!計画的だ!その調子でがんばれ!
482:プリンはのみものです。2014/11/06 23:14:36.21ID:???
>>477
嫁は育児ノイローゼとかだったんじゃないのか?
でもお前みたいな奴は離婚した方がいいかも知れん
離婚に向かって頑張れ
483:プリンはのみものです。2014/11/06 23:19:11.20ID:???
だね


引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1409992196/
他サイト生活系人気記事